<   2019年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ルノー(・ジャポン)純正 CABANAシートカバー(ブラックカーボン/ダークブラック/アルミカーボン)

c0005077_20195615.jpg
 散歩で家の近所を歩いているマロン。

 日に日に足腰が弱くなっていて、アスファルトや平地は普通に歩けますが、空き地のちょっとした草や土の段差で踏ん張りが効かずよろめくことが増えてきました。
 自宅の玄関に上がるのもちょっと躊躇するようになってきたので(降りるときはまだ平気っぽいですが)、散歩帰りのポーチまでの2段を抱っこするようになりました。
 まだまだ元気でいておくれ、という心境(家族そろって)です。


c0005077_20251901.jpg
c0005077_20253516.jpg
 キャプチャーのシートカバーを替えました。
 約4年間、RJ純正・カバナ製《ホットチョコ/シルバー/シルバー》のものを使っていましたが、同じく純正の《ブラックカーボン/ダークブラック/アルミカーボン》に。
 内装トリムのカラーリングがブラック基調なのと、元々のファブリックも黒系でしたので、色調バランス的にはすんなり収まった感じです。

 とはいえ、カバーの取付はなかなか難儀するもので、特にリアのヘッドレストはキッツキツで両手の指にいまだに力が入らないくらいとにかく力技の連発。いいオヤジが半ベソかきながらウンウン唸りながら引っ張り作業をやってました(笑)。
 おそらく、カバーを温めてもう少し伸びやすくした方がスムーズに動けた気が(遅ればせながら)します。。

c0005077_20344987.jpg
 キャプチャー、後期モデルになってシートカバーの付け替え仕様そのものがなくなってしまったので、前期モデルのみのお楽しみ(?)となっていますが、そんなに頻繁に交換するものでもなく、当面このままで乗り続けようと思っております(リアのヘッドレストカバーは、正直綺麗に取り付けられていないままなので、暖かい季節になったら(取付を)やり直すつもりです)。



c0005077_20445917.jpg
 昼過ぎ、カミさんがアップルパイを食べたい、とのことで、赤レンガ倉庫のグラニースミスまで。
 いつものカスタード(クリーム)と、期間限定のクリームチーズを2個ずつ買って帰りました。
c0005077_20494706.jpg
 さっき夕食後に頂きましたが、やっぱりここのアップルパイはは安定の美味しさ。



by masa156v6 | 2019-02-24 20:50 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(4)

メガーヌ ステアリング・テカリ取り

c0005077_10170320.jpg
 メガーヌに乗り始めて7年半。10万kmオーバーの距離を走っているので、ステアリングが相応にテカっちゃって滑ります。

 数年前に一度テカり取り剤(5,000円くらいだったので結構高かった)でケアしてみたのですが、相当な力で擦らなければならなかった割に効果は微妙だったのでそれ以来ノーケア。

 なのですが、ここ最近急に特にワケもなくこのテカりが気になり始め、なんとかしたいと思うようになり、チコチコ調べ、
を購入。

 で、さっきやってみました。
 左側・中央部での各プロセス・カット。

c0005077_10352875.jpg
REAL・ステアリングクリーニングキット。
商品そのものは1,800円ですが、送料が1,000円(いずれも税別)と梱包サイズの割に結構お高い。。

c0005077_10234952.jpg
Before・・・ハンドル操作時に手を握る外周部側にテカり・あり


c0005077_10240278.jpg
クリーナーをスポンジに吹き付け、最初は軽く叩くようにレザーに染み込ませ、15秒後くらいに今度は塗り伸ばすように動かす。


c0005077_10241529.jpg
軽く擦る程度でも、結構汚れが浮き出てきます。
その後、ウエスで拭き取った後、水気を固く絞った別のタオルで拭き取り。

c0005077_10242802.jpg
一応完了。before画像と比べると、テカりが抑えられていることがわかります。

c0005077_10371037.jpg
ひとしきり落ち着いたところで、コロンブスのマットレザー用クリームを塗布。
匂い的に、ガキの頃にやっていた野球のグローブの手入れを思い出しました。




 ステアリング・全周部の画像比較
c0005077_10303857.jpg
before

c0005077_10305541.jpg
after


 率直に言ってもうちょっとマット感が出てくることを期待していたので、70点くらいの印象ですが、明らかに作業前に比べるとステアリングのしっとり感が出てくれたので、リフレッシュ効果はあります。

 クリーナー付属のスポンジとウエスは使えないので捨てましたが、どちらも汎用品で代用できるので、今後は半年か1年に1回ペースくらいで作業を続けていこうと思った次第です。


by masa156v6 | 2019-02-23 10:42 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

トクサツガガガ

 《あまちゃん》以来の、どハマってるドラマ。
 ドラマ単体の面白さもさることながら、特撮パートのクオリティも激高(NHKが東映に直接発注しているので宜なるかな、ですが)。

 ワタシは俗に言うところのオタクではない(興味を持つものについて、如何せん浅いところで留まり、飽き、次に行ってしまう)分、コダワリへの共感を強く持つことができずにいますが、特オタやドルオタの真剣な想いを軽く見てはいけないのだなと感じた次第、です。

 配役もハマっていて《あまちゃん》をリアルタイムで見ていたときのような親近感を抱いている中で、特に主役の小芝風花さんが良い。《あさが来た》の千代役での印象がいまだに残ってますが、《マッサージ探偵ジョー》でコメディエンヌとして上手い女優さんだなと、それからしばらくしたところでこのドラマ。品があって演技が上手くて、素敵です。イイです。

c0005077_18265191.jpg
 ってことで、主題歌の《ガガガガガガガ》をamazon music でDLして、メガーヌとキャプチャーで聴いてますが、ゴールデンボンバーの唄がまたイイ!
 この曲と《女々しくて》の2曲コンボをリピートしまくっております。

 
 あと2回、毎週金曜の夜が待ち遠しいです。
 (ウチの子どもも予想以上にハマっているようで、木曜夜に『(放送、)明日、だよね?』と何回か訊いてきました。。)


c0005077_18263325.png



by masa156v6 | 2019-02-16 18:49 | etc..... | Trackback | Comments(2)

20190209 チョイ積もり

c0005077_09104098.jpg
 降り始めの時間こそ予報から遅れたものの、ここまできたら雪はないんじゃないの、との予想は外れ、ちょっとだけ降りました。
 クルマには多少白いものが残りましたが、路面が積もるまでには至らず。

 念のため、スタッドレスを履いているキャプチャーを前に駐め、メガーヌは後ろへ。

 昨日(9日)夕方のメガーヌ。
c0005077_09092934.jpg

 今朝(10日)のメガーヌ。
 日常生活に支障を来たすレベルの降雪とはなりませんでした。
c0005077_09190307.jpg

by masa156v6 | 2019-02-10 09:20 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

20190202 メガーヌはオイル交換 キャプチャーはインパネラッピング

c0005077_23230777.jpg
c0005077_23233780.jpg
 前回交換時から約8,000km経過。港北のいつもの工場でオイル交換。
 今回は(エンジン)オイルのみ。5.9Litter。
 入れたのはいつもの《TOTAL QUARTZ9000 5W-40》。

 ちょっとホッとしたのは、アンダーカバーを外したところ、ミッションオイルの漏れが止まっていたことが目視できたこと。
 漏れ止め剤が効きました。
 この状態を維持できるかどうか、引き続き様子見です。



c0005077_23281537.jpg
 キャプチャーは、最近主に内装の黒樹脂がヤレた際に化粧目隠しとして《マトリックスブラック》のラップフィルムを使ったところかなり良い仕上がりになることが判ったので、このクルマの前期モデルの大きな欠点である、センターコンソールのキースロット周りの小キズ隠しを兼ねたラッピングを馴染みの施工プロチームにお願いしました。

c0005077_23325351.jpg
c0005077_23332191.jpg
 樹脂の凹凸が微妙に深く、ラップフィルムの粘着剤では効かない(経時で浮きが発生するものと推察)との判断があり、ガスプライマーを薄めに当てつつ施工実施。
 いつもと同じように、丁寧に仕上げて頂きました。

 キャプチャーオーナーでないとまず気づかない変化ですが、相当良いです。見るたびにニンマリしてしまいます。。



by masa156v6 | 2019-02-05 23:36 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

20190202 明治大学ラグビー部・卒部試合 (ひたすら画像)


c0005077_22304217.jpg
 在学中、卒業後を通じて、今年のチームほどハマってしまって応援した年はいままでなかったです。

 札幌での帝京大戦は流石に(遠征は)無理でしたが、春の東海大戦、大東大戦をはじめ、八幡山での対シドニー大戦。対抗戦は対・慶應、対・帝京、対・早稲田。Jr.選手権は準決勝(対・慶應)、決勝(対・東海)。大学選手権は準決勝(対・早稲田)、決勝(対・天理)。こうやって数えると10試合か。
 また、足を運べなかった試合は、軒並みJスポーツ・オンデマンドでiPadで視聴。

 そんな一年だったので、福田組の卒部試合をどうしても観に行きたくて、当日の朝・夕それぞれの所用時間をお相手の方に調整して頂いて、何とか八幡山へ伺うことができました。

 晴れ渡った空が眩しくて、4年生の皆さんが身に纏った紫紺がグリーンのグラウンドに美しく映えます。
 八幡山がこれだけリラックスした雰囲気に包まれるのは年に一度、この日だけなのかも。

 卒部される4年生を中心とした撮影が観客席のひな壇にて行われた後、
・4年 vs 1年
・4年 vs 2年
・4年 vs 3年
と3つのゲームが組まれ、笑いに包まれながら色んなことが起きます。。。と気を許していると、対3年のゲームでのいくつかの局面でガチモードに入り、タックルがガシッと決まる瞬間があり、その緩急さに目が離せません。。

 ゲーム終了後、全部員が整列して、福田キャプテンからの代表挨拶があり、ゴールポストを背にしたピッチ上で全部員での記念撮影終了後、来場された方々との交歓の時間があり、終了、というひとときでした。

 この日、八幡山は特に居心地が良く、交歓タイムのときにピッチ周辺を歩かせて頂きましたが、人工芝を踏んだ感触が柔らかで、その一歩一歩がとても贅沢なものに感じられました。


 この日、とにかく写真を撮りました。
 リラックスした空間での撮影でしたので、シャッターもサクサクと押しまくってました。
 以下、ひたすら並べます。

c0005077_22554656.jpg
c0005077_22562496.jpg
c0005077_22570197.jpg
c0005077_22573249.jpg
c0005077_23021554.jpg
c0005077_23023610.jpg
c0005077_23030660.jpg
c0005077_23033123.jpg
c0005077_23040427.jpg
c0005077_23052103.jpg
c0005077_23055674.jpg
c0005077_23064939.jpg
c0005077_23073228.jpg
c0005077_23084283.jpg


c0005077_23094591.jpg
c0005077_23091326.jpg
c0005077_23075818.jpg


c0005077_23105415.jpg
c0005077_23110744.jpg
c0005077_23112762.jpg
c0005077_23114411.jpg

c0005077_23123378.jpg
c0005077_23134637.jpg
c0005077_23143027.jpg

 今年1年、本当に熱く楽しませてもらいました。ありがとうございました。
 卒部された皆さんの新たなフィールドでのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

 そして、新チーム・始動。
 連覇への重圧を早くも受け始めているのかもしれませんが、しなやかにプレッシャーを跳ね除け、より高みを目指して、突き進んでいってもらいたいです。
 引き続き、応援します!
 


by masa156v6 | 2019-02-04 23:19 | Rugby | Trackback | Comments(0)