20200119 ジャパンラグビートップチャレンジリーグ  栗田工業ウォーターガッシュ V 近鉄ライナーズ

20200119  ジャパンラグビートップチャレンジリーグ  栗田工業ウォーターガッシュ V 近鉄ライナーズ_c0005077_20065460.jpg
 11日の大学ラグビー選手権・決勝はインフルエンザ罹患のため観戦できず。。
 先週の3連休は高熱に魘されていましたが、何とか解熱し、会社所定の自宅待機期間を経て復帰。
 今日の栗田工業戦がトモさんの引退試合と広くアナウンスされていたことから、秩父宮へ。

 正月休み&年初の3連休の翌週末ということで、道はガラガラ。
 自宅から青山のパーキングまで40分足らずで到着。

 246沿いの吉野家でつゆ抜き(牛丼)とお新香をいただき、お腹を満たして秩父宮・バックスタンド側入口から、いつもの立見席ゾーンへ。

20200119  ジャパンラグビートップチャレンジリーグ  栗田工業ウォーターガッシュ V 近鉄ライナーズ_c0005077_20222196.jpg
 
 昨日のTLでも今日の試合告知があったとのことで、メインスタンドもバックスタンドも結構お客さん入ってます。
 14,599人とのこと(主催者発表)。
 

20200119  ジャパンラグビートップチャレンジリーグ  栗田工業ウォーターガッシュ V 近鉄ライナーズ_c0005077_20324383.jpg
20200119  ジャパンラグビートップチャレンジリーグ  栗田工業ウォーターガッシュ V 近鉄ライナーズ_c0005077_20325637.jpg
20200119  ジャパンラグビートップチャレンジリーグ  栗田工業ウォーターガッシュ V 近鉄ライナーズ_c0005077_20330818.jpg
 試合展開は近鉄が栗田工業を圧倒していて、近鉄 74-0 栗田工業。

 今日の試合、ホーム・・・栗田工業 アウェイ・・・近鉄  なのですが、トモさんの引退試合ということで、栗田工業がセカンドジャージ着用を選択されたとのこと。
 日本ラグビーへの功労者への粋な計らいです。
 

20200119  ジャパンラグビートップチャレンジリーグ  栗田工業ウォーターガッシュ V 近鉄ライナーズ_c0005077_20354050.jpg
20200119  ジャパンラグビートップチャレンジリーグ  栗田工業ウォーターガッシュ V 近鉄ライナーズ_c0005077_20355272.jpg
 栗田工業の10番は、忽那鐘太選手。
 言わずと知れた昨年度の明治大学・SO。

 ワンサイドゲームにはなってしまいましたが、パスワーク、ロングキックパス ともに冴えの片鱗を見せてくれました。嬉しかったな。



 試合終了後、トモさんの引退セレモニーがあり、その後グラウンドを一周してくれました。
20200119  ジャパンラグビートップチャレンジリーグ  栗田工業ウォーターガッシュ V 近鉄ライナーズ_c0005077_20405821.jpg
20200119  ジャパンラグビートップチャレンジリーグ  栗田工業ウォーターガッシュ V 近鉄ライナーズ_c0005077_20415428.jpg
 滲み出る人柄の良さとカッコ良さ。
 本当に長い間、日本ラグビーを支えてくださりありがとうございました。



20200119  ジャパンラグビートップチャレンジリーグ  栗田工業ウォーターガッシュ V 近鉄ライナーズ_c0005077_21190913.jpg
 パーキングに停めていたメガーヌに戻り、帰途へ。
 途中、グラニースミスでアップルパイを買い、下り渋谷から首都高へ。ここから乗れるのはホントに便利。。



# by masa156v6 | 2020-01-19 20:44 | Rugby | Trackback | Comments(0)

Minatoya3 (Roppongi)

Minatoya3 (Roppongi)_c0005077_16492321.jpg
 虎ノ門の《Minatoya》、行くときは集中的に行き、一旦足が止まると数ヶ月行かない、というサイクルが何度か。
 そろそろ行こうかなと、ボルボのサイネージのあるビルをクルマで通り掛かるも、日常的にあるはずの行列がなく、何でだろ??と。
 で、結構前(今年2月)に閉店していました。

 大手町に《Minatoya2》があることを知り、会社から近いし来年1月に行こうぜよ、と思っていたところ、メルセデスベンツミー東京内に《Minatoya3》が12月26日にオープンしたと知り、これは行かねば、ということで、カミさんと子どもが出かけている今日、お昼に六本木へ。

Minatoya3 (Roppongi)_c0005077_17041143.jpg
 個人的に年末感がない年の瀬なのですが、都心の交通量は相当少なく、渋谷から六本木までの道がスイスイ。
 ミッドタウンのPもそこそこ空いてました。

 ここから徒歩数分。
 MBJのこのあたりのコラボ力は流石で、ベンツ X 立ち食いそば は話題性がありつつ、相手がMinatoya だとなると、まぁ間違いない、という話。

 
Minatoya3 (Roppongi)_c0005077_17075239.jpg
 メニューは、温かい肉そば・1品のみ。虎ノ門で毎回頂いていた 冷たい肉そば は、大手町にて味わおうと。

 こちら、麺はお蕎麦というか中華麺かと。
 刻み海苔の刻まれ方がとても細かく、軽く、麺としっかり絡んでくれます。

 お店に入ったのがお昼・12時過ぎとはいえ、付近のオフィスは軒並みお休み&まだオープンしてから数日ということで、行列なし。
 1,200円を支払い、番号札を持って空いているテーブルへ。お水はセルフサービス。
 虎ノ門と違ってお店が明るく、席間も広いのでお水を取りにいくのがラク。

 10分くらい待ったところでおそば・到着。
 美味しくいただきました。

 卵は麺を半分くらい食べたところで投入。

 麺を食べ切ったところで、そば粉をカップに入れ、給湯ポットのお湯で解き、つけだれに加えます。
 これまた美味旨で、完飲。
 あぁ美味しかった。
 
 また年が明けても行こうと思いますが、おそらく今度は並ぶだろうなと。

Minatoya3 (Roppongi)_c0005077_17162679.jpg
 ベンツ施設内への出店ということで、店舗出口からメルセデス・ベンツ・ミー東京ショールームへの誘導がなされていて、クルマを見てから帰る導線になっています。
 ホットラテをいただき、ベンツ数台をチラ見しつつ暫しゆっくりしてからお店を後にしました。


Minatoya3 (Roppongi)_c0005077_17191277.jpg
 外苑・銀杏並木にはランボ、バイパー等のインパクトの強いクルマが集まってました。
 端の方にキャプチャーをちょっと停め、持ち帰ったラテを飲み、休憩終了。246で帰宅。



# by masa156v6 | 2019-12-29 17:21 | eat_out | Trackback | Comments(2)

Meduza - Piece Of Your Heart (ft.Goodboys)



 先週土曜のラグビー・大学選手権・準々決勝(於・秩父宮)にて、第二試合が始まる前に場内・4隅にセットされたスピーカーから流れてきたこの曲。
Meduza - Piece Of Your Heart (ft.Goodboys)_c0005077_21460787.jpg
 RWC2019で、両チームのアンセム斉唱後、キックオフ・カウントダウンまでの間に掛かっていたもので、試合が始まる高揚感がジワジワと湧いてきて、耳触りが良くて印象深くて、でも曲名は分からなくて。。

 昨日の夜、Twitterでとある方が同じく秩父宮でこの曲が流れたときの動画を上げていて、そこにコメントを入れられていた方の情報により、曲名を知り、速攻でamazon-musicでDL。Youtubeにもオフィシャルで動画が上がってました。


 まだRWC2019が閉幕して2ヶ月経っていないのに、遠い過去に思えてしまうのは何故なのでしょうか。。

 あの空間の独特な素晴らしさ、がこの曲で蘇ってきます。

 4年後フランスに観に行ける確率は低いものの、行きたい気持ちは相当強くなるだろうなと。


 

# by masa156v6 | 2019-12-23 21:39 | Rugby | Trackback | Comments(0)

キャプチャー・スタッドレス履き替え(4シーズンめ)

キャプチャー・スタッドレス履き替え(4シーズンめ)_c0005077_17510756.jpg
 今日、キャプチャーのスタッドレスと冬用・銀ホイールを預かってもらっている《タイヤフェスタ》さんに赴き、夏タイヤ(&夏用・黒ホイール)から履き替え。
 プレミアム会員の更新手続きをして、夏タイヤ&ホイールを預かってもらいました。

 キャプチャーのホイールは夏用も冬用も同じ純正17インチ(MC前・標準ホイール)。フィルムを貼ってるか貼ってないかの違いだけですが、貼っていない銀ホイールがミョーに懐かしく感じられます。


 キャプチャーにスタッドレスを履くのは今年で4シーズンめ。
 今までの3シーズン、南関東エリアにはあまり積雪はなかったものの、いざというときにも1台は動かせる状況にしておきたく、最低地上高の高いキャプチャーには冬支度をしてもらいます。

 

# by masa156v6 | 2019-12-15 17:57 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

U2 THE JOSHUA TREE TOUR 2019   20191204 at Saitama-Super-Arena

U2  THE JOSHUA TREE TOUR 2019    20191204  at Saitama-Super-Arena_c0005077_21570194.jpg
 2006年11月-12月。ここで3回演ってから早・13年。
 2019年12月に、U2が再びさいたまスーパーアリーナへ。

U2  THE JOSHUA TREE TOUR 2019    20191204  at Saitama-Super-Arena_c0005077_22310972.jpg

 13年って、振り返ってみると結構な時間経過だなと。自分自身、そのときは30代後半だったわけで。老眼も始まってないし体力も声量もありました。

 今年。まずチケットの印字が細かくて読めない(笑)。150分のライブにて、80分くらいから下半身の筋肉がヒーヒー言い始めているのに気付かざるを得ず、哀しいことにU2ワールドに没入できず、結構冷静に観てしまっていました。。

U2  THE JOSHUA TREE TOUR 2019    20191204  at Saitama-Super-Arena_c0005077_22315392.jpg
 
 ほぼ真正面ではあるものの、席からステージが遠く、8Kモニターの映像美を堪能しに行った感が強いライブとなりました。
 PA卓近くだったので音は良好・・・と言いたいところですが、開演早々からボーカルの音割れが結構目立っていてちょっと聴き辛かったです(中盤以降改善されましたが)。

U2  THE JOSHUA TREE TOUR 2019    20191204  at Saitama-Super-Arena_c0005077_22451944.jpg
THE JOSHUA TREE 完全再現。

U2  THE JOSHUA TREE TOUR 2019    20191204  at Saitama-Super-Arena_c0005077_23001101.jpg
 とはいえ、圧倒的にグググググググッと来るのは、やっぱり "Where the streets have no name" に尽きます。
 この曲の疾走感は何十年、何百回聴いても全く色褪せない。


U2  THE JOSHUA TREE TOUR 2019    20191204  at Saitama-Super-Arena_c0005077_13235898.jpg

 13年前は、オープニングでボノが日の丸を振るところから始まりましたが、今年は、巨大モニターに大きな日の丸が映り、エンディング。

 時を経て、同じ日、同じ場所で同じアーティストのライブを観る、ということで、当時に比べて熱量と体力が落ちちゃってるなということをリアルに感じ入ってしまったひとときではありましたが、U2のライブにはやっぱり圧倒的なパワーがあります。
 彼らのポリティカルコメントについては個人的に一概に賛同できないところがありつつも、ミュージシャンとして、やっぱり一番観に行きたいバンドだなと。



# by masa156v6 | 2019-12-05 23:17 | Music | Trackback | Comments(0)

20191201 関東大学ラグビー・対抗戦A 明治 V 早稲田

20191201  関東大学ラグビー・対抗戦A 明治 V 早稲田_c0005077_02032851.jpg
 電光掲示板の後ろ側・神宮球場のその奥に、竣工したばかりの国立競技場が。
 来年の早明戦はおそらく場所を移す(元に戻す)だろうなと。

20191201  関東大学ラグビー・対抗戦A 明治 V 早稲田_c0005077_02030306.jpg

 今年は25年ぶりの全勝対決、かつRWC2019の好影響を受けて注目度が例年以上で、自由席は12時前後にはほぼ満席状態。

 去年は電光掲示板側・立見席で観てましたが、今年は伊藤忠寄りのバックスタンド。

 
20191201  関東大学ラグビー・対抗戦A 明治 V 早稲田_c0005077_02022669.jpg
 リザーブ・8人を含めて今年のベストメンバー。
 大学選手権もこの陣容を基に臨むものと思われます。



 今年の明治は、夏合宿のA戦で慶應に負け、Jr.選手権で帝京に完封負けを喫するという2度のターニングポイントを経て、ネガファクターを徹底的に潰し、隙のないチームへのブラッシュアップを成功させつつあります。

 対抗戦の慶應戦(M40-3K)、帝京戦(M40-17T)の2試合をいずれも勝ち切って臨んだ今日の試合。

20191201  関東大学ラグビー・対抗戦A 明治 V 早稲田_c0005077_02245983.jpg
20191201  関東大学ラグビー・対抗戦A 明治 V 早稲田_c0005077_02024620.jpg

 下馬評ではM優勢も、そういうときほどWが被さってくる、ということがままある早明戦の歴史もあり、どうなるのだろうかと思いつつ見ていましたが、今年の明治は強さに太い芯があり、ブレることなく勝ち切りました。

 FW戦で優位に立ち、最初のトライは昔ながらの縦・縦・縦で。
 ラインアウトもほぼ完璧(片倉効果が凄過ぎる)。
 BKのDFもしっかり効いていて、タックル後の起き上がりの早さの素晴らしさ。ここ数年の良き伝統にますます磨きが掛かっています。

 点差が開いた試合のとき、今までの明治は必ずといっていいほど後半の終わりに大きな隙が出来、相手にトライを取られ、勝ったけれども勝ち切った感が弱まる、という試合が繰り返されまくっている印象が強いのですが、今日は逆。ロスタイムに山村選手が自らインゴールエリアに蹴ったボールをグラウンディングしてトライ。
 今年のチームの強さを象徴する試合の締めとなりました。


 対抗戦を全勝で優勝するのは21年ぶりとのこと。
 これで今年度の大学選手権・組合せが決まりました。


 
 今年の明治はしなやかな強さに磨きが掛かってきていて、ピーキング調整も上手くいっているように見受けられます。今までどうしても埋めきれなかった《隙》が、今年の今のチームには殆ど見当たりません。

 とはいえ、選手権制覇(連覇)が見えているかとなると話は別。天理も東海もチーム力を上げてきていますし、早稲田が今日と同じ試合運びを選手権でもしてくることはあり得ませんが、(明治の)チーム全体に緩んだ空気は感じられないので、心強く思っています。


 昨年の福田組とは違うカタチでの選手権モード突入となりますが、武井キャプテンを中心として、よりしなやかに、より強い明治のラグビーをみせてほしいです。



# by masa156v6 | 2019-12-02 02:46 | Rugby | Trackback | Comments(0)

JAL AIRBUS A350-4(JA04XJ)

JAL  AIRBUS A350-4(JA04XJ)_c0005077_10502799.jpg
 この飛行機。
 主翼の長さ、カタチが美しく、また胴体とのバランスが良く、画像越しでも見惚れてしまいます。


JAL  AIRBUS A350-4(JA04XJ)_c0005077_10521694.jpg
JAL  AIRBUS A350-4(JA04XJ)_c0005077_10531382.jpg

JAL  AIRBUS A350-4(JA04XJ)_c0005077_10542984.jpg
JAL  AIRBUS A350-4(JA04XJ)_c0005077_10544948.jpg

# by masa156v6 | 2019-11-30 10:55 | aviation | Trackback | Comments(0)

久々の birdy-Air (鶴間公園・南町田グランベリーパーク)


 今朝。
 かかりつけの近所の医院さんにて家族3人でインフル・予防接種。先生曰く、もう流行り始めていて学級閉鎖になっているところもあるとのこと。

 帰りにららぽーとに寄り、フードコートで梅蘭の焼きそばをいただき、帰宅。

 マロンに日向ぼっこをしてもらい(もちろんリードを付けていますが、もう10mも歩かないです。なので外の陽、風をゆっくり浴びてもらってます)、この陽気に誘われるが如く、birdy-Airを久々に出して、出発。

久々の birdy-Air (鶴間公園・南町田グランベリーパーク)_c0005077_19361429.jpg
 ポタリングにて、鶴間公園へ。
 どピーカンで日中は暖かく、スーパー自転車日和でした。

久々の birdy-Air (鶴間公園・南町田グランベリーパーク)_c0005077_20002481.jpg

 グランベリーパーク、オープン早々なので今のところモール(商業施設)への注目度が圧倒的ですが、今回の街づくりにおいての大きなポイントとして《隣接している鶴間公園との一体化(それにより モール→パーク へと名称も変更》、というものがあります。鶴間公園もモールと同様に3年弱ほど閉園して大掛かりな改修を行ない、この街びらきにて再オープンとなったのですが、園内・近隣を通ってみて、まぁ過ごしやすい公園になったこと。以前からの公園利用者として感涙に咽びたくなる進化・深化を遂げているように見受けました。

久々の birdy-Air (鶴間公園・南町田グランベリーパーク)_c0005077_20034682.jpg
久々の birdy-Air (鶴間公園・南町田グランベリーパーク)_c0005077_20075890.jpg
 大きな広場ゾーンの外周部に2レーンのトラックが出来ていて、親子連れで元気に走る姿がそこかしこに。

 以前からここは大きな広場で、子どもが小さい頃に一緒に来て家族でボール遊びをしたり、マロンが若い頃に一緒に走ったりしたところです。
 当時は整地がキチンとなされている風でもなく(それはそれで良い面もあって気に入っていたのですが)、走るスペースが特に設けられているわけでもなく。

 このトラックはイイなと。もう子どもは遊んでくれませんし、マロンもワンコとして後期高齢者ゆえ、悠々自適生活モード。今度ちょっと真面目に走りに来ようかなという気になりました。


久々の birdy-Air (鶴間公園・南町田グランベリーパーク)_c0005077_20175779.jpg
 そして、駅前の駐輪場に自転車を停めて、モールへ。
 この駐輪場、前輪ロックタイプで18インチ以上に対応可能とのこと。birdy-Air は18インチなのでギリギリセーフ。

久々の birdy-Air (鶴間公園・南町田グランベリーパーク)_c0005077_20185507.jpg
久々の birdy-Air (鶴間公園・南町田グランベリーパーク)_c0005077_20192705.jpg
 開園して最初の日曜なので、夕方でも相当な混雑。
 造りが広々としているので、嫌になる閉塞感を覚えることはなく(行列待ちをしたら別な感情を抱くでしょうけれども)、サクサクと目当てポイントに。

久々の birdy-Air (鶴間公園・南町田グランベリーパーク)_c0005077_20215912.jpg
 カミさんからお使いを頼まれていたので、ギャザリングマーケットの野菜売り場へ。
 地元で16日に採れたというもの・3本パックを買って、帰宅。空いてたら成城石井に寄ってパフェを食べたかったのですが、それはまた平日に、と。


久々の birdy-Air (鶴間公園・南町田グランベリーパーク)_c0005077_20190435.jpg
久々の birdy-Air (鶴間公園・南町田グランベリーパーク)_c0005077_20521729.jpg
 駅の改札近くを通り、駐輪場に戻り、自転車をピックアップし、帰途へ。
久々の birdy-Air (鶴間公園・南町田グランベリーパーク)_c0005077_19380181.jpg

 3年弱ほど、街づくり過程による工事期間を過ごしましたが、ようやく元の日常がパワーアップして戻ってきたことを実感した日、となりました。






# by masa156v6 | 2019-11-17 20:55 | Bike(birdy) | Trackback | Comments(0)