<< RENAULT TWINGO ... ルノー・キャプチャー スキッド... >>

メガーヌ ルーフセクション・フィルム貼り替え & Bピラー・デカール貼り(リアル・シミュレーション)

c0005077_22410480.jpg
 メガーヌ。
 去年の4月にマットチャコールグレーM・フィルムでフルラッピングしましたが、ルーフセクションのみ、マットブラック(1080-M12V)に貼り替えました。

c0005077_22425394.jpg
 直射日光を浴びまくる保管環境ではありますが、貼ってから1年少しという比較的短期間ということもあり、ヒートガンで熱をかけて粘着剤を柔らかくしながらの剥離作業で、10分少々で元のフィルムは綺麗に剥がれました。糊残りも基本的にナシ(※施工時に折り込んだ端部について若干粒状の糊が残りましたが、IPAで軽く拭き取れる程度なので特に問題ナシ)。

c0005077_22475428.jpg
 ルーフ全体が写った引きの画像は撮れていませんが、見た感じは大人しくなったというかちょっと落ち着いた感じになったというか。。
 まぁ、これはこれでアリかと思います。
c0005077_09305373.jpg
 ルーフのラッピング貼り替えは恙無く完了。


 その後、いつもお世話になっている施工チームと雑談をしている中で、
『そういえばBピラーのパネルのグロス感がちょっと気になるのでマット系フィルムの質感で抑えられるかどうかチェックしてみよう』という流れになり、どうせならいくつかの種類のフィルムを実際に貼って見てリアル・シミュレーションしてみることになりました。


・オリジナル(元々の状態)
c0005077_22561297.jpg
 ウインドウそのものが光沢感をもっているので、オリジナルのグロスチックな樹脂パーツのままでも自然で別におかしくはないのですが、6年乗っていると細かいキズが目立つようになってきたので、まぁ貼っとこうかなと。


①カーボンパターン・デカール
c0005077_23064944.jpg
 王道的フィルム仕上げ。グロス感が抑えられている分、カーボンパターンに目がいきます。自然な仕上がり。


②ハイグロスカーボンパターン・デカール
c0005077_23090855.jpg
 この仕上がり感は自分のクルマに取り付けているフロントリップスポイラーのクリア(グロス)感とリンクするもので、これまた悪くないです。


③ブラッシュドブラック・デカール(縦目方向貼り)
c0005077_23123432.jpg

④ブラッシュドブラック・デカール(横目方向貼り)
 
c0005077_23153934.jpg

 このクルマのフロントセクション(Fバンパー・フィン部分)に同じブラッシュドブラック・フィルムを貼っているのですが、そこにはうまくハマってます。
 ただ、ピラー・デカール単体としてはサイズが小さなわりにちょっと主張(インパクト)が強い印象(ガラスとの繋がりイメージがちょっと弱まってしまう印象)を受けました。


⑤マットブラック・デカール(M12V)
c0005077_23222907.jpg
 こちらだけ逆サイドからの画像になってしまいスミマセン。。
 ルーフに貼ったフィルムと同じもの。
 ど定番的仕上がり感ですが個人的に一番すんなり収まったように感じましたので、こちらを両サイドに貼り込みました(テスト貼りの①〜④は施工・撮影後すぐに剥がしました)。
 
 
 156GTA・SWに乗っていたころに、Bピラー・デカールが劣化したので貼り直しをしたことがあったのですが、当時はまだラップフィルムが出てくる前で、しかも劣化したフィルムの表層が比較的荒れていたのでドアの内張り等を外して元フィルムを剥離、そして新しい純正フィルムを貼り込む、という工程を組んだが故、完了までに12時間くらいを要した記憶が残ってます。。

 いまはラップフィルムを使うことで比較的容易に貼り・剥がしができますし、オリジナルの表層が荒れていなければ単純に重ね貼りすれば良い(ナイフレステープを使えばカッターキズも付かない)ので、意外とこの部位は貼りモノで遊べるかもしれません。


by masa156v6 | 2017-07-01 23:34 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kuroshiba.exblog.jp/tb/26782478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< RENAULT TWINGO ... ルノー・キャプチャー スキッド... >>