<   2019年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

メガーヌ3-R.S. リアクォーター・トリコロールエンブレム

c0005077_20114508.jpg
 メガーヌ3R.S.用・リアクォータートリコロールエンブレム。
 数回貼り替えているのでこれが何代目か、自分でも憶えてませんが。


 過去ログを読み返してます。
メガーヌに乗り始めてちょっと経った頃、ACHさんから、
メガーヌのリアクォーターのポイント造形が凄くインパクトがあって、ここにさりげなくトリコロールを入れたら面白いのでは?
とのコメントとともにラフイメージを見せていただいたとき、メガーヌにちょこっと何かワンポイントを入れたい、でもどこに何を。。。と悶々としていたときでしたので、『これだ、まさにコレだ』と軽く自分の中で電流が流れたことはかなり鮮明に憶えてます。


 初回品が出来上がってきたとき、そして貼ったときのハマり具合の良さにグッと来ました。
 ある意味、新しいクルマと出会ったくらいの高揚感があったかなと。

 数万円での自主制作品となりましたが、1セットでも5セットでも費用は同じだったので、数人のメガーヌオーナーに差し上げて使っていただくことに。


 その後、ひょんなキッカケからひょんな流れになって、デザインをVIルールにミートしたものに変更し、純正OPとして動くことになり、その間はワタシ個人の手からこの製品は離れていました。


 その数年後、何度かリピートオーダーが入った後に純正OP完売となり、ラインナップから外れ、再び個人で遊ぶことに。

 マロンはただでさえクルマが嫌いで、メガーヌに乗ったことは今のところ1回だけ(動物病院へはキャプチャーで)ですが、エンブレムにACHデザインを入れていただき、この数年走ってます。


 メガーヌを降りる気にならない一つの理由に、このエンブレムの存在があるのかもしれません。

 

by masa156v6 | 2019-07-31 20:54 | Megane R.S. | Trackback | Comments(4)

土用の丑の日は過ぎました、が。

c0005077_19004360.jpg
 有休だけは有り余っていて、消化促進消化促進と会社から言われるものの、休んだ分のシゴトはセルフリカバリーなのでなかなか。。
 そんな中、今日はエアポケットのように動きやすい流れになったので当日申請・速攻承認。

 そういえば、夏にうなぎをいただいていないということで、カミさんと小田原・友栄へ。
 ホームページを見ると、開店がAM10 になってました。薄い記憶では以前はもうちょっと遅かった気が。

 9時過ぎに自宅を出て、大和トンネル手前まではちょっと流れが悪い東名を抜けて小田厚へ。
 スイスイ行けるかと思いきや、片側車線規制の工事が複数箇所あり、お店に着いたのが10:20。
 満席で3組待ちではありましたが、朝にうなぎを食される方々はサクッとお店を出られるご様子(ウチもスーパー下戸夫婦なので長居しない系)で、20分くらい待ったところで席に案内していただきました。

 
 残念ながら、うな肝が売切(朝10時過ぎに!)でしたので、うな重を2つお願いし、待つこと暫し。
 いつもの ふかふか・あつあつ・ふわふわ のうなぎ。

 いつも通り、しあわせな満腹感を味わい、お店を後にしました。

 ただ、夫婦して加齢ゆえか、食べ切るチカラが落ちてきてしまっていることを実感。。カミさんが少食な分ワタシが頂いてもちろん2つのお重を完食したのですが、前回はまだもっとイケる!だったのが、今回はもう胃袋に余力なし、って感じでした。。。う〜む。


c0005077_19162715.jpg
 快方へ向かっているとはいえ、マロンを長時間留守番させるわけにはいかないので、どこに寄ることも無く帰宅。

 左への傾きはほぼ取れ、まっすぐ立てるようになりましたが、眼振が少し残っています。
 でも、1Fリビングでの行動半径は徐々に広くなってきていて、サークルから出て日向ぼっこをしたりするようにもなりました。

 一気に暑くなってしまったので日中は出ませんが、薄暮時の涼しげなタイミングで自宅近くをゆっくり散歩できるようになったので、ヨシヨシと。



by masa156v6 | 2019-07-30 19:23 | eat_out | Trackback | Comments(0)

ラグビーワールドカップ2019 チケット到着(1/4)

c0005077_07392505.jpg
c0005077_07395487.jpg
 今のところ、今年のラグビーワールドカップは4試合観に行く予定。
 そのうち、10月11日・静岡の《オーストラリア vs ジョージア》のチケットが送られてきました。
c0005077_07430081.jpg
 残り3試合分が纏めて送られてくるのか別々に届くのかはわかりませんが、ジワジワと始まる実感が沸いてきつつあります。


by masa156v6 | 2019-07-26 07:45 | Rugby | Trackback | Comments(0)

Captur 20190720-21

c0005077_18254716.jpg
 リアナンバーシェイドの日中・屋外での画像が撮れていなかったので。曇天下ではありましたが。
 ここ、マットブラック(1080-M12V)にして本当に良かったです。リア・アピアランスが引き締まります。

 ようやく雨が少なくなり、薄日が射す時間が増えてきました。
 今年くらい梅雨らしい梅雨は久しぶり。なので、夏が本当に待ち遠しい。


c0005077_18290293.jpg
 サイドアングル。昨日、新百合にて。
 落ち着いたカラーリングになったので、ルーフラインとホイールのマットブラックフィルムは、劣化が顕著になるまで貼り続けます。

 

by masa156v6 | 2019-07-21 18:43 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

メガーヌ 夜のオイル交換。と、アルファの話。

c0005077_23074175.jpg
 昨日の夜、いつもの港北の工場にてメガーヌのオイル・エレメント交換を実施。
 工場が忙しく、20:30作業スタートと、夜のオイル交換となりました。


c0005077_23091858.jpg
 いつもメガーヌにはTOTAL QUARTZ9000(5W-40)を入れてましたが、今回、工場長からのオススメもあり、WURTH TRIATHLON PERFORMANCE (5W-40)を注入。
 パッケージ・デカールにある表示を見ると《推奨:Renault RN0710》とあり、安心係数は高いなと。QUARTZ9000より結構リーズナブルですし。

 
c0005077_22045551.jpg
c0005077_23182368.jpg
 画像では暗くて分かりにくいですが、アンダーカバーへのオイル滲みはナシ。オイル(多分ミッションオイル)漏れ、ピタッと止まりました。漏れ止め剤が効いた模様。流石工場長。


 作業の合間と終了後に、クルマ系雑談をするのがいつもなのでちょこちょこと話をしたのですが、(アルファ)156、147のパーツ欠品率が高く、修理実施がスムーズに行なえないことが増えている様です。
 確かに、ちょっと前までは工場に上の2車種のいずれかがリフトに載っていない方が珍しい状況でしたが、最近はとんと見掛けなくなりました。ドナーカーを持っている方ならともかく、一般ユーザーについては156&147を維持・メンテしていくことへのハードルが上がっているものと思われます。

 自分が乗っていた2台の156のうち、2004年式・デイトナブルーのGTA・SWについては存じ上げている方が今も乗ってくださっていますが、1998年の国内導入早々に購入したシルバーの初期モデルの方はもう20年を超えているので、既にクルマとしてのライフを全うしているのかもしれません。
 コレツィオーネさんに買い取ってもらった数年後、その個体が再びお店に戻って売りに出た際、駐車環境さえ整えば買い戻すつもりで近所の不動産屋さんに向けて動き始めたところで新たなオーナーさんが見つかったとN社長からご連絡をいただいたとき、ホッとしたのとちょっとガッカリしたのとのない交ぜな気持ちになった記憶が戻ってきました。

 一方で最近、アルファGTを街中で見かけたりすれ違ったりすることが結構あります。
 このモデルの絶対数は少ないはずですが、国内導入が2004年と、147&156の2モデルに比べて高年式個体が多いが故なのかもしれません。

 個人的に思い入れのあるFFアルファ・フィアットの各車種を路上で見掛けられることは嬉しいので、1台でも多く、走り続けてもらいたいなと。



by masa156v6 | 2019-07-21 09:03 | Megane R.S. | Trackback | Comments(1)

ノーサイド・ゲーム

c0005077_12385543.jpg
 マロンは少しずつ外を歩けるようになり、昨日の動物病院でも待合室で10分くらい立ち続けられるようになりました。眼振が完全には治っていないこともあり顔がどうしても左側に傾いてはしまいますが、大きな進歩(復活)を遂げています。ありがたいです。
 動物病院へは次は経過観察で2週間後。投薬もなく過ごせるので、マロン自身も相当ストレスが減ってきているように感じます。
 
 とはいえ、体が傾く傾向は残っていて倒れてしまう回数は多いことから家の中で歩けるエリアは限っていて、急ぎサークルを買いました。
 また、目を離し切れる訳でもないので、誰かしらがリビングにいてフォローできるようにしています。

c0005077_12460628.jpg
 ってことで、リビングで一定時間を過ごすため、池井戸潤・ノーサイド・ゲームをkindleへDL。一気読み。

 水戸黄門を見ているが如く、いつもの池井戸本の話の流れではありますが楽しめます。
 ラグビーの試合での描写は臨場感があり、スッキリとした読後感を味わいました。

 ドラマは初回を見忘れていたので、昨日TBS-FREEで視聴。


 世の中的にはオリンピック1年前モードの空気感の方が強く感じられますが、今年の自国開催・ラグビーW杯は絶対に面白いので。
 直前になればグッと盛り上がるとは思っております。

 何より、日本代表が初戦でロシアに勝つこと。簡単ではありませんが、この大会への盛り上がり機運を乗せ切るためにはここが分水嶺になろうかと。
 


by masa156v6 | 2019-07-14 13:02 | Rugby | Trackback | Comments(0)

リーチ・マイケル像とメガーヌ

c0005077_06385635.jpg
 先日、朝早めでの動きが必要なことがあったため、メガーヌにて空いている丸の内へ。
 しかし今年の梅雨は本格的過ぎて。まともに晴れたのっていつよ?と言いたくなるレベルで太陽の存在が薄いです。

c0005077_06414992.jpg
 長く工事が続いていましたが、綺麗になった東京駅はやっぱり見ていて落ち着きます。



c0005077_06435423.jpg
 ちょっと動いて、リーチ・マイケル(像)の近くへ。
c0005077_06444265.jpg
 日本戦のチケットは未だに取れていない(難しそうなので多分TV観戦かなと)ですが、何とか決勝トーナメントに進んでほしいです。



c0005077_06470498.jpg
 丸の内・ラグビー系オブジェ群はW杯が終わったら軒並み撤去されるものと思われますが、リーチ像をはじめいくつかは残してもらえると嬉しいなと。



by masa156v6 | 2019-07-13 06:48 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

キャプチャー・リアナンバーシェイド 交換&マットブラックラッピング

c0005077_23003106.jpg
 キャプチャーのリア・ナンバーシェイド。
 元々装着されていたメッキタイプのものにキズを入れてしまったためボディ同系色でラッピングをしてキズ隠しをしていたものの、経年で端部に浮きが発生。
 

 このため、パーツナンバーをネットで探り、これだろうと思われるものを部品屋さんに発注し到着したものが、あらら。。。メッキ仕上げもCAPTURロゴもないグレーの無塗装のものが到着。。。まぁこれはP/Nの探り方が甘かった自分のせい。

 ということで、いつもお世話になっているラッピング・プロのお二方にフォローをお願いし、マットブラックフィルムでラッピングを施し、その上にCAPTURロゴを元々のシェイドから移植(貼り替え)することに。


c0005077_23081184.jpg
 シェイドを外した状態。
 (元々のシェイドはネジ・クリップ・そして両面テープで留まっていました)


c0005077_23093974.jpg
c0005077_05510859.jpg
c0005077_05512565.jpg
 取付後の画像。
 ルーフに同じフィルムを貼っていることもあって統一感がより強く醸し出されるようになった印象。

c0005077_23110038.jpg
 
 日中・屋外の画はまだ撮れていませんが、リアスタイルにアクセントがついた印象でなかなか良いです。

 本国発表された新型はなかなか良さげですが、まだまだ自分の先代モデルを細かくチコチコとイジっていこうと思っております。



by masa156v6 | 2019-07-07 23:12 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

New Renault Captur

c0005077_22082970.jpg
c0005077_22091196.jpg
c0005077_22092403.jpg
 キャプチャー・2代目デビュー。
 フルチェンした割には先代モデルの面影を色濃く残している、ルノーとしては手堅めな印象。
 
 現行キャプチャーが日本市場で苦戦している大きな理由のひとつが、セーフティデバイス未(不)搭載であろうと思われるのですが、2代目は流石に他ブランドに引けを取ることはないだろうと。

 画像を見る限り、内装もシンプルでありながらオレンジの挿し色遣いが効いていてセンスの良い仕上がりになっているものと見受けます。
c0005077_22205454.jpg
c0005077_22211976.jpg
c0005077_22213269.jpg

 キャプチャーを初代、2代目と乗ることは全く考えていませんでしたが、想定以上に良さそうなので、もしかしてもしかしたらそうなるかもしれません(日本に入ってくるのがいつか知らないのでタイミング要素も絡みますが)。

 ちょっと考えていたMAZDA3、やっぱりちょっと(カミさんが日常使いで運転するには)大きいなと。

c0005077_22220910.jpg
c0005077_22222664.jpg
 日本仕様のモニター・ディスプレイがどのようにセットアップされてくるかは判りませんが、EU仕様画像と同じものが付いてきてくれたら嬉しいところ、です。

c0005077_22240535.jpg

c0005077_22241890.jpg
c0005077_22243612.jpg
c0005077_22244751.jpg

 個人的には 赤 X 黒 が好きですが、推しカラーであるオレンジ X 黒 も良さげです。

 で、どうやら2代目もグリーン系ボディカラー設定はなさそう(オフィシャルの動画等を見る限り)です。


※このエントリー・画像は全てオフィシャル・フォト※



by masa156v6 | 2019-07-04 22:26 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(4)

ちょっと復活。

c0005077_00193209.jpg
 日曜から土曜まで、なかなかハードな一週間でした。が、一番キツかったのはマロンです。

 とはいえ、カミさんがほぼ付きっきりで看病し、マロン自身の回復への気力も徐々に感じられてきて、昨日はじめて自力で立ちました(数秒ですが)。
 どうしても左側に傾いてしまって、すぐにドタッと倒れてしまうのですが、そうなってもいいように柔らかいモノを四方に敷き詰め(カミさんが)、マロンのリハビリがやりやすい環境となりました。

 今日は代休だったので日中も自宅にいたのですが、基本寝てますが、1時間に1回くらい立ち上がろうとします。基本足(筋力)が足りずヨロヨロと左側に倒れるのですが、その度に起き上がり、何とか立った姿勢を維持しようとします。
 なので、今日はワタシもカミさんも支える動きは取らず、倒れたときに危なくないように見守るだけにしました。
 今日の記録は20秒くらい。
 でも、間違いなく回復してきています。
 眼振も殆ど出なくなりました。なので目が回った状態からも脱したと思われます。

 また、一昨日までは寝るときにほぼ頭が完全に下が上、上が下、となっていたのですが、昨日からちょっと斜めってはいるものの、上が上、下が下、になってきました。これも大きな復活。

 食欲も戻ってきて、回復食の缶詰(チキン)をガッつきます(笑)。


 夕方、雨が上がっていたのでだっこしながら自宅の近くの散歩コース(といっても数十メートル)を歩いてみたのですが、どうも外に出るとクルマに乗せられ動物病院に連れて行かれ点滴・注射を打たれると思ってしまうようで、玄関を出た瞬間からブルブル震えてしまっていました。。。
 ただ、抱っこの際の姿勢も、頭を自分で支えることができ始めていて、まだ本来の調子とはいかないまでも、1週間前を考えたら相当な回復をしてきています。

 次に病院行くのは水曜の予定なので、昨日、今日とキャプチャーに乗せられることなくずっと自宅にいることができてマロンはホッとした様子。

 まだまだ油断は禁物ですし、歩けない状況に変わりありませんが、目に見えて良くなってきました。
 ありがたいです。
 焦らず、ゆっくり、やっていこう。


by masa156v6 | 2019-07-02 00:38 | marron | Trackback | Comments(0)