桜。-20170407- (千鳥ヶ淵)

c0005077_23140070.jpg
c0005077_23132280.jpg
c0005077_00072937.jpg
c0005077_00093809.jpg

 いつもは通り過ぎるだけの千鳥ヶ淵。
 例年は桜の季節であっても車窓から眺めるだけでしたが、金曜・夜ということもあって、今年はメガーヌを裏通り沿いのコインPに停めて、デジイチを抱えてライトアップされた夜桜を見てきました。

 ライトアップの照射光の色が一定時間ごとに変化する設定になってるようで、タイミングによってピンクに色づいたり、白さが強調されたりしていました。
 また、海外からの旅行者と思しき方々を含めて多くの人々が訪れていて、桜の綺麗さに方々で溜息と感嘆の声が上がっていました。


c0005077_23124658.jpg
 時系列が逆ですが、千鳥ヶ淵に赴く前に、オフィス近くで。
 
 毎年、この桜並木とメガーヌとのショットを撮ってます。
 午後になると角度的に陽が建物に遮られるので、ちょっと暗めにはなってしまいますが、クルマとビルと小川と首都高と桜並木が混じっている景色が結構好きです。


 世相的には緊張感・緊迫感がじわじわと感じられつつあるのですが、来年以降も同じような心持ちで桜を愛でる季節が来てほしいという想いです。



c0005077_09120266.jpg
 夜、《Anjin》にてプリンとカフェ・オレをいただいてきました。

 蔦屋のパーキングで、メガーヌにお乗りの方からお声を掛けていただきました。やはりマット・グレーの色は識別がされやすい模様です。
 ブログを読んでくださっているとのことで、ありがたいと思いつつ、書き連ねていることの中身のなさ故、恐縮する次第です。。。
 

# by masa156v6 | 2017-04-08 09:16 | etc..... | Trackback | Comments(2)

Captur-20170402

c0005077_15134574.jpg
 やっぱり黒ホイール(貼ってるだけですが)が締まって見えるなと。
# by masa156v6 | 2017-04-02 15:14 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

DENKI GROOVE Live at FUJI ROCK FESTIVAL '06

c0005077_01043995.jpg
 最近、メガーヌでもキャプチャーでも、電グルばかり聴いてます。
 で、おととい買った'06・フジロックでのライブDVDが良くて、夜中にリビングで6.1chにして(音は小さめで)見るのですが、初っぱなの《N.O.》からもうストレートにカッチョ良くて・・・。



 で、《虹》。
 名曲だな。
 素晴らしいです、改めて。


# by masa156v6 | 2017-03-31 01:14 | Music | Trackback | Comments(0)

圏央道 海老名からつくばまで走ってきました。

c0005077_02294302.png
 所用で、圏央道を海老名からつくばまでグルっと走ってきました。

 感想は、
・想像以上に長かった(距離、時間)
・意外と緊張して肩が凝った
です。

 都心を経ずに外周路で目的地に辿り着けるという意味において非常に有用性が高く、料金も高速道路と同じ距離計算で設定されたので、以前よりも距離の割にリーズナブルな料金で走りがいがあったといえばありました。

 が、やはり東北道とのジャンクションを越えてからの片側1車線・対面通行は走っていてちょっとビビります(・・・)。大型トラックが対向車線に連なるところでの対面通行の連続はどうしても肩に力が入り(※眠気に襲われないという利点はありますが)、常磐道下り線に入ったところで緊張感が解け、結構脱力した次第。
 
 正直、あんまり(特に夜は)走りたくないな、というのが率直な感想でしたので、帰路は常磐道〜首都高〜東名といういつものルートを選択。
c0005077_02395084.jpg
 守谷SAにてお腹が空いたので夕食。

 その時間調整が効いて、首都高に入ってもさほど混むことはなく、飯田橋まで程よいペースで流れてくれました。

c0005077_02414919.jpg
 オフィスに寄って諸々やんなきゃいけないことを片付けて、22時の強制退社時間ギリギリになんとか出て、帰宅。


# by masa156v6 | 2017-03-30 02:43 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

キャプチャー・夏タイヤ戻し(2017325)

c0005077_17054202.jpg
 キャプチャーのスタッドレスを夏タイヤに戻しました。
 夏タイヤとホイールは、《タイヤフェスタ》さんに預かってもらっているので、交換予約をしてクルマで乗っていくだけ。
 交換工賃はプレミアム会員の年会費枠内なので無料ですが、夏タイヤのバランス調整をしてもらったので、そちらが4本で2,160Yen(税込)。

 前回のスタッドレスへの交換時同様、丁寧・迅速に作業してくださいました。
c0005077_17103708.jpg
 夏タイヤ・冬タイヤともに純正17インチを履いています。
 識別点は、夏タイヤにはマットブラックのラッピングを施していること。今のところ問題なく粘着しています。

c0005077_17122487.jpg

# by masa156v6 | 2017-03-26 17:12 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

Megane Coffee(桜上水)

c0005077_06091038.jpg
 桜上水の駅から数分。甲州街道(&首都高4号線・高架)沿いにある《Megane Coffee》に伺い、カフェラテとホットサンドをいただいてきました。
c0005077_06115509.jpg
c0005077_06121895.jpg
 お店には学校の机と思しきテーブル席が3〜4つと、カウンター席。
 配置がゆったりしていて、お店の雰囲気も外の喧騒がウソのよう。もちろん、お客さんの話し声は聞こえますが、全然耳障りではなく、一人で入っていても居心地の良さを醸し出してくれるプラス効果の方を感じました。

 店主さんの静かで丁寧な物腰故か、柔らかな雰囲気が満ちていて、1時間弱ではありましたがゆっくりと過ごさせていただきました。
 昔住んでいたところからだと自転車で余裕で来れるところですが、今となっては結構遠いところなのでサクサク再訪することは叶いませんが、また伺いたいお店です。



# by masa156v6 | 2017-03-21 06:27 | cafe & cake | Trackback | Comments(2)

ルーフラインとリアスポイラーとドアミラーのマットブラックフィルムを剥がす(キャプチャー)。

c0005077_22455310.jpg
 春が近づいてきたってことで(?)、キャプチャーをちょっと軽やかに見せたい、ということで、Aピラーからルーフライン・リアスポイラーへと続いているマットブラックフィルムを剥がしました。あと、ドアミラーも。
 ただ、ルーフセクションのマットブラックは残してもおかしくないことを剥離作業中に確認したので、そのまま貼り続けることとしました。

 粘着剤がボディ側に残ることは全くなく、ヒートガンで熱をかけつつサクサクと剥離。丁寧にゆっくりやってもらって20分くらいで作業完了。

c0005077_21593023.jpg
 パッと見、グリーンとアイボリーのツートン。
 ルーフセクションはマットブラックフィルムが貼られたままですが、さして違和感なし。

c0005077_22461783.jpg
 あと、今回の作業で細やかにケアしたポイントその⑴。
 リア・ナンバーカバー灯のメッキパーツをブラッシュド・スチールでラッピングし、【C・A・P・T・U・R】ロゴを両面テープを仕込み直して再度貼り込み。
 キャプチャー・オーナー以外は気にならないポイントかと思われますが、結構自己満足度が高い小モディファイです。

c0005077_22031242.jpg
 もうひとつ(ポイント⑵)。
 フロント&リアバンパー・下部に、ルーフラインの標準塗色である『イヴォワール』に比較的近い色のラッピングフィルムを貼ってみました。
 これは、施工チームからのアイディアで、せっかくなんでやってみようかというノリで貼ってみたのですが、想像以上に好インパクトが残りました。
 問題は、バンパーの表層の凹凸。結構熱を掛けて貼ってはみましたが、プライマーを打っているわけではないので、経時で浮き・剥がれが発生する確率は高いだろうなと。
 しばらくは様子見です。


 正直、マットグリーンとマットブラックのツートンだと夜間の被視認性が芳しくなく、(キャプチャーの路上存在を)気づいてもらいにくい、というリスクを背負ってしまっていたので、その観点からも今回の一部剥がしは理に適っているかなとは思ってます。





# by masa156v6 | 2017-03-20 22:20 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

PEUGEOT 3008

c0005077_08232685.jpg
 
 Dの担当氏と打合せ。
 (19日は)系列のプジョー新横浜にいらっしゃるとのことで、混んでいる保土ヶ谷バイパスを避け、ららぽーと近くの道を南下して訪問(裏道というほどのものでもありませんが、ナビが選んだ道はスイスイ流れてました)。

 新しい3008、初めて見ました。
 もともと抱いているフランス車ならではのしなやかさといった雰囲気は、このボディデザインからは連想しにくいものの、既視感を持つことのないデザインで、単純にカッコいいなというのが第一印象。

 また、本国デビューから国内ローンチまでのタイムラグの短さは今までのイタ・フラ・インポーター各社の動きから考えると驚愕レベルのスピード感。素晴らしい。
c0005077_08350027.jpg
 リアのライト周りも、昔流行った自転車のフラッシャー・ライトを思い出してしまう意匠で、面白くて好みです。

 ローンチ・エディションを含めた初期ダマはもうないらしく、これからのオーダーだと数ヶ月待ちになりそう、とのことでしたが、宜なるかな、と思えるだけの魅力が詰まっているクルマだと感じた次第です。

 
 シトロエンの今度のC3ピカソもかなり魅力的なアピアランスで出てきそう。
 PSAの動き、いちクルマ好きとして注視してます。



 
 




# by masa156v6 | 2017-03-20 09:03 | Cars | Trackback | Comments(0)