<   2016年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

アクアマーレ(横須賀美術館・内)

c0005077_1604480.jpg
 週末の降雪はなく、普通にサマータイヤで走れる路面でしたので、横須賀美術館内の《アクアマーレ》にて家族でランチをいただいてきました。

 ピザランチセットをひとつ(マルゲリータ)、パスタランチセットを2つ(サバの燻製と野菜の入ったオイルベーススパゲティ、きのこのリゾット(パスタ扱い))注文し、シェア。
c0005077_1692999.jpg
 眼前には美術館の芝生、その先に多くの船が行き交う海が大きく拡がっていて、気持ち良いです。

 食事も美味しく、食後にいただいたカフェラテも程好い濃さで好印象。横横の終点である馬掘海岸ICを降りてすぐなので、ウチから来やすいのもポイント高し。カミさんも子どもも美味しかった&景色が良くて落ち着けた、と嬉しそうに話していたので、リピート確定です。


 食後の腹ごなしを兼ねて、ボードウォークで海沿いを歩きながら深呼吸して、キャプチャーに戻って帰ってきました。

c0005077_16161817.jpg
 横横を走っている途中、オドメータが10,500kmを超え、《次の点検まで1,500km》というコーションインフォがディスプレイに出現。

 2月半ばに12ヶ月点検を受ける予定ですが、月あたり1,000kmペースで順調に距離が出ています。相変わらずキャプチャーは中距離以上をゆっくり流し運転するのがとてもとても心地良く、もっと遠くまで走りたい気分になりました。

c0005077_16365290.jpg
 しかしナンなんだろう、この乗れば乗るほどジワジワ来る、このクルマならではの魔力のような磁力をもつ魅力は。

 自分だけでなく、他のキャプチャー・オーナー数人も同じように、『乗れば乗るほどナンなんだろう』系の感想を持たれていることから、クルマそのものに結構な奥深さがあるような気がします。こういう印象を抱いたクルマは初めてで、これはちょっと離れられなそう。
by masa156v6 | 2016-01-31 16:37 | eat_out | Trackback | Comments(0)

ジュニアシート(RECARO-Start-2.0)

c0005077_1065048.jpg
 ウチは子どもの身長がまだ140cmに達していないので、ジュニアシート(RECARO-Start-2.0)に座らせています。

 基本はキャプチャーに載せていて、たまにメガーヌで家族で出掛けるときはシートを載せ換えて使っています。
 

 子どもが生まれてからずっと、
・レーマー ベビーシート(Romer-Baby-Safe) 0歳~1歳半くらい
・レーマー チャイルドシート(Romer-King-TS-Plus) 1歳半~4歳
・RECARO ジュニアシート(RECARO-Start-2.0) 4歳~現在
と、3台(代)にわたってベビーシート⇒チャイルドシート⇒ジュニアシートに必ず座らせてきたので、ここまで1度もグズることもなく当たり前に座って車中で過ごしてます(とはいえ、今のジュニアシートのモケット地が夏場はちょっと暑そうなので空調で調整してます)。
c0005077_1123475.jpg
 また、ここ1年くらいですが、ようやく子ども自身でシートベルト装着が出来るようになったので、親としては乗車・降車の際の手間が減りました。

 
 キャプチャーには、自動ブレーキ、車線逸脱警告、ブラインドスポットモニタリングといった新しいセイフティ・ギミックはほとんど装着されていませんが、ボディそのものの衝突安全性能が比較的高評価を得ていることから、パッシブセーフティのひとつのキモとなるチャイルドシート(ジュニアシート)を適切に着用することで、万一の事態の際のリスク低減をはかっています。

 勿論、当然ながら何も起きないことが最も望ましいので、最近の自分の加齢具合を勘案しながら(・・・)無理をせずに運転しないと、と自らに言い聞かせている今日この頃、です。



 
by masa156v6 | 2016-01-30 11:09 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

氷雨

c0005077_23301121.jpg
 まさに今日は《氷雨》が降り続けた1日でした。
 で、ふと、数十年ぶり(!)なのにこの歌の歌詞が浮かんできて、無意識に鼻歌を唄っている自分にさっき気付きました(笑)。

 朝はさほど寒くなかったのに、昼過ぎに所要で出掛けた羽田は激寒。その次に打合せで向かった蒲田は意外と寒くなかったので、寒気が近いエリアでも場所や時間によって差し込んだりそうでなかったりしていた、ってことなのかな。

 メガーヌも、外気温、路面温度も低いからか、そこそこ乗ってもタイヤが温まってこない様子で、今日に関してはカーブを曲がる際にバキバキ系のLSDのチャタリング音が結構出続けました。


 23時48分時点で、まだ外は雨模様ではあります。

 明日起きたときに、一面銀世界になっていないといいな~と思いながら金曜の夜長を過ごすことにします。



 
by masa156v6 | 2016-01-29 23:49 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

Ragnotti & Renault-Sport-R.S.01




抜かれていくルノー各車を見るのも楽しいです。
by masa156v6 | 2016-01-27 08:43 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

紅いキャプチャー

c0005077_1559153.jpg
 《キャプチャー・アニヴェルセル(日本導入2周年記念・限定車)》の《-ルージュ・フラムM-X-ノワール・エトワールM-》、要は紅黒ボディの実車を是非とも自分の目で見てみたく、横浜港南Dへ伺ってきました(同系列の横浜青葉Dに普段お世話になってますが、こちらには紅黒キャプチャーが展示されていないので)。

c0005077_16203746.jpg
 横浜港南D、初めて伺いましたがなかなか広いです。

 紅黒ボディの隣にはオレンジ白が。有彩色ベース・ツートンカラーのキャプチャーが2台並ぶと、結構なインパクトがあります。リリース当初からカタログカラーのオレンジ(オランジュ・ルシヨン)×白(イヴォワール)も、オトナ向けハデカラーというイメージを想起させる巧くて綺麗な色遣いで、プロのカラーリング設定に改めて唸らされます。


c0005077_16342166.jpg
 紅黒キャプチャー、やっぱりイイです。これは軽く惚れます。
 去年の1st-Anniversary-Edition の設定にこのカラーがあったら、今乗っているベージュ・サンドレMの白屋根とこの紅黒とで、1か月くらいはどちらにするべきか、悩みまくっていたものと思われます・・・。

 ルージュ・フラムMという色そのものはルーテシアⅣに設定されているので何度も目にしていますが、予想通り、ノワール・エトワールMが上側のピラーからルーフに入り、この紅をサンドウィッチするかたちで下側にマットブラックの樹脂が入ることによるバランスの妙は、筆舌に尽くせない色気とカッコ良さがあります。
 
 限定100台。街中か、今年のカングージャンボリーでどなたかのこのクルマを太陽光の下で目にすることが出来るのを楽しみに待ってます。


c0005077_16435157.jpg
 ルノー横浜港南Dのすぐ近くに位置しているフィアット・アルファ・アバルト横浜港南D。横浜青葉Dで以前お世話になっていたY氏とN氏がこちらに在籍されているので、約1年ぶりのご挨拶かたがた顔を出しました。お二方ともお元気そうでなによりでした。

 アバルト(チンク)、今のフィアットについての知識が殆どないので、500と595の違いや、マイチェンした500の変更箇所や、500Xを取り巻く状況やらを教えていただきました。それにしてもこの方々はホントにクルマ(特にイタフラ系)がお好きです。
 話していてとても面白く、まったく飽きないのですが、SLS活動のお邪魔になっては宜しくないのでタイミングをみて失礼しました。ありがとうございました。


 今日は雪予報が出ていたこともあってか、横横も保土ヶ谷バイパスも通行量は少なめ。
 できればこの週末、降らないでほしいなと願ってます。
by masa156v6 | 2016-01-23 16:50 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

最強の400円。

c0005077_21241136.jpg
 いや~、凄いな、センテンススプリング。
 甘利ネタ、SMAPネタ、ゲスベッキーネタ・・・。この内容がウィークリー・1冊に網羅されて400円。これ(この号)こそまさに最強の週刊誌!と読みながら思いました。

 神保町の書店で買って、ボンディーでビーフカレーを食しながら、『早く食べ終えてセンテンススプリング読みたい~』という気持ちでイッパイでした(笑)。

 

 
by masa156v6 | 2016-01-21 21:29 | etc..... | Trackback | Comments(0)

20160118 02:10

c0005077_2304482.jpg
 1月18日、02:10時点での自宅の様子。
 テラスへの積雪はまだですが、メガーヌはうっすらと積もり始めてます。雪はしんしんと降り続けてます。朝になったら結構な状態になっていそう・・・。
by masa156v6 | 2016-01-18 02:32 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

コレばっかり。

c0005077_1593942.jpg
 クルマ選びは一貫性に欠けまくり、そのときの気持ちと勢いで進めてしまいますが、もうずっと同じものを買い続けているのが、
・ビジネスシューズ
・キルティングジャケット
の2つ、です。

 ビジネスシューズについては、Dr.Martinの1461。
 キルティングジャケットは、ラヴェンハム。

 シューズは、大学1年の頃にホーキンスのソールがDr.Martinだったときからこの型のブラックをずっと履き続けているので、もうヘタすると30年くらいになります。ラバーソールなので、踵部分がある程度擦り減ったら世代交代、を繰り返しているので、恐らく50足を超えた数を履いてきたと思われます。


 ラヴェンハムのキルティングジャケットを最初に着たのはたぶん10年くらい前。初めて羽織って外に出たときに、軽さと保温性のバランスに目から鱗が落ちまくり、以降コートはコレばっかり。今日買ったもので7着目になります。

 ビジネス用とプライベート用で別々のラインのものを使いわけていて、ビジネス用の使用頻度が高い分傷みも早いので、今回のカーキのもので4代目。プライベート用は4~5年くらい前から着はじめている2代目と3代目がまだ現役。価格を考えると、コストパフォーマンスは相当高いモノと感じてます。


 明日はかなり寒い&積雪ありとの予報が出ていますが、この馴染みコンビで乗り切ります。
by masa156v6 | 2016-01-17 15:28 | Goods | Trackback | Comments(0)

2016-Tokyo-Auto-Salon

c0005077_10136.jpg
 出張疲れで朝、起きれず。
 東京オートサロン、今年(2016年)は金曜、土曜は20時まで開場しているとの情報を知り、夕方出かけることに。

 メガーヌがえらく汚れていて、明日は雨だと判っていても、このまま乗るのがちょっとイヤなので自宅近くのスタンドで給油と一緒に手洗い洗車をお願いしました。
 このスタンド、洗車を念入りに丁寧にやってくれて、しかも安い(町田・アポロ洗車でいうところの《スペシャル内装》メニューとほぼ同じ内容で、1台に対して2人掛かりで40分くらいかけて作業・金額もアポロ洗車とほぼ一緒)ので重宝してます。

 ってことで、16時少し前に出発することになりましたが、東名も首都高(4号線、内環状、湾岸線)も東関道も全部空いてたので17時に幕張・着。数十回とこのルートを走っているなかで、これは記録的な早さ。

 メッセ近くの地下駐車場に停めて、北館側に設営された入場口から入りましたが、この時間帯に新規入場するヒトは結構少なかったです。


・メルセデス・ベンツ(&Smart)
c0005077_1273081.jpg
c0005077_1273985.jpg
c0005077_1275053.jpg
 恐らくこの先もオーナーになることはないのでしょうが、ふと数年おきにGクラスとジープ・ラングラー(アンリミテッド)が欲しくなる気持ちが湧いてくることが続いてます。このAMG・Ver.は凄そうな登坂能力を持っていそう。

 また、画像はありませんが、Smart・4枚ドアを(トゥインゴとの比較を含めて)眺めていたところ、恐らくMBJの方と思われる女性の方からお声掛けいただき、このクルマについて教えていただきました。
 感心したのが、対応力の的確さ。ごくごく自然に、普通に、Smartの魅力を丁寧に話して下さり、その接客力の高さで思わず一瞬欲しくなってしまいました(笑)。
 ベンツは六本木のコネクションの展開あたりから、高級車購買層以外のターゲットに向けてのアプローチと距離の取り方が本当に巧くなっている気がします。自分の人生のどこかで、ベンツに乗る日が来るのだろうか。


・スズキ・イグニス(WATER-ACTIVITY-CONCEPT)
c0005077_1403848.jpg
 去年のモーターショーで目にして以来、このクルマのファンです。
 ブースにいらっしゃるスズキの方に伺ったところ、この仕様はあくまでショーカーとのことでリリース予定は現時点ではないとのことですが、IGNISそのものは間もなく発表・発売されるとのこと。アルトに続くヒット作となるか(なってほしい)。


・FALKEN-Tire
c0005077_1445288.jpg
c0005077_145559.jpg
 クルマではありませんが、ファルケンがRed-Bull-Air-Race(日本ラウンド)のオフィシャルパートナーをつとめているとのことで、実機展示がありました。全長6.3m 翼長7.44m というサイズは、このイベントに展示されていてもさほど違和感を感じませんでした。


・ルノー(・ジャポン)ブース
c0005077_1525266.jpg
c0005077_153357.jpg
c0005077_153168.jpg
 ルーテ・トロフィーが2台と、メガーヌR.S.(CUP-S)1台、そして新型トゥインゴ1台というラインナップ。
 車両以外にマフラー(アクラヴォとフジツボ)、ホイール(マルケジーニ)、シューズ(ネグローニ)がディスプレイされていましたが、個人的にこのなかで興味があるのはトゥインゴ。リリース時期等、見えてきたのかな?


・RK DESIGN
c0005077_158137.jpg
c0005077_1581544.jpg
c0005077_1582682.jpg
c0005077_1583948.jpg
 メガーヌR.S.用スプリッター(キット/単品)装着車。
 このくらいの大仰でないアンダースポイラーのデザインは結構好き。カタログを貰ってきて、今眺めてます。STYLISH-KITだと170K-Yenかぁ。今年はメンテで入用なのでちょっと動けないと思われるのが残念だす。


・RECAROブース
c0005077_258635.jpg
c0005077_265110.jpg
c0005077_27675.jpg
 自分のメガーヌに入っているフロントシートがRECARO-Sportster(ファブリック)なので、このイスの座り心地の良さは実感できてます。
 レザーのカラーバリエーションがこんなにあるとは知りませんでしたが、ルノー・スポールには、このブラック×イエローがハマる気がします。
c0005077_271685.jpg


 オートサロンにはここ数年は毎年顔を出しているのに、レカロブースに入ったのは今年が初めて。
c0005077_2584926.jpg
c0005077_21805.jpg

 センターにクルマ(MINI)をオブジェ的に置いて、フロントウインドウをモニターとして使い、3方にシートを色とりどりにたくさん並べて来場客に自由に座ってもらうというブース構成(スタイル)、素晴らしいです。相当気に入ってしまったので、都合3回立ち寄らせてもらいました。


・アルピーヌ M63(ダンロップ・ブース)
c0005077_2185783.jpg
c0005077_2191096.jpg
c0005077_2192321.jpg
c0005077_2193787.jpg
 締めはコレです。
 立ち止まって見つめ続けてしまう、柔らかくて繊細でありながら強いデザイン。良いモノを見せていただきました。


 結局、20時ギリギリまで会場にいました。何だかんだで飽きない展示会です。
 メガーヌに戻って、すぐ近くのイオンモールに寄って、食事を摂って、別なお店でコーヒー&イチゴパフェをいただいて、帰りも空いてる高速をスラスラと走って自宅・着。
by masa156v6 | 2016-01-17 02:16 | Cars | Trackback | Comments(6)

Okinawa

c0005077_10473374.jpg
 木~金と、沖縄出張でした。
 帰りの便が遅いこともあり、羽田までメガーヌで。P2は結構空いてました。
c0005077_10561237.jpg
 最近物覚えが悪くて(・・・)、戻ってきたときに何処に停めたかの記憶が曖昧なことがあったりするので、最近はエレベータホールでカードを取って駐車券と一緒に持つようにしています。

c0005077_10584356.jpg
 沖縄はまず寒くないだろ、ということでコートをクルマに置いてスーツのみで保安検査場を通過し、インフォメーションボードを見たところ、17℃。まぁ大丈夫かなと思いつつも、雨予報が出ていて若干ガックシ。遊びで行くわけではないので天候そのものの影響はさほどないものの、せっかく沖縄に行くのであればピーカンの下で動きたいな、と。

 行きの飛行機は、東から西へ飛ぶので、那覇まで約3時間。
 機内Wi-Fiが使えるのでヒマつぶし系の雑誌等を持ち込まずに乗り込んだのですが、この機体のWi-Fiがテクニカルトラブルで使えないとのアナウンスが・・・。眠気もあまり来なかったので、着くまでの時間がちょっと長く感じられました。


 那覇空港に着いてレンタカーを借り、打合せと現地チェックを済ませた後、前回同様《ジャッキー》へ。
c0005077_1172385.jpg
 こういう部分の記憶力はまだ衰えていないことから、ナビなしでお店のパーキングに到着。時間が遅かったので待たずに入れて、テンダーロインのMを注文。イイ感じでお腹がこなれてきたところで投宿。


 翌日。
 朝から打合せ、現地チェックを行ない、夕方にひと通り取り纏め。
 レンタカーを返して空港に着き、20:15発の羽田行きに乗りました。

c0005077_11115550.jpg
 今回、往復ともにJALの《Class-J》を利用しました(※上の画像はJAL Official Siteのものです)。

 エキストラフィー・1,000円(1区間)で、ピッチが広くて快適なシートに座れることが主なメリットとなりますが、ヘロついたカラダにはこれは有効です。社用出張であっても当然この部分は自腹となりますが、経費分と自腹分をそれぞれ別精算が出来るシステムになっているので、今後はまず《Class-J》の空席さがしから予約を始めることになりそうです。

c0005077_11222956.jpg
c0005077_11243812.jpg
 また、帰りの便では機内Wi-Fiが使えたので、400円/30分を2回利用。西から東へ偏西風に乗って飛んでくれる分早く着く(2時間ちょっとで羽田・着)ので、この間はシゴトを忘れて、サクサクとクルマ系とSMAPネタを中心に情報収集。

c0005077_11264229.jpg
 沖縄上空と着陸する少し前に結構な揺れがありましたが、定刻で羽田に着きました。シートが広い分、カラダにストレスが溜まっていないことが席を立って歩き始めたときにわかりました。
c0005077_11282885.jpg
 出発便はもうない時間なので、保安検査場もクローズ。

c0005077_11295125.jpg
 カードを頼りに、P2-5Fに停まっているメガーヌに戻り、帰宅。
 那覇が20℃で羽田が6℃だったので、流石にちょっと寒く感じましたが、金曜・夜なので気分がラクです。
by masa156v6 | 2016-01-16 11:31 | etc..... | Trackback | Comments(0)