札幌・トリトン・なごやか亭

c0005077_16340483.jpg
 元々の予定では午前中会議に出て、午後便で羽田→新千歳へ動くことになっていましたが、急遽札幌で打合せが複数入ったため会議参加をキャンセルさせてもらい、朝4時起きでメガーヌに乗って5時半に羽田に着き、6時過ぎ発のJALで移動。席に座った瞬間から着陸時の衝撃で起きるまで完璧爆睡でした。。


 以前ほどではないにせよ、何度か札幌には来ているはずですが、今回レンタカーを借り、今まで行ったことのある目的地にナビセットなしで微妙に辿り着くことができないこと2回。。記憶が薄れている。。。

 が、伏古のトリトンへの道はまったく迷うことなく、余裕で到着(笑)。
c0005077_16393933.jpg
 とはいうものの、元々あったところからほぼ逆車線側に新店舗を構えていて最初若干戸惑いましたが。
 お昼の空いている時間帯に入ってサクサクと注文するも、昔と明らかに違うのが、価格。一昔前、ふた昔前の記憶なので仕方がないとはいえ、数年前に一度行ったときのおぼろげな記憶との比較においても120円皿で行けるメニューが減っていて、関東圏でいただくところのちょっと高めの回転寿司店の価格帯に移行していました。

 まぁ、とはいえ、やっぱり美味しい。。。
 また、加齢とともに満腹感が早めに訪れることから、支払った金額そのものはアンダー2K(JPY)なので、やっぱりお得度は高いなと。

c0005077_16550711.jpg
 日中の打合せがひとしきり終わり、夜に久しぶりにアルコール摂取。
 とはいえ、3人中ワタシともうお一方が弱いことから、シラフ系の呑みとなりました。。

 で、驚いたのが札幌の暖かさ。空港に着いて外に出たとき、上下ヒートテックであることを軽く後悔してしまうほどのぽっかぽかさ。
 地元の方々も「3月半ばでこの気温の高さは記憶にない」と口々に。

 上はすすきのの夜の路面画像ですが、こんな感じ。
 もう夏タイヤに替えようかな、と言う方もいらっしゃいましたが、流石に札幌、まだ何回かはそれなりに降るでしょうからまだスタッドレス履きだとは思いますが、そんなセリフがあながち冗談に聞こえないくらいの陽気でした。


 で、翌日。
 トリトン・伏古に行ったら、なごやか亭・大谷地にも行かねば、ということでお昼ごはんで。
 こちらはこちらでもちろん美味しいのですが、ワタシがトリトン派ということを差し引いても、ちょっと何というか、微妙な差ですが、お店の華やかさが若干失われている印象を受けてしまいました。ちょっと雑然とした感じ。


c0005077_17211000.jpg
 翌日もあれやらこれやらと動き、レンタカーを返して新千歳空港に着いてからもメールフォローでバタバタしていましたが、LeTAO のバニラ&チーズのソフトクリームが美味しくてシアワセな瞬間を味わえました。これは久々の当たりソフトだわと。

 二昔前は白い恋人、一昔前はマルセイバターサンド、そしてロイズの生チョコ、じゃがポックル・・・と、北の代表的な人気お土産お菓子は次々に新しいものが出てきます。LeTAOのラングドシャを今回買って帰りましたが、空港では保冷時間制約で見逃がさざるを得なかった《ドゥーブルフロマージュ》が、ショコラドゥーブルとのセットでamazonで送料無料で出ていたので即買いしました。届く週末が楽しみ。。。

 羽田に着いた後も、1タミ5Fのスタバで一通り急ぎ案件をフォローして、もうほとんど便がなくなった出発ロビーを経て、P2に停めているメガーヌに戻って、空いている首都高経由で帰宅。

c0005077_17332423.jpg
 プッシュボタンのリング部分に同色系パーツを追加(中華系サイトで購入)。
 とても小さなことなのですが、ボタンを押すのが少し嬉しくなります。。

 
 先週九州、今週北海道という行程ではありましたが、美味しい食べものと澄んだ空気・水はやっぱりイイです。
 とはいえ、落ち着くのはやっぱり地元。。
 

c0005077_17374456.jpg
 帰宅したらamazonで頼んでいた《柴犬のここが好き》が届いてました。
 この本、柴犬と暮らしているヒトには思いあたるイラストが多く、ホンワカします。早速家族3人でそれぞれ読み、読んだ人間からマロンに無意味に近づいていくという状況になってました。。
 


# by masa156v6 | 2019-03-21 17:42 | eat_out | Trackback | Comments(0)

キャプチャー戻り、トゥインゴ返却。

c0005077_21232787.jpg
 みなとみらいに家族でお昼ごはん。
 いつも行くお店の、子どもが特に好きなフリフリチキンプレートがメニューから消えてしまっていて本人少々ガックシ来るも、頼んだロコモコが結構美味しかったらしく良かったなと。

 その後、カミさんと子どもはマークイズに買い物に行き、その間ワタシはちょっとトゥインゴでMM散策。
 画像は移転工事中のアンパンマンミュージアム。富士ゼロックスの隣(ちょっと前までマリノスの練習場があったところ)です。
 このあたりの開発はいよいよ進み始めていて、空き地がどんどん消えて資生堂や京急やホテルや大学や、との建築ラッシュラッシュです。

 買い物を終えたふたりをピックアップして、Dさんにキャプチャーを迎えに行き、トゥインゴ返却。
 取り回しの楽さはやはり特筆モノで、Uターンがこれだけストレスフリーでできるクルマはそうそうないなと。
 子どもはかなり気に入った様子で、メガーヌを売ってトゥインゴに乗り換えれば?と言い出してました。。。

c0005077_21344751.jpg
 帰ってきたキャプチャー。
 修正箇所はしっかりケアしていただきました。
 10日ぶりくらいの戻りで、メインドライバーのカミさんは、お帰りお帰りと連呼してました(笑)。

 スタート・ストップボタンのカバーを、シルバーからメガーヌと同じメタリックレッドに付け替えました。こっちの方が目立つのでいいかなと。

 
 もう今年は(居住エリアに)雪はないと思うので、スタッドレスを夏タイヤに戻そうかなと。
 タイヤフェスタに予約すんべと。

 

# by masa156v6 | 2019-03-17 21:39 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

宮崎のソウルフード・チキン南蛮

c0005077_19433643.jpg
 出張で福岡〜宮崎へ。

 福岡1泊、宮崎1泊という行程ながらスケジュールが結構タイトで、空港近辺でしか食事を摂れないかも・・・と思っていましたが、宮崎から羽田への便までに若干時間が取れたので、おぐら本店にてチキン南蛮を頂いてきした。
c0005077_19462455.jpg
 酸っぱさとムネ肉の締まりと衣とオリジナルタルタルとの絡み合いが絶妙で、ワタシにとっては、やっぱりこれが《ザ・チキン南蛮》となります。

 とはいえ、宿泊したホテルの朝食バイキングに供されたチキン南蛮も結構おぐらに近い味(タルタルは味が違いましたが)が出せていて、ちょっと驚きました。。
 (※朝食バイキングにチキン南蛮というのもなかなかないかとは思いますが、嬉しかったです)


c0005077_19493769.jpg
 宮崎エリア移動の際にレンタカーで乗ったスイフト。
 このクラスではデミオがブッチギリでナンバーワンと思ってましたが、スイフト侮り難し。カッチリと締まった乗り心地で乗りやすい。加減速・ブレーキの効きもリニアで気に入りました。



# by masa156v6 | 2019-03-17 19:55 | eat_out | Trackback | Comments(0)

代車 de トゥインゴ(2)

c0005077_18540790.jpg
 今日は午後から雨予報、ではあったのですが、お昼前の時間でも結構空が明るかったので、折角なのでということでトゥインゴに乗って横横を南下して馬堀海岸のリバーストーンでナポリタンをいただいてきました。濃厚な味がクセになります。。


 お腹が落ち着いたところで、横横を北上しつつ(お約束の横須賀PAのソフトクリームをいただいた後に)釜利谷JCTから並木方面へ向かい、首都高に乗って大黒PAへ。
c0005077_17381088.jpg
 フランス車はほとんど見当たらず、スープラ、NDロードスター(&アバルトスパイダー)、M2あたりのクルマが集っていました。
 そんな中、曇天下においてもトゥインゴのブルー・ドラジェは結構目を惹く色調だったようで、何人かの方が近づかれ『このクルマ、色がイイね』というような会話をされているのが聞こえてきました。

 自分のクルマではありませんが、乗って、降りて、ちょっと離れたところからトゥインゴを見ると、何とも愛着が湧いてくるのを感じます。
 内装の質感やドアの開閉音などがチープシックであることは否めないものの、それはけっして欠点ではなく、潔い割り切りとして美点として捉えられるクルマかと。


c0005077_18515427.jpg
 首都高を新横浜で降り、IKEAに立ち寄り。
 Pは結構混んでましたが、屋上の巨大看板近くは店舗入口から離れているのでクルマはまばら。
 
 ここで折角なのでキャンバストップを開けてみました。
c0005077_18535277.jpg
 今年の桜の開花は早めとの予測が出ているようで、3月下旬には見頃になるのかな。
 トゥインゴのキャンバストップに乗って桜並木を走れれば面白いお花見ができるなと思いつつも、流石にそんな先までこの代車がウチにいることはないので諦めます。。
 でもこれ、(キャンバストップの)オーナーさんは楽しめますね。。。


 日に日にトゥインゴの魅力が染み入るように入ってきます。。
 でも、キャプチャーから動くってことはないです。。こっちはこっちで違う楽しさがあるので。


《20190310 追記》
 そんな日に、ジェレミー・クラークソンがトゥインゴGTのレビューをしているのを見つけました。
 どっちかというと、ホメてるっぽい文章。



# by masa156v6 | 2019-03-10 18:58 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

代車 de トゥインゴ

c0005077_21234916.jpg
 キャプチャーに少し手直しが発生した関係で、代車でトゥインゴが来てくれました。
 ブルー・ドラジェのボディカラーは柔らかな印象を持たせてくれて、このクルマに合っています。

 運転していてのキビキビ感がしっかりとあって、街中運転が楽しくなります。

c0005077_21233716.jpg
 キャプチャー対比で小さいことは一目瞭然ながら、このくらいのボディサイズだと狭い道の離合時にやっぱり便利。
 良いな、このクルマ。改めて実感。


# by masa156v6 | 2019-03-09 21:29 | RENAULT | Trackback | Comments(2)

NATHAN EAST Live at BLUE NOTE TOKYO (6th Mar.2019)

c0005077_23271989.jpg
 何年前だか忘れちゃいましたが、クラプトンの武道館ライブを観に行ったときにネイザン・イーストのベースの上手さと柔かな表情に惹かれ、今回ブルーノートでライブがあると知り、発売日に予約。

 3月6日・2ndのペアシート・センターを2席取り、カミさんと行く予定でしたが、当日午後に所用で都合が悪くなり、ひとりで南青山へ。

c0005077_23330592.jpg
 DSのフラッグシップ・DにディスプレイされているDS7の隣に、ブルーノート東京。
c0005077_23351102.jpg
 
c0005077_23352751.jpg

 20:20開場・21:00スタートなので、開場時間に到着し、ノンアルコール・スパークリングを注文。
 そのあと、カプチーノ。
c0005077_23371639.jpg
 アルコールを口にする(すべき)空気感が漂う中、ペアシートの1席をちょっと贅沢な荷物置き場にし、開演を待ちます。


 21:00を少し回ったところでライブスタート。
 内容は・・・素晴らしかった! の一言に尽きます。
 ほぼ満席の店内は予定調和ではなく、ライブのクオリティと魅力の強さによる盛り上がりで熱を持っていました。
 

c0005077_23433677.jpg
 終演後のステージ。
 帰宅してから、amazon-music-unlimited にてDLした2枚のソロ・アルバムを改めて聴き込んでます。


 ぜひまた行きたいです。し、Fourplay でのライブも観たい聴きたい、です。


  

# by masa156v6 | 2019-03-08 23:46 | Music | Trackback | Comments(0)

メガーヌ & キャプチャー スタート・ストップボタンカバー

c0005077_12500159.jpg
 1個あたり1.99US $(送料込み)にて、スタート&ストップボタン・カバーを2個、中華サイトにて購入。

 メガーヌとキャプチャーにそれぞれ貼り込みました(裏側に両面テープが仕込まれているので、位置決めさえすれば1分も掛からず。

c0005077_12531063.jpg
メガーヌ(赤)


c0005077_12534369.jpg
キャプチャー(銀)

 2台ともにボタン外周部のリングは予め国内で調達済みのものですが、カバーとリングを合わせても1台あたりギリギリ3ケタ円で収まるか収まらないかというくらいのお手軽モディファイ。
 チョコチョコとこういう極小変更を続けていこうと思っておりやす。



# by masa156v6 | 2019-03-03 12:57 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

ルノー(・ジャポン)純正 CABANAシートカバー(ブラックカーボン/ダークブラック/アルミカーボン)

c0005077_20195615.jpg
 散歩で家の近所を歩いているマロン。

 日に日に足腰が弱くなっていて、アスファルトや平地は普通に歩けますが、空き地のちょっとした草や土の段差で踏ん張りが効かずよろめくことが増えてきました。
 自宅の玄関に上がるのもちょっと躊躇するようになってきたので(降りるときはまだ平気っぽいですが)、散歩帰りのポーチまでの2段を抱っこするようになりました。
 まだまだ元気でいておくれ、という心境(家族そろって)です。


c0005077_20251901.jpg
c0005077_20253516.jpg
 キャプチャーのシートカバーを替えました。
 約4年間、RJ純正・カバナ製《ホットチョコ/シルバー/シルバー》のものを使っていましたが、同じく純正の《ブラックカーボン/ダークブラック/アルミカーボン》に。
 内装トリムのカラーリングがブラック基調なのと、元々のファブリックも黒系でしたので、色調バランス的にはすんなり収まった感じです。

 とはいえ、カバーの取付はなかなか難儀するもので、特にリアのヘッドレストはキッツキツで両手の指にいまだに力が入らないくらいとにかく力技の連発。いいオヤジが半ベソかきながらウンウン唸りながら引っ張り作業をやってました(笑)。
 おそらく、カバーを温めてもう少し伸びやすくした方がスムーズに動けた気が(遅ればせながら)します。。

c0005077_20344987.jpg
 キャプチャー、後期モデルになってシートカバーの付け替え仕様そのものがなくなってしまったので、前期モデルのみのお楽しみ(?)となっていますが、そんなに頻繁に交換するものでもなく、当面このままで乗り続けようと思っております(リアのヘッドレストカバーは、正直綺麗に取り付けられていないままなので、暖かい季節になったら(取付を)やり直すつもりです)。



c0005077_20445917.jpg
 昼過ぎ、カミさんがアップルパイを食べたい、とのことで、赤レンガ倉庫のグラニースミスまで。
 いつものカスタード(クリーム)と、期間限定のクリームチーズを2個ずつ買って帰りました。
c0005077_20494706.jpg
 さっき夕食後に頂きましたが、やっぱりここのアップルパイはは安定の美味しさ。



# by masa156v6 | 2019-02-24 20:50 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(4)