2019年 05月 03日 ( 1 )

メガーヌ シートベルトキャッチャーボタン・褪色対策  (※車両保安基準適合についての追記あり)

c0005077_07011775.jpg
 最近まで気づいてませんでしたが、メガーヌに乗り始めて8年。シートベルトキャッチャー・ボタンの赤色が褪色し始めていて、部分的に下地の白が斑らに見えています。
 
 ここをフィルムを使ってケアしてみよう、ということで、いつもお世話になっているラッピング・プロにお願いして貼り込みテストをやってみました。
 また、どうせやるなら赤じゃなくて、初期メガーヌR.S.の内装に多用されている《黄色》を使ってみることに。

 また、赤樹脂部分、部位そのものは小さいながら、3次曲面且つ表層が細かい梨地になっていることから、汎用性の高いものではなく、特殊なフィルム(ペイントフィルム PF-110AP)を使ってみました。


c0005077_07114221.jpg
 シートベルトキャッチャーという安全上重要なパーツを分解することについてリスクがあったので、車両装着状態のまま、貼れる範囲をプロのテクニックでラッピング。
 使用したフィルムとキャッチャー・樹脂部分との粘着力の相性は良好で、想定していたよりも強く貼り付きました。



・ラッピング前・後

《Before》
c0005077_07072669.jpg

《After》
c0005077_07100378.jpg


・シートベルトを締めた状態
c0005077_07171293.jpg
c0005077_21590919.jpg

・引き気味アングルでの画像
c0005077_07175304.jpg
 キャッチャー部の分解をしていないので、ラッピングで追い込めていない部分の赤色部分が見える角度もありますが、プロが試行錯誤してくれたお陰で気にならないレベルで仕上げて下さいました。


 前回のハザードスイッチ交換に続いて非常に小さなサイズでの極小モディファイではありますが、《山椒は小粒でピリリと辛い》系の、とても自分的には効いてくれる変化で、見るたんびにニヤけてしまいます。。。こういう小ネタでまだまだ楽しめそうです。


《重要》
《20190503 22:10 追記》
 こちらについて、車両保安基準への適合性について問題はない?とのご指摘をACHさんからいただき、慌てて確認したところ、このまま(無地・イエロー)では拙いことが判りました。

c0005077_22150789.png


 このため、
・赤いフィルムでのラッピングに変更
もしくは
・イエローのまま、《PRESS》etc. の操作方法を記した文字情報の挿入
のいずれかの対応をとり、保安基準に適合するようにいたします。


 もし、当ブログをご覧になり参考にされる方がいらっしゃる場合、車両保安基準をはじめとした各種法規への適合性については御自身にてご確認の上、大変恐縮ですがあくまで自己責任の範囲においてご対応下さいます様宜しくおねがいいたします(当方においては一切の責任を負うことが出来かねますのでその旨ご了承くださいませ)。

 

by masa156v6 | 2019-05-03 07:23 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)