<< 20150316 CAPTUR・・・800km >>

GARUDA-BLLED-MIRROR (for CAPTUR)

c0005077_156180.jpg
 キャプチャーの純正(標準装着)ドアミラー、右側がアスフェリック(非球面)になっているのですが、これがニガテです。縦に入っているラインから外側は曲率が一気に上がっていて視野角が拡がっているのは事実、ですが、そのポイントに映る車両や人物等が歪んで見えてしまうが故、脳内変換がうまくいかず、見過ぎるとたまに酔っちゃうことがあります・・・。

 そこでWebであたりをつけてみたところ、GARUDAのワイドビューミラー(1000R)にキャプチャー用がラインナップされていることを知り、即購入。
 しかもこちら、LEDウインカーがついていて、ウインカーに連動してミラー表層にアンバー色の矢印が点滅することになります。

 ってことで、アルファに乗っていた頃から永いおつきあいをさせていただいている横浜某所・工場長のもとを訪れ、取り付け作業をお願いした次第です。

c0005077_10744.jpg
 GARUDA-BLLED-MIRROR キャプチャー用ワイドビューミラー(LEDウインカー機能付き)

c0005077_150623.jpg
c0005077_150203.jpg
 ①既存・純正ミラー取り外し。
 アルファ155等、いくつかの車種においてツメ以外に両面テープでも留まっていることがあるとのことで、その場合は既存ミラーは割って外す場合もある、とのことでしたが、キャプチャーについてはツメのみで固定されていたので、スムーズに外せました。

c0005077_1505296.jpg
c0005077_151554.jpg
 ③ミラーカバー取り外し。
 キャプチャーのミラーカバー(インテンス・ルーフカラーと同色)については、ツメが上部の左・右の2箇所。一回やると慣れてきますが、これ、経時劣化でツメが割れちゃったりしたらどうするのだろう、という心配を思わずしてしまいます(イタフラあるある)。

c0005077_1204286.jpg

c0005077_1553579.jpg
 ④分岐箇所の被服を外し、線を露出させる

c0005077_1513131.jpg
c0005077_1272764.jpg
c0005077_1273869.jpg
 ⑤分岐線と元線の接点を(プラス、マイナスを確認したうえで)ハンダ付けし、その後ビニールテープで保護(巻きつけ)
※製品には配線分岐コネクタ(赤色・プラスチック)が同梱されており、説明書の取り付け方とは異なる方法となりますが、今回は各種器具をお持ちのプロに依頼したことでハンダ付けで対応しました。

c0005077_1282758.jpg
c0005077_1283861.jpg
 ⑥LEDウインカー機能が活きていることを確認後、ミラーカバー取付

c0005077_1355724.jpg
c0005077_136822.jpg
 ⑦ワイドビューミラー・取付

 ミラーカバーの取り外しポイントを探すのに若干時間が掛かり、右・左のドアミラー交換に要した時間はおおよそ1.5h程度でした。


《ミラー付け替え後・画像》

・ウインカー無作動状態

c0005077_158576.jpg

・ウインカー作動状態
c0005077_1583155.jpg


※20150315-右側ドアミラー撮影(AM8:30 屋外)※
・ウインカー無作動状態
c0005077_8514561.jpg

・ウインカー作動状態
c0005077_8525162.jpg


 この機能、装着車両を運転している本人はもとより、周りの車両(特にすり抜け等があり得る二輪車、自転車)、歩行者へもアピールが強まることから、安全面でメリットがあるように思います。

 取付後、東名・横浜青葉⇒横浜町田、そして高速を降りた後の一般道で状況を試してみましたが、点滅するLEDがミラー視認時の妨げになる状況にはならず、スムーズな運転ができました。
 また、1000Rという広角性も、メガーヌに取り付けている600Rよりも後続車との位置関係が取りやすく、すぐに慣れることができました。こちら、なかなか良いモノかと。
by masa156v6 | 2015-03-15 02:09 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kuroshiba.exblog.jp/tb/23685959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 20150316 CAPTUR・・・800km >>