カテゴリ:eat_out( 41 )

土用の丑の日は過ぎました、が。

c0005077_19004360.jpg
 有休だけは有り余っていて、消化促進消化促進と会社から言われるものの、休んだ分のシゴトはセルフリカバリーなのでなかなか。。
 そんな中、今日はエアポケットのように動きやすい流れになったので当日申請・速攻承認。

 そういえば、夏にうなぎをいただいていないということで、カミさんと小田原・友栄へ。
 ホームページを見ると、開店がAM10 になってました。薄い記憶では以前はもうちょっと遅かった気が。

 9時過ぎに自宅を出て、大和トンネル手前まではちょっと流れが悪い東名を抜けて小田厚へ。
 スイスイ行けるかと思いきや、片側車線規制の工事が複数箇所あり、お店に着いたのが10:20。
 満席で3組待ちではありましたが、朝にうなぎを食される方々はサクッとお店を出られるご様子(ウチもスーパー下戸夫婦なので長居しない系)で、20分くらい待ったところで席に案内していただきました。

 
 残念ながら、うな肝が売切(朝10時過ぎに!)でしたので、うな重を2つお願いし、待つこと暫し。
 いつもの ふかふか・あつあつ・ふわふわ のうなぎ。

 いつも通り、しあわせな満腹感を味わい、お店を後にしました。

 ただ、夫婦して加齢ゆえか、食べ切るチカラが落ちてきてしまっていることを実感。。カミさんが少食な分ワタシが頂いてもちろん2つのお重を完食したのですが、前回はまだもっとイケる!だったのが、今回はもう胃袋に余力なし、って感じでした。。。う〜む。


c0005077_19162715.jpg
 快方へ向かっているとはいえ、マロンを長時間留守番させるわけにはいかないので、どこに寄ることも無く帰宅。

 左への傾きはほぼ取れ、まっすぐ立てるようになりましたが、眼振が少し残っています。
 でも、1Fリビングでの行動半径は徐々に広くなってきていて、サークルから出て日向ぼっこをしたりするようにもなりました。

 一気に暑くなってしまったので日中は出ませんが、薄暮時の涼しげなタイミングで自宅近くをゆっくり散歩できるようになったので、ヨシヨシと。



by masa156v6 | 2019-07-30 19:23 | eat_out | Trackback | Comments(0)

札幌・トリトン・なごやか亭

c0005077_16340483.jpg
 元々の予定では午前中会議に出て、午後便で羽田→新千歳へ動くことになっていましたが、急遽札幌で打合せが複数入ったため会議参加をキャンセルさせてもらい、朝4時起きでメガーヌに乗って5時半に羽田に着き、6時過ぎ発のJALで移動。席に座った瞬間から着陸時の衝撃で起きるまで完璧爆睡でした。。


 以前ほどではないにせよ、何度か札幌には来ているはずですが、今回レンタカーを借り、今まで行ったことのある目的地にナビセットなしで微妙に辿り着くことができないこと2回。。記憶が薄れている。。。

 が、伏古のトリトンへの道はまったく迷うことなく、余裕で到着(笑)。
c0005077_16393933.jpg
 とはいうものの、元々あったところからほぼ逆車線側に新店舗を構えていて最初若干戸惑いましたが。
 お昼の空いている時間帯に入ってサクサクと注文するも、昔と明らかに違うのが、価格。一昔前、ふた昔前の記憶なので仕方がないとはいえ、数年前に一度行ったときのおぼろげな記憶との比較においても120円皿で行けるメニューが減っていて、関東圏でいただくところのちょっと高めの回転寿司店の価格帯に移行していました。

 まぁ、とはいえ、やっぱり美味しい。。。
 また、加齢とともに満腹感が早めに訪れることから、支払った金額そのものはアンダー2K(JPY)なので、やっぱりお得度は高いなと。

c0005077_16550711.jpg
 日中の打合せがひとしきり終わり、夜に久しぶりにアルコール摂取。
 とはいえ、3人中ワタシともうお一方が弱いことから、シラフ系の呑みとなりました。。

 で、驚いたのが札幌の暖かさ。空港に着いて外に出たとき、上下ヒートテックであることを軽く後悔してしまうほどのぽっかぽかさ。
 地元の方々も「3月半ばでこの気温の高さは記憶にない」と口々に。

 上はすすきのの夜の路面画像ですが、こんな感じ。
 もう夏タイヤに替えようかな、と言う方もいらっしゃいましたが、流石に札幌、まだ何回かはそれなりに降るでしょうからまだスタッドレス履きだとは思いますが、そんなセリフがあながち冗談に聞こえないくらいの陽気でした。


 で、翌日。
 トリトン・伏古に行ったら、なごやか亭・大谷地にも行かねば、ということでお昼ごはんで。
 こちらはこちらでもちろん美味しいのですが、ワタシがトリトン派ということを差し引いても、ちょっと何というか、微妙な差ですが、お店の華やかさが若干失われている印象を受けてしまいました。ちょっと雑然とした感じ。


c0005077_17211000.jpg
 翌日もあれやらこれやらと動き、レンタカーを返して新千歳空港に着いてからもメールフォローでバタバタしていましたが、LeTAO のバニラ&チーズのソフトクリームが美味しくてシアワセな瞬間を味わえました。これは久々の当たりソフトだわと。

 二昔前は白い恋人、一昔前はマルセイバターサンド、そしてロイズの生チョコ、じゃがポックル・・・と、北の代表的な人気お土産お菓子は次々に新しいものが出てきます。LeTAOのラングドシャを今回買って帰りましたが、空港では保冷時間制約で見逃がさざるを得なかった《ドゥーブルフロマージュ》が、ショコラドゥーブルとのセットでamazonで送料無料で出ていたので即買いしました。届く週末が楽しみ。。。

 羽田に着いた後も、1タミ5Fのスタバで一通り急ぎ案件をフォローして、もうほとんど便がなくなった出発ロビーを経て、P2に停めているメガーヌに戻って、空いている首都高経由で帰宅。

c0005077_17332423.jpg
 プッシュボタンのリング部分に同色系パーツを追加(中華系サイトで購入)。
 とても小さなことなのですが、ボタンを押すのが少し嬉しくなります。。

 
 先週九州、今週北海道という行程ではありましたが、美味しい食べものと澄んだ空気・水はやっぱりイイです。
 とはいえ、落ち着くのはやっぱり地元。。
 

c0005077_17374456.jpg
 帰宅したらamazonで頼んでいた《柴犬のここが好き》が届いてました。
 この本、柴犬と暮らしているヒトには思いあたるイラストが多く、ホンワカします。早速家族3人でそれぞれ読み、読んだ人間からマロンに無意味に近づいていくという状況になってました。。
 


by masa156v6 | 2019-03-21 17:42 | eat_out | Trackback | Comments(0)

宮崎のソウルフード・チキン南蛮

c0005077_19433643.jpg
 出張で福岡〜宮崎へ。

 福岡1泊、宮崎1泊という行程ながらスケジュールが結構タイトで、空港近辺でしか食事を摂れないかも・・・と思っていましたが、宮崎から羽田への便までに若干時間が取れたので、おぐら本店にてチキン南蛮を頂いてきした。
c0005077_19462455.jpg
 酸っぱさとムネ肉の締まりと衣とオリジナルタルタルとの絡み合いが絶妙で、ワタシにとっては、やっぱりこれが《ザ・チキン南蛮》となります。

 とはいえ、宿泊したホテルの朝食バイキングに供されたチキン南蛮も結構おぐらに近い味(タルタルは味が違いましたが)が出せていて、ちょっと驚きました。。
 (※朝食バイキングにチキン南蛮というのもなかなかないかとは思いますが、嬉しかったです)


c0005077_19493769.jpg
 宮崎エリア移動の際にレンタカーで乗ったスイフト。
 このクラスではデミオがブッチギリでナンバーワンと思ってましたが、スイフト侮り難し。カッチリと締まった乗り心地で乗りやすい。加減速・ブレーキの効きもリニアで気に入りました。



by masa156v6 | 2019-03-17 19:55 | eat_out | Trackback | Comments(0)

Fukuoka

c0005077_22524050.jpg
 月曜の早い時間(初便でも間に合わない時間)から所用がスタートすることから、日曜・夕方便で福岡へ前乗り。
 最寄駅から羽田までの空港連絡バスの運行が始まったので乗ってみたのですが、なかなか快適。いつもは自分で運転しているので景色そのものを楽しむことがちょっと難しいベイブリッジ〜鶴見つばさ橋もバスの高い位置の車窓からじっくり眺めることができます。

 羽田・1タミで降り、ちょっと早かったので(日曜とはいうものの手持ち無沙汰だったので)レポート作成をちょっとやって落ち着いたところでチェックイン時刻。
 日曜ということでオフィシャルのメール・電話は基本的に来ないことから、中断することがないのでレポートが捗ります。

c0005077_23015387.jpg
 今回、どうしてももつ鍋が食べたい気持ちが抑えきれず(。。。
 機内でWi-Fiを繋いでからというもの、ひとりでもフラッと入れそうなもつ鍋料理のお店をずっと調べていて、ターゲット絞り込み。
 目当ての空港について地下鉄に乗って天神から歩いてそのお店に辿り着くもそこそこの混雑。お腹は相当空いていて、もう近くのココイチか吉野家でも入ろうか〜となりかけたときに通りかかったお店が《笑楽》というお店。

・味噌味のもつ鍋
・馬刺し
・ノンアルコールビール
を注文し、いただきました。

 大変、大変美味しゅうございました。
 結構お腹が膨れましたが、締めのちゃんぽんがこれまた超美味。ペロッと行けてしまいました。
 また来たい!

 
 翌朝は5時過ぎにホテルをチェックアウトして、所用先へ。
 地下鉄は5時台といえどもそこそこ混んでました。


 昼食は、いつもの《ひらお》貝塚店。
 行列が結構長かったですが、並ぶ価値があります、ここは。
 今回も天ぷらとイカの塩辛を満喫。

 
 なかなか疲れはしましたが、それ以上に食・部分への満足度が高く、良い1泊2日でした。

 あと、これは偶然なのでしょうが、この1泊2日の道中にて、年に1回見かけられたら幸せ、というくらいの綺麗なヒトを6〜7人も目にしてしまい、ちょっと狐につままれたような感覚をおぼえた次第です。



by masa156v6 | 2017-09-26 23:19 | eat_out | Trackback | Comments(0)

ありがたみをキープするために(港屋・冷たい肉そば)

c0005077_22224997.jpg
 ハマるとすぐに通い詰めてしまい、結果飽きてしまうことを繰り返してしまうこの性格はよろしくない。。。
 ということで、港屋に冷たい肉そばを食しに行く頻度はおおよそ2ヶ月おき、に決めています。

 今日は朝からバタついて昼食を摂れぬまま夕方近くに。
 虎ノ門で打ち合わせがあったので、その少し前に15分ほど時間をつくってサクッと食べてきました。
 やっぱり美味しいわ。。。。。

 次は、11月か。


by masa156v6 | 2017-09-11 22:27 | eat_out | Trackback | Comments(0)

20170614 スタミナ補給(友栄)

c0005077_20590295.jpg
 何がキッカケだったかは憶えていないものの、2週間くらい前から夫婦して『鰻、食べたい』モードになっていました。
 Q'tr締め月の週半ばではあるのですが、食欲に勝るものなし、ということで、仕事の折り合いをつけて有休を取得してサクッと《友栄》さんに伺った次第。

 AM10になるかならないかの時間に着いたので、一番乗り(・・・)。
 お店の方にお声掛けをいただいて、席に案内される前に注文。
 いつも、うな重2つとうな肝(タレ)をお願いしていますが、今回も同じく。
 ただ、短い時間ながらもゆっくり過ごしたかったので、個室にしていただきました(※個室料は飲食料金の10%)。

c0005077_21075742.jpg
c0005077_21081308.jpg

 うな肝の画像までは落ち着いて撮れましたが、うな重がやってきてからはその香ばしい匂いに我慢することはもうままならず(笑)。画角も何もありません。
 で、早速いただきました。

 安定の美味しさ。鰻のホフッとした柔らかさと熱の絶妙な通り方がもうタマリマセン。

 で、鰻を堪能してお茶をいただいてホッと一息入れて、会計してお店を後に。
 帰路の小田厚・東名はともに空いていて、海老名SAでLONCAFEのフレンチトーストを口直しにいただいても午後のカミさんの所要に余裕で間に合う時間に戻ってこれました。

 私は有休なので、この日はゆっくり・・・・・・・などできるハズもなく、いつも通り結局はつい先ほどまでシゴトモード。
 ただ、鰻のおかげでスタミナ補給ができましたので、動きは多少軽やかになったような気が、しなくもありませんでした。


 ごちそうさまでした。
 

by masa156v6 | 2017-06-14 21:15 | eat_out | Trackback | Comments(0)

無上帑のスペシャルサンドセット。

c0005077_02062318.jpg
 富士・無上帑にちょっと久方ぶりに。

 昼食を摂る時間帯に伺うも、たまたま、ほぼほぼ貸切状態。
 スペシャルサンド、パンはもっちり・サクサク。ソーセージも美味美味。本当に美味しい。
 コーヒーもしっかりと味わえて、このセットで970円(税込)はリーズナブルとしか言いようがないです。

c0005077_02102013.jpg
 メガーヌ、好調さを持続。
 東名の往復がトロけそうな気持ち良さ。オイル交換の効能か、始動時のジャダーが抑えられていて、タイヤ(MICHELIN PSS)も替えてから1.5万キロを越えようとしていますが、まだまだマロみを感じる絶妙な路面当たりが継続して体感できてます。






by masa156v6 | 2017-03-18 02:16 | eat_out | Trackback | Comments(0)

神保町とキッチン南海(の、チキンかつ&しょうが焼き)

c0005077_22104312.jpg
 これさえあれば、もう他に何も要らない、と(空腹時には)言っても過言ではない《キッチン南海のチキンしょうが》。
 ちょっと遅めの昼食でいただいてきました。

 チキンかつ、しょうが焼き、付け合わせのスパゲティ、そしてキャベツ&カイワレとごはん。 
 これだけボリュームがあるのに、比較的サクッと食べることができて、しかも食後にお腹がもたれない。なぜだろうなぜかしら。

 ここの名物はカツカレー、ということはわかっているのですが、南海歴・約約30年になろうというのに、もう100回はこのお店で食べているだろうに、チキンしょうが以外を未だに頼んだことがありません。頼む勇気が湧きません。
 ここのチキンかつとしょうが焼きの組合せのバランスの妙は、もう、何物にも代え難い重み(?)が自分にはあるのです。。。
 
 お店はいつも混んでます。し、お隣の席との距離も近い。
 個人的に席間が狭いお店は好きじゃないのですが、ここは別。この味をいただけるのであれば、何の問題もありません。

 また、昭和テイスト溢れまくる店内からのオーラに染まってしまうのか、来店客も皆さん昭和っぽい感じ(おとなしく、譲り合う空気感を共有)でこのお店でのひとときを過ごしているように感じてしまいます(勿論、自分も)。


 こんなお店がずっとあること、そしてそんなお店にちょくちょく寄れるロケーションにいられていること。
 神保町からお茶の水にかけての落ち着いた街の佇まいは、とてもとてもしっくりきます。
 何気に恵まれてるよな、と改めて思い返した今日の午後、でした。
 

by masa156v6 | 2017-02-28 22:32 | eat_out | Trackback | Comments(2)

エチカフィット永田町

c0005077_23481554.jpg
 今朝からPCもiPhoneも充電できないまま外で使い続けていたので、18時過ぎに赤坂見附の駅構内を歩いているときにiPhoneの電源が落ちてしまいました。

 ちとヤバ、早めにどこか電源のあるところへ・・・と考えつつも、駅ナカなので出なきゃダメかな〜と軽く唸っていたところでふと思い出したのが、エチカ(永田町)。
 いつもはこの施設の手前にある《C&C》でカレーを食してばかりですが、そういえばエチカには充電できるテーブルがあった気が。

 ということで半蔵門線ホームを端から端まで歩き、長めのエスカレータ(スピード、こんなに速かったっけ?)に乗ってエチカへ到着。
 電源が取れる席は軒並み埋まっている・・・かと思いきや、一番奥のテーブルはガラガラ(というか、奥まで来てみたのは初めてながら、こんなに広いスペースが取られていることにちょっと感心)。

 で、小腹が空いていたので唐揚げ定食を注文し、出来上がりを待ちつつiPhone充電&PCシゴト。
 風の抜け口があるっぽくてちょっと肌寒かったものの、落ち着けて充電できてちょっとレポート作れて、唐揚げもそこそこ美味しい、という恵まれた環境を得て小一時間。
 助かりました。

 これからも、基本的にこのゾーンでお世話になるのは《C&C》が圧倒的でしょうけれども、自己電力不足に陥った際はこのポイントを有効活用させてもらうことにします。よく通るところなので、これは助かるわ。

 

by masa156v6 | 2017-02-28 00:04 | eat_out | Trackback | Comments(0)

20161216 《さわやか》富士錦店

c0005077_051814.jpg
 所用で静岡へ。
 19時過ぎに終わったので、近くにある《さわやか》を検索。富士錦店が近かったので、ナビをセット。
 平日・夜ですが、6組待ち。ただ、結構早めに順番が来ました(15分くらい)。
 で、サクサク美味しくいただきました。

c0005077_09405.jpg
 東名上りは空いてましたが、気温が低く、沼津~裾野間では融雪剤を撒いているとの電光掲示。駒門PAに入ったとき、メガーヌのディスプレイが0℃を表示。冷えました。

 それにしても、最近は竹内まりやの《souvenir》ばっかりクルマで聴いてます。
 本人の歌もイイし、バックの音がこれまた素晴らしい・・・。
by masa156v6 | 2016-12-17 00:14 | eat_out | Trackback | Comments(0)