2012年 04月 26日 ( 1 )

AUTOCAR 06(2012)

c0005077_6433991.jpg
 25日。早売りをやっている書店の近くを通り掛かったので寄ってみたところ、≪AUTOCAR≫にルノー系の記事が色々と載っていたので購入(ただでさえ重いカバンがよりズッシリしてしまったのは誤算でしたが・・・)。

 最初に目に留まったのは、メガーヌRS・265試乗記事にある画像。
c0005077_646141.jpg
 265には、レッドラインパッケージ的なオプションがある模様で、フロントフィン、ホイール、サイドシルスポイラー、リアバンパーに赤いアクセントが入っているのをWebに上がっている画像や動画で目にしてきていたのですが、とくに気になっていたサイドシルスポイラーのラインの入り方をやっとじっくり見ることが出来ました。ブラックのシャドーラインが入っていたんですね。
 画像ではブラックボディのクルマが多かったのでシャドーラインを識別するのは難しかったですが、イエローボディの大きなサイズの写真を見ることが出来たので、ようやく腑に落ちました。

c0005077_6563067.jpg
 メガーヌRSというクルマに乗っていても、ルノーというメーカーについて殆ど知識がないワタシにとって、≪ルノー大研究≫という約20ページにわたる特集記事は初めて知ることが多く、面白く読みました。

 特に≪生産工場ガイド≫は、世界地図と国別・工場別に何を製造しているかが記されている一覧表と参考画像&キャプションで構成されているシンプルなものながら、気になるクルマの文字から製造国~地図へと目を移らせていくだけでルノーのワールドワイド戦略構築の一端が垣間見えて興味深かったです。

 
 
by masa156v6 | 2012-04-26 07:08 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)