<< Bubble-Over の”チ... ガソリン >>

2015-Tokyo-Auto-Salon

 9~11日に開催された今年のオートサロン、初日は会議のため行けなかったので、中日(10日)に幕張へ。
 幕張メッセ・フル使用という規模の会場内をくまなく見て回る気力がなかったので、
・ルノー
・マツダ
・アルファ
の3ブースを主に覗いてきました。


《RENAULT》
c0005077_032594.jpg
c0005077_0363436.jpg
 3台のメガーヌR.S.-Trophy(Trophy-R,Trophy-S,Trophy)と、2台のルーテシアR.S.を展示。昨年よりもブース・コマ数が増えていました。
c0005077_0371680.jpg
c0005077_0372629.jpg
 Trophy-Rは昨秋のRSJ会場で目にしていましたが、ジョン・シリのTrophy-Sは初見。
 はじめてサイト画像を見たときにTrophy-Rのカラーリングに違和感を感じていたのに、見る度にその感覚が薄くなり、この日は完全になくなっていました。一時期、2シーターという制約条件を超えてでもスイッチしようかという気持ちになりかけましたが、今乗っている初期モノLHDへの愛着が勝った(&一度OKを出したカミさんがやっぱりNOへと翻った…)ことから、動かないことになりました(というか、既に申し込み台数が発売台数枠を超えたとのことで、抽選となるとのこと)。
c0005077_0461050.jpg
c0005077_046234.jpg
 ルーテⅣは、ジョン・シリのOP装着車両と、グラフィックマーキングが施されリアウイングが付けられたホワイト・ボディの2台。


《MAZDA》
c0005077_0505559.jpg
c0005077_0541276.jpg
 CX-3 国内初お目見えってことで思わず凝視。デミオベースですが、ワンサイズ大きな車格に感じられます。C4からのリプレイス候補として真剣に興味をもつクルマの1台です。
※プレミアムソウルレッドメタリックという色、とくに屋内だと色調再現がとてもムズカシイです。実車はこんな赤ベタ色ではないのですが・・・。

 また、MCしたCX-5やアテンザが展示されていましたが、ブースの混雑が結構なものだったので見ずに移動。


《Alfa-Romeo》
c0005077_152263.jpg
 フィアット(クライスラー)ジャパンとしては、アバルトブランドでここ数年出展を続けていた記憶がありますが、今年はKen-Okuyama-Design とアルファのコラボブースとしてスペースも広く出ていました(隣りのブースの大音響の影響で落ち着いて見れませんでしたが)。
c0005077_182120.jpg
c0005077_184212.jpg

c0005077_110575.jpg
c0005077_1101527.jpg
 Giulietta にKode-9とKode-7 のデザイン(主にカラーリングとホイール)エッセンスを取り込んだモデル2種を設定。
 また、画像はありませんが、Giulietta-QV-TCT がローンチされ、マットグレーボディのクルマがディスプレイされていました。


 行き・帰りとも道はさほど混んでおらず(往路は毎年湾岸線を避けて7号~京葉道路ルート)、移動に関してはほぼほぼストレスフリーでした。会場内は相応の熱気がありましたが、実車を目にしたかったブースを中心に回ることにしてサクっと動いたのであまり疲れずにすみました。

 
by masa156v6 | 2015-01-12 00:29 | Megane R.S. | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kuroshiba.exblog.jp/tb/23323350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ナガタ at 2015-01-12 09:25 x
trophy-r、きっとすぐに購買枠が埋まってしまうと思ってましたが..
やはりこの手のモデルを入手するのは迷いのない決断が必要なんでしょうね。
Commented by masa156v6 at 2015-01-12 10:22
>ナガタさん
 Trophy-R、CGTVのお二人も結構真剣に考えられていましたもんね~。迷っちゃダメなんですね、やっぱり(笑)。
<< Bubble-Over の”チ... ガソリン >>