2017年 07月 17日 ( 1 )

メガーヌ インナードアポケット & ナンバーフレーム 取付

c0005077_19404728.jpg
 久々に洗車(あまりにも暑いので自力ではなくいつものスタンドにお願い)。
 外にも中にも蜘蛛の糸(益虫なので基本的に歓迎はしますが、クルマは勘弁してくれ。。)がそこはかとなく纏わり付いていたので、サッパリしました。

 メガーヌR.S.のインナードアハンドルが経年で強度不足によって捥げてしまう事例が散発していて、何人かの先達並びにDさんがその対策としてインナードアポケットを設けてリスク低減を図られていますが、遅ればせながら乗ってみました。
c0005077_19462977.jpg
 ヤフオクでボルボ用・サードパーティ製インナードアポケットを落札・購入したのは2ヶ月くらい前。
 工作をDIYでなさるオーナーが多くいらっしゃいますが、そこはハンパない不器用人間。考察2秒で白旗を掲げ(。。)、いつもお世話になっている工場長に作業をお願いしました。
 工場が立て込んでいて、先週末に取り掛かっていただきました。
c0005077_19521678.jpg

 また、ドアポケット取付に加えて、メガーヌオーナーのお一人が実施された《ネジの周りのリブを切って大き目のワッシャで強度のある枠部分ごと固定》技についてご本人のご承諾をいただき、実施。
c0005077_20153014.jpg
 もしかしたらドアポケットの取付をせずともこれだけで相当な効果が上がったかもしれません。
 今までミシミシ音がしていたインナードアハンドルがガッチリした感触に変化しました。


 工場長が丁寧にケアしてくださり、無事に装着完了(お初の作業ということもあり、位置出しや収め方を慎重にしてくださったのでほぼ丸1日の時間を費やされたとのこと。感謝です)。
c0005077_19551549.jpg
 元々のドアハンドルを引くこともあればドアポケットを握って引くこともあり。2パターンを交互にやることでそれぞれの負荷(回数)を減らし、長寿命化を図ります。


 
c0005077_19584267.jpg
 いきなり装着画像になりますが、先日バックカメラに目をやったところ、リアナンバー・右下端部が曲がっている気がしたので降りて確認したところ、下半分が結構クニャクニャに。。
 何かに当てられたようなこすりキズも複数付いていて、この数日で停めていたときにやられたっぽいです。

 まずは人力でクニャクニャを整えてみましたが、下端部の波打ちが結構惨めな感じ(。。)。
 最初はナンバー破損で多摩陸事まで出向くことを考えましたが、手続きと手間がメンドくさい。ってことで、封印の影響を受けないナンバーフレームを取り付けて端部の波打ちを隠せないかと。

 で、昨日、八王子のジェームスで《ミラリード・ナンバーフレーム・JD1604》を購入。樹脂製なので軽く、しかもワンタッチ(フレームを引っ張ってナンバーに引っ掛けるだけ。装着時間10秒)なので超超不器用のワタシでも取付可能。
 下端部の波打ちはほぼ隠せたので、ぱっと見だと悪くない仕上がりになりました。とりあえずオッケーと。

c0005077_20085186.jpg
 2枚セットを買ったので、フロントにも付けました。
 メッキ塗装がちょっと目立つので、こちらについては近々ラップフィルムを貼って落ち着かせる予定です。



c0005077_19405988.jpg
 メガーヌには長く乗ることを決めたので、今後も小技をチョコチョコとやっていく予定です。


by masa156v6 | 2017-07-17 20:10 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)