<< 貼りモノ・3態 《2016さいたまイタフラ》・... >>

ACH氏と《港屋》、夜中に《MotorFan》。

 ACHさんが出張でいらっしゃるので、軽く食事でも、ということで、どこにしようかあれやらこれやら考えたのですが、自分の嗜好ベースでいくと大体焼肉、ホルモン系に偏ってしまうのでそれではヨロシクナイ。

 で、ふと思いついたのが《港屋》(そば)。
 お昼しかやってないと思い込んでいたのですが、17:30~20:00も営業していることを知り、行列覚悟で行ってみようということになりました。
c0005077_5564993.jpg
 水道橋で待ち合わせして、メガーヌを虎ノ門ヒルズのパーキングに停め、斜向かいのお店に入ってみたところ、タイミングが良かったのか、先客わずかに2名。これはラッキー(※数分後には20人くらいの列ができました)。

 ふたりしてこちらの定番である《冷たい肉そば》を注文し、待つことしばし。いつもながらのボリューム感と食べ応えがあるおそばが出てきました。
c0005077_14172164.png
 自分的に生卵を入れるタイミングをいつも迷ってしまい、今回もほぼ食べ終わったときにおつゆに投入するという若干間抜けな展開になってしまいましたが、美味しく頂けたのでまぁイイやと。

 ここのおそば、食後の満足感(満腹感)が結構なものなので、お昼を食した後だと昼イチのシゴトに影響が出る(・・・)傾向がありますが、夜ならこの満たされた感は単純にシアワセでありつづけるだけなので、これからは来る時間帯を遅くしようかなと思った次第です。


 それから、クルマをミッドタウンに移動させて、メルセデスベンツコネクションに動いてお茶。
 基本、クルマ談義とお互いの近況報告がいつもの話になるのですが、ゆっくりたのしい時間を過ごせました。

 ACHさんとワタシとで食事するときはいつもお酒がまったく絡まないので、比較的早めの時間にお開きに。ホテル近くまでお送りして、帰途へ。


 メガーヌのコラムカバー下に、先日50mm×60mm程度の導電性アルミテープを貼り込みました。
 前日に乗ったキャプチャーでは、正直なところ有意性のある体感変化を得られなかったのですが、いつも乗ってるメガーヌでの空いている首都高~東名では、ステアリング周辺の微細なガタつきというようなものが抑え込まれていることを感じ取ることができました。少しアクセルを強めに踏んでみたのですが、クルマの挙動がいつも以上にビシッと安定しています。これにはちょっと驚きました。う~ん、そうなのか、そうなのだろうか・・・。
 もうちょっと乗ってみて、剥がしたり貼り直したりして、みようと思います。

c0005077_6143763.jpg
 神保町・書泉Gで早売りされていた《MotorFan-Vol.4》を購入。

 まだ斜め読み段階ですが、特集(『新車の論点』)の組み方、各コンテンツの凝縮感、清水さん、金子さんらのエッセイの面白さ、誌面レイアウト・写真の綺麗さ等、満足度が高し。

 また、ライターや編集者(の画像)が過度に露出しておらず、書き手のビジュアルイメージに引っ張られることなく、クルマメインの記事・画像にスッと入っていけることも高ポイント。落ち着いて読むことができる、いま、自分が一番好きなクルマ雑誌です。

 これから、ヒマを見つけてチラチラ読み進める楽しみがひとつできました。
by masa156v6 | 2016-10-25 06:32 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kuroshiba.exblog.jp/tb/26089817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 貼りモノ・3態 《2016さいたまイタフラ》・... >>