タイヤ交換実施

 オドメーター約18,000kmで、OE装着のPIRELLI・P-ZERO ROSSOからDUNLOP・SPORT MAX にタイヤを交換しました。サイズは標準の225/45R17です。

 今回は、いつもの家の近所のショップで購入&交換という手順は踏みませんでした。というのも、ネットでかなりリーズナブルプライスで売っているところを見つけたため。
 今回購入したのは、AUTOWAY(http://www.autoway.jp/)というところ。SPORT MAXXの225/45R17の一本当たりの単価が破格値で、送料もリーズナブル。しかも在庫ありとのこと。早速5月3日の朝に注文したところ、G.W中であるにもかかわらず5月5日の午前中に到着するという早業にビックリ。
 また、価格が価格なだけに製造年月の古めのタイヤが来ることを半ば覚悟していたのですが、やってきたタイヤを見たところ、2本が《3607》、もう2本が《3807》と、充分許容範囲の新しさ。これは良い買い物をしました。

 ただ、となると交換をどこかにお願いしなくてはならない・・・ということで早速探ってみたところ、横浜近辺に出張交換サービスや持込み歓迎の看板を掲げるショップをいくつか発見&確認。ということで、今回はタイヤフィッター(http://www.tire-fitter.com/)というお店にお願いすることにしました(※今回は出張ではなくお店にタイヤを持って行って交換して頂きました)。


 IKEA港北のそばのお店に到着し、早速P-ZERO・ROSSOを外します。
c0005077_23221759.jpg

 山を見てみたところ、結構減ってる・・・。18,000kmくらいなんでもうちょっとは残ってるだろうと思ってましたが、フロントの2本についてはスリップサインが出てしまっている状態。う~、気づいてなかったッス。

 で、早速SPORT MAXXに組み替えて頂き、バランス取り&装着実施。空気圧を若干上の2.8にセット&バルブを4本とも交換して頂き、30分程で作業完了。

c0005077_23262067.jpg


 100kmくらいは慣らし走行をしなければなのですが、SPORT MAXX、乗り心地が柔らかいと感じました(もっともP-ZEROの山が殆どなくなってたわけでそう感じるのは至極当然ですが)。当たりがついてきてから挙動の変化等について改めて確認したいッス。


 156のノーマル保持状態、継続中・・・ただ、プントについてはヤフオクでホイール(バルケッタ・リミテッドの15インチ純正・・・これがなんともいえず地味系ながらカッチョ良い)をゲットしてしまったため、近々交換予定・・・です。
# by masa156v6 | 2008-05-06 23:34 | 156GTA SW | Trackback | Comments(6)

ウインドウフィルム(ソーラーガード クアンタム19)施工

 ひとつ前のブログに記した翌日(4月28日)に、横須賀の《M's factory》さんにプントのウインドウフィルムの施工をお願いしてきました。
 こちらのショップは、以前オールロードのウインドウフィルム(前回はマディコのレイバングリーン)の作業をして下さったところです。そのときにこちらの仕上がりの良さ、作業の丁寧さ、そしてその内容との比較において非常にリーズナブルな価格設定は実証済みだったので本当はGTAのフィルムもお願いしたかったのですが、その当時(去年の11月)はソーラーガード・クアンタムの取り扱いがなかったのでやむなく断念し他のお店にお願いしました。
 ただ、今回プントにウインドウフィルムを貼るにあたり再度連絡を差し上げたところ、最近ソーラーガードもラインナップに加えたとのことで、願ったり叶ったり状態で早速伺った次第です。

 作業自体は4時間程度で終わるものの、乾燥をする時間が必要とのことで、9時過ぎにクルマを預け、16時~17時に掛けて受取りに行くこととし、代車(パジェロミニ)で横須賀市内を散策・・・というものの、土地勘が全くに近くないことから、映画でも見れば時間を潰せるだろうということでショッピングプラザというショッピングモール内のシネコンに向かいました。
 が、少しでも観たいと思える映画が見当たらず、モール内にある書店でクルマ雑誌を立ち読みするも腰が痛くなり中断。このとき昼前ってことで同じくモール内に入っている大戸屋でとりのネギ塩焼き定食を食し、再びあてもないドライブ再開。
 その後、近くの海沿いの公園でボーッとしたり、ミニストップでプリンパフェを食べたり(これがマジで美味しくてびっくりしました)、ホームセンターをブラついたり、マックでコーヒーを飲みながらPDAでチコッと仕事したり・・・ということで・・・ようやく時間が16時半。
 
 長いとき(?)を経て、再びプントと対面。

c0005077_1562075.jpg


 俗に言うスモーク色があまり好みでないことから、この《ソーラーガード・クアンタム(今回も19)》のメタリック調でありながら落ち着いた色合いがやっぱり良いなと仕上がったクルマを見ながら改めて感じました。


 その後、横横道路~保土ヶ谷バイパスを経由し、帰宅。
 ヒマってのは疲れることだということを改めて感じた1日でした。
# by masa156v6 | 2008-05-03 02:01 | PUNTO(188) | Trackback | Comments(0)

明日、横須賀へ

 今日は昼過ぎにカミさんの実家に行き、ゆっくり過ごして夕食を外で摂り、カミさん&子供はそのまま実家泊でワタシだけ帰ってきました。

 明日は有休を取り、横須賀のお店にプントのウインドウフィルムを貼ってもらいに行きます。こちらは以前オールロードにマディコの《レイバングリーン》を貼って頂いたところなのですが、最近ソーラーガード《クアンタム》の扱いを始めたとのこと。で、運転席&助手席は国産の透明断熱フィルム、後ろ3面は《ソーラーガード・クアンタム19》を施工して頂きます。

 こちらは前回お願いした時もそうでしたが、じっくり丁寧に施工されるため、9時半くらいにクルマを預けて、出来上がるのは夕方5時頃の予定。それまでは代車を借りて三崎あたりまでのんびりドライブをしてこようかなと。

 プントのエアコンの効き具合はビミョーな感じなので、本格的に暑くなる前にやれることをやっとこうと思いますです。



p.s
長野の聖火リレーについてのマスコミ(特にテレビ、新聞)の報道がいかにあてにならないものなのか、実際の映像・画像をネットで動画やブログ等を見るにつけ今更ながらに痛感します。27日の韓国で起きた一部の出来事のこともYouTubeで見ましたが、驚くくらい酷いものでした。
 今年のオリンピックは、日本がメダルをいくつ獲れるか・・・などということは二の次で、色々なことに対して考えなければならないものになりそうです(と今更このようなことを書くこと自体、自分が吞気であったことを認めてしまうことなのですが・・・)。
 

 ではでは。
# by masa156v6 | 2008-04-28 00:35 | PUNTO(188) | Trackback | Comments(0)

ゴルフ

 昨日(日曜)は千葉のゴルフ場でのコンペに参加しました。
 早朝に目を覚まし、先ず真っ暗の中マロンと散歩に行き、156で出発。家~保土ヶ谷バイパス~首都高横浜線~首都高湾岸線~東関道経由 片道120kmの道のりでしたが、東関道(特に京葉道との分岐から成田方面)ってこんなに走りやすい道だったっけ。トラックが少ない路線なのか、路面がキレイでクルマの挙動がとても安定し、楽しく運転出来ました。

 天気も、非常にビミョーだったのですが、超曇天&寒いというコンディションではあったものの、雨は殆ど降らず、助かりました。
 スコアは・・・殆ど引退勧告を突きつけられるレベル(どはは)でしたが、ショートホールで初めてニアピンを取り(唯一のパー)、一瞬だけ楽しかった・・・です。やっぱり我流では限界なのか。

 プレー後、懇親会を済ませ帰路につきました。時間帯がよかったのか帰りも道は空いていて気持ち良く運転したのですが、有明付近から眠気が出てきて、大井のPAで休憩。その後ヘロヘロになりながらも行きと同じルートで夕方帰宅。荷降ろしをし、かなりヘロつきながらプントと156の駐車位置を入れ替え(仕方がないけど縦に2台はこれが少々メンドウ)、へたり込むように家に入り爆睡。
 
 ゴルフ場への往復がメインとはいえ、今回の移動で156GTAの高速ツーリングはこんなに楽しくて安定しているんだということを実感しました。特に足回り(サスペンションとタイヤ)に好印象。Pゼロ・ロッソは2002年後半の製造なのでゴムとしては賞味期限切れなのですが、挙動は非常に安定していてこのクルマとのマッチングは良好だと感じました。入れ替えのときはまたこのタイヤを履こうかな。
 ダンパー&スプリングも、メーカーがチューニングを施している仕様がいかに良いものであるかということを改めて実感。路面が安定していたとはいえ、数ヶ所あったギャップをサラッといなしてくれました。

 この前の箱根と今回の千葉で、156GTAというクルマを少し深く知ることが出来たかなと思いました。ホントに乗って楽しいッス(今日は腰も痛くなんなかったし)。
# by masa156v6 | 2008-04-14 03:28 | 156GTA SW | Trackback | Comments(0)

ひとり朝箱(根)

 プントが来て以来ちょっとご無沙汰気味になっていた156。今朝、少し早起きが出来たので思いつきで箱根まで走ってきました。

 家を出たのが7時前。とはいえ東名・横浜町田ICまで程近いことから8時前には御殿場に着きました。それからいつもの山坂道経由で箱根スカイライン~芦ノ湖スカイラインへ。
 クルマは比較的少なく、自分のペースでゆっくり走りました(というか久々で少々ビビってたというのが正しい表現だす)。

c0005077_17195052.jpg

c0005077_17201151.jpg

c0005077_1723032.jpg

 今日は山の天気も下界同様に良好で、富士山がとても綺麗でした。また、さほど寒くもなかったので、ヤギさんコーナーの自販機でカフェオレを買い、一人でゆっくりして新鮮な空気を吸ってきました。佇んでいるだけでとても気持ち良く、リフレッシュが出来ました。

 ヤギさんコーナーではポルシェの人達が多く集まっていて、アルファもスパイダー、156、147などを何台か見掛けました。そういや銀の156で前回参加した朝箱って、何年前だっけ?・・・思い出せませんが、少なくとも5年くらいは経ってるかもです。

 とくに寄り道もしなかった(マロンの散歩がまだだったので)ので帰りも順調。10時半前には帰宅しました。

 それにしても、プントに一旦乗り慣れると、乗り心地・操作感等諸々、156GTAがスポーツカーに感じられます(だはは)。一方、セレスピードの利点を再認識。山坂道でのシフトチェンジはクラッチペダルの操作を人力で行なわない分だけパドルシフトに集中出来るので、下手ッピーには助かります(ライン取りとブレーキングはヘロヘロでしたが・・・)。


 いやぁ、気分爽快。早起きして天気が良い箱根はホントにイイっす。






 
# by masa156v6 | 2008-04-06 17:33 | 156GTA SW | Trackback | Comments(3)

イタ雑、京浜島

 昨日(4日)は代休だったので、早速プントで出掛けてみました。行先は、イタ雑。リアの《FIAT》エンブレムのブルーが殆ど飛んでしまっているため、新しいものと付け替えることと、ワイドビューミラーの装着が目的。

 ジョナタン氏には事前に伺うことを伝えていたこともあり、顔を出すとスッと新しいエンブレムと作業道具一式を持ってクルマのところに来て下さいました。
c0005077_531732.jpg

 色褪せたものとの比較画像ではないので分かりにくいかもしれませんが、元々のエンブレムは青味が殆どなくなっていたので一気に引き締まりました。

 また、同時に付けて頂いたワイドビューミラーの効果は覿面。プントのミラー形状も156に負けず劣らずデザイン優先度が高い(視認範囲が狭い)ものなだけに、横方向に視野が広がることによる安心感UPを実感しました。

 
 それから、同乗していた子供が遊び足りなそうだったこともあり、5~6年ぶりに京浜島に飛行機を見に行くことにしました。
c0005077_5392299.jpg

 ただ、風向きの関係か、羽田の滑走路が増えたことによるものか、詳細は不明ですが、以前は見られた ド迫力の着陸シーンを目にすることは出来ず、遠くの方に降りて行く飛行機を改修中の公園の外側からボーっと眺めるという展開になってしまいました・・・(それでも子供はまあまあ喜んでましたが)。

c0005077_5421427.jpg

 プントがやってきてようやくまともな距離を乗りましたが、ザッと感じたことは

・先ず、イスがいい(GTAより100倍良い)
・そして、燃費がイイ(今日のオンボードコンピュータの平均燃費 16.8km/Litter)
・ボディ剛性感は想像していたよりも高い
・エンジン音は普通
・スマートキータイプのキーレスの作動ロジックがよく判らない(マニュアル要確認)

ってなとこで、満足度高しであります。

 そして何より、乗り心地の良さとその雰囲気のかわいさからからか、子供が『オレンジブーブー好きっ。青ブーブー(GTA)乗らないっ』と連呼しまくっていたことが印象的でした。2歳児にもあのスパルタンな乗り心地は伝わっているのでしょうか・・・。ただ、せっかく2台のクルマに乗るのであればキャラクターが明確に異なる方が面白いので、147ではなくプントにして良かったなと。

 あとは・・・暫くはノーマルで乗りますが、微妙なモディファイはやっちゃいたくなる気がする今日この頃です。
# by masa156v6 | 2008-04-05 05:52 | PUNTO(188) | Trackback | Comments(4)

本日、納車

 帰ってきたのが夜なのでまだキチンと見れていないのですが、今日プントが納車されました。

 チラッとガソリンを入れてきた(ハイオク・@138-/Litter 時限的な価格なのでしょうが下がりましたね~)程度しか乗れていないのですが、キビキビ走ってくれました。
 次の休日にゆっくり乗ろうと思います。
# by masa156v6 | 2008-04-01 22:34 | PUNTO(188) | Trackback | Comments(2)

New チンク

どうにもこうにも腰が痛くて・・・。何故だか急に。温めれば良いのか冷やせば良いのかすらわかりませんが、少々ぐるしゅうござります。


 天気が良い一日だったので、New チンクを見に横浜(中華街の近く)のディーラーに行ってきました。
c0005077_19525013.jpg

 展示されていたのは ラウンジ・SSという導入初期モデルでしたが、既に売約済みとなっていたこともあってロックが掛かっていて乗り込むことは出来ませんでした。ただ、ウインドウ越しに覗いたインテリア(特にグレーと白のチェック模様の様に見えたこのグレードのファブリックの色遣いと質感)はとても良い雰囲気があり、クルマのイメージととても合っていました。

 こちらのディーラーには試乗車(ポップ・ボディカラーはホワイト)があり、タイミングが良かったこともあって10分くらい乗せて頂きましたが、印象は、極めて良好。


・デュアロジックの変速の質感に違和感なし
(セレの運転に慣れてきたということもあるのでしょうが)

・ステアリングの質感がとても良い
(オフホワイトのレザーとのことでしたが、太さ◎、微妙に滑りつつキッチリホールドする感触がこれまた◎ ただ、どうしても汚れてしまうでしょうけど)

・インテリアの造り込みに安っぽさを感じず

・エクステリアも改めて好みであることを実感

・良いものがギュッと詰まっているオーラあり

ということで、これで230万前後の車両価格は費用対効果という意味で充分ありだと感じました。

 試乗中、営業担当の方とお話していたのですが、クルマは既に7月分くらいまでは予約が埋まっているとのことで、スッと買ってサラッと乗ることは難しそうな雰囲気でした。実車みて試乗したら迷ってる人は軒並み動いちゃうだろうなと思わせる魅力のあるクルマだと思いましたので、むべなるかな。

 ウチはプント導入を決めた直後なだけにニューチンクにすぐ動くということはさすがにあり得ない話ですが、発表されて以来、是非とも見てみたい・乗ってみたいクルマだったので今日試乗出来て嬉しかったです(ワタシの様なフラッと入った一見客に対してもディーラーさんの対応はとても丁寧で温かく、これまた好感を抱きました)。

 FGAJはこのクルマを大事に、上手く導入してフィアットブランドの定着・発展に繋げてほしいッス。

 
# by masa156v6 | 2008-03-23 20:14 | PUNTO(188) | Trackback | Comments(2)