カテゴリ:Renault-CAPTUR( 132 )

キャプチャー戻り、トゥインゴ返却。

c0005077_21232787.jpg
 みなとみらいに家族でお昼ごはん。
 いつも行くお店の、子どもが特に好きなフリフリチキンプレートがメニューから消えてしまっていて本人少々ガックシ来るも、頼んだロコモコが結構美味しかったらしく良かったなと。

 その後、カミさんと子どもはマークイズに買い物に行き、その間ワタシはちょっとトゥインゴでMM散策。
 画像は移転工事中のアンパンマンミュージアム。富士ゼロックスの隣(ちょっと前までマリノスの練習場があったところ)です。
 このあたりの開発はいよいよ進み始めていて、空き地がどんどん消えて資生堂や京急やホテルや大学や、との建築ラッシュラッシュです。

 買い物を終えたふたりをピックアップして、Dさんにキャプチャーを迎えに行き、トゥインゴ返却。
 取り回しの楽さはやはり特筆モノで、Uターンがこれだけストレスフリーでできるクルマはそうそうないなと。
 子どもはかなり気に入った様子で、メガーヌを売ってトゥインゴに乗り換えれば?と言い出してました。。。

c0005077_21344751.jpg
 帰ってきたキャプチャー。
 修正箇所はしっかりケアしていただきました。
 10日ぶりくらいの戻りで、メインドライバーのカミさんは、お帰りお帰りと連呼してました(笑)。

 スタート・ストップボタンのカバーを、シルバーからメガーヌと同じメタリックレッドに付け替えました。こっちの方が目立つのでいいかなと。

 
 もう今年は(居住エリアに)雪はないと思うので、スタッドレスを夏タイヤに戻そうかなと。
 タイヤフェスタに予約すんべと。

 

by masa156v6 | 2019-03-17 21:39 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

ルノー(・ジャポン)純正 CABANAシートカバー(ブラックカーボン/ダークブラック/アルミカーボン)

c0005077_20195615.jpg
 散歩で家の近所を歩いているマロン。

 日に日に足腰が弱くなっていて、アスファルトや平地は普通に歩けますが、空き地のちょっとした草や土の段差で踏ん張りが効かずよろめくことが増えてきました。
 自宅の玄関に上がるのもちょっと躊躇するようになってきたので(降りるときはまだ平気っぽいですが)、散歩帰りのポーチまでの2段を抱っこするようになりました。
 まだまだ元気でいておくれ、という心境(家族そろって)です。


c0005077_20251901.jpg
c0005077_20253516.jpg
 キャプチャーのシートカバーを替えました。
 約4年間、RJ純正・カバナ製《ホットチョコ/シルバー/シルバー》のものを使っていましたが、同じく純正の《ブラックカーボン/ダークブラック/アルミカーボン》に。
 内装トリムのカラーリングがブラック基調なのと、元々のファブリックも黒系でしたので、色調バランス的にはすんなり収まった感じです。

 とはいえ、カバーの取付はなかなか難儀するもので、特にリアのヘッドレストはキッツキツで両手の指にいまだに力が入らないくらいとにかく力技の連発。いいオヤジが半ベソかきながらウンウン唸りながら引っ張り作業をやってました(笑)。
 おそらく、カバーを温めてもう少し伸びやすくした方がスムーズに動けた気が(遅ればせながら)します。。

c0005077_20344987.jpg
 キャプチャー、後期モデルになってシートカバーの付け替え仕様そのものがなくなってしまったので、前期モデルのみのお楽しみ(?)となっていますが、そんなに頻繁に交換するものでもなく、当面このままで乗り続けようと思っております(リアのヘッドレストカバーは、正直綺麗に取り付けられていないままなので、暖かい季節になったら(取付を)やり直すつもりです)。



c0005077_20445917.jpg
 昼過ぎ、カミさんがアップルパイを食べたい、とのことで、赤レンガ倉庫のグラニースミスまで。
 いつものカスタード(クリーム)と、期間限定のクリームチーズを2個ずつ買って帰りました。
c0005077_20494706.jpg
 さっき夕食後に頂きましたが、やっぱりここのアップルパイはは安定の美味しさ。



by masa156v6 | 2019-02-24 20:50 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(4)

キャプチャー・スタッドレス(3シーズン目)

c0005077_21594292.jpg
 キャプチャーは《タイヤフェスタ》さんの会員になっていて、夏季はスタッドレス&ホイールを、冬季は夏タイヤ&ホイールを、店舗倉庫に預かってもらっています。
 会員の更新が12月末だったので、その手続きに合わせて預けているスタッドレス(DUNLOP WINTER-MAXX)&ホイールに履き替えました。スタッドレスはこれで3シーズン目。

 キャプチャーのホイールは、夏も冬もルノー純正17インチ。夏バージョンはホイールにもマットブラック・フィルムを貼っているので足元全体が黒っぽく見えるのに対して冬バージョンのスタッドレスを履いているホイールは純正そのままでリム・スポーク部がシルバー。


 2018-2019は暖冬予想ですが、雪が積もらないとは限らないので、一定の機動力確保という意味でキャプチャーへのスタッドレス装着は意味があるものと考えてます。


by masa156v6 | 2018-12-31 22:08 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

引きの画像

c0005077_17461673.jpg
c0005077_17462566.jpg
c0005077_17463419.jpg
 曇天ではありましたが、昨日ラッピングのアップデートが完了したキャプチャーを近所に走らせ、何カットかの引き画像を撮りました。

 まぁ落ち着いていて良いのでは。。と。

 大面積ラッピングは、もう(少なくともキャプチャーでは)やんないと思います。
 元々ヴェージュ・サンドレMというボディカラーが気に入ってキャプチャーを選んだ要素もあるので、この仕様で数年乗っていく予定です。



by masa156v6 | 2018-12-16 17:50 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

やっと剥がし切りました。

c0005077_20172784.jpg
 キャプチャー。

 戻ってきてから2週間経ち、やっとラッピング・プロの元へ行くことができ、主に右サイドに残っていたマットグリーンメタリックフィルムを剥がしてもらいました。
 リアライトカバーやドアミラーは施工時に外してラッピングしていただいていたので、そのあたりの取り外しもしていただき、やっとスッキリしました。

c0005077_20195056.jpg
 ルーフセクションは表層加工を施したマットブラックのフィルムを貼り、ヴェージュ・サンドレMベース・黒屋根仕様に。なので、完全に元通り、というワケではなくなりました。

 作業完了時間が夜になったため、引きの画像はまだ撮れていません。明日天気が良い朝のうちにサクッとどこかで、と思ってます。

c0005077_20224102.jpg
 少し前に、メガーヌのグローブボックス・フタ部分へのラッピングに使った《マトリックス・ブラック》フィルムをドアミラーに貼ってみました。
 悪目立ちしない分、収まりが良く気に入りました。このフィルムは色々と守備範囲を拡げられそう。


 さぁ、これで家族からヤイのヤイのと緑を剥がせコールがなくなるので良いことです(笑)。
 マットグリーンのキャプチャー、結構良かったと思ってます。


by masa156v6 | 2018-12-15 20:26 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(6)

代車

c0005077_23012710.jpg
 キャプチャーが修理入庫のため、代車でルーテが来てくれています。

 ルージュ・フラムMの鮮やかでありながら落ち着いている色調が美しいです。
 家人が乗ることがほとんどで、ワタシは最寄り駅までの子どものお送り迎えを2回したくらいしか運転していませんが、天気の良い日にこの綺麗なボディカラーを堪能しにどこかに出かけたいところです。


by masa156v6 | 2018-11-17 23:05 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

キャプチャー・エアコン・コンプレッサー交換 と 新型メガーヌR.S. チョイ試乗

c0005077_19505095.jpg
 キャプチャーのエアコン故障、Dさんに交換パーツ(エアコン・コンプレッサー&その他連動交換パーツ)が入庫したとのことで、昨日・夕方に預けてきました。
 で、今日、交換作業が完了し、戻ってきました。
c0005077_19525879.jpg
 冷たい風が出てきてくれます。
 もう今年の夏は終わろうとしていますが、まだ日中は結構暑いので、助かります。
 また、延長保証に入っていたので、懐具合的にも助かりました。
c0005077_19544665.jpg
 今日、クルマの受け取りで市が尾駅から歩いて横浜青葉Dへ赴いたのですが、着いてビックリ。
 お客さんが10組くらいいらしていて、来客Pは満車どころか停めきれないほど。
 メガ4R.S.、キャプチャー、トゥインゴの試乗車がひっきりなしに出発、到着。。。

 JAIAの数字を見る限り、ルノーの国内での今年8月までの販売台数は対昨年・93.8%(2018・・・4,771台 2017・・・5,089台)。
 でも、このDさんの賑わい具合を見る限り、残り4ヶ月で盛り返せるのでは?と思ってしまいます。



c0005077_20043211.jpg
 この画像は昨日のものですが、修理に預けた際、このときは比較的空いていたので、工場長からメガ4R.S. への試乗のお誘いをいただき、少し乗せていただきました。
 
 2011年2月デビューの先代・メガ3R.S.は、いくつかの限定設定車以外シャシーカップでしたが、新型の国内デビューモデルはシャシースポールとのこと。
 今後、MTやらトロフィーやらが導入されるものと思われ、その際にシャシーカップが入ってくるのかなと思ってますが、新型は5ドア・EDCメインであろうことから(国内では)乗り心地を重視したモデル設定にしたのかなと。
 とはいえタイヤは245/35R19。ホイール意匠も迫力あります。


 試乗において少し直線で踏ませてもらえましたが、排気音が車内に聴こえてくる演出がなされていて、ホォ〜っと。モードを切り替えるとパパンッというバックファイア音もしっかり耳に入ってきました。

 また、新型のイス、レカロなのか他社製なのか知らないのですが、座り心地と収まりが良く、イイなと。
 乗り心地は、確かに自分のクルマよりも優しさを感じました。ただ、しっとりとした落ち着きがあって、こちらも良い印象。


 試乗が終わり、Dの方が所定位置へクルマを戻すときに動くメガ4の後ろ姿を見ていたのですが、単純にとてもカッコ良かったです。
 クルマ欲しいモードにはいないので心がザワつくことはありませんが、将来的に何かのタイミングで具体的にクルマ選びをすることになった場合、間違いなくこのクルマは候補に入ります。

 心地良い余韻に浸りながら、試乗終了。
 ありがとうございました。



by masa156v6 | 2018-09-09 20:21 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

キャプチャー・40,000km

c0005077_06480657.jpg

 先日、キャプチャーのオドメータが40,000kmを表示。
 2015年3月の納車以来、40ヶ月を1,000km/月ペースで順調に乗り続けていることになります。


 ちょうど昨日、エアコン・コンプレッサー交換(※延長保証適用による無償交換・修理)で横浜青葉Dに乗っていきましたが、それ以外は瑣末なトラブルしか出ていません。

 クロスオーバー系でツートン塗装でデビューしたのはこのクルマが走りだったように思いますが、今や世の中、同型車種テンコ盛り&ツートン設定車の方が多いのではと思うくらい増えてきていて、当時のインパクトは相当に薄れてきてしまっています。
 道を走っていて、『あ、キャプチャー!』と思って近づいてくるクルマをよく見るとC-HRであることが続いている昨今(笑)ではありますが、地味ながらも丁寧な魅力はいささかも衰えていないこのクルマ、これからも愛でていきます。


by masa156v6 | 2018-09-09 06:41 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

保田・ばんや までキャプチャーで。

c0005077_20324269.jpg
 今朝。
 良い天気なので、ドライブがてら海でも見て海鮮系のごはんを戴こう、ということになり、JARTICサイトを覗いたところ、アクアラインを通って木更津〜富津方面が渋滞なし。

 ということで、内房・保田漁協が運営しているばんやという食事処に行ってきました。
 保土ヶ谷BPも首都高横羽線も湾岸線もアクアラインも館山道も空いていて(※海ほたるPは混んでましたが)、自宅から1.5hで到着。
 三人三様、それぞれ別のメニューを注文し、揚げ物、刺身、焼き物、カルパッチョ系をシェア。美味しくいただきました。

 その後、カミさんから木更津のアウトレットに行きたい、との希望が出てきたのでちょっと立ち寄り。

c0005077_20471083.jpg
 ワタシは特に欲しいものもなかったので、二人を下ろした後キャプチャーで近隣を散策することに。
c0005077_13172844.jpg
 上の画像はアウトレットの海っぺりP。今日はさほど混んでいなかったので、このエリアはほぼガラガラ。

c0005077_20493369.jpg
 その後、近くにある袖ヶ浦海浜公園に足を伸ばし、海をボーっと見て、ひとしきり落ち着いたところでアウトレットに戻りカミさんと子どもをピックアップし、復路・アクアラインへ。夕方に差し掛かってしまったのでトンネル内が何気に渋滞していましたが、さほど疲れることもなくマロンの待つ自宅に陽が陰らないうちに戻りました。

 
 キャプチャーはもうすぐ40,000kmになりますが、ホントにある程度の中距離(片道50km以上)を走るとホントに笑っちゃうくらい運転が心地良くなってきます。
 この感覚は未だに他のクルマでは味わえていない不思議なもので、何が理由なんだか分かりませんが、クルマの挙動の自然さとイスの掛け心地がピタッとシックリ来て、目的地に着いても降りたくなくなってしまいます。。

 ただ。
 先のエントリーで記したエアコン不調が今日も度々顔を出し、どピーカンの日中走行中に3回くらい(それぞれ20〜30分くらい)、冷房モードとは思えない生温かい
風が吹き続ける事象が発生。冷たい飲み物でクリアしました。
 パーツがDさんに届き次第連絡をいただき入庫する予定なのでいましばらく待ち状態。。


by masa156v6 | 2018-08-25 21:02 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

キャプチャー・エアコン(コンプレッサー)トラブル

c0005077_18520810.jpg
 今年の猛暑が始まってちょっとした頃、カミさんから
『キャプチャーのエアコン(冷房)がたまに効かなくなって、モワッとした熱風みたいなのが出てくる。ちょっとガマンしたら治るけど、1回じゃないよ』
と言う話を聞き、週末に自分が運転した際、同じ事象を確認。

 冷えるときは冷えるのですが、設定(温度・風量)を変えていないのにふと気づくとモワッと生温かい風に変化。耐えられないほどの温かさではないものの、日中はちょっとシンドい・・・と思ったあたり(10〜15分経過あたり)で再び冷風に。で、冷えてくれるものの、30分くらいしたところで同じような生温かい風が・・・のループ現象。

 これはコンプレッサーがアヤしいかも、ということでホームD(ルノー横浜青葉)に連絡を入れ、さっき乗っていきチェックしていただきましたところ、予想的中。
 工場長曰く、コンプレッサー本体ではないものの、可変装置(だったかな?ウロ覚えでスミマセン)に不具合が出ていることが確認されたとのことで、(コンプレッサー)アッセン交換と相成りました。

 キャプチャーは2015年2月登録のクルマなので新車保証は切れているのですが、EDC系のトラブルを恐れて転ばぬ先の杖的な意味合いで加入した延長保証が今回のトラブルに適用され、無償修理となる方向とのこと。コンプレッサー交換となると余裕でフタケタ万円掛かるので、おサイフ的に助かります。。


 パーツがDさんに入り次第キャプチャーの入庫日程を決めて、修理に入ってもらう流れになりそうです。
 この2日ほどは一気に涼しくなりましたが、天気予報をみるところまだまだ残暑は続きそうなので、準備が整い次第早めに作業をお願いする予定です。


 とはいえ、キャプチャーでここまでのところクリティカルトラブルは発生していません。
 信頼性は高いクルマである印象を充分持つことができるクルマです。


by masa156v6 | 2018-08-18 19:10 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)