<< エアコンの、効き Mi:To & プント・フット... >>

朝・箱根 & カフェ・ジュリア

c0005077_20192291.jpg

 今日、ずっと行ってみたかった《カフェ・ジュリア》にようやく顔を出すことが出来ました。
 
 先週あたりからどうにも箱根の美味しい空気が吸いたくなり、けーいち。さんとこの掲示板で呼びかけたのですが皆さん御忙しそうで反応薄し。けーいち。&きりりん夫妻が付き合ってくれることとなりました。

 朝、8時過ぎ頃に芦ノ湖スカイライン・ヤギさんコーナー到着。山は晴天ではないものの特にガスってもおらず、一部路面が湿っていることを除けばなかなかのコンディション・・・しかしながら、ガソリン高騰の影響なのかビックリするくらいクルマが少なかったです。 御殿場ICを降りて、138号~いつもの山坂道経由での箱根スカイライン→芦ノ湖スカイラインという30分程度の行程で、前にも後ろにもクルマがいない状態のままヤギさんコーナー到着。あまりのことに異次元空間に迷い込んでしまったかと錯覚を覚えるほどガラ空き。

 内燃機関車両で走りを楽しむということが一気に贅沢なものになってきつつあるのだろうか・・・いつかこのような日が来るのだろうなと漠然とは思っていましたが、昨今の経済状況の変化によってこれに多少なりともリアリティが伴ってくるとなると、何ともいえない寂寥感をおぼえてしまいました。勢い付けてEVの時代に一気になっていくのでしょうか。

 
 けーいち。&きりりん夫妻は渋滞にハマったため、暫く一人でコーヒー飲みながら待っていたのですが、くもりながらさほど湿度も高くなく、風も心地良く、ウグイスのさえずりがあちこちから聞こえてくるという状況で、とても気持ち良くボーッと過ごしました。

c0005077_20352478.jpg

 で、暫くして彼らが到着。

 この156・初期モノTS(ツェンダーフルエアロ&O.Z F1CUP仕様)を見るのは久しぶりのような気がしましたが、自分が以前乗っていた156とアピアランスのモディファイポイントがとても近いクルマなので、とても懐かしく感じました。

 その後、2台でカフェ・ジュリアに向かったのですが、後ろについて一緒に走って感じたこと。やっぱり156セダンのこの仕様はカッコいい。自分が以前シルバーのV6に乗っていたときは、ツェンダーエアロを昇華させた様を見せるGTAを羨ましく感じ、諸々の経緯の中でSW・セレに乗り換えたのですが、今、改めてこのクルマを見ると、純正エアロの微妙な後付け感が何ともいえない迫力を持っていることに気付かされます。

 また、このTSは98年のクルマなのでアピアランスに相応のヤレが感じられるところもありますが、積み重ねてきている年月分の深みもそれ以上に充分出てきています。1台を長く乗り続けることで醸し出されてくるカッコ良さがクルマから伝わってきました。
 98年後半~2000年代初頭までの数年間、今振り返ってみるとよくもまぁあれだけ遊んだなと思えるくらい156であっちこっちに出掛けました。このTSとも一緒に動いたこと数知れず、なので、元気で走ってくれているのを見るとそんだけで嬉しくなります。また、その分だけ、自分が乗っていたシルバーのV6を手放してしまったことをちょっと後悔してしまいます。


 カフェ・ジュリアではカツカレーとピザ(ご馳走さまでした)とコーヒーを頂きましたが、いずれも美味しかったです。また、お店の適度な心地良さがゆっくりとした時間をもたらせてくれました。


 ここのところ仕事でヘロついていましたが、すっかり気分転換が出来、帰路も順調に走って自宅まで戻ってきました。
 楽しくクルマを走らせることがもはや贅沢な趣味となっていくであろうという予感を感じつつも、いけるとこまでアルファに乗っていたいという思いも改めて強く持った一日でした。
by masa156v6 | 2008-06-28 21:47 | 156GTA SW | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://kuroshiba.exblog.jp/tb/9129645
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マモルスダ at 2008-06-29 00:28 x
156買う時、XMとで迷ったんです。んで、C6出た時「おぉぉぉぉ♪」ってなって試乗して「次はコレかな」って思ったんだけど。156に乗ると「でもなぁ離れられないなぁ」と思っちゃって♪
なのに156・ロードスターと乗っていると、一つにしちゃえとばかりにアルファスパイダーV6が欲しくなったりもする(^_^)
Commented by masa156v6 at 2008-06-29 08:51
>マモルスダさん
 なるほど。シルバー156時代、C4をはじめ何台かの試乗に行きましたが、ディーラーを出て自分のクルマに乗ると一瞬にして迷いが飛んで『アルファを降りる理由なんてないな』という結論に即、達していました。
 オールロードは、AT限定免許の人間とクルマを共有するという、設定条件が変更された中で自分が一番乗ってみたいクルマだったので動きました。が、それによって得られた一番の感想は 『やっぱりあのエンジンと離れることは無理だわ』 というものでした。
 
 スパイダーのV6かぁ~、いいねぇ。最近、916系のGTVとスパイダーのカッコ良さを改めて感じています。ちと古めの《Alfista》(ネコ・パブリッシングのムックね)にイルさんのGTV(純正ツェンダーエアロを組んだやつ)が載っているのを改めて見たのですが、これが垂涎もののカッコ良さ。う~。

Commented by イル at 2008-06-30 19:22 x
ううっ…一番後ろ髪引かれてるのはこの俺なんですから~(泪)
アルファ系のムックは実は引越しと同時にけっこう処分しちゃったんだけど、もちろんあのムックは2冊持ってます(笑)。永遠に持ってるよ、きっと。

ちなみにマサPたちがカフェジュリアにいたころ、イル家も実は箱根にいたんだよ…会社のロッジ。行きたかったんだけど、家族の手前なかなかね…こんどはごいっしょさせてくださ~い。
Commented by masa156v6 at 2008-06-30 20:24
>イルさん
 後ろ髪・・・そうッスよね~。156のツェンダーエアロも好きだけど、GTVのやつはなんというかマッチしまくりだったもんなぁ。テクマグのホイールもハマってましたしね。懐かしいといえば懐かしいし、でも916系GTV&Spiderは今見ても現行車種以上のカッコ良さがありますです。

 今回の箱根はワタシは一人で行きました(カミさんは山坂道がまるでダメで、子供も熱出しちゃってたんで)。次回は是非是非。
Commented by K-1@けーいち。 at 2008-07-07 00:44 x
てか、お疲れ様でした~。(激遅。。)
後で思ったんだけど、あんなに空いてたんだから、お互いの走行シーンとか動画とか撮ればよかったなーと。
10年選手の156は、すこぶる調子良かったです。
金かけただけありました(爆)

いつまで普段の足としてがんばってくれるのかわかりませんが、ココまで来たら、とことんつきあってやろうと(笑)。

とにかく、久しぶりの箱根は気持ちよかった。

また是非、ボーっとしに行きましょう!!
<< エアコンの、効き Mi:To & プント・フット... >>