<< 神保町《酔の助》でのガンダーラピザ。 キャプチャーで横須賀 >>

メガーヌで宇都宮。

c0005077_22271383.jpg
 宇都宮といっても、餃子を食したワケでもなければ、大谷石の採石場に行ったワケでもなく、所用で打合せに出向いただけ、ではあります。

 メガーヌで往復約350km。
 オドメータが7万kmに達しようとするのに、一体ナンなんだこのシャキッと感は。

 夏前にブッシュ類を替えたことによるリフレッシュ効果はまだ続いているようで、しかもステアリングコラム裏に貼り込んだアルミテープの効用も乗るたびに感じられる状態。


 今日は東北道も圏央道も首都高も空いていたので、スイスイと行って、そして帰ってきましたが、これだけ乗ってて愉しくて心地良さが維持し続けられるクルマに乗れているシアワセを改めて実感した次第。

 アルピーヌの新型が出て、先立つモノをうまく準備することが出来たら乗ってみたいな、という気持ちはありますが、このメガーヌならではの良さを上回ることが出来るかどうか、そうとう微妙な気がします。


  宇都宮(上三川)からの帰り路、東北道から圏央道をグルッと回って東名まで走る道は運転が全然愉しくないので、浦和まで行って、首都高(山手トンネルもあんまり好きじゃないので回避)~東名下りルートで。

 6号線上りは、空いてるときは結構気持ちイイ道。久方ぶりに立ち寄った駒形PAで小休止。
 箱崎からの都心環状線も流れ良好。池尻の合流地点のところだけが少し混みましたが、他は渋滞なしで、ここまでサクサクと気持ち良くクルマに乗れたのは久しぶり。


 それにしてもこのクルマ、たぶんよっぽどのことがないと、降りることはできないな(絶対に降りてしまったことを後悔するだろうから)。
by masa156v6 | 2016-12-08 22:42 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kuroshiba.exblog.jp/tb/26212640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 神保町《酔の助》でのガンダーラピザ。 キャプチャーで横須賀 >>