カテゴリ:Rugby( 13 )

20190112 22-17 Achieved "Exceed"!

c0005077_00194754.jpg
 精度の高く強いDF、タックル後にすぐにゲームに戻る意識の徹底、80分間途切れることのなかった集中力。
 よくぞここまでのチームになってくれた。
 そして、勝ち切ってくれた。


 22年ぶりとは相当に長い道のりでしたが、今年の福田組(明治ラグビー部・全部員・スタッフ)は優勝するに相応しい規律を持ったチームでした。
 試合前に雪が舞い散った秩父宮でしたが、観ているだけでアドレナリン放出されていて寒さを感じることなくバックスタンドで嬉しい余韻に浸らせてもらいました。

c0005077_00215459.jpg
c0005077_00221862.jpg


 そして、天理大学は強くクリーンなチームで、素晴らしい決勝戦となりました。
 明治のDF力とともに、秩父宮という地の利がはたらいた要素はあろうかと思いますが、後半の後半の天理の猛攻は凄く、胃がキリキリ・シクシクと痛み続けていました。
c0005077_00225291.jpg
c0005077_00230806.jpg


 日本のラグビー・エリートが集うチームなので、相当な実力を持っていても23名のメンバーに入ることができない部員が多い中、チーム一体となって喜びを分かち合う場面は本当に見ていて眩しい光景でした。
 明治ラグビーの源泉である北島忠治さんがおっしゃるところの《真のラガーマン》達がここにいました。
c0005077_00290063.jpg
c0005077_00292808.jpg


 ただ。
 選手権の決勝が終わった瞬間から、次年度の大学ラグビーのシーズンが始まったとも言えます。

 追われる立場になった明治が、W杯イヤーである2019年度に連覇を成すことができるのか。2018年度では4位扱いとなってしまった対抗戦で早稲田、慶應、そして帝京に勝てるチームとなれるのか。

 抜ける4年生の穴は大きいですが、それはどの大学も同じこと。
 現3年生を中心として、より精度を高めた新チームの構築、そして対抗戦(A)優勝、そしてそして大学選手権連覇に向けて更なるブラッシュアップを期待しています。


 それにしても、ラグビーほど観ていて面白いスポーツはない、と思います。
 自分がやってきたのはサッカーで、こちらはやっても観ても楽しいのですが、常に全力をぶつけ合うラグビーの魅力は何ものにも代え難いものがあります。
 今年も、明治、日本代表を中心に応援を続けたいなと!



by masa156v6 | 2019-01-14 00:42 | Rugby | Trackback | Comments(0)

20190102 全国大学ラグビー選手権・準決勝 と マロン。

c0005077_01320373.jpg
 2019年1月2日。

 今年度の明治大学ラグビー部に特に惹かれ、秩父宮、八幡山にちょくちょく出掛けてきました。
 対抗戦では帝京に勝ちながらも慶應、早稲田に敗れ、対抗戦4位扱い(ノーシード)で選手権へ。

 大阪での2試合(立命館戦、東海戦)を勝ち進み、正月越えを果たしての1月2日、準決勝・第一試合で再び早明戦。
 この試合の一般発売日初日にメインスタンドの指定席チケットを取りましたが、陽が当たらないので寒かったです。いつもバックスタンドで観てるのに、なんでこっちを選んじゃったのか憶えてません。。

 12月2日は31対27で負けましたが、1月2日は31対27で勝ちました。
 いくつかイージーミスがあったものの、チームとしての意識は高く、意思統一も図れていて、不用意な反則も殆ど取られず(この試合でのペナルティ・3つは非常に少ない)、堅いディフェンスが最後まで崩れず、勝ち切ってくれました。

 第二試合のインパクトが強く、天理の強さが印象深く残った秩父宮ではありましたが、12日の決勝で明治はしっかりとした締まったラグビーをやってくれると信じています。
 決勝は、バックスタンドの指定席を取ったので、日差しはあろうかと。雨(または雪)が降らないことを願ってます。。


c0005077_01474535.jpg
 2019年お正月のマロン。
 14歳4ヶ月。もう最近は家に帰っても尻尾を振って出迎えてくれることもなくなり(耳が遠くなっていて帰宅に気づいていない様子)、2Fに上がりっぱなしだと階段下からクゥーンクゥーンと呼びかけてくることもなくなり、好物のジャーキーを見せたら速攻でハウスに入り待ち構えることもなくなり、そして散歩の距離も短くなり、と、寂しいといえば寂しいのですが、外に出るとちょっと嬉しそうで元気に歩いてくれます。

 また、生まれて以来ちょっと前までは抱っこされるのを嫌がっていて、薬を飲ませたりするのが大変でしたが、最近はワタシやカミさんがソファに座っていると自分から寄ってきて、膝あたりを前足でチョンチョンとタッチして、抱っこしてそのまま寝かせろ、と言ってきます。寒いからだとは思いますが、落ち着いた表情で30分〜1時間くらいそのまま眠ってくれるのでこっちも温かくなって一緒に寝落ちしてしまうことがしばしば。。。

  

by masa156v6 | 2019-01-04 01:58 | Rugby | Trackback | Comments(0)

ラグビー三昧。

c0005077_23003164.jpg
 今年は特に、ほぼ毎週観に行ってます。

 1201、1202は秩父宮。
 1日はトップリーグ(コカ・コーラ vs NEC サントリー vs クボタの2試合)、2日は関東大学・対抗戦(早稲田 vs 明治)。

 
c0005077_20153957.jpg
 八幡山にて大学・Jr.選手権。



by masa156v6 | 2018-12-09 20:51 | Rugby | Trackback | Comments(0)

20180603 八幡山

c0005077_06474984.jpg
 明治大学・八幡山グラウンド内ラグビーグラウンドで、明治-大東大 の2018春季大会・Aグループ・リーグ戦が行なわれ、明治が80-14で大東大に勝ちました。

 双方とも怪我やU20代表戦選出等でベストメンバーではありませんでしたが、明治の全体的な動きの良さ、80分間途切れなかったFWのフォロー、BKの走力の高さ etc. 観ていて嬉しくなってしまう時間を過ごせました。

c0005077_07104103.jpg
 試合終了後、チーム集合写真。
 春・夏に更なるブラッシュアップを。そして秋・冬の本番で、今シーズンこそ是非とも勝ち切ってもらいたいです。


by masa156v6 | 2018-06-06 07:15 | Rugby | Trackback | Comments(0)

20180107 20-21

c0005077_22431043.jpg
 秩父宮でラグビーを観たのは何回目か覚えてませんが、こんなに集中した80分は初めてでした。
 試合の前と後はカメラのファインダーを覗く余裕がありましたが、試合中はひたすら肉眼。
c0005077_20523792.jpg
 キックオフ前の明治の円陣。
 前半の戦いは見事で、素晴らしいの一言。紫紺のジャージによる鋭いタックルと集散の早さが40分間継続されて、攻撃も意思統一が図られながらとにかく早く、しかも反則なしにフェイズを重ねていっての3トライ。帝京も対抗戦から2ヶ月弱でまさか明治がここまで仕上げてくるとは想定できていなかったか。観ているこちらもこんな強くて早くてしなやかな明治を目にするのは初めてで、もう、何だか信じられない気持ちに(笑)。


 ハーフタイム、もしかしてもしかしたらイケるのか?! いやいや帝京がこのままで終わる訳はない。ただ、後半に明治が先にトライできればこれはイケてしまうのではなかろうか、と、モヤモヤと。。。


 後半。
 やはり帝京は巧く強く、攻め所をキチンとトライで取り切ったのに対して、一方の明治は要所要所でノットリやらコラプシング(これは秩父宮の芝生の根付きの悪さゆえ、足が滑ったと思われるので不可抗力かと・・・)やらノットストレートで自らの勢いを削いでしまう流れ。
 結果として点差は1点でしたが、後半の後半はほぼ明治陣内で試合が行なわれていて、明治のDFの集中力は最後まで途切れることなく締まった試合にはなりましたが、残念ながら力量の差はやはり小さなものではなかったなという印象。
c0005077_21391511.jpg
 でも、本当に見応えのある素晴らしい試合でした。
 ノーサイドで互いの健闘を讃え合う姿はとても眩しかったです。
c0005077_21455531.jpg
c0005077_21460942.jpg
 伝統の良し悪し。
 この約20年、悪い面が強く出てしまっていたのではと、戦績からしても言わざるを得ないです。

 ただ、2017年度の明治ラグビーは、丹羽さんの取り纏めと田中さんを中心とするコーチ陣と部員各位の力によって、チームとしてようやく長いトンネルから本当に抜け出せる道を見つけ、進み始めました。

 来年はワールドカップが日本で開催されます。ラグビーという魅力ある競技(とても自分でプレーできるとは思いませんが、観ていてこんなに熱くのめり込めるスポーツ種目を私は他に知りません)への注目度もこれから高まってきます。
 梶村さんには是非とも桜のジャージを着てほしいですし、2018年度の明治大学ラグビー部が、対抗戦で、そして大学選手権で今度こそ王座にある帝京さんに勝って最高の結果を出してくれることを願い、それを楽しみに応援します。


by masa156v6 | 2018-01-08 22:07 | Rugby | Trackback | Comments(0)

19年ぶり

c0005077_20240687.jpg
 (明治)ラグビー。
 正月越えができただけで嬉しくなってしまうここ数年ですが、今年は遂にというか待ちに待った決勝進出。よくここまで来てくれました。
 登りやすい方の山(ドロー)であったことは否定しませんが、早稲田に勝って対抗戦2位扱いを勝ち得たのもまた事実。

 帝京が強いことは周知の事実で、準決勝の東海戦で見惚れんばかりのクオリティの高さを改めて思い知ってしまいましたが、それでも、勝負はやってみなきゃわかりません。

 横からでなく、後ろからの観戦・応援になりますが、紫紺の闘いをしかと見届けたく。


by masa156v6 | 2018-01-03 20:37 | Rugby | Trackback | Comments(0)

ラグビー・リポビタンDチャレンジカップ2017 日本代表 vs オーストラリア代表(20171104 於・日産スタジアム)

c0005077_00103837.jpg
 赤レンガ倉庫でのイベントや新横浜駅でのバナー等、この日に向けての事前告知を横浜界隈では結構やってました。
 元々はテレビ観戦と思っていたのですが、当日の天気が良く、家族マター的にも出かけて良い空気感だったのでいそいそと。
c0005077_00102721.jpg
c0005077_00105228.jpg
 日産スタジアムは自宅から電車でさほど遠くないので、前売りチケットは持ってませんが当日券が出ることを確認し、小机まで。
 2Fスタンド・ゴールポスト裏側・多少前寄りの自由席が結構空いていたのでそちらに腰を下ろし観戦。
 

 前半はもう、チンチンにやられてしまった(3-35 日本はPG1本のみ。ワラビーズは5T5G)という以外ない内容。
 レベルは違えども、ダメなときの明治ラグビーを彷彿とさせる流れ(敵陣に入り込んでチャンスを掴みかけたところでペナルティを喰らって陣地を巻き返された流れでサクッとトライまで持っていかれる)が幾度となくあり、モヤモヤ気配を払拭できぬままどんどん点差が拡がっていく様をほぼ傍観していました。

c0005077_00110668.jpg
c0005077_00112691.jpg
 後半は比較的持ち直し、27-28(日本・3T3G2PG ワラビーズ・4T4G)という数字になり、トライが3つあったので盛り上がりは出てきましたが、TTLでは30-63でダブルスコア負け。


 2年後、2015大会で南アに勝ったとき以上のチーム力をつけられるかどうか。
 期待してます!
 
 

by masa156v6 | 2017-11-05 00:30 | Rugby | Trackback | Comments(0)

秩父宮と、グラニー・スミス(2週連チャン)

c0005077_213143100.jpg
 対抗戦。帝京 vs 明治。
 帝京の強さはやはり別格。ディフェンスで反則を犯す頻度が低く、相手の攻撃を受けるどころか捲り上げてマイボールにしてしまうチカラに思わず唸ってしまう局面がいくつも。巧くて本当に強い。
c0005077_21373895.jpg
 15-42。
 明治、厳しい戦いの中で、80分間ゲームへの集中力が切れなかったことは観ていて好印象。
 力量差は認めざるを得ないものの、局地戦で負けていない場面もいくつかあったことと、最後の最後に2本目のトライを取れたことは収穫。
 12月4日の早稲田戦にしっかり勝ち切って、選手権で正月越えをまず果たしてほしい、です。

c0005077_21425488.jpg
 神宮外苑のイチョウ並木は紅葉真っ盛り。凄い人出で、ShakeShackも久々に見る結構な行列でした。

 その後、青山ツインB3パーキングに停めているキャプチャーに戻り、骨董通りへ移動。
c0005077_21463673.jpg
 先週も赤レンガ店で買って食したのに、カミさん&子どもから『グラニー・スミスのアップルパイ、よろしく~』コールがあったため、律儀に約束をまもりました(・・・)。

 この通りのパーキングメーター、246から入って直ぐの3台分は《20分100円》という料金体系でした。
 アップルパイを買ったらすぐに動かすので、今日の自分の利用形態とちょうど空いていたメーターとがジャストフィット。
 荷物だけオフィスに取りに戻ってすぐにサクッと動かすという使い方は結構あるので、20分100円、神保町界隈にも設置してほしいです。

c0005077_215413.jpg
 その後、六本木通りから渋谷経由で池尻から首都高に乗ろうと動くも、工事(スペース)渋滞。
 少し前から始まった工事ですが、3号下り・渋谷入口を造るんですね。あと3年くらいこの状態(一番左側の車線が使えない)が続くのね・・・。
 ここは平日も結構使うルートなので、あまり通らないようにしようと改めて思った次第。
by masa156v6 | 2016-11-20 21:59 | Rugby | Trackback | Comments(0)

2016-謹賀新年 (20160102-ラグビー・大学選手権 準決勝)

c0005077_21491092.jpg
 新年明けましておめでとうございます。
 冒頭の画像は、元日の午後に自宅近くの空を写したものです。雲ひとつない、まさに《真っ青》な空を久しぶりに見た気がします。

 年末(仕事納めの日の夕方)から軽い風邪を引いてしまい、それが加齢故かサクッと治ってくれず、数日引きずってしまい、良く考えてみると自分の人生で初めて《(体調がよくない故の)寝正月》となりましたが、ラグビーとお笑いのテレビ番組を思う存分見まくれたのでそれなりに充実してました。


 で、ようやく喉の痛みも取れてきましたので、今日(1月2日)から行動開始。
c0005077_21564283.jpg
 久々に正月越えをしたメイジラグビーを観に秩父宮へ。

 バックスタンドの指定席だったので、またしてもShake-Shackの横を通っての入場となりましたが、246を曲がったあたりからこちらのハンバーガーのジューシーなお肉のにおいが漂ってきました。
 もしもサクッと買えるのであればTake-awayしたいなと思ってましたが、予想通り行列は結構なものになっていて、これはムリと早々に諦め、空腹のまま入場。

 試合は、前半は押せていましたが、後半早々の追加点チャンス時にパスミスと勢いを削いでしまう反則が出てしまい、そこからズルズルと失速。交代のタイミングを巧く使った相手(東海大学)に対して後手を踏んでしまった感が否めない状況のまま、逆転を許し、試合終了直前にダメ押しをされてしまい敗北。

 今年のチームは規律がしっかりしている好チームで応援のし甲斐がありました。
 が、今日の試合については、シーズンの疲れが堆積していたのか、またFB田村の試合開始早々の怪我による離脱が徐々に響いてきたのか、対抗戦の帝京戦のときよりも若干オーラが薄まっている様に感じられ、残念ながら敗戦となりました。
(※対抗戦の帝京戦では梶村がバスバスっとゲインを切ってくれていましたが、今日はボールロストはないものの、ほぼ全て止められていました。東海大のディフェンスがしっかりと素晴らしかったです)

 ただ、結構長い低迷トンネルをやっと抜けられたシーズンであることは間違いないので、2016年度の新チームに期待を寄せたいと思います。

c0005077_22165616.jpg
 第一試合は取ったチケットの指定席で観てましたが、満席でなかなか身動きが取りにくい状況でした。
 なので、思い入れの少ない第二試合についてはゴールポスト裏の空いている自由席へ移り、ゆったり観戦。
 で、前半が終わったところで会場を後にしました。

 
 例年ですと、このあたりから今年のラグビーシーズンは終盤へ向かう気分となりますが、代表の力で湧き上がったラグビー人気のおかげで、サンウルブズのSR参戦を中心に、通年で楽しめる状況が生まれてきました。
 2019のラグビー・日本W杯に向けて、秩父宮を中心にこれからもTL、SRの試合に足を運んでいきます。
by masa156v6 | 2016-01-02 22:27 | Rugby | Trackback | Comments(2)

金曜、日曜、秩父宮

 先週末の金曜と日曜、秩父宮にラグビーを観に行きました。

 金曜(20151113)。
c0005077_23321864.jpg
 トップリーグ15-16の開幕戦。サントリー vs パナソニック。

 19時キックオフ。会社からは結構近いとはいえ、チケット完売、いくつかの招待チケットの使用NG、という話が聞こえてきて、これは立ち見かゴールポスト裏かが精一杯だろうな、と思いながら18:30過ぎにバックスタンド側から入ってみたところ、思いの外空いている・・・。このままじゃ満席にはならないだろうという予想は当たり、メインスタンドも両端のブロックは綺麗に空席だらけ。バックスタンドもピッチ幅から外側は同様。ゴール裏は両サイドとも好きモノ以外誰もいない、という状況。
c0005077_23392343.jpg
 両チームに割り当てたチケット9,000枚分についての来場率が予想以下で空席が出た、とのコメントが協会から出ましたが、サントリー(チーム)はオフィシャルtwitterで、チームとして購入したのは1,800枚で、ほぼ全て捌けているとコメント。ってことは、パナソニック調達分が7,200枚? 推論になりますがバランスを考えてもおかしな話で、せっかくの盛り上がりに水を差すかたちになったのは事実。

 少し前まではこんな騒ぎにはならなかったことですが、折角W杯以降盛り上がりをみせ、選手が率先して各媒体に露出してファン層拡大に繋げようと頑張っているところなので、協会の積極的マーケティング&オペレーションで、満席のスタジアムでのゲームが早期実現するように願います。
c0005077_23514857.jpg
 試合は、パナソニックの強さと巧さが際立ったものとなり38-5というワンサイドゲーム。

c0005077_23543590.jpg
 試合後に、両チームに所属している計10人の日本代表選手から観客への応援御礼・挨拶がありました。
c0005077_23561720.jpg
 その後、選手がバックスタンド側に来て、サインや写真撮影をする時間が設定されました。この試合でMOMに選出された山田章仁選手は、バックスタンドの端まで動き、一人ひとりのファンと交流を持っていました。ラグビー人気を持続させていこうという強い意志が感じられて、素晴らしいなと感じた次第です。


 日曜(20151115)。

 早起きして自宅近くの掛かりつけの医院に家族3人で出向いてインフルエンザ予防接種。今年のはちょっと痛いと聞いてましたが、打った10分後くらいにちょっと鈍い違和感を感じた以外は普通でした。とくに腫れなかったし。

 その後、キャプチャーで六本木へ。
c0005077_01546.jpg
 ミッドタウンのパーキングに停め、そこからMBCへ。
c0005077_015285.jpg
 期間限定で、《smart-Connection》になっていて、1Fの展示スペースはほぼほぼsmartだらけ。
c0005077_025611.jpg
 《UPSTAIRS》でランチをいただきました。いつもお世話になっているのは1Fの《DOWNSTAIRS》なので、上に上がったのは相当久しぶり。前菜もパスタもピザもデザートもコーヒーも予想以上に美味しくて、ちょっとうれしくなりました。

c0005077_051230.jpg
 それから、表参道でカミさんとコドモを降ろし、青一のパーキングにキャプチャーを停めた後向かったのは、スゴい行列のSHAKE-SHACKの奥にある秩父宮ラグビー場、再び。今日の試合は 明治大学 vs 帝京大学。

 明治の気合いが相当入っていて、先制してある程度勢いを保ち、接戦に持ち込めましたが、後半の終盤で突き放され、32-49で負けました。
c0005077_09360.jpg
 ただ、左センターの背番号12・梶村祐介の強さとしなやかさに惹かれまくりました。明治のセンターでここまでの大物感を漂わせるのは、元木由記雄以来なんじゃないかなと。
c0005077_0111199.jpg
 試合後のストレッチでも存在感が強く感じられた梶村、久しぶりに見続けたくなる選手です。
また、今年のチームそのものも、ゲーム中によく声が出ていて集中力が最後まで途切れず、何よりBK陣のパスワークが昔の明治のイメージとはまるで違うレベルの高さで、軽く驚きました。
ラインアウトに向かうときのFWのチンタラ歩きがちょっと気になりはしたものの、ここ数年では最も期待できるチームになっているように感じました。

 この冬は、ちょっと久しぶりにラグビーで盛り上がれそうで、寒くなるのがイヤじゃない気がします。
by masa156v6 | 2015-11-18 00:13 | Rugby | Trackback | Comments(0)