カテゴリ:156GTA SW( 81 )

セレの洗礼

c0005077_21205993.jpg
c0005077_20463992.jpg
 足柄SAにて休憩し、本線へ向かって加速しようとパドルを≪1≫→≪2≫、そして≪2≫→≪3≫ ・・・・・・ あれっ、3速に入らない ってことでアクセルを緩めたところ、インジケータが≪N≫へ・・・ゲゲゲゲゲゲっ。こっ、こんなところで自分初のセレ不調とは・・・。

 早速ボンネットを開け、セレオイル確認・・・量的に問題なし(セレオイル漏れではない模様)。
 イグニッションを回し、エンジン始動・・・エラーチェック点灯せず。

 いつもお世話になっている横浜の工場に電話し、工場長に状況を説明(この方、セレにも相当詳しいです)。
 とにかく、先ずは冷やそうということでボンネットを開けたまま待つこと10分。エンジンは始動するもののシフトが≪N≫から全く動かず・・・。やば。都内近郊ならともかく、高速(SAとはいえ)の上。お世話になっている工場は港北エリアなので、ここからだと70kmもあり、対応はムリ。

 足柄SAの比較的近くに位置していて、偶然その前にとあるグッズを見に立ち寄らせて頂いた≪AUTOSPEC≫さんに電話し、状況次第では自分が入っている損保のロードサービスを使ってクルマを入庫する可能性があることを伝え、御了解をいただく。とりあえず一安心。
c0005077_21252766.jpg


 それから10分。キーオン状態でリバースにギアが入った!ラッキー。ってなことで、シフトノブを動かしたところ、1速から6速まで全部入った・・・おぉぉ助かった・・・と思いきや、再びチャレンジしたところ≪2≫からインジケータが動かない・・・。
 こうなったら、とにかく冷やそう。乗って帰れるか、置いていくか、微妙・・・。

 ただ、このとき既に19時45分。ショップさんにお願いするにしてもダラダラ判断に迷ってしまうと営業時間の関係等でご迷惑を掛けてしまうので、15分程見極めるために時間をもらい、その間に自走出来ると判断したらそのまま帰宅、リスクが高いという判断に傾いたらローダー手配(ショップへ入庫)とすることに。

 幸いSA内にいることから、ノロノロ運転で様子を見ることが出来るので、改めて5分冷やし、それから≪エンジン始動→シフトアップ→シフトダウン→エンジン停止≫という動作を繰り返したところ、ニュートラルに入る現象が見られなくなった(シフトチェンジが安定し始めた)ので、よぉしこうなったらこのまま帰ろう、ということで、AUTOSPECさんに電話を差し上げその旨を連絡。また、的確なアドバイス、御厚意に対し御礼を申し上げた。
 結局今回お世話になることはありませんでしたが、このような困ったときに一見客に対して受け入れてくれる態勢を取って頂けることがどれだけ有難いことか、どれだけ安心できるか、ということを改めてしみじみ感じました。ありがとうございました。

 その後、本線へ合流し、中央車線を中心にほぼ5速 2500rpmで法定速度巡航。厚木ICを無事通過したあたりでホッとして、いつもの工場長にヘッドセット経由で連絡する余裕が出てきました。工場長からは『とりあえずは偶発的な事象ではあるけれども、再発リスクはあるので、一度チェックした方が良いでしょう』とのお話を頂きましたが全く異論なしなので、近々入庫することとしました。
 それにしても、道が空いていたので同一ペースで走れましたが、来週からは集中工事なのでタイミングがズレてたらこれまた冷や汗モノだったかも。ラッキーでした。


 横浜町田の料金所を出て、いつもの道をいつものように走り、帰宅。一旦イグニッションを切り、10分後に運転席側ドアを開けたところセレポンプの作動音が聞こえたのでちょい安心。

 オドメーター28,000kmそこそこ。いつか来る~きっと来る~♪ のセレトラブルですが、今日のところは大したことなくて助かりました。これからも上手く乗り切っていきたいっす。

 
by masa156v6 | 2009-10-01 21:36 | 156GTA SW | Trackback | Comments(8)

砧公園

 久しぶりにゆっくり過ごせる週末です。
 コドモを連れて、砧公園に行ってきました。
c0005077_0493576.jpg
 夕方16時前に着きましたが、天気が良いこともあって結構な賑わいでした。

 園内の売店でキティちゃんのシャボン玉セットを買い、広場でプープーやりました。
c0005077_053466.jpg
 晴れてるときにやるとシャボン玉がよりキラキラ見えるので、気持ち良くボーっとすることが出来ました。

 また、コドモは広場中をひたすら走りまくり、
c0005077_7483958.jpg
そして切り株の上でperfumeの即席ライブをやってました。
by masa156v6 | 2009-09-27 00:58 | 156GTA SW | Trackback | Comments(2)

GTA・SW クーラント交換

 GTAは3月に車検だったのですが、その際、作業を依頼したところでクーラント交換、リザーバタンク交換を合わせて実施しました。
 にも関わらず、最近エンジンルームを開けるとリザーバタンクの上の方に油っぽいヘドロのような汚れが目立って付着してしまい、乳白色の輝きはあっという間に失われました。それどころか『も、もしかしてエンジンオイルと水が混ざっちゃってる・・・?』と少々ビビる日々を過ごしていました。

 で、5月からお世話になっている整備工場の工場長に電話で状況を話し、簡単な診断方法を訊いたところ、
・エンジンオイルが混じっている様であればリザーバタンクの水面に浮きが出てくるのである程度判断できる
・オイルフィラーキャップの内側に細かい水滴がついていたら怪しい。なければあまり心配ない

とのコメントを頂いたので早速確認してみたところ、上記2項目に該当する現象はみられず、少しホッとしたものの、一応チェックして頂こうということで先日伺いました。

 その結果、ほぼ問題ないであろうということで一安心したのですが、念のためクーラントの全抜きチェック&冷却水回路の洗浄・LLCの純正品への再交換をお願いしました(3月の車検時に交換されたものは非純正・廉価タイプ)。
 また、可能な範囲でリザーバタンクの清掃をお願いしました(ここがキレイかどうかでエンジンルームの印象が決まると言っても過言ではないと思っているため)。
c0005077_7151833.jpg

 リザーバタンクの汚れは、エンジンオイルではなく(ヌメリ具合が全く違うとのこと)、恐らく回路にある防錆剤か何かが出てきてしまったのかも、という推測を工場長はされていましたが、とにかく一安心。
 今回も、いつにも増して丁寧な作業(入庫している他のクルマの整備と並行してですが、丸2日掛かりで念入りな回路清掃、エア抜き、リザーバタンク汚れ落とし(なかなか取れないので、3種類の方法で試し、ようやく落とすことが出来たとのこと)をして頂きました。また、その労力に比すると申し訳ないくらいのリーズナブルな工賃。有難いです。

 純正のクーラントは ≪Paraflu≫というブランドのもので、出元はセレニアでしょうか。GTAには≪Pafaflu 11 for Alfaromeo≫というブルーのものが指定されているとのことですが、ワタシのGTA・SWのクーラントは元々レッドであったことから、≪Paraflu Up≫を入れました。
c0005077_7433640.jpg
 全量が9.3リッター、50%程度に希釈することから、クーラント原液の使用量は4.6リッター。1リッターの価格が¥2,100-(税抜き)なので安くはありませんが、ヘッドガスケットとの相性等を考えると、ここは純正を使用すべきと判断しました。

 小さな不安が解消され、しかもリザーバタンクがキレイになってくれたので、よろこばしいッス。
by masa156v6 | 2009-09-21 07:45 | 156GTA SW | Trackback | Comments(4)

夜のイタリア街区

c0005077_226436.jpg
 
 クルマの撮影スポットとして(特にイタ車系は尚更)目にする機会が増えてきている汐留・イタリア街区。さっき近くを通り掛かったので、パチパチとGTA・SWを撮ってきました。
 夜とはいえ、街灯やビルの照明等で思ったよりも明るかったので、さほど高感度にする必要もなく、ISO100で撮影。

 イタリア街区では、背景を選ぶ必要がほぼほぼないので、構図その他がいい加減な素人でも、それなりに写せるのが良いところです。また、比較的静かなエリアなので、居心地もなかなかです。


 デジイチ(EOS Kiss X2)を買ったのは良いのですが、結局重くてメンドくさくなり、ここ数カ月というもの、出番はほとんどありません・・・。上の画像もG7のものです。


 それにしても、日が短くなりました。また、9月中旬というのに残暑があまり感じられず、いかにも秋といった風情。クルマの調子も気温の低下とともに上がってきている気がします(湿度も関係すると思いますが、摂氏5~8℃くらいのときにシルバー156は絶好調でした)。


 今年の女神湖は、日程が読み切れないので申し込みはせず、行けるようであれば近くの大駐車場に停めるカタチで参加しようかなと思ってますです。


 今、悩んでいるのは、Bピラーのブラックアウトフィルムの助手席側が斑に色褪せし始めたこと。みすぼらしいので交換しようかなと思ったのですが、フロントドアのウェザーストリップを外すのにリスクが高そうなので、樹脂載せタイプのカーボンでも貼ろうかどうしようか、思案中です。出来たらあんまりゴテゴテさせたくないのですが、これが無難な方法かなと思ってます。
by masa156v6 | 2009-09-15 22:18 | 156GTA SW | Trackback | Comments(2)

ワイパーブレード交換

 台風が来るらしく、少しずつ湿った風が流れてきてます。
 衆院選の開票速報をチラッと見ましたが、事前予想通り、或いはそれ以上の結果になりそうですね。小選挙区制は前回同様、風向きによって極端な結果になることを実感。はぁ。


c0005077_21423237.jpg

c0005077_21172871.jpg
 
 昨日はコドモの幼稚園の夕涼み会でした。露店で出ていた≪プリキュアのお面≫が欲しいとのことで、ピーチのものとパッションのもの、2つを買いました。それにしてもそれにしてもそれにしても、お面を買うなんての、だいたい30年振りくらいの久しぶりさ加減。
 昔は、お祭りの屋台に並んでいるお面といえば、アヤしげなパチもんが結構な割合を占めていた記憶がありますが、さすがにこのご時世、ましてや幼稚園の構内の露店で売られているモノがそれで許されるワケはなく、裏側にしっかりオーソライズドシールが貼られていました。また、手にとってみたところ、思った以上に出来具合も良く、これで1個400円だったらさして高くないのでは?と思った次第です。

 夕涼み会とはいうものの、園庭は園児&保護者でごった返しており、ゆったりまったりという雰囲気でこそありませんでしたが、盆踊りをやって、その後の打ち上げ花火(プロの花火師に依頼)で一気に盛り上がりました。楽しかったッス。


 先週、GTA・SWのワイパーブレードをレクサス・純正品に交換しました。
c0005077_2145493.jpg

c0005077_2144652.jpg

サイズは、運転席側・・・550mm、助手席側・・・500mm です(525mmはレクサスのものに設定がないので、短いのにしました)。

c0005077_21355916.jpg

 取り付けについては、156のU字フックの長さがレクサスのブレードの受け口に対して長過ぎるので、アーム取り付け部のパーツのみ、アルファ純正のものから取り外して再利用。U字フックに取り付ける際に多少テクニックを要しましたが、無事に取り付け完了。

 交換した日は好天に恵まれていたこともあって、ウォッシャー液を噴霧して10回くらい試しに動かしただけですが、スムーズの一言。動き方にカチッとした質感が感じられ、満足度高し、です。

c0005077_2140355.jpg

 そういやプント共々、3~4か月くらい洗車をやってません。暑さも和らいできているので、やんなきゃなと。
by masa156v6 | 2009-08-30 21:45 | 156GTA SW | Trackback | Comments(0)

LEXUS

買っちゃいました、LEXUS・・・・・・・・の、ワイパーブレード。
c0005077_23144186.jpg
156への流用が効きそうなので、LEXUS純正ワイパーブレード(運転席用・・・550mm 助手席用・・・500mm(※525mmの設定がないため))を部品販社から購入。週末にチェックを兼ねて取り付けます。

 この前の長距離ドライブの際、ワイパーゴムが一部切れていることが判明。5年間替えてないので、ブレード毎交換することにしました。

 画像を見て頂けると判りますが、なかなかカッチョ良いですし、カバーの質感も高いです。
 また、拭き取りゴム部にグラファイト粒子がコーティングされていて、ワイパー動作がスムーズ・・・とのことなので、次に乗るときに雨が降るのを少し楽しみにしてみます。
by masa156v6 | 2009-08-19 23:25 | 156GTA SW | Trackback | Comments(4)

 関東・甲信越地方の梅雨明け宣言が撤回されるかも・・・と、さっきJ-Waveで言ってました。確かにジメジメした日が続いてます。
c0005077_2222573.jpg

 GTA・SWを私有社用車登録しているので、昨日、今日と乗ったのですが、雨天&夏休みということもあってか道が少し混んでました。ここのところ首都高を含めてあまりにも道が空いているので、億劫なはずが、懐かしさ(?)もあって少し嬉しく感じられる程でした。


唐突ですが、159・ワゴンのCF。

 絶対数が少ないこともあって見掛けることはさほど多くありませんが、好ましいアピアランスをしてます(特にTI)。

 
by masa156v6 | 2009-07-24 22:28 | 156GTA SW | Trackback | Comments(2)

港北PA

c0005077_10282025.jpg
 
 246・高津近くのトイザらスに子供向けおもちゃを買いに行き、用賀から東名で家に戻ってきたのですが、途中、久しぶりに何の気なしに港北PAに入ってみました。

 小腹が空いていたので、ふと目についた≪花畑牧場・生キャラメルソフトクリーム≫を食しました・・・薄い、味が。濃厚さを期待したクチとしてはイマイチ納得できずで、キャラメルの風味・雰囲気を個人ベースではほとんど味わえないまま完食。しかも450円とはこれいかに。費用対効果という意味では少々厳しい一品だと感じた次第。


c0005077_1037520.jpg
 
 GTAに、アルミACダイヤルカバーを付けました。
 ダイヤルを回すときの感触が硬質なものになって、なかなかです。

 
by masa156v6 | 2009-06-14 22:11 | 156GTA SW | Trackback | Comments(0)

オイル・エレメント・パワステフルード 交換

 今日、横浜・港北エリアにあるとある工場へ初めて伺い、エンジンオイル・エレメント・パワステフルードの交換作業をして頂きました。
c0005077_2122299.jpg

 エンジンオイルは、TOTAL quartz7000 15W-50 で、エレメントはアルファ純正。
 また、パワステフルードもアルファ純正指定のものを入れて頂くことにしました。

 先ずはエンジンオイル、エレメントの交換。アルファV6のエレメント交換の厄介さは今更言うまでもないことで、エンジンが冷えるのを待ちつつ、アンダーガード、諸々の補器類、右フロントタイヤを外してやっとこさでアクセス。クルマが冷えるのを待つ時間も必要なので、ここまでで2時間。その後、オイルを注入(5.85Litterくらい)し、エンジンの部、終了。

 その流れに乗ってパワステフルードも換えて頂きましたが、油脂類の注入時の所作や、パーツの脱着等の一連の作業がとにかく丁寧・正確。また、工場内が整理整頓されていて、床もキレイ。元々クラシックカーのメンテをされている工場なのでクルマを大事に扱うことに長けているのだと思われますが、話をしてもフロント、メカニックの方共に知見が豊かで、しかもメカさんは最近のアルファ&セレ事情にも詳しく、プラス物腰も柔らかい。で、工賃もリーズナブル。これ以上何を望むのでしょうかというくらい自分としてはツボにハマったところでした。また行きます。
c0005077_21361292.jpg

 GTA・SWの後ろには、512BBがリアカウルをバクっと開けて鎮座ましましていて、その隣にはベンツのクーペ、斜め前にはインテグラーレが作業中、という状況でした。512BBは先日芝公園のホテルで実車を目にしたばかりですが、至近距離でマジマジと見れるチャンスはそうそうなく、そのカッコ良さとボディのデカさに改めて打ちのめされました。

 一通り作業が終わった後、メカニックの方にテスター(エグザミナー)を掛けて頂き、そちらの数値・状況を一緒に見せて頂いたのですが、現代のクルマというのは、コンピュータ制御がメインなんだということを改めて実感。また、チェック項目の多さにビックリ。セレ系が特に気になるポイントでしたが、エラーログは出て来ず、ちぃとホッとしました。 

 そこそこ長時間の滞在となりましたが、とても楽しく有意義なひとときでした。

 
by masa156v6 | 2009-05-16 21:55 | 156GTA SW | Trackback | Comments(5)

富士山、アバ美、山中湖

 ってことで、今日は午後休暇を(半ばムリヤリ)取得。
 行き先は、先ずは富士山。東名・富士ICから御殿場方面へ山の裾野を一般道で。今日は天気がとても良く、暑かったです。
c0005077_17251529.jpg

 ほぼノンストップで御殿場に到着。そこから、最初は芦ノ湖スカイライン→カフェ・ジュリア ルートで動こうと思ったのですが、ふと、(恐らく)再開館間近のギャラリーアバルト美術館前を通って、久しぶりに山中湖に行きたいと思い立ち、右折するつもりだった交差点を左折することに。
 それにしても、御殿場→山中湖ルートの国道138号線を走るの、いったい何年振りだろう?と思い返しつつ空いている道を運転し、ほどなく(途中交差点の工事のところだけ渋滞)アバ美へ到着。
c0005077_22511011.jpg

なっつかしいなぁ~。ここで特別にTipo33ストラダーレのエンジン音を聴かせてもらったのって、何年前だか思い出せないくらい遠い記憶になっちゃってます。当時はオールドアルファについての興味というものがあまり湧かず、156と155と145と916GTV・スパイダーあたりのクルマにしか関心がなかったのですが、やはりそこはジワジワと・・・ということで、再開館したら是非共じっくりとTipo33を拝見したいです。

 アバ美は当たり前ですが休館中なので、上の画像だけ撮って再びクルマに乗り、山中湖へ。ここに来たのも久しぶり。学生時代はゼミ合宿等で、シルバー156に乗っていたときもチョコチョコ訪れていたところですが、家が中央道ラインから東名ラインに移ったことに伴ってすっかりご無沙汰になっていたので、湖畔にクルマを停めて、大きく見える富士山をボーっとしばらく眺めてました。
c0005077_2302084.jpg

 さすがにここは気温が街中よりも低く、風もあるので多少肌寒いくらいでした。でも、そんなことを忘れるくらい、山と湖がキレイで、日頃の疲れが少し取れた様な気がしました。

 それから、アウトレットにチラッと寄って買い物。単独行動だったので、店周りも自分のスピードで動けるのでラクラク。バナリパで季節外れのコートを、アディダスでコドモ用のサンダル系シューズを、カミさん向けにAIGLEでマロン散歩用ショルダーバッグ、フェニックスで同じくマロン散歩用ウインドブレーカーを買い、帰途へ。

 帰りの東名を含め、殆ど渋滞とは無縁の1日だったのですが、免許がギリギリラインであることに変化はなく、バックミラーを見ては、あれ、あの車もしかして覆面? という感じで、ちょいと踏んではすぐ緩め(勿論後続車に影響は全くない範囲でのスピードコントロールで)という挙動を繰り返し、高速運転中のみ少々疲れました。


 でもま、良い天気に恵まれ、気持ち良い道を走り、日本一の山を色んなところから何回も見上げられたので、思いっきりリフレッシュすることができました。
by masa156v6 | 2009-04-22 23:17 | 156GTA SW | Trackback | Comments(4)