<   2016年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

キャプチャー・オイル交換(ODD-13,940km)

c0005077_20565380.jpg
 二子玉川に所要があったので、その序でに246沿い・溝の口近くの《ジェームス》に寄り、キャプチャーのオイル交換を実施。

 量販店でのオイル交換はそこそこ久しぶりで、キャプチャーでは初めてです。
 無料会員登録をして、店舗側がパッケージ指定するオイル銘柄(キャプチャーの場合、Mobil-Super-S3000-5W-40)で作業を依頼。
 
 ウェイティングルームから作業光景を見ることが出来るのですが、一連の作業工程について丁寧に実施されていて、しかも作業者の方だけではなくもう一人の方が適宜ダブルチェックをされていて、安心してお願いすることができました。

 料金は、オイル代(4.2Litter)+交換工賃+アンダーカバー脱着工賃の合計で¥3,870-(税別)。安いです。

 これからは、このオイルといつもの工場で入れてもらっているQUARTZ9000の2銘柄で行こうかなと。
by masa156v6 | 2016-05-29 21:12 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

Renault-CLIO-R.S.16 reveal in Monaco

 きょうの《ちびまる子ちゃん》、家族で見ました。

 おねいちゃんとまる子が一緒に描かれた絵が特別賞っていう1話目のエンディング、偶然なのでしょうけれども、ちょっとグッと来るものがありました。





c0005077_20165173.jpg
c0005077_20324181.jpg
 《CLIO-R.S.16》、市販化されるのかどうかは判りませんが、個人的にルノーのオフィシャルモデルが実車のロザンジュ・エンブレムをブラックアウトしていることにちょっと驚きました。VIルールを超えて攻めの姿勢を見せたということになるのかな?

c0005077_2029165.jpg
c0005077_20293344.jpg
 《RENAULT-SPORT》のフォント、まだ過渡期なのか旧ロゴと新ロゴが混在してます。ワタシは旧ロゴの方がスピード感が表現されている様に思います。

c0005077_20332246.jpg
 オバフェン・フェチとしては、このアングルはタマリません・・・。
 でも、これはコレでカッコイイと思いますが、スペックを見る限り、ほぼほぼ変わらないのが自分が今乗っているクルマなので、動くことを考える必要はないことに今さらのように気付きました(w 。
by masa156v6 | 2016-05-29 20:36 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

黒い荷物。

c0005077_6233079.jpg
 18日にプラハを発った荷物が、24日・夜に自宅に着きました。
c0005077_634151.jpg
 ホイール他、いくつかのパーツが臓物です。
 重量・24kg。なかなかの重さ。Air-chargeを巡って先方の業者とひと悶着ありましたが、複数回のメールのやり取りを通じ、今回についてはこちらの主張が通り、147€の支払いで合意となりました。 

 それにしてもこの外梱包。
 黒いビニールに覆われたそこそこ大きめの段ボールってことで、結構アヤしげな荷物になっちゃってます。
 昨夜帰宅して玄関ドアを開けた瞬間にこの黒いブツが目に飛び込んできて軽くギョッとしてしまい、間髪入れずカミさんと子どもから『一体ナンなの、これ!?』攻撃。

 昨夜は開梱する根性がなかったので、今朝早起きしてバラしました。下の画像はホイール以外のパーツ(チェック後別の箱に入れ替えました)。
c0005077_704351.jpg

 これでもかというくらいの緩衝材とエアパッキンに各パーツが包まれていたので、見た感じ、オーダーした内容と相違ないブツ(計7アイテム)が特にキズ等もなく(・・・と書いていてホイールにちょっとした欠けを発見(しかもその欠けた部分を黄色いボンドで補修している>笑・・・タイヤ履いたらほぼ隠れるところなのでまぁイイや))送られてきたことを確認。

 輸送プロセスでボロボロになったと思われる外箱とモリモリ入っていた緩衝材を片付けきってホッと一息つきました。


 
by masa156v6 | 2016-05-25 06:46 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

Volkswagen-Day-2016

c0005077_624183.jpg
 先日の宮ケ瀬でVWオーナーの方から《Volkssagen-Day-2016》がお台場で開催されることをお聞きし、覗いてきました。

c0005077_644436.jpg
 メガーヌをレインボーブリッジ近くのパーキングに停めてから歩いたので、そこそこな距離になってしまいました。暑くて軽くクラッときましたが、ダイバーシティを抜けた先に会場が見えてきました。
c0005077_674855.jpg
c0005077_675789.jpg
 入場して、いきなりスキール音が聞こえてきて軽くオッと驚きつつ目線をやると、Golf-Rによるパワースライド走行。
c0005077_610459.jpg
 来場者が普通に並んで同乗出来るプログラムとのこと。スゴイな。
 ワタシは食事直後だったので列には並びませんでしたが、傍で見ているだけでも相当な迫力。見応えがありました。

c0005077_6132422.jpg
 ちょうど14時少し前にステージ近くを通りかかったので、ピストン西沢氏とテリー伊藤氏のトークショーを聴かせていただきました。
c0005077_6152676.jpg
 舛添ネタ(ツカミというよりメインネタになっていた?>笑)から入り、VWを中心とした話へと移っていきましたが、『1台のクルマを長く大事に乗ることが評価される時代になってきている(うろ覚えなので記憶精度は低いです)』というコメントには、久しぶりにメガーヌという長く乗りたくなるクルマが手許にいるだけに腑に落ちました。

 その後、会場内を散策。
c0005077_6252497.jpg

 所感としては、大手輸入車インポーターが、オーソドックスにしっかりと丁寧にイベントに取り組んだという印象。お子さん向けのコンテンツも複数用意されていましたし、先に記したパワースライドにしても、各車種試乗にしても、その場で並べば乗れるという気軽な心持ちで楽しめるオペレーションはユーザーサイドからすると嬉しいものと思われます。

 イベントそのものには興味があって伺ってみたものの、幸か不幸か現行2台体制が自分にハマりすぎていて(?)新たにクルマを欲しいという気持ちがまったく湧いてこないことから、展示車に触れることもなく会場を後にしました。
 ただ、新しいパサートはプレーンなカッコ良さがあって元々好きなクルマですが、実車を目にして改めてイイなと感じました。


 インポーター主催のイベントを2週続けて見てきましたが、料理店に例えるとするならば、先週末のカングー・ジャンボリーが、ルノー・ジャポンは下ごしらえと調理道具(場)の提供に注力して、料理そのものはユーザー側で好きな調理をしたり気が合う人同士でパーティ(交流)したりすることを主とするBBQビヤホールのような立ち位置であったのに対して、VGJは色んなメニューの料理をつくって盛付けもキチンとして、お客さん(既存顧客と新規ターゲットユーザー)を招く場を用意したビュッフェレストラン、と感じられた次第。
考え方、取り組み方に明確な違いがあり、それぞれの日本市場へのスタンスが垣間見える様で面白かったです。

 しかしまぁそれにしても、3週連続で週末外に出ているので、相当焼けました・・・。
by masa156v6 | 2016-05-23 16:26 | Cars | Trackback | Comments(0)

横須賀《tsukikoya》 と、キャプチャー

 カングー・ジャンボリー後の1週間はナゼだかあっという間に過ぎていき、もう週末。
 子どもを塾に送ってから数時間ヒマになったので、空いている保土ヶ谷バイパスを南下しつつ何処に行こうかと考えて、『あ、そうだ。《tsukikoya》』 と思いつき、横横を逗子で降りて追浜まで。

 途中のシビれる上り坂を、MTじゃないキャプチャーだからこそしっかり登り切り(ここをMTで上がれるヒトをワタシはココロから尊敬します)、1年ぶりくらい(?)にお店に着きました。
c0005077_23582014.jpg
 入店が14時すこし前。
 相変わらず賑わっていますが、予約していなくても席の用意が出来そう、とのことで数分待ち、奥のソファ席に案内していただきました。
 お昼を済ませてからこちらに伺ったので、ランチメニューではなく、フレンチトーストのセットをオーダー。
c0005077_23595735.jpg
 予め混雑のため少し時間が掛かると説明を受けましたが、ゆっくり寛いで落ち着ける環境なだけに、もうそれはそれはいくらでも待ちます、という気分でした(w
 15分くらいしたところでまずコーヒーが運ばれてきて、
c0005077_00283.jpg
 コーヒーの砂時計(4分計測)がまだ落ち切っていないタイミングでフレンチトーストがテーブルに。
 フレンチトーストの美味さ加減、コーヒーのフレンチプレスならではの軽やかな味わい、ともに満足度高いです。あの心臓破りの坂を越えてまで(・・・)訪れる価値のあるお店だと思います。

c0005077_075397.jpg
 ゆっくりコーヒーをいただき、飲み切ったところで会計を済ませ、キャプチャーに戻り、野島公園へ。パーキングは時間が夕方になり掛けたあたりだったので、空き空き。で、ちょっと休憩。


 その後、大黒PAに立ち寄ってお茶をしつつ、先日フロント・ロザンジュ周辺にテープ状に貼ったラッピングフィルムの装着画像を撮りました。
c0005077_012737.jpg
c0005077_0121651.jpg
 これで多少なりともロザンジュ部の印インパクトの強さが緩和されたと思われるので、やって良かったです。
by masa156v6 | 2016-05-22 00:24 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

Kangoo-Jamboree-2016

c0005077_626382.jpg
 5月15日。
 自宅を出たのが5時半。東名から見える富士山はとても綺麗で、今年も山中湖畔からの景色はイイだろうな~と思いつつ御殿場ICで降り、138号を北上。東名で見掛けたカングーは2,3台。意外と少なかったです。
 
 途中コンビニ休憩を挟みつつ巡航。晴天モードであったのが、須走から籠坂峠に向かうあたりから一気にどよ~んと曇り始め、外気温もみるみる下がって10℃切り。薄いサマーセーターと短パン&スニーカーというカッコで来ただけに、若干イヤな予感が・・・。

c0005077_6305224.jpg
 山中湖畔に着いて、いつも小休止する駐車場にメガーヌを停め、やってくるカングーをしばらく眺めてから自分も会場入りするのがこの数年のルーティンなのですが、この霧っぽい曇天で湖面が見えません(・・・)。しかも寒い~。9℃。

 この会場で4回目となるカングージャンボリーですが、今年は《カングー》と《カングー以外の車両》の入場ポイントそのものが別になりました。
c0005077_636164.jpg
 メガーヌはカングーの入場口よりも手前のポイントで誘導に従って左折し、臨時駐車場へ。時間は7時過ぎなので、まだガラガラ。GT220エステートの隣に誘導され、駐車。

 自分の軽装故、車中にいても結構寒いのですが、クルマに留まっていても仕方がないので、続々と集まってくるカングーの姿を見に行きました。

c0005077_6384764.jpg
c0005077_639125.jpg
c0005077_6393495.jpg
 この、朝の凛とした空気を吸いながら、少しずつクルマが集まり始め、好きなイベントがこれから始まるんだなという静かな高揚感を味わうのが大好きで、飽きずにボーっと色とりどりのカングーを見ていました。

c0005077_6524888.jpg
c0005077_7462223.jpg
c0005077_653134.jpg
c0005077_6533021.jpg
c0005077_6534149.jpg
 その後、ステージ側に移動し、一風堂、TOMS、KTMのラッピングが施されているカングーや、リアドアをツートンに塗り分けた仕様の(テストマーケティング用と思われる)クルマとパネルをちょっと遠巻きに拝見。7時過ぎなのでまだまだ静かで、落ち着きます。

 設営中のRJの方と一言二言挨拶を交わした際に『これから晴れてくると思うので、大丈夫ですよ!』と言われ、だよなだよなと前向きに。短パンで過ごせる天候になってくれることを祈念。
c0005077_761179.jpg
 フリマの設営も出来てきていて、去年買いそびれてしまったマロン用のフレンチトリコロールのリードを探していたところ、同じお店が出店してくれていたので無事購入。これで去年買った首輪とリードが同じデザインで揃いました。

 そんなこんなであっちゃこっちゃ練り歩いていると、霧が取れ始め、徐々に陽が差してくるように。合わせて寒さもほぐれてきたのでホッとしました。



 ここからはキャロル・テント周辺に多く集っていた旧知の友人・知人、お初にお目に掛かる方々とあれやらこれやらを話してあっというまにときが経ったので画像がほぼほぼありません。
 メイン会場でのオープニングの様子も、遠くからスピーカー越しにうかがっていました。

c0005077_765372.jpg
c0005077_77332.jpg
 フリマ・カングーを見ていて、カッコイイなと思いシャッターを切ったカングー・2台。センスの良いモディファイをなさっているな~と足を止めて柵越しにちょっと拝見。

c0005077_782015.jpg
 落ち着いたカラーもあれば、かなりPOPなカラーリングもある。それぞれが良くて、そしていずれもがメーカー設定カラー、というのがスゴいよな~と改めて感じさせる1枚です。
 改めて実車をみて、これだけ幅のあるカラーバリエーションを持つクルマって、そうそうないなと。

c0005077_710142.jpg
 キャロル・カングー。
 よしともさんとお目に掛かったのは何気に久しぶり(1年半くらいぶり?)。まぁこの方のパワーはいつも通りで、話してるとこっちも元気になってきます(笑)。

 シゴト関係の知人のひとりがカングーに乗ることを考え中なのですが、彼が語るイジりの指向性をカタチにしたのがまさにこのクルマだ、と思える内容でした。
 目立つ場所に停まっていたことも合わせて、相当な注目を浴びていました。

 臨時駐車場と原っぱを行き来していると、キャプチャーがズラッと並んでいる光景が目に入り、おぉ~となってシャッターを押してました。
c0005077_7193939.jpg
c0005077_7195469.jpg
 今年はメガーヌで来ましたが、去年はキャプチャーで参加しました。
 キャプチャー、相変わらず大好きなクルマで、気に入りまくっていますが、メガーヌと違い、オーナー間の交流というものを自分はしたことがありません。
 なので、こういう並びの景色も初めて見て、自分のクルマはここにいませんが、かなり嬉しくなりました。
 場はカングージャンボリーですが、このイベントをフックにしてキャプチャー、ルーテ etc.のオーナー間交流が図れるような流れ(ある程度車種別の駐車スペースを設ける等)があるとイイな、と思った次第です。

c0005077_713660.jpg
c0005077_7131665.jpg
 臨時駐車場・端の方のグリーンゾーンが空き始めたのを見計らって、メガーヌ・ジョンシリのオーナー氏といっしょに、2台で即席撮影会を開催。新緑が綺麗です。
c0005077_716386.jpg
 締めで自分のクルマを撮り、近くにいらっしゃる方に軽く挨拶し帰途に就きましたが、ギリギリで夕方のラッシュにはほぼほぼ巻き込まれずに自宅に戻れました。


 今年のカングージャンボリーは1,800台以上の車両・4,000人以上の来場者があったとのこと。
 カングーのみで1,100台を超えたとのことでしたので、改めてスゴいイベントだなと。

 しかしながら、インポーターであるルノー・ジャポンさんが主催しているにも関わらず、俗に言うクルマ買って下さい~を表に出すディスプレイやイベントはなく(毎年通例になっている限定仕様のお披露目程度)、多くの家族(・ワンコ)連れがカングーというクルマを通してゆっくり過ごせる場を無料で提供し続けてくれていることに、ひとりのルノー・オーナーとして改めて感謝します。

 このイベントの魅力を知ってしまうと、そうそうルノーから離れたくなくなる効果があるという意味においてユーザー繋ぎ止め策として有効に機能しているものと思われますし、他メーカーのクルマでいらっしゃる方々を広く歓迎し、その方々がルノーを少しでも好きになってくれて将来の自社オーナーになってくれる可能性をつくっていくという意味においても、充分な販促イベントとして機能しますね。

 
 日焼けがまだ痛い(・・・)ですが、ゆっくり楽しい一日を過ごせました。
 お目に掛かった皆さん、RJ並びに関係者各位、ありがとうございました。
 また来年も楽しみにしていますので、宜しくお願いいたします。
by masa156v6 | 2016-05-19 07:04 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

10years ago

 外付けHDDのデータ整理をやっていたところ、2006年11月の画像フォルダに懐かしいものが。
c0005077_23422968.jpg
c0005077_23423725.jpg
 当時は地元で開催されていた《French-French-East》。第4回が南町田・カルフールにて2006年11月18日に。
 
 偶然買い物に行ったときに2Fパーキングがやけに賑わってるのに気付いて覗いてみたものの、当時はフランス車への興味はさほどなく、カングーとアルピーヌをチラ見して早々にカルフール店内に入った記憶がおぼろげにあります。
 
 10年前の時点では、近未来に自分がルノー2台乗りになっていて、その前はC4に乗っていて、そしてカルフールはイオン系になってさほど時を重ねることなく日本撤退になって一旦お店がクローズしてケーズデンキに生まれ変わろうとは(そして間もなく再開発で建物自体がなくなる方向になろうとは)、まったく想像していませんでした。

 加齢とともに時の流れが早いと感じることは多いですが、この画像から振り返る今に至るまでの10年は、結構長いもののように感じられます。

 ただ、南町田ケーズの2Fパーキングに流れている雰囲気と空気感は、当時のカルフール時代から変わっていない気がします。静かでちょっと居心地が良くて落ち着くので、土日にここに買い物に来るときは、1Fパーキングが空いていても2Fに上がります。

 
 フレフレの空気感が好きなので、6月19日の幕張に顔を出したいと思ってます。
 その一方、ケーズが再開発でなくなってしまう前に、買い物がてらウチの2台を並べて、10年前の薄い記憶を呼び覚まそうかなと。
by masa156v6 | 2016-05-14 00:00 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

20160508-宮ケ瀬

c0005077_22564444.jpg
 2016年GWの最終日はどピーカン。宮ケ瀬に。
 明日からの平常モード復帰に向けて世間の行楽地に向けての動きは小さくなったのか道は空き空き。横浜町田~厚木経由で圏央道・相模原までスイスイでした。

 いつもの場所に着いたのが9時少し前。4輪は今日はロータスが多くいました。
 VW組のT氏、A氏とお会いするのも結構久々。缶コーヒー片手にあれやらこれやらを話しているところで、メガーヌ・エステート(GT-Line)に乗るO氏が合流。
 心地良い風が吹く晴天下、とりとめのないクルマ系四方山話は尽きませんが、皆さんそろそろ次の用があるとのことで、流れ解散。

 ワタシも家族系所用があるので自宅に戻る時間を伝えようとしたところ、急ぐ必要がなくなったとのことで、近場で軽く食事&お茶をすることに。
c0005077_21463939.jpg
 久しぶりに《Le-cafe'-d'Oguisso》にて、ランチセット(きのことチキンのサンドウィッチ+コーヒー+バナナフロマージュ)を注文。
c0005077_21412638.jpg
 ワンオペとのことで少し待ちましたが、待つ甲斐があるだけの充実したセットが運ばれてきて、早速いただきました。
c0005077_21424860.jpg
 これで税込み1,500円はリーズナブル。量的にも満足ですし、サンドウィッチ・コーヒー・スイーツともにしっかりと美味しかったです。

 帰りも圏央道~東名を使って戻りましたが、渋滞レス。
 泊まりでの旅行はなかったものの、キャプチャーで山中湖~車山へ日帰りで走りましたし、そこそこ充実した今年のGWになったかなと。
by masa156v6 | 2016-05-08 21:52 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

速攻

c0005077_18401227.jpg
 例年、GWの半ばから後半に届く、自動車税納税通知書。

 メガーヌとキャプチャーの分が同じ封書に纏めて送られてくることから納税額にそれなりのインパクトがあり、『果たしてウチは2台持ちである必要があるのだろうか』という経済面からの自分へのびっくり水のような存在であり、毎年これをポストに見つけるたびに休み気分が軽くリセットされます(笑)。

 ただ、いまの2台の組合せが本当にシックリ来ていて気に入っているので、今年に関しては特に逡巡することもありませんでした。
 とはいえ、こういうものはサッサと払って存在を忘れたいので、近所のコンビニにて速攻納付しました。



c0005077_18205753.jpg
 キャプチャーのフロント・ロザンジュエンブレムの存在が目立ち過ぎてイヤだったので、ebayで黒いプラスチックカバーを買って取り付けていたのですが、事あるごとにこのクルマのメインドライバー(カミさん)から
『ここが黒いのはヘンなんで、早く外して』
と言われていたのと、最近早くもブラック・プラの表面劣化が始まってきていたので、元に戻しました。

 ただ、それだと黒いグリル部の中心に銀色のデカいハナ(のようにロザンジュが見える)が復活するだけなので、それはやっぱりイヤだと。
 で、メガーヌのラッピングをしていただいたプロにお願いして、黒・樹脂部の一部をボディ近似色でテープ状に貼ってもらいました。
c0005077_1827209.jpg
 陽の加減や方向・角度によってはこのテープマーキング部は目立たない場合もありますが、フロントのロザンジュの存在感を適度に薄めてくれている効果はあるので、気に入ってます。
by masa156v6 | 2016-05-07 18:28 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(2)

Great Japanese Shake Sale

c0005077_11491524.jpg
 昨日の夕方、ShakeShackに寄ってシャックバーガー・チーズフライ・コーラをいただきました(んが、ハンバーガーに出来たて感がなく、いつもの肉汁~!がいまひとつ足りない気がしてちと残念)。

 注文時にレジにて《Great-Japanese-Shake-Sale》の案内を受けたので、賛同し200円を寄付。引き換え(という言い方が合っているのかどうか)にシェイクSサイズのチケットをいただきました。
 また近々、来ようと思います。
by masa156v6 | 2016-05-07 11:59 | eat_out | Trackback | Comments(0)