東京モーターショー

 あれこれ言ってましたが、結局行ってきました。

 毎回入場券を海浜幕張駅の臨時窓口で買う習慣がついていた(ガラガラなので)のですが、何故だか今日はそこそこの列(長蛇とまではいいませんが30~40人くらいは並んでた気がします)だったのでそのまま会場のチケット売り場へ。こちらもチコッと混んだので、10分くらい待ちました。


 会場案内図をサラッとみて、先ずは中央ホールから。いきなり目の前に見えたのはアルファブースでした。

c0005077_21193563.jpg


 判ってはいるものの、注目すべきクルマがグラプン・アバルト、Newチンク・アバルトと少なくとも2台あるのに、フィアットブランド車が全くいないというのは寂しかったなぁ。8C以外は街で見掛けるクルマばっかりだし。

c0005077_21222033.jpg

 8C・・・何かホイールデザインがイマイチ&クルマがあんまりキレイじゃなかったってことが印象に残りました

c0005077_21234435.jpg

c0005077_21235718.jpg

 159TI・・・キャリパーがブレンボ(恐らく)になっている以外は特に目新しい個所を見つけられず


 で、ちとオッと思ったのがこちら
c0005077_2125377.jpg

 今更ながらのアルファ純正MTB(ロードバイクもありました)。カーボンでフレームが出来てます。高そう~。


 アルファブースにはロッソのクルマが3台(159TI、GT、ブレラ)いましたが、いずれもソリッドではありませんでした。色調変化がみられたことから、これはヌヴォラレッドなのでしょうか(よく判りませんでした)。
 それにしても、現行車種だらけでこのスペースを使うのは勿体ないと感じました。NEWチンク・アバルトとグラプンアバルトを見たかった。


 続いて、ホンダの新型フィットを横目で見ながら西ホールのスバルブースへ。新しいインプレッサ・STIの実車を見るのは初めてなので少し胸が高まります。

c0005077_21342849.jpg

c0005077_21344461.jpg


 ひな壇に上がっていたのはパールホワイト系のものだったのですが、実際に乗り降り出来るセクションにあったブラックメタリック(パール?)のものがものすごくカッコ良かったです。前後フェンダーがかなり膨らんでいるので、色によって迫力の増し方が変わるのではと思いました。
 

 次、アウディ。つい最近までオールロードクワトロに乗っていた身としては何とも微妙な心持ちになりますが、先ずは気になっていた新型A4。

c0005077_21394557.jpg

 やっぱりデカい&思った以上に平べったい。でも、立体駐車場に入れる必要のない人達は動くんだろうな。質感はアルミのデザインを含めて非常に高いと感じました。

 そして、A4のすぐ近くにあったRS6。
c0005077_214218100.jpg

 タイヤサイズは《275-35-20》とバケモノ級ながら、フェンダーの張り出しは思った以上に小さく、なんかスッとしてました。インプレッサSTIを見た直後だったこともあるのかもしれませんが、もう少しフロント&リアアングルから見た時の迫力があってもいいのではと感じた次第です。


 それからフォルクスワーゲンをサラっと見て、トヨタブースへ。目当てはIS-Fただ1台。

c0005077_2145378.jpg

 月産40台に対して、もう400台位のオーダーが入ったと聞きましたが、さもありなん。素直にカッコイイ&好きなデザインです。初めてレクサス店に入ってみたい気持ちになりました(買えませんが)。
 因みにこのブルー、アルファのデイトナブルーに少し似てる気がしますが、どうなんでしょ。

 
 そして、一気に東へ向かい、今回のモーターショーで一番の注目車・日産GT-Rを見に行きました。

c0005077_21553221.jpg

 1Fはものすごい人だかり(オールスタンディングのライブのような印象さえ抱くほど)だったので2Fへ上がり、PowerShot G7の望遠をフルに使って撮ったのが上のものですが、肉眼では殆ど見えていないのでクルマからインパクトを感じることはできませんでした。
 ただ、タイヤ交換50万円、オイル交換10万円(だったっけかな)とか、かなり浮世離れしたメンテコストが掛かるとのことなので、イニシャルフィーからして縁遠いクルマですだ。



 その後、あちこちをチラ見ながらスズキブースへ。

c0005077_21474991.jpg

 車名は思い出せませんが、惹き込まれる何かを持っているデザインでした。


 それから、新しいCクラスワゴンが見れるということでベンツブースへ。

c0005077_21494051.jpg

c0005077_21495494.jpg

 正直な感想を言うと、新しいCクラス・セダン(特にアバンギャルド系)のデザインが自分のストライクゾーンど真ん中ということがあり期待していたのですが、『?????』でした。不遜な物言いになりますが、何かスマートさが足りない気がする・・・。雑誌やWebで見る限りにおいてはここまで違和感を感じてはいなかったので、余計にインパクトがありました。う~む。


 その後、オーディオ&タイヤ、各パーツ、商用車、バイクのブースを見て回り、ほぼ半日仕事となりましたがヘロヘロになって見学終了。カバンが重かったこともあり、ベンチに座って30分くらい動けませんでした・・・こういうところにもトシを感じてしまいますです。

 でもま、そこそこ楽しかったッス。
# by masa156v6 | 2007-10-29 22:00 | Alfa Romeo | Trackback | Comments(3)

ポータブルナビ

 ようやくクルマがやってくる日がおぼろげながら見えてきました。恐らく来週末(9日頃)ではないかとのこと。待ち遠しいッス。

 というものの、来るまではクルマがない生活を送らざるを得ないというのが現実で、これが以外とメンドくさい。こんな時に限って、先週、今週とゴルフがあり、今週分については一昨日の夜から昨日の夜にかけてレンタカーを借りて対応しました。

 借りた車はダイハツ・ブーン。トヨタパッソと同型車です。正直、台風絡みの雨の中、中央道を山梨まで往復するのはしんどかったですが(雨に対してはほぼ最強と言ってもよいオールロードとの比較になっちゃうのでどうしても・・・)、驚いたのはその燃費。209km走行で、ガソリン消費量はレギュラーで9Litter。凄い、リッター20kmオーバー! 確かに渋滞知らずで高速道路をほぼ法定速度巡航だったので良い条件下ではあったものの、これにはビックリ。156(2.5V6)でもオールロードでも、エコランしたつもりでもリッター10kmを達成したことがないだけに、財布にヤサしいクルマという存在を実感しましたです。


 話は全く変わりますが、やってくる156はほぼフルノーマルであるため、ETCもナビもついてません。ETCについては着ければいいだけなんですが、問題はナビ。インパネのデザインバランスを崩したくないのでインダッシュナビは出来るだけ避けたい。だからといってオンダッシュというのもどうだろう・・・ということで浮上してきたのがポータブルナビ。これなら取付けはダッシュボードの上だけど取外しが容易なんでさほど気にならない。しかも数年前では考えられない精度、質感を持ったものが50,000円前後で複数あり、あれこれ迷っているうちにソニーが素晴らしいものを出すと聞き、速攻でチェック。

c0005077_2343641.jpg


 《NV-U2》というこの新製品(11月下旬発売予定)、ポータブルながらジャイロセンサー搭載というスグレもの。ビーコンユニットの納まりが悪そうではあるものの、着けなきゃそもそも問題なし。また音楽データ・動画データもメモリースティック経由で取込み可能。しかも価格は59,800円(ソニースタイル)。う~ん、素晴らしい。恐らくこれ、買っちゃいそうです。

 
# by masa156v6 | 2007-10-28 23:46 | 156GTA SW | Trackback | Comments(0)

156GTA SW 今日の様子

 たまたま今日、お仕事でACHさんが博多へ行かれるとのことで、お昼休みに博多のディーラーへ整備中の156GTA・SWの様子を見て来てくださいました。で、そのときの画像を何枚か送って下さいました・・・いやぁ、思わずニヤケますです。

c0005077_021830.jpg


c0005077_2229447.jpg



 整備は始まったばかりなので、いつ頃こちらに到着するかは決まってはいないものの、徐々に臨場感が増してきました。静かに楽しみに待ちたいと思ってます。
# by masa156v6 | 2007-10-25 22:32 | 156GTA SW | Trackback | Comments(2)

今年の東京モーターショー

 行くことが当たり前になってた《東京モーターショー》ですが、何だか今回は見逃しちゃっても別にいっかな~って気分です。”絶対に見たい!”と思えるクルマがないというのが最大の理由です。特にグラプンアバルト、そして東京でワールドプレミアを行なうとのウワサも聞こえていたNEWチンク・アバルトのどちらもが出てこないので、行きたい度数急低下 です。

 というか、今は156GTA・SWのことでアタマがイッパイです(だはは)。
 まだ福岡からこっちに来る日が決まっていないので多少モヤっていますが、既に車庫証明手続きは完了、希望ナンバー手続きもネットでチャチャッと済ませてます(知らなかったんだけど陸運事務所に2回出向く必要がなくなったんですね、ビックリ)。
 
 あ~、待ち遠しい。
 最近、書泉グランデ&ブックマートに行っては《Alfista》や《Alfa & Romeo》等のGTAが載っていると思われるムックをちょこちょこ買って夜中にベッドで読むのが何気に楽しいです。
# by masa156v6 | 2007-10-25 01:47 | Cars | Trackback | Comments(2)

東京モーターショー、FIATブランド車両出展せず

 噂では数週間前から聞いてましたが、ホントに出ないみたい(展示車両はすべてアルファ)です。

 今回の措置については、どうやらFAJとして戦略的価格で臨んだグランデプントの売れ行きが想定を遙かに下回ることに起因しているようなのですが、であれば余計にフィアットブランドを浸透させるためにもNEWチンクのプロモーションを大々的に行なうべきだと思うのですが・・・。
 
 折角パンダ100HPとかの面白いクルマが導入されてきて勢いがついてきたと思っているだけに、今回の対応には首を傾げまくりです。そりゃ拙いッスよ、FAJ。

c0005077_0413612.jpg

# by masa156v6 | 2007-10-22 00:36 | Cars | Trackback | Comments(4)

テンピュール カーコンフォーター

 
 156GTAのイス、腰に来るとアドバイスを下さった方が何人かいらっしゃいました。実際、3回試乗したうちの一度のとき、20分くらい乗っていたところ腰に若干の違和感を感じました。

 イモラナチュラルのデザイン・配色は大好きなのですが、ロングツーリング対策として、こちらを導入予定↓↓↓

http://www.yanase.co.jp/after/tempur.asp

 9月にリリースされたところ、準備していた数を遙かに上回るオーダーが来て現在思いっきりのバックオーダーを抱えているとのことでしたので、町田のヤナセで予約を入れてきました。こちらには実物サンプルがサーブ9-5の運転席に装着されていたので座ってみたところ、なかなか良好な感触を得ました。 
 ただ、GTAのヘッドレストはシートと一体になっているのでここについては後加工が必要になるかも、です。


 デイトナブルーのSWは、来週早々にディーラーに入り、整備が始まります。このクルマは《登録後5年以内、走行距離5万キロ、点検整備をディーラーにて実施》という所定の条件を満たしていることからアプルーブドカーとしてこちらにやってくることになります。想定していたよりも多くのパーツが交換されるとのことで、少し得した気分です(勿論その分コストは乗っかってるのですが)。


 あ~、楽しみだす。
# by masa156v6 | 2007-10-18 22:10 | 156GTA SW | Trackback | Comments(0)

Back to Alfa

ということで、ARQから再び156へ乗り換えることとなりました。今度のクルマは、156GTA SW セレ 色はデイトナブルー(メタリック)です。

 なかなかタマがなく、多少ヘロつきましたが、都内近郊から遠くに目を向けてみようと思い立ち、古いアルファのムックでふと目に止まった九州のディーラーにものは試しと電話してみたところ、出て下さった方がそちらの社長でGTAのことについてとてもお詳しい。

 で、いつの間にやら飛行機に乗って福岡へ。・・・で、話は急展開をしまくり、譲ってもよいという気持ちが少しだけあるとお聞きしたオーナーさんを社長と一緒に(片道2時間掛けて)訪ね、拝見するという流れに・・・。そのクルマについては事前に社長から太鼓判が押されていたものの、正直、見るまでは半信半疑でした。が、まさに一目惚れ・・・3年半が経っているとは思えない、まさに探し求めていた《ミントコンディション》の156がそこにありました。・・・で、突然の訪問をお詫びし、その上で是非ともお譲り頂けないかとのお願いをしたところ御快諾を頂き、即日即断即決、となった次第です。
 因みに、日帰りでの九州遠征であったため、オーナーさんのお宅の滞在時間は30分少々。で、再び高速に乗りまた2時間掛けて福岡へ。その後、せっかくなんで本場のとんこつラーメンをかきこみ、地下鉄で福岡空港へ・・・何とか最終便に間に合いました。

 ただ、あまりにも急展開で、クルマはまだディーラーに着いていません。よってこちらにやって来るのは11月初旬から中旬になる見込みです。


 いやぁ、目まぐるしかった~。詳細はまた後日、記しますです。
 
# by masa156v6 | 2007-10-14 22:53 | 156GTA SW | Trackback | Comments(10)

遅ればせながら ムゼオ2007 見学

 もう先週の話になっちゃいますが、赤レンガ倉庫にムゼオ2007の様子を見に行きました。

 仲良くさせて頂いているヒトのクルマは、

・けーいち。&きりりん号(初期型156 ロッソ 2.0TS・MT)
・はせっち & なお号(156GTA 後期 ブルー)
・呂めっち号(147 1.6TS)

の3台。


 幸い、天気も良かったので当日の朝見学に行くことを決め、カミさんと子供とARQに乗って出発。道が空いてたこともあって、30分くらいで到着したのですが、赤レンガの駐車場は混んでると思い込み、比較的遠いところにある駐車場に入れたところこれが失敗。午前中ということもあって近いところにも軒並み停めることが出来たことが歩いて現地に近づくたびに判明(・・・)。一人であれば特に問題ないのですが、ただでさえ昼寝タイムに起こされてムッとしていた2歳児が暑さと距離の要素が加わり、ご機嫌斜めモードへ。

 着いたのは11時30分過ぎで、参加される方々のアルファ(70台くらい?)がレンガをバックにし、色とりどりにとても綺麗に並んでました。こういう景色や醸し出されている独特の空気を感じると、やっぱりアルファ(というかイタ車)はイイなぁ~と懐かしくなります。

 また、出発ゲートの近くにビアンコの新型チンクが鎮座ましましてました。早くアバルト、出ないかな(RHD & MT で)。


 その後、昼食を摂りまた外へ。ただ、子供は当たり前ですがクルマよりもハトに興味があり、公園へ一直線。カミさんと二人して追い掛けてヘロヘロになっているところで参加車両からエンジン音が聞こえてきました。
 ゲッ・・・もう出発じゃんよぉ~ ということで踵を返し、お見送り。

 けーいち。&きりりん号はクルマとももう約10年の付き合いになりますが、ロッソの色褪せも殆どなくとてもキレイ。懐かしのO.Z F1CUPも今となると誰も履いてない(?)のでよりカッコよく見えました。

 呂めっちはご家族で参加されていたようで、またクルマに近づけたのが出発直前だったので声を掛けるタイミングを逸し、少し遠巻きに手を振りました。

 はせっち&なおさんは今回は156GTAで参加。このブルー、鮮やかで良いです。元156ツェンダー純正フルエアロ乗りとしては、このカタチの完成度の高さに唸らざるを得ません。イイわ。


 参加された方々はここから1泊2日、とても濃密な時間を過ごされたようで何よりでした。ただ、赤レンガに見に行っただけでも充分楽しかったです。
# by masa156v6 | 2007-09-25 01:41 | Alfa Romeo | Trackback | Comments(2)