<   2016年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

"Battery low start engine"

c0005077_11394555.jpg
 ついさきほど、メガーヌの洗車を終えて車庫に入れてエンジンを切ったところで"Battery-low-start-engine"という文字がインフォメーションボードに出現。

 前回バッテリーを換えたのは2013年6月。VARTAの《START-STOP-PLUS 570-901-076》を使っていてナンの不具合もなく3年弱来ていますが、そろそろ丁度良いタイミングかなと。
 今回も同じ型番にて、いつもバッテリー購入でお世話になっているB.W.Sさんに注文しました。

 今週末、元々オイル交換を予定していたので、一緒に作業実施予定。
by masa156v6 | 2016-02-28 11:45 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

【外-2303】(キャプチャー・リコール)

c0005077_2141433.jpg
 このブログ、自分への備忘録を兼ねているので恐縮です・・・。

 昨日(2016年2月25日)、キャプチャーとルーテシアについてリコールが届出・発表されました(外-2303・リコール開始日は2016年2月26日)。
c0005077_21432481.jpg
 内容は【燃料ホースの長さが不適切なため、走行中の振動により燃料ホースとエンジンマウントが干渉するものがある。その場合、そのままで使用を続けるとホースが摩耗し、燃料が漏れる恐れがある】というもので、措置内容としては【リコールチェックによってホースに異常のないものはクリップの取付を実施。ホースに何かしらの接触痕または漏れがあるものは、ホース交換の上クリップ取付を実施】とのこと。

 この件について、担当営業氏から昨夜速報メールを頂戴しましたが、いつもながらこの対応力は素晴らしいなと改めて感嘆。タイミングをみて、Dさんの受入れ準備が整ったところで入庫させようと思います。
c0005077_21562669.jpg
 キャプチャー・2周年記念車も順調に売れているとのことで、サンド・ベージュMについては白屋根も黒屋根もインポーター在庫は完売、紅黒もほぼほぼRJ在庫はなくなりつつあると聞きました。
 
 早く街中で《紅いキャプチャー》を見てみたいです。
by masa156v6 | 2016-02-26 21:54 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

友栄

c0005077_14124518.jpg
 先週末に動いた関係で、代休取得。
 カミさんとふたりで小田原・友栄にて鰻をいただいてきました。

 10時半くらいにお店に着いたところ、駐車場に停まっているクルマはウチのキャプチャー以外は1台のみ。
 予約をしていない旨を伝えましたが、この時間だったのでテーブル席がまだ空いていて案内していただきました(11時時点で満席になってました。相変わらず人気があります)。

c0005077_1418332.jpg
c0005077_14185626.jpg
 お願いしたのは、毎度ながらのきもとうな重。
 とはいえ、カミさんとふたりで出掛けるのは結構久しぶりだったので少し新鮮でした。

 先に出てきたきも(たれ)で食欲がそそられ、いい感じの時間を待ったところでうな重・登場。ふっくらしたこちらのうな重はやっぱり美味しいです。小食のカミさんが普通に平らげてました。


 とくに近隣のどこかに寄ることもなく、箱根に足を伸ばすこともなく、友栄から速攻で小田厚に乗り戻るという、まさに《うなぎを食すためだけの移動》で、カミさんは若干呆れてましたが(・・・)、往復の車中で色々ゆっくり話も出来たので、ま、良しとしようと(笑)。



 
by masa156v6 | 2016-02-24 14:30 | eat_out | Trackback | Comments(0)

時計がないのはよくないので。

 イイトシしたオッサンが時間をスマホでしか知ることが出来ない、というのはちとマズいという思いもあり、手ごろな価格の腕時計を買うことにしました。
c0005077_23502587.jpg
 買ったのはSEIKOの逆輸入モデル《SSA007J1》。

 はじめはビジネスにも使えそうなG-ショックを探してましたが、ピンと来るものを見付けられず。
 で、SEIKOの逆輸入モデルを扱っているサイトに行き当たってパラパラ見ていたところで目に留まったのがこれ。

 価格相応の質感ではありますが、日本(諏訪)製の自動巻きで、ステンにマットブラック塗装を掛けた色調も自分のストライクゾーンで気に入りました。

 購入したのは大阪のショップさん(ネット通販)。
 複数回メールベースでやり取りをさせていただきましたが、リプライスピードが速く、照会内容についての回答も的確。入金確認日の翌朝には宅急便で届きました。

 
 これでOHに出している2本がなくても、右腕が手持ち無沙汰(?)にはならなくなりました。



 

 
by masa156v6 | 2016-02-23 23:47 | Goods | Trackback | Comments(0)

時計が、ない日々。

 手持ちの腕時計2本のうち、ロレックス・デイトジャスト(Ref.16234)が動かなくなったものを放置していていて、これは流石にマズいよなと思い、丸の内の日ロレにオーバーホールに出したのが先週のこと。

 ところが、それまで5年前にリシュモンでオーバーホールして以降普通に問題なく動いていたIWC・アクアタイマー(Ref.IW353602)が、どうしたことか連鎖反応を起こしてしまったか、外して数時間経つと止まるようになってしまい、もうちょっとダメ状態・・・。

c0005077_22443385.jpg
 ってことで、銀座のIWCブティックに持って行き、オーバーホールをお願いしてきました。
※前回(2011年)は江東区のサービスセクションに直接持って行きましたが、直営ブティックが出来たことに伴ってかそちらでの受付は実施されなくなったとのこと
c0005077_2245221.jpg
 OHに要する時間は約2ヶ月(5年前は1か月だったので長くなりました)との説明あり、見積料金は税込みで70k-Yen程度。
※20160218追記 今日、IWC側から電話があり、4週間で仕上がり予定とのことでした。

 まさかまさかで2本揃ってドック入りしてしまい、来月半ばくらいまでは腕に着ける腕時計がないという状況になってしまいました。

 
by masa156v6 | 2016-02-17 22:54 | Goods | Trackback | Comments(0)

Renault-Alpine-Vision-Concept

c0005077_0313331.jpg
c0005077_0321676.jpg
c0005077_0323135.jpg



c0005077_0332534.jpg
c0005077_20531042.jpg
c0005077_0333820.jpg

 想像以上にカッコ良いです。
 簡単に手が出る価格ではないものと思われますが、ちょっとグラっと来ました。
by masa156v6 | 2016-02-17 00:37 | ALPINE | Trackback | Comments(0)

メガーヌR.S. タイヤ交換

c0005077_21453655.jpg
 メガーヌのオドメータが55,000kmを越え、前回交換時から30,000kmちょっと走りました(※いま履いているのはMICHELIN-Pilot-Super-Sport(235/35R19))。

 良い頃合い、ということで、交換実施。銘柄をどうするかちょっとだけ考えましたが、今回も同じPilot-Super-Sportをチョイスしました。

 8日夜にネット通販でオーダー。メーカー在庫があるとのことで、9日AMに入金し、ショップさんから都筑のタイヤフィッターさん宛てに直送手配してもらい(10日に到着確認)、交換作業のネット予約を入れて今日(14日)の指定時間に伺いました。
c0005077_734736.jpg
 タイヤ交換をタイヤフィッターさんにお願いするようになってそろそろ10年。最初の頃は出張で自宅に来てもらったり、移転前の港北ICそばのお店に何度か伺ったり。今の都筑IC近くの場所に移転してから今日で何回目か正確に憶えてませんが、とにかく手際の良さは相変わらず。メガーヌはサクサクとジャッキアップされてタイヤが取り外されて、作業が進みます。

c0005077_2201319.jpg
 外された30,000kmちょっとを走ったタイヤ。
 残り溝はポイントによって異なりますが、ざっくり、フロントが3~4mmでリアが4~5mmくらい。2013年のタイヤということもあって、クラック等はまだ出ていませんでした。

c0005077_21461168.jpg
c0005077_22323317.jpg
 一方、こちらはニュータイヤ。2015年第45週製造とのことなので、新しいです。



c0005077_2255382.jpg
 バランス調整をして頂き、4輪組み付けが完了するまで30分弱。サクサクペースのまま完了。

 エアボリュームは、F2.7-R2.6 と、毎回ですが新品タイヤを組んだときは少し高めに入れました。
 ここから200kmくらいは慣らしなので急制動を掛けることがないように気を付けて乗ります。


c0005077_22174268.jpg
 同じタイヤに替えたものの、ニュータイヤならではの《ゴム感》というか芯のある柔らかい感触がナンとも良いです。
 自分の乗り方ならこのタイヤでは30,000km乗れることが今回実証されたので、2~3年はこのセットで行けると思われます。

 メガーヌは今年、
・タイベル&ウォポン交換
・エンジンマウント・ミッションマウント交換
・車検
が控えているので、結構入用です。ただ、トラブルが本当に少ないので、想定範囲内のメンテスケジュールで乗り続けられると助かります。
by masa156v6 | 2016-02-14 22:24 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

キャプチャー・12ヶ月点検

c0005077_20313640.jpg
 今日、キャプチャーの12ヶ月点検にルノー横浜青葉Dへ赴きました。
 オドメータ・10,774km。気になる事象は大きなものはありませんが、アンダーカバーに若干オイル滲みが出ているのでそちらについてのチェックをお願いしました。

 油脂類交換については、エンジンオイル、EDCオイルとも別枠で一定周期交換をしているので今回はなし。ブレーキフルード、クーラントも今回は見送り。もうちょっと距離が出た時点で換えます。
 
 また、ギーギー五月蠅いワイパーブレードもお高いのでもうちょっと引っ張ることにして、消耗品系はポーレンフィルターのみ換えていただくことにしました。

c0005077_20392094.jpg
c0005077_20393420.jpg
 10AMにお店に着いてクルマを預けたところ、早々にリフトに上げていただき、取り急ぎオイル滲みの状態を確認していただきました。
 滲みが量的にも大したことがないことから、今回はケースのシーリング処置で様子を見ることに。メカの方から実車を見ながら状況を説明してもらえたので判りやすかったです。

 点検完了は夕方になるとのことなので、しばらく担当営業氏と雑談をしてから、一旦お店を離れることに。
 GSTでは代車が出ないので、最寄の川和町駅(横浜市営地下鉄・グリーンライン)まで送っていただき、センター北で昼食&お茶&散策をしつつ数時間。

 ちょっと食事とその後食べたコーヒーゼリーパフェが重かったので、帰りは途中駅(都筑ふれあいの丘駅)から腹ごなしをすべし、ということで約約30分ほど歩いて横浜青葉Dまで。それにしても2月中旬とは思えない暑さで、そこそこ汗ばみながら歩いてました。

 30分の徒歩でそこそこの充実感を感じつつDに到着。キャプチャーは点検を終えて綺麗に洗車してもらってる姿でパーキングに停まってました。
c0005077_2102369.jpg
 担当営業氏から外したポーレンフィルターを見せていただきましたが、思ったよりも汚れ・ゴミの付着は少なかったです。
 ただ、知らなかったのですが、キャプチャーのエアコンシステムはDENSO製なんですね。スペイン調達のパーツなのでしょうけれども、安心度が増しました(笑)。

c0005077_2124370.jpg
 そして、点検結果(モチロン不具合系は何もナシ)をサマリーして頂き、費用精算。キャプチャーはメガーヌR.S.より点検基本料金がリーズナブルだったので、ちょっとお得感を感じました。

 で、帰途へ。
 数時間ぶりに乗ったキャプチャーは、増し締め効果かタイヤのエアボリューム調整(増加)かプラシーボなのかは判りませんが、乗り心地にシッカリ感が出たような気がしました。

 何時もながら、キチンと丁寧に対応をしていただけて、ありがたいです。

 クルマの調子はどんどん良くなってきています。去年は行けなかったので、今年はキャプチャーで片道300km以上の長距離ドライブをしたいどす。
by masa156v6 | 2016-02-13 21:10 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

日本唐揚協会 賀詞交換謝肉祭(2016)

c0005077_14465953.jpg
 2月9日・にくの日。
 19時30分から、目黒雅叙園でおこなわれた《日本唐揚協会 賀詞交換謝肉祭》に出掛けてきました。
c0005077_14482135.jpg
 エントランスから永い廊下を抜けて、3Fの宴会場・《シリウス》へ。
 すこし前にこのイベントを知り、ただ唐揚が好き、という理由で申し込んでみましたが、受付の手前から唐揚のニオイが結構漂ってきます。
c0005077_14532195.jpg
 協会のパンフレットと、式次第(?)と、ナンコツのピンバッヂをいただき、会場内へ。ステージがあり、丸テーブルがあるところまでは普通の宴会場ですが、違うのは唐揚のフライヤーが4台設置されていて、4つのお店の唐揚をこの場で揚げているところ。
c0005077_1737922.jpg
c0005077_17372723.jpg

 会場に来て実際に揚げているのは、《第6回からあげグランプリ》で受賞したお店のうちの4店
・光苑(塩ダレ部門・最高金賞 埼玉県春日部市)
・からあげ!ごっち(塩ダレ部門・金賞 愛知県東海市)
・中山湖カバカフェ(東日本しょうゆダレ部門・金賞 山梨県南都留郡)
・元祖中津からあげもり山(塩ダレ部門・金賞 大分県中津市)


 丸テーブルはあるものの、立食形式なので、テーブルのへりのところに立ちつつこのちょっと面白い空間を眺めつつ開会までの時間を過ごします。
 来ている人は、普通のサラリーマンっぽいいでたちの人が比較的多く、ご家族連れも結構。女性だけのグループもいくつか見受けられました。

 唐揚は食べるだけで、深い知識も特になく(※個人的に唐揚について語ることがあるとするならば、ムネ肉よりモモ肉の方が好き、ということと、竜田揚げが結構好き、後、揚げたてでなくても美味しいものが本当に美味しい唐揚、というのが持論 ということくらい)、この場に誰も知っている人もいない、というシチュエーション。

 開会のあいさつ、協会(会長)のプロモーションビデオ上映、会長挨拶を経て、食べ方開始~。
 受付にて、上に記した4店の名前が記載されたチケットが1人あたり2枚ずつ(TTLで1人あたり8枚)
渡され、チケット1枚について唐揚2~3個と引き換えるシステム。尚、唐揚以外の食べものは何もありません(笑)。ストイックに唐揚を食するイベントです。
 尚、ドリンクは、協賛しているアサヒビール、アサヒ飲料のもの(ビール、ノンアル飲料、ウーロン茶、ジュース)をドリンクコーナーで受け取り、会場内でいただきます。

 司会の方から説明がありましたが、食べものも飲み物もどちらも持ち込み、ということは、目黒雅叙園的には場所だけ貸しているカタチになります。このため、くれぐれも部屋の外には飲食物を持ち出さないようにとの事前アナウンスがありました。

 結構な混雑の会場の中、黙々と唐揚を食していてもナンなので、隣にいた20代とおぼしき男性に話し掛けたところ、結構感じのいい方だったのでちょこちょこ話しました。
 入会(?)のきっかけは、その方の好きなタレントさんが唐揚協会の会員であったことから、とのこと。特に唐揚そのものへの思い入れはさほど深いわけではなく、この謝肉祭へも初参加とのことだったので、同じような立ち位置でしたのでちょっとホッとしました(笑)。

 周りでは、唐揚と竜田揚げの違い、東日本と西日本での唐揚の嗜好傾向、といった専門的な話がなされていて、自然と耳に入ってきましたが、まぁとにかく食べようと。

 順序的には
・もり山
・カバカフェ
・光苑
・ごっち
という流れでいただいてみましたが、個人的に一番美味しいと思ったのは光苑。
c0005077_18111631.jpg
 4店の中でも特に人気が高く、揚げても揚げてもすぐなくなっちゃって、開始から1時間くらい経った時点でも行列が出来てました。

 会長が各テーブルを回られ、この会独自の乾杯(一旦グラスを低い位置に下ろしながら『から~♪』と言い、上げるタイミングで『あげぇ~!♪』と唱和するスタイル。何気に結構楽しい)の発声があちこちから聞こえてきました。

 とはいえ、さすがに唐揚とウーロン茶のみでは4店分の4皿(11個)で超満腹・・・。
 結局、各店もう1枚ずつのチケットは使うことがありませんでした。


 後半は、まず、鼻毛の森というシンガーソングライターのライブ。
c0005077_1819409.jpg
 結構ザワついた会場をそれなりに盛り上げてくれてました。場内販売されたCDは買いませんでしたが、結構面白かったです。

 で、このライブが終わった後、ざわついた会場で司会の方が
『さぁ、もうひと方、皆さんお待ちかねのスペシャルゲストの登場です! せーの、《キヨハラ》くーん♪』
と言ったので、まぁナンと言うかタイミング的にシュールなキャラを仕込んでくるなぁ~と苦笑交じりにそのキャラの登場を待ったところ、出てきたのは。

c0005077_18235590.jpg
 日本唐揚協会のキャラクター・《ぴよカラ》くんでした(笑)。母音がおんなじだったので聞き間違い。

c0005077_18291596.jpg
c0005077_18292295.jpg
 それにしてもこの《ぴよカラ》くん、人気があって記念撮影に並ぶ方が多いこと。間近で見る実物は結構デカくて、階段や段差で結構苦労されている様子でした。


 最後に、会長から締めのあいさつがあり、閉会。

 ナンだかよくわからないノリではあるものの、そこはかとない面白さがジワジワと沁みてくる系のイベントで、ちょっと面白かったです。

 11月29日にもイベントがある模様ですが、行くかどうかはこれから考えます。
 ただ、とりあえず、まだ9日の唐揚の味覚がクチ周辺に残っていることから、次に唐揚を食べたくなるのは早くてもこの週末くらいになりそうです。
by masa156v6 | 2016-02-11 17:36 | foods | Trackback | Comments(0)

Datejust(Ref.16234) Overhaul

c0005077_7171174.jpg
 デイトジャスト(16234)を買ったのは20年以上前。
 5年経過時点で日ロレにオーバーホールを依頼して以来、恥ずかしながらノーメンテ。

 (当たり前ですが)動かなくなってしまって、1年くらい経ったところでようやく重い腰を上げ、相当久しぶりに丸の内・郵船ビルの日ロレに赴き、2回目のオーバーホールをお願いしてきました。

c0005077_728451.jpg
c0005077_7281310.jpg
 受付窓口にて担当の方から
『オーバーホールは前回から5年以上経っていますか?』
と聞かれ、
『は、はい。』

『おおよそどのくらいでしょうか?』
の問いに対しては、
『相当な時間が・・・。』
と言葉を濁し(5年の3倍以上やってない、とはちょっと後ろめたくて口にできませんでした・・・)、というやり取りを経て時計のチェックと見積作業をお願いし、約20分。

 さきほど預けた時計がケース部分とブレスレット部分がそれぞれ外された状態で容器に入れられて目の前にやってきて、担当の方から概要について説明を受けます。
 出てきた見積金額は63,000円(税別)。ほぼほぼ想定通り。

内訳は、
・オーバーホール料金・・・44,000円
・リューズ交換・・・9,000円
・チューブ交換・・・3,500円
・クラスプ用バネ棒交換・・・500円
・バネ棒交換(2本)・・・1,000円
・内部部品交換・・・5,000円
というもの。

 日ロレでの作業という安心感があり、ケース・ブレスレットの研磨をしっかりやってくれて、2年保証が付いてこの金額ならむしろリーズナブルと言えます(・・・なら、もっとキチンと定期的にオーバーホールしろ、ということもまた然り・・・)。

 オーバーホール完了は1か月後。見積書と引き換えカードをいただき、お店を後にしました。

 
by masa156v6 | 2016-02-10 07:52 | Goods | Trackback | Comments(0)