<< MEGANE R.S. 273... Nagoya-Fukuoka >>

2011年式-Megane R.S.-3台

c0005077_2061027.jpg
 ひょんなことから、
・2011年式初期モノLHD
・イエローメーター
・19インチSTEEV
・その前はアルファ
という共通項がある、メガーヌR.S.のオーナーお二方と箱根で軽く朝食を摂ることに。

 ターンパイク・大観山レストハウスに7:30集合なので、6:30に自宅を出ました。
 東名も小田厚も空いていて、ターンパイク・早川料金所に着いたのが7時過ぎ。気温30℃・ちょっと曇天で富士山は見えにくいものの視界はさほど悪くないという状況で上り開始。

 マウント系交換の恩恵はここでも実感。ハナ先の動きブレが今までよりも小さくなっていて、すいすいミズスマシ度が明らかに向上しています。
 御所の入Pにはドイツ車がたくさん停まっていたのでそのままスルーし上り継続・・・というところで急にガスり始め、あっという間に霧の中。スピードを落とし、数年ぶりにリアフォグを焚きました。

 その先の、いつも深呼吸休憩を取る場所にクルマを停めて少し降りてみましたが、纏わりついてくる湿気がすごく、数枚画像を撮ったところで運転再開。ほぼ徐行で大観山レストハウスへ。

c0005077_20151072.jpg
 おふたりは既に到着済みで、クルマの周りでひと息ついたものの、寒さ(ここは19℃。20分ちょっと走っただけで外気温が11℃下がりました)と風と霧がキビシイので、レストハウス内に入ってカフェラテ飲みながら四方山話。

 この3人で話すのは数年ぶりですが、共通項が多く、今現在考えていることも結構近いところがあるのでまったく飽きることがありません。
 ふと時計を見ると、モーニング開始の時間になっているので、ここから仙石原のラリック美術館へメガーヌ3台で移動開始。

 ワタシのクルマが先頭だったのですが、バックミラー越しに映るジョン・スポールとブラン・グラシエの2台のメガーヌにまだまだ旧さは感じません。ホントにイイクルマと出逢ったな~と思いながら20分くらい運転を続け、途中またしても結構なガスりポイントを抜けつつ、ラリック美術館・着。

c0005077_20244135.jpg
 こちらのモーニング、天候が微妙だったのでテラス席が開放されていないのが少し残念でしたが、食事とコーヒーで1時間強、近況報告&クルマ系四方山話・継続。
 3人くらいだと、落ち着いてゆっくり話せるのでちょうど良いです。


 食事を摂り終え、パーキングを眺めてみると、アウディ(S3中心)とプジョー(各車種)が多く停まっていました。
 クルマのそばにいたところ、プジョー・オーナーの女性からお声掛けいただき少し話しましたが、今は106、以前はメガーヌ2に乗られていたとのこと。
 また、フレンチブルーMの話が少し出ました。まだ行ったことがないので、どこかで顔を出してみたいです。


 そのままここで現地解散。
 御殿場ICから東名上りに乗り、お昼前なので渋滞レスで戻ってきました。

 クルマから派生するこういうちょっとした集まりは、やっぱりイイです。
 自宅近くに戻ってきたところでどピーカン復活。暑くてヘロつきました・・・。

 ガスりまくりではありましたが、心地良い朝を過ごすことができました。


 
 
by masa156v6 | 2016-07-03 20:35 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kuroshiba.exblog.jp/tb/25759045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< MEGANE R.S. 273... Nagoya-Fukuoka >>