<   2018年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

自転車

c0005077_22100005.jpg
 いま、我が家には自転車が1台もありません。
 20年くらい前にそれなりの金額を注ぎ込んだMTBも、一度オーバーホールして街乗り仕様に変えた後結局は野ざらし(玄関横にてカバーを掛けるも飛んでしまってほぼ放置)にしてしまい、サビサビに。
 で、残りの2台(カミさんのママチャリと子どもの16インチ)とまとめて3台を粗大ゴミで出したのが1年ちょっと前。


 まぁ、なきゃないで良いといえば良いのですが、もうちょっと健康的な生活をしたいなと思い始めたそんなタイミングで、ふとしたことからミニベロ(折り畳んで室内に保管できるんで)が欲しくなってきています。

 最初はコスト重視でお安いものから見始め、ああちゃらこうちゃらと悩むうちにU.K.で通販をしていて何故か日本向けに送料無料で設定されているもの(電動アシスト無しタイプ)に惹かれ、といいつつもメンテが不安になり、自転車にお詳しいK氏にアドバイスを頂戴しつつ検討を重ねたのですが、先方とのメールのやり取りの結果、こちらが欲しい仕様での手配がNGになり結局ペンディング。


 ただ、種火が着いてしまうと簡単に消せない性分ゆえ、あれこれと見るうちにググッと入り込んできたのが《birdy》。
 当初設定予算を超えるも、とりあえずは実車を見てみようと、この前の日曜の午後、山下公園近くの専門店さんに伺い、詳しい店員さんに色々とレクチャーしていただき、さっそく試乗。

 最初はカタチが気に入った《classic》に乗り、戻ってきた後で《monocoque air》に乗ってみました。
 また、フォールディングのデモンストレーションをお店の方にやって頂きましたが、簡単に折り畳め、しかも結構小さくなる。これはイイなと。
 各グレードの各色の実車があり、外光の下でいくつかのカラーを見せて頂き、悶々とし始めようとしたところでお店に次々にお客さまがいらっしゃり、店員さんがご多忙モードになられたのでパンフレットをいただき、一旦失礼してきました。

 それ以来、もうPCでもiPadでもiPhoneでも、見るのは《birdy》ばっかし(w.
 お店に行く前は《classic》のセミマットブラックメタリックが本命で、展示されていた車両のカラーも気に入ったのでこれでもう動いちゃおうかな、とも思ったのですが、自分の使い途からするとオフロードへ入ることはまずないので、乗り味も車重も軽い《monocoque air》へジワジワとシフトし始めています。


 今いまは、《monocoque air》のインクブラックというダークブルーの車体が一番気に入っているので、あと数日悩んで、好みが変わらなかったらこちらを買ってしまおうかなと思いつつ、過ごしております。カッコ良いのですよ、この色。フレームの一部をラッピングすればシブさが増すなとか、半リアル妄想を楽しんでおります。。


 ただ、少々ビビっているのが、数年前の道交法改正で自転車は車道を走らなければならないとなったこと。
 山下公園近くの試乗中も、横を後ろから車がビュンビュン抜いていく中でよろめかずに自転車を走らせるのが思いの外怖くて、後ろの信号が赤になってから走り出したりしておりました。。。

 家の近所の裏道を走ったり、ポタリングをする分にはさほど影響はないのかもしれませんが、自転車で遠出をするとなると車道の左端をしっかりと走らなければならないことになるわけで、そんなところでちょっと逡巡してしまってもいます。


 なので、動くかどうか、まだわかりませんが、真剣に検討中ではあります。
 ※カミさんからは、(ワタシが乗ったら)サーカスの熊みたいに見えるからミニベロはヤメときなさい、と止められております。。。


by masa156v6 | 2018-05-30 22:53 | Bike(birdy) | Trackback | Comments(0)

キャプチャーで馬堀海岸。ナポリタン。

c0005077_16220776.jpg
 デジイチを持って出なかったので、iPhone7の画像です。
 空の青さと雲のプカプカした感じの浮き加減が何とも良くて、ついパシャッと。

c0005077_16242400.jpg
 横横終点付近で、スーパーカーの車列と隣り合わせました。
 フォードGTのカッコ良さに痺れました。
 ※昨日から使い始めたドラレコ(ANKER ROAV DASHCAM C1)の動画・切り取り※

c0005077_16304956.jpg
 海岸線を走るキャプチャーのドラレコ動画から切り取った静止画。
 空が青い!
 
 ドラレコ・今度のものはナンバー識別がしっかりと出来ます。
 ダッシュボードの映り込みがどうしても出てしまうのですが、まぁ仕方のない範囲かなと。
 このまま数週間様子を見て、特に不具合が出なければメガーヌにも取付けをしようと考えています。


 家族で、この前一度行った喫茶店(リバーストーン)に伺い、ナポリタンやコンビーフサンドやピラフを戴きました。
 やっぱり、特にナポリタンはしっかりと美味しいです。また来ます。



by masa156v6 | 2018-05-20 16:38 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

ANKER ROAV DASHCAM C1 キャプチャーに取付。

c0005077_20415725.jpg
 《ANKER ROAV DASHCAM C1》。

 amazonで購入し手許に来てから1週間。
 先ほど、横浜市内の車両電装系ショップさんに持ち込み、取り付けていただきました。

c0005077_21232548.jpg
 ヒューズボックスから電源を取り出し、ほぼほぼ配線を隠すカタチでの取付としましたので、エーモンのヒューズ電源タイプの電源ソケットを購入。
 また、このドラレコにはマイクロSDは付属してこないので、64GB Class10 のものを買いました。


c0005077_20571446.jpg
 3年前に装着したユピテルのドラレコは、車内においての収まりを重視したが故にワイパーの拭き取り範囲より上にカメラが行ってしまい、雨天時に問題が生じる状態でしたので、今回はセンター部・センサーカバーから左側80mm程度の位置に取付。今回は天候に左右されなさそうです。。

c0005077_21013108.jpg
 異なるアングルから。
 筐体のサイズそのものはコンパクトとは言えないものの、質感が高いのでさほど悪目立ちはしない印象です。
 
 


c0005077_21051003.jpg
c0005077_21093389.jpg
  
 また、本体モニターの画質は大したことがありませんが、アプリをDLしてWi-Fi接続で目にした動画の画質は自分にとっては二重丸です。今まで使っていたモデルからの3年の進化は凄いなと。
※上の画像のうち、履歴のアイコン画像にはボカしフィルターを掛けています。実際はこのサイズでも結構綺麗です※


 今日は取付のみで遠出はしていませんが、この動画クオリティはクルマで遠くに出掛けるのが楽しみになって来ます。

 ちょっと大きいですが、総じて満足。
 メガーヌにもこれを付けようかどうか、真面目にに悩んでます。





p.s.
 欠点、というわけでもないのですが、このドラレコはマイク感度が高く、車内に流している音楽は勿論、乗っている人間の声もかなりクリアに記録されます。。。
 ミュートにしておくか、鼻歌や独り言に気をつける(笑)か、ちょっとだけ気にしておいたほうが良いかも、です。


by masa156v6 | 2018-05-19 21:18 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(2)

10ans! KANGOO Jamboree 2018

c0005077_21444804.jpg
 《第10回・カングージャンボリー 2018》へ。

 参加は今年で7回目。
 会場が山中湖畔・きららになってからは皆勤賞(カングーじゃないのに)。。

 週間予報が出たあたりから1日あたり3回くらいお天気サイトを見てましたが、前日になって予報が雨方向へ振れてしまい、ほぼほぼその通りにお昼頃からパラパラと。
 とはいえ、スタートからの数時間は薄曇りレベルで持ち堪えてくれたので、良かったのかなと。

c0005077_21485855.jpg
 籠坂峠を降りてドン突きを右折して早々のポイントに自分のクルマを停めて会場へ向かうカングーとのショットを撮るのが恒例化しているので、今年もパシャっと。グレーのカングー、カッコイイ。もし自分がカングーに乗るとすれば、グレーかダークグリーンかベージュか、かなと夢想するひととき。

c0005077_21514143.jpg
 会場に着いたのは7時前。

 カングーじゃないので急ぐ必要はまったくないのですが、朝の凜とした空気に触れながらイベントが始まろうという様をボーっと眺めるのが好きで、毎年早めに来ています。
 この時間はまだ《原っぱ》が埋まる前ですが、薄く陽が差していて、富士山の姿も見ることができました。

c0005077_22122368.jpg
 記念撮影用のボード。シンプルで良いです。こういう細やかな造作物のブラッシュアップがキチンと年々されていることも素晴らしい。

c0005077_22222870.jpg
 なお、今年はメインステージの観覧スペース中腹部にカングーの展示車両を置かず、ルノー各車の展示もなし、でした。

c0005077_22142311.jpg
 発表されたクルール。ブルー・メタリックと、ダークグリーン・メタリック。
 例年はカングー以外のルノー車が展示されていたスペースにおいてありました。
 
 グリーンは曇天ゆえか、かなり落ち着いた色調に見えました。
 個人的には、去年の限定車のグリーンが最近のカングーでは一番好みです。あのカラーが再販されたら結構ココロがザワつきそう。。。


c0005077_22504167.jpg
 現・会場である《きらら》では6回目の開催。
 こちらはカングー・オーナーのおクルマのリア画像ですが、参加記念ステッカーも6枚並ぶと歴史と風情を感じさせてくれます。


c0005077_22231750.jpg
c0005077_22235335.jpg
 今年はピエール・エルメのマカロンの列には並びませんでしたが、フリマを出店されていたカングー・オーナーさんによるハンドメイドのマカロン・ポーチを入手。

 色遣い、質感ともに素晴らしく、帰宅して家族へのおみやげとして渡したところカミさんも子どもも大喜び。子どもは早速通学用バッグにつけて登校しましたが、何人かの目敏い友だちから『これ、可愛い!』と評判だったようです。


c0005077_22323462.jpg
 会場キャパに対して年々カングーの参加車両数が増えてきていて(カングー・ジャンボリーなのでそれが最も望ましい姿なのですが)、トレードオフのようにこのイベントでの扱いが寂しくなってきているのが、ルノー・他車種。

 2012年、2013年あたりは、カングー以外のルノー車、という括りでパーキングスペースの設定もあったのですが、ここ数年はカングー以外はその他車種として他メーカー車両と分け隔てなく来た順に停めるオペレーション。

 ただ、転んでもただでは起きない方が多い(?)のがルノー車オーナーなのか、今年は
・黄色いルノー車で
・青いルノー車で
まとまって会場入り、というムーブメントが発生。

 上は、黄色いルノーが来るであろう時間に会場入り口で待っていたので、抑えることができた画像。なかなかのインパクトです。
 (※青いルノー車の方は残念ながら情報を拾えず、撮れませんでした。。。)


c0005077_22431878.jpg
c0005077_22433572.jpg
c0005077_22440047.jpg
c0005077_22441847.jpg
 フランス車系イベントでの出没率が高くないという印象のキャプチャー。
 なのですが、カングージャンボリー には多く集ってきます。
 今年も20台超えでした。なので、初めて自分のiPhoneのパノラマモードを使わないと収まらない状態に。

 キャプチャー・オーナー諸氏が交流を温めているころ、ワタシは会場内をウロウロとしていてその場におらず少し残念でしたが、クルマのところに戻ってきたときに近くにいらした旧知のオーナーさん達とお話させていただくことができ、また、帰り際にそれまでWeb上でしかやり取りのなかったオーナーの方から(グリーン・ラッピングであるが故)お声掛けをいただき、嬉しかったです。


c0005077_22545895.jpg
 川向かいのスペースに佇むカングー・カングー。
 個人的にはメインの原っぱより、こちらの方が停まっているクルマが絵になる気がするので好きです。


 ナンだカンだで今年もこのイベントの空気感に触れさせてもらい、楽しませていただきました。
 RJさんはじめ関係者各位、ありがとうございました!
 また来年もぜひ参加させていただきたいです。



by masa156v6 | 2018-05-14 22:58 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

ドラレコ・リプレイス(先ずはキャプチャー)

c0005077_20014247.jpg
 ウチの2台のドラレコはいずれも装着してから3年以上経過しているので、流石に旧くなっています。

 そろそろリプレイスしようかなと思っていた矢先、amazonを見ていたらANKER製の《ROAV DASHCAM C1》というものがお値打ち価格で出ていたので早速購入。

 ただ、大きさ等を含めて分からないところがあったので、まずは1台を買い、キャプチャー用として使ってみることにしました。 
 まだ取付はしていないのでインプレは出来ませんが、思っていたものよりも若干大きいは大きいです。

 この製品には
・SONY製CMOSイメージセンサー・搭載
・専用アプリにてスマホで撮影映像確認可能
・本体は樹脂であるが金属っぽい仕上げで質感は低くない
等、現行ドラレコよりも進化しているポイントがいくつもあるのと、安い(amazonで9,999JPY)ので、リプレイスをする価値は充分あるかなと。


 装着したら、諸々確認していきます。
 良ければ、メガーヌのドラレコもこれに替えようかなと思ってます。


by masa156v6 | 2018-05-12 20:17 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

横須賀・馬堀海岸《リバーストーン》にてナポリタン。

 
c0005077_16121275.jpg
 カミさんと子どもが実家に帰省中のため、ここ数日はマロンとの生活。
 今日は午前中ヒマで天気も良いので、横横をズバッと南下したくなり、終点・馬堀海岸にある《リバーストーン》のナポリタンをいただいてきました。

 昭和テイスト溢れる広い店内。
 太麺且つ濃厚な味わいながら、胃にもたれる感はナシ。サクサクと食が進み、下の方に隠れている半熟・目玉焼きとの相性も実によろしくて一気に完食。
 道が空いてたら30分チョイで着くので、また休みの日に来たいお店です。

c0005077_16193529.jpg
 しかし今日は空が眩しい。海も綺麗。
 近くの海岸では潮干狩りに訪れている方が多くいらっしゃいました。


c0005077_16222418.jpg
 そのまま横横を北上して家に戻るのもちょっともったいない気がしたので、第三京浜・都築PAのスタバでアイスのソイラテをいただき、それから帰宅。


 メガーヌはもうそろそろ7年目を迎えようとしていますが、未だに運転していて新鮮味すら感じさせることがあり、飽きないなんてもんじゃないです。
 ここまで自分にとっての当たりグルマになろうとは思ってなかったな。。


by masa156v6 | 2018-05-05 16:26 | Trackback | Comments(2)

KADJAR チョイ乗り

c0005077_18252260.jpg
 先ほど、GW中も営業している地元Dに顔を出し、カジャーにチョイ乗りさせて頂いてきました。
 担当営業氏が商談中でしたので、他の営業の方がフォローしてくださいました。

 キャプチャーに比べてボディサイズがひと回り大きいだけに、動き出しのモッサリ感があるのかないのか、というところが気になっていましたが、市が尾周辺の試乗コースでの信号によるストップ&ゴーにおいて質感の高い落ち着いた挙動を示してくれていて、かったるい系のネガな印象は持ちませんでした。好いですね、このクルマ。


c0005077_18383568.jpg
 試乗後、カタログを拝読。
 担当営業氏曰く、今日、複数件のカジャーの商談があったとのこと。お客さんからの評判も良さそうです。

 キャプチャーの軽やかさとカジャーの落ち着き。それぞれの良さがあるなと実車に触れて改めて感じました。
 このサイズだとXC40がイイ、と思ってましたが、あちらは相当売れるでしょうし、ルノーとしてはセーフティデバイスが充実しているカジャーは、良い線を突いていると思います。


c0005077_19064919.jpg
 横浜青葉Dにおいても、《ensu products》製品の取扱いが始まっていました。
 キーケース(メガーヌ用、キャプチャー用)、ストラップと3つほど使っていますが、いずれにもすっかり愛着が湧いています。モノとしての質感が良好で、コストパフォーマンスが高いです。取扱いDが増えるのも宜なるかな。


c0005077_20394225.jpg
 店舗の向かい側のストックヤードには、トゥインゴがいっぱい(このアングルの後ろ側にもたくさん並んでました)。
 見てるだけでなんとなく元気が出てきそうなクルマ、という雰囲気を醸し出してます。
 ノクターン・カラーのヨンサン・ミニカーが出たら買いたい。。



by masa156v6 | 2018-05-03 19:13 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

新聞のチラシ

c0005077_09321742.jpg
 昨日、新聞(朝刊)を読んでなかったので今朝のと一緒にパラパラと捲ろうとしたところ、チラシ群の一番上に(このシチュエーションでは見慣れない)菱型マークが目に入ってきました。

 自分の居住地域から稲城まではそこそこ距離がありますが、ルノー店舗商圏で考えるとカバレッジエリア内なんでしょうね。
 たぶん、ルノー(・ディーラー)のチラシが入ってきたのは初めてなのではなかろうかと。ちょっと嬉しかったので記念に保存します。

c0005077_09392228.jpg
 チラシ裏面。
 カーラインナップとして8車種(トゥインゴとルーテがそれぞれ2車種カウントになっているので実質6車種)ですが、こうやって俯瞰で眺めると比較的バランスの取れた構成になってるんだなと感心した次第です。



by masa156v6 | 2018-05-03 09:44 | RENAULT | Trackback | Comments(0)