<   2016年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

キャプチャーにマッドガード。

c0005077_21595950.jpg
 日本ではキャプチャー用として純正OP設定がされていないマッドガード。
 中華系通販サイトに複数出品されていたので、《CAPTUR》ロゴが入っていないものを探し、購入。到着したのは1か月くらい前ですが、ようやく今日、取り付けました(有休消化のため、午後休暇取得)。

c0005077_2252516.jpg
 ABS樹脂。価格を考えれば、クオリティは充分。けっして安っぽくは見えません。

 説明書を読むと、取付にはクルマに元々あるリベットポイントを1か所使い、各パーツについて2箇所ずつプラスでビス打ち。
 ワタシは暫定的に、プラスのビス打ちはせず、かなり強力な(樹脂対応の)両面テープ貼りでやってみました。元々のリベットポイントは使うので、仮に両面が効力を発揮しなくなった場合でも脱落はしないです。

c0005077_2234941.jpg
c0005077_2243722.jpg
 リア用のもの。バンパーの黒樹脂と違和感はほぼなく、結構馴染んでます。悪くない。両面も結構効いていて、グラつきなし(今のところ)。

c0005077_2241053.jpg
c0005077_2245094.jpg
 フロント用。こちらもサイドシルアンダー部の黒樹脂とまぁまぁ馴染んでます。
 ただ、左側は結構しっかり両面が効いているのに対して、右側はちょっと粘着が甘く、少し動いている様子。
 このため、フロントについては説明書に準じてプラスのビス打ちを実施予定。


 キャプチャーの場合、リアのオーバーハングはかなり短いのでリアバンパーへの石・砂等の巻き上げは殆ど観られませんが、フロントタイヤの後ろのサイドシルセクションは結構汚れますし小石も当たってます。
 さほど気にしておらず、どちらかというと細かいカッコつけ重視で動いたクチですが、本来のマッドガードの役割が発揮されてくれれば一石二鳥(?)、というところです。
c0005077_2217557.jpg

by masa156v6 | 2016-09-30 22:16 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

20160925_キャプチャー・9台横並び(於・湘南T-SITE)

c0005077_1928205.jpg
c0005077_19283385.jpg
 キャプチャーで軽く集まってみよう、というお声掛けをさせて頂き、今日(20160925)湘南T-SITEに9台のクルマ・10台のオーナーさん(お一方は自転車でご参加)がお越しくださいました。
c0005077_1929817.jpg
 キャプチャー・単独車種で集まる機会は今まで自分の知る限り存在せず、オーナー各位との面識もないに等しい状況であったことから、どんな雰囲気と空気感になるのかが掴めませんでしたが、お見えになった方々が本当に皆さん気持ちの良い方々で、とても和やかな場となりました。


 とくに飛ばすクルマでもないことから、エンジンや足回りに手を入れられている方はいらっしゃらず、エクステリア&インテリアのグッズ系、ワイパー交換&間欠ワイパーの設定変更等といったポイントについてのお話が多く、各位の実施事例を興味ある方々が目にして、訊いて、答える、という場面が多く見受けられました。

 実際、キャプチャーについては、Aliexpressでグッズラインナップが結構充実していて、ここで買ったものについての情報交換&実物チェックが興味深かったです。

c0005077_194748100.jpg
c0005077_1948240.jpg
 今回の9台においてはオランジュ系のインパクトが強く、オランジュ×イヴォワールの3台並びは目を惹きました。
 その一方、ノワール・エトワール×イヴォワール・そしてその反転Ver.の2台並びの隣に自分のマットグリーン&マットブラックのラッピング車両が並ぶと、彩度が低く落ち着いている分、対比として目に残りました。

 今回は残念ながら、
・青(ブルー・メディテラネM)
・赤(ルージュ・フラムM)
・ベージュ・サンドレ(ウチのクルマはフィルムを貼っちゃっているので・・・)
・2016カンヌのカラーリング2種
のおクルマを拝見することは叶いませんでしたが、あまり欲張ってはなりませぬ・・・。
 ま、例年キャプチャー出没率が高い来年5月の山中湖では遭遇できるのではなかろうか、と思ってます。

c0005077_1957963.jpg
 ひとしきり第2Pでアイスコーヒー等を飲みながらゆったり過ごした後、カーライフラボに移動してトゥインゴを拝見し、現地流れ解散。


 名古屋から前泊でお越し下さった方、ご夫婦・ご家族連れで参加して下さった方、飛び石連休最終日に折り合いを付けて単独参加された方・・・、予め申し上げていたとはいえ、至らぬ点が多々あったかと思われ、恐縮しております。

 ただ、ワタシ個人として、9台のキャプチャーを一堂に横並びで目にすることが出来て、オーナー各位とFace-to-Face でお話をさせて頂く機会を頂き、本当に楽しく充実した時間を過ごさせていただくことができました。改めて御礼申し上げます。

 また、湘南T-SITEご担当者様から、今回の実施要件についての確認・擦り合わせ・アドバイス等を頂戴しました。お陰さまでゆっくりとした時間を過ごさせていただくことができました。ありがとうございました。

 
 次回があるのかどうか、何かしらのキャプチャー繋がりが発展していくのか、まったく判っていませんが、恐らく何らかの機会に改めてお目に掛かることになろうかと存じますので、その節は何卒宜しくお願いいたします。


 
 

 
by masa156v6 | 2016-09-25 20:09 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(2)

水不足、解消。

c0005077_20133495.jpg
 今夏の水不足懸念は解消されました。もう、おつりがくるくらい毎日毎日雨ばっかし。

 最近、クルマで《Robert-Palmer》を聴くことが多いです。雨でもこのヒトの声を聴いていると、あんまりジットリとした気分ではなくなります。

 とくに好きなのが《Mercy-Mercy-Me》。
 Marvin-Gaye のカバーで、歌詞も重いものですが、メロディーラインと音・声が涼やかで、何度もリピートしてしまいます。
by masa156v6 | 2016-09-22 20:37 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

New-Twingo 6-Colors (at SHONAN_T-SITE)

c0005077_2025163.jpg
c0005077_2032377.jpg
c0005077_2034699.jpg


c0005077_2045813.jpg
c0005077_2053559.jpg
c0005077_2054974.jpg
c0005077_2010462.jpg
c0005077_2064013.jpg
c0005077_2065047.jpg
c0005077_207327.jpg

 ブルー・ドラジェ・イチオシでしたが、全6色をマジマジと目にできる機会を得てしまうと、その決意(?)が揺らぎます。買うのは実車じゃなくてヨンサン(ミニカー)ですが。

 この3連休、初日を除くと日差しは殆どなく、しかも局所的な渋滞がそこかしこであったので距離の割に疲れが溜まる系の運転になってはしまいましたが、6色(台)を見に藤沢まで来て良かったと。New-Twingo、見れば見るほど素敵なカタチをしています。
by masa156v6 | 2016-09-19 20:13 | RENAULT | Trackback | Comments(4)

赤坂

c0005077_981894.jpg
 オートモードでシャッターを押しただけですが、状況がハマってくれるとシッカリ撮れます。現像してみて、カメラに感心した次第。

 週間予報をみたところ、晴れマークナシ。
 水不足は解消された模様ですが、ここにきて結構降る日が増えてきています。
 
 25日は、自分が呼び掛け人になってキャプチャーの軽い集まりをやります。
 晴れまでは望まないので、せめて台風は来ないでほしい・・・です。
by masa156v6 | 2016-09-13 21:26 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

港北エリア

c0005077_214415.jpg
 キャプチャー、走行系ではないのですが、ちょっとした機構調整案件があり、横浜青葉Dへ。

 約々1時間くらい、ココアとカプチーノを飲みながらiPadでネットを見つつ作業完了を待つことに。
 伺ったのが14:30くらいでしたが、日曜・午後はゴールデンタイムなのでしょうか。相変わらずお客さんが多いです。
 見ているカタログやSLSさんから発せられるコメント等から、やはりトゥインゴの商談が多そうな感じ。ブルー・ドラジェのキャンバストップは人気モノでした。

c0005077_2194262.jpg
 このカット、何を意図しているのかが判るのはキャプチャー乗りだけかと思われます。
 カンヌ・2016Ver.が展示されてましたが、このインナーハンドル(持ち手)部分が今までの標準車ではいささか頼りなさげな黒プラだったのが、落ち着いたハーフグロス系ブロンズ色に塗装をされていて、握り心地も心なしかシッカリしています。イイなイイな、ってことで、この部分だけ撮りました(・・・)。

c0005077_21132642.jpg
c0005077_211533.jpg
 スピーカーを《morel-TEMPO-ultra-602》 に替えてから約1年。エイジングも進み、出てくる音がシッカリしてきました。
 たまたま今日の機構調整が右Fドアの内張りを外しての作業となったことから、インナーバッフルのマウント状況、ケーブル類のまとめ方、簡易タイプデッドニングの様子を窺い知ることができましたが、ZEROBITさん、キチンとしっかりしたシゴトをして下さっていることが改めてよく判りました。


 メガーヌR.S.の現行モデル・今後のリリース見通し等について担当営業氏と軽く話した後、作業が完了したキャプチャーを受け取って、家族が買い物をしているセンター北へ迎えに。

 センター南~北 間の道はSCへの駐車待ちをしているクルマの影響を受けていて、本線混雑はないものの局所的に詰まってしまっている状況。
 なので停まっている時間が結構あったことから、街中を走るクルマを眺めていて思ったこと。
『現行プジョーが多い!』
 現行308、508 特にワゴンボディのクルマを多く見掛けました。売れてるもんね~。

 一方、ルノーはというと、定番であるカングーに次いで、キャプチャー(数分の間に2台見掛けましたが、いずれもイヴォワール×黒屋根)、そして現行メガーヌR.S.も、白と黄色の2台を視認。

 ちなみに、シトロエン&DSは、今日の自分の移動の際はすれ違い&見掛け・ゼロ。


 市が尾とセンター南&北の道を結果的に2往復。
 その途中でフォード・D の前を通り過ぎましたが、展示車は既に2台のみ。店内装飾もほぼほぼ撤去されているように見受けられました。
 今後、正規輸入からの撤退、というインポーターがここから増えないことを望みます。

 
 カミさんと子どもを迎えに行き、その帰り道でキャプチャーの屋根色をどうするか、白に戻してというカミさんと黒がカッコイイと思っているワタシとでちょっと深いハナシ(笑)になりましたが、仲裁に入った子どもの一言『どうでもよ~』で一旦終了~。
by masa156v6 | 2016-09-11 21:56 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

キャプチャー、《黒屋根》へ。

c0005077_18172527.jpg
 キャプチャーのルーフとミラーをマットブラック(1080-M12V)でラッピング。所謂《黒屋根》化しました。

c0005077_1818369.jpg
 去年、日本導入1周年記念限定車としてベージュ・サンドレMの車体色ベースで《黒屋根・・・ノワール・エトワールM》 《白屋根・・・イヴォワール》 と2種類のルーフ(&ミラー)カラーを選択できるようになっていて、そのときは白屋根の柔らかい印象が気に入っていてこちらに決めました。

 ただ、黒屋根ならではの凝縮感という魅力も捨て難い。
 ってことで、貼りモノなら後で剥がせば元に戻る、ということで今回マットブラック化を実行。
 出来上がったクルマは、画像でシミュレートしたものよりも締まった感がしっかり出ていて、気に入りました。
 車体色として先行して貼ったマットグリーンMとの相性が合わなかったら早々に剥がすことを考えていましたが、予想以上に良く、そして気に入ったので、しばらくこのままで行くつもりです。

c0005077_1825268.jpg
 あと、フロントバンパー、サイドシル、リアバンパーにあるメッキパーツ(※リアバンパーには自分でサードパーティ製のものを装着)の【テカり】を抑えたい思いから、この部位にブラッシュドスチールというマット系メタリック&金属キズがライン状で入っている意匠のフィルムを貼り込みました。雰囲気が落ち着いて、こちらも狙い通り。

c0005077_18273379.jpg
 最近気に入っている撮影スポットにて。
 白屋根、黒屋根 それぞれに魅力があって、どっちもイイなと改めて感じ入った次第です。
 すぐに剥がすことはなさそうです。


 ベンキョウで煮詰まり気味の子どもへのおやつ、ってことで、新百合《リリエンベルグ》にケーキを買いに行ってきました。
c0005077_1829587.jpg
 お客さんはいつも通り結構いらしてましたが、行列ができるほどではなかったので、すんなり買えました。
 ぶどうのミルフィーユ、抹茶ムース、チーズケーキ、シュークリーム etc.を自宅に戻ってさっそくいただきましたが、ここのケーキはホントにいつも美味しい。近い、とはいえませんが、クルマでサクッと行ける距離にこのお店があって嬉しいです。


 錦織、残念・・・・・・。
 第一セットの強さは凄かったですが、ジワジワとアジャストしてくるワウリンカはやっぱり流石。
 決勝、ジョコビッチがいまひとつ本調子じゃないっぽい気がするので、ワウリンカが優勝するような気がしてます。
by masa156v6 | 2016-09-10 18:35 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

秋空

c0005077_2238126.jpg
 台風がよく来る年、になるのでしょうか。
 ほぼ毎週天気予報を見ながらヤキモキしてる今日この頃。

 昨日と今日、朝早く自宅を出て、霞ヶ浦までクルマ移動。昨日はキャプチャーで今日はメガーヌ。
 台風一過、ということもあるのか、空が青く澄んでいて、しかも高い気がします。見てるだけですこし凛とした気分になります。

 もうすこししたらキンモクセイの季節か・・・。
 1年経過が早過ぎると毎年思ってますが、今年は夏の茹だる様な暑さをあまり経験しなかった分、例年以上に進みに勢いが付いているように感じます。
by masa156v6 | 2016-09-09 22:42 | Megane R.S. | Trackback | Comments(2)

Jaia-Aug.2016 (ドイツ、フランス、イタリア 主要ブランド抜粋)

c0005077_4464235.jpg
 JAIAの8月数字が出てきたので、気になるところだけ抜き出してソートして眺めてみてます。

 以下の駄文について、アップ前に読み返してみたところ相変わらずあまりにも中身がない(・・・すみません・・・)。
 言い訳にもなりませんが、ワタクシ自身への備忘録コメントの様なものととらまえていただき、読み飛ばしていただければと(・・・)。


《ドイツ》
 VW。
 諸事情を判ってませんが、8月単月の数字が厳しいです。何があったのだろう?

 ベンツ。
 Q1は多少マイナス基調が見え隠れしていましたが、単月、8月YTDともに対昨プラスは流石。色んなリリースを目にする頻度が高く、情報発信力が相当強化された印象をもってます。
 相変わらず六本木(MBC)はちょくちょく使わせてもらっていて、ついでにAやらCやらEの展示車をチラ見させていただいていることから、街中で走っている姿を見掛ける際にすこし親近感のようなものを感じます。

 BMW。
 単一ブランドのYTDでVWに肉薄(131台差)。これは来月に逆転あり?
 お台場の施設、まだ見たことがないので、一度伺ってみたいです。最近どのモデルが売れてるかを含めてわかってません。自分にとって関心度を含めて存在が少し遠くなってしまったブランドです・・・。


《フランス》
 プジョー。
 素晴らしい数字。パワートレイン刷新が奏功しているのでしょうか。1.6ディーゼルを積んだ308に一度試乗させてもらいましたが、相当高いレベルでの静粛性とカチッとした走りに驚いてしまいました。

 ルノー。
 (8月)単月でようやく昨年超え達成。いちばん身近なブランドなので嬉しいところです。
 カングーEDCとトゥインゴがここしばらくの柱になる感じでしょうか。
 カジャー(ル)、ニュー・セニックが日本に(早めに)入ってくれると面白いと思うのですが。

 DS。
 シトロエンとの合算ですと昨年超えしてます。
 が、DS単体で8月単月で27台というのは、在庫切れか何かがあった?
 新しいフェイスのDS5、意外と悪くない気がします。このボディデザインでディーゼルを積んでくれたら相当気になる存在になりそうです。


《イタリア》
 Fiat。
 Abarth。
 2ブランドともに好調なんですね。ここに124Spiderが加わってくるとなると、厚み増すな~。

 Alfa。
 Giulia待ちかと思われますが、まだ実車を一度も見たことがないのに、画像と動画と雑誌で、その姿を見飽きてしまった感が個人的にあり。サイズを含めて興味が薄れていってしまってます。



 JAIA全体で対昨プラス(単月、YTDともに)はとても良いことです。
 円高でプロモーション施策は色々と打てそうだし、賑わいは続きそうです。
by masa156v6 | 2016-09-07 05:21 | Cars | Trackback | Comments(0)

湘南T-SITE Renault

c0005077_04347100.jpg
c0005077_0442840.jpg
c0005077_0444364.jpg
c0005077_048692.jpg
c0005077_0453445.jpg
c0005077_046014.jpg
c0005077_0461881.jpg
c0005077_0463445.jpg
c0005077_0482677.jpg

by masa156v6 | 2016-09-06 00:48 | RENAULT | Trackback | Comments(0)