<< Sakura - 2012 Eibach PRO-KIT 装着 >>

おぎやはぎの 愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!

 最近、テレビは専らBS(&サッカーのみCS)。
 BSフジの≪Top Gear≫は、ついに2012Ver.となってきて相変わらず面白いです。

 一方、偶然ザッピングしていて、こんな番組があるんだ~ということを知り、それから毎週HDDに録っているのがBS日テレの≪おぎやはぎの 愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!≫(毎週水曜・22:00~22:54)。
 構成は至ってシンプルで、呼んだゲストの愛車遍歴を語り、現存しているオーナーカーを借りて、私有地内をゲストとおぎやはぎと竹岡圭氏がトークしながら走る、というもの。クルマ雑誌でちょくちょく見掛けるコーナーの動画版のようなものですが、でも、これがなかなか見てて楽しいのです。BSならではの微妙なユルさがベースにありつつ、おぎやはぎの押し付けがましさがない面白さが加わって、良い雰囲気の番組になっていて、ゲストも心底楽しんでいる様に見えます。

 この前の回のゲストは、戦場カメラマンだったのですが、小木がお薦めするクルマ、ということで出てきた≪RANGE ROVER EVOQUE≫がカッコ良くて、思わず今日近くのディーラーに見に行ってきました(だはは)。

c0005077_21435194.jpg
c0005077_2144423.jpg
 このクルマの存在自体はかなりおぼろげながら認知している、という程度だったのですが、見れば見るほど単純にカッコイイです。また、5ドア・3ドア共通で、全長4355mm。メガーヌRS(4320mm)とさして変わらない・・・。ハイトがある分、また全幅が1900mmあることから大きさが違って見えるのは当然ですが、Dさんで伺ったところ、モーターショーで実車展示が入って以降スンゴい反響があり、これからのオーダーだと納車予定は来年の2月頃になりそう、とのこと(5ドアの展示車も売約済みとのことで施錠されていて、触れずに車体周りを眺めていました)。
 ワタシ自身、SUVに興味が湧くことは恐らくないものの、このクルマはアピアランスとボディカラー・内装の選択肢の広さだけでも相当魅力がありますです。カッコイイクルマがキチンと売れる、というのは喜ばしいことだと、ひとりのクルマ好きとして思いました。


c0005077_21575348.jpg

 その後、近所の桜並木を通りました。桜とメガーヌを撮ろうと思い、早起きして洗車をしていたものの、あまりの混雑に断念。停車中に運転席から1枚撮っただけで帰途に就きました。

 もうすぐ自宅、というところで、小腹が空いたので近所のセブンイレブンに立ち寄ってアイス系を物色。≪ブラックサンダー・モナカ≫というものに目が留まり、食してみましたが、個人的には正直イマイチ・・・というか、もう買わない、かな。
 ブラックサンダーの良さであるチョコクッキーの濃さが、モナカで薄まってしまっていて、しかもアイスとして求められる冷たさが、クッキー等がズッシリ入っている関係で微妙に感じられない。諸々・中途半端。素の≪ブラックサンダー≫は大好きなので、こっちを食べた方が満足度は遥かに高い、と思った次第、です。
by masa156v6 | 2012-04-08 21:59 | Cars | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kuroshiba.exblog.jp/tb/17792844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kicchan at 2012-04-11 12:41 x
私も実は気になってまして..
デザイン、価格、サイズ..
見れば見るほどイイです。

今年も大雪でしたので
こんなのがあれば重宝するなって..(笑)

ですが、北陸に
ローバーのお店が無いのが
一番のネックでして...(苦笑)
Commented by masa156v6 at 2012-04-11 22:10
>kicchanさん
 確かに。F30・328iを考えると、ほぼ同価格で上のグレードに手が届きますもんね。内装の質感の高さは素晴らしいですね。
 数ヶ月前のTopGear でこのクルマが取り上げられていたのですが、レンジローバーブランドを掲げているだけの悪路走破性は持っている(※流石に完全なるヘヴィデューティユースは難しいですが)様子でした。

 正規Dはこちらでもさほど多くなく、先日、横浜のディーラーも閉店してしまっていました。私が顔を出したのは町田のディーラー(マツダが運営)でしたが、とにかくイヴォーク人気はスゴい様子で、たまたまかもしれませんが、自分が居た20分くらいの間に3組くらいの人達が見に来ていました。
<< Sakura - 2012 Eibach PRO-KIT 装着 >>