<< フレンチフレンチ幕張・2018... メガーヌR.S. 3回目の車検... >>

珍しくさんざん悩んだ挙句、birdy monocoque air 。

c0005077_05501718.jpg
 久々に乗る自転車をどれにしようかと、この1か月くらい毎日ヒマな時間はほぼこの件で過ごしておりました。。。

 基本線として、birdyで動くことを本線としつつも、
1.ミニベロで行くかクロスバイクにするか
  ・・・折り畳みをしない、と考えると、一気にクロスバイクが俎上に。
     TREK FX-S4の2019モデルを見に六本木へ伺い、実車を拝見。
     スペック的にはbirdy monocoque air より明らかに上のコンポが組まれてますが
     やはり今回は折り畳み必須、ということでスルー決定。

2.birdy Classic か Monocoque Air か、或いは Standard Disc か
  ・・・カタチの好みはClassic。
  ・・・乗り味の軽やかさはMonocoque Air
  ・・・カスタマイズのラクさは多分Monocoque(Standard Disc)
      ここでほぼほぼグダングダンに(楽しく)悩みました。
      Monocoque Air がちょうどバランスの良いところにいることは判っているのですが
      後から太いブロックタイヤを履きたくなるシチュエーションになるんだったらやっぱり
      Classicかなと。
      ただ、ボディ・カラーはMonocoque Air のインクブラックが一番好み。


 ってことで、どちらかとClassic のセミマットブラックM を第一候補としつつ、横浜の《GREEN CYCLE STATION》に赴き、店長さんと改めて話をしつつ《birdy-Classic》 の標準車とショップオリジナル仕様であるver.G の2台を試乗させていただき、店内で改めて悩みましたが、結局《birdy Monocoque air(色はインクブラック)》で決定。

 自転車のモディファイ沼もそれなりに深いもの(・・・)がありますが、とりあえずは定番の20インチ化は見送り、このボディカラーには絶対似合うので変えたいなと思っていたサドルとグリップのワインレッド化(ちょうどどちらも元々欲しいなと思っていたパーツがセールになっていたので。ある意味これが決め手になった気がしなくもない)のみ、今回お願いしました。
 カスタマイズは、これから乗っていくなかでチョコチョコと楽しみながらやっていく予定です。


 これから納車整備に入るので受取りは来週末予定。梅雨時期なので天候がみえませんが、仮に雨でも折り畳んでクルマに積んで帰ってくれば良いかなというのがこのタイプの自転車の気楽なところ。

 近場のポタリングを始めたり、クルマで出向いた先での行動半径を拡げたり、という用途で乗っていくことになろうかと思われますが、久々のブランニューカー(今回、エンジンは自分となりますが)なので、結構楽しみです。
 公道走行の留意点をおさえつつ、タラタラと漕ぎ始めてみようかと。


by masa156v6 | 2018-06-17 06:13 | Bike(birdy) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kuroshiba.exblog.jp/tb/29570636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フレンチフレンチ幕張・2018... メガーヌR.S. 3回目の車検... >>