<< Renault Captur&... ENDLESS Brake-P... >>

Solar-Gard HP-Quantum37 for Renault-Captur

c0005077_20154573.jpg
 キャプチャーのエアコン(冷房)。
 3月の納車から、6月初旬くらいまでは、多少暑いと思ってもエアコン・スイッチを軽く入れるだけで寒く感じるくらい効いてましたが、6月下旬~つい最近まで、風量を5くらいまで上げないと後部座席まで冷気が行かない状況になっちゃったため、ウインドウフィルムを貼ることにしました。

 156GTA・SW以降、メインフィルムは Solar-Gard の Quantum 一択。
 薄いグレーグリーンのようなハーフミラーの色調が綺麗で、しかもそこそこ濃いフィルム(今までは何れのクルマにもQuantum19を施工)を貼っても、日中・夜間ともに室内から室外への視界がクリアで、イイんです。相当気に入ってます。

 今回もQuantumを貼るべく、毎回ウインドウフィルムの施工をお願いしている横須賀の《エムズ・ファクトリィー》さんに照会を掛けたのですが、今までの施工車両と異なるのは、キャプチャー・インテンス(日本仕様)の場合、最初からリアサイド&リアガラスは濃色(プライバシー)ガラスが入っていること。
 エムズさんにお聞きしたところ、やはりQuantumの独特な視覚効果は表れず、視覚的には濃度が増したようにしか見えない、とのこと。
 
 とはいえ、車内から車外への視界のクリアさというもうひとつのメリットは確保されるので、今回は薄めのタイプ(Quantum37)を貼っていただくことにしました。
 また、運転席横・助手席横のフロントサイド・2面については、3Mのピュアカット89の施工をお願いしました。


 今日、10時に横須賀にキャプチャーで出向き、預けて代車をお借りして横須賀市内~三崎で時間調整をして、17時に施工完了したクルマを引き取り。

 冒頭画像にある通り、視覚的にはリアはただの濃色ガラス(が元よりちょっと濃くなった)ですが、相変わらず車内から車外への視界は良好ですし、エアコンの風量も施工前に比べて抑えられるようになりました(※ここ数日、17時過ぎくらいでもダイヤル3~4目盛りくらいだったのが、同じく蒸し暑い今日で1~2目盛りで充分涼しく感じました)。

c0005077_20373742.jpg
 ま、今日は運転席に自分だけが乗っての印象なので、明日以降、後部座席に家族を乗せたときの評価がどうなるか、ですが、ある程度は体感できるのではと踏んでいます。
by masa156v6 | 2015-08-01 20:38 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kuroshiba.exblog.jp/tb/24498814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Renault Captur&... ENDLESS Brake-P... >>