<   2015年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

C4 CACTUS Japan-Premiere だけど発売は2017

 今年の東京モーターショーへのシトロエンのプレスリリースが2015年9月28日付で出されました。
c0005077_1335481.jpg
 ※画像はオフィシャルフォト


 日本への正式導入が決まったこと自体は喜ばしいです。
 が、国内導入時期はこのクルマに6ATが積まれた仕様に変更された後になるとのことで、2017年予定。フランス車系イベントにでも出掛けない限りは並行車を見掛ける確率も相当低い状況ではあるものの、さすがにここから1年以上引っ張ってしまうとなると、モデルとしての新鮮味が相当薄れてしまうのでは・・・。

 ETGが導入ネックになるという判断ならば、MT先行で来年アタマと中盤くらいの2回くらいの区切りをつけて限定台数をリリースして正規ルートでのこのクルマのインパクトをつくり、その流れで2017年の6ATに繋いだ方がまだイイのではなかろうか、とちょっとこのクルマに思い入れのある外野は思ってしまいます。
by masa156v6 | 2015-09-30 01:51 | CITROEN | Trackback | Comments(2)

初・ASIMO

 ホンダ・青山ショールームにて、初めて実物ASIMOを見ました。
c0005077_2236961.jpg


c0005077_2236569.jpg
c0005077_2237916.jpg


c0005077_22381211.jpg
 現行ASIMOは130cm。大きいロボットだと威圧感が出てくるからかな?

c0005077_22392634.jpg
 走るASIMO。
c0005077_2239481.jpg


c0005077_22401151.jpg
c0005077_22402214.jpg
c0005077_22403273.jpg
 手話をするASIMO。

 動作の滑らかさを(今さらですが)目の当たりにして、驚きました。これは現実なのか?なら、ドラえもんの本物とか、もうすぐ現れてきそうな気がしました(笑)。

 スゴイなしかし。
by masa156v6 | 2015-09-29 22:43 | etc..... | Trackback | Comments(0)

湘南モーニングクルーズ 《黄色いルノー》20150923

c0005077_69289.jpg
c0005077_691125.jpg
c0005077_692380.jpg
 湘南T-SITEで開催されていた 《フランスフェア・Aimez-vous la France ?》 の一環で、カーライフラボ側に大きなフレンチトリコロール・リボンが巻かれてました。
c0005077_6133095.jpg
 ルーテシアⅣ・3台によるフレンチトリコロール。同一車種での青・白・赤の並びは意外と見たことがなかった気がします。


 この日のお題は《黄色いルノー》。うちの2台はいずれも黄色くないので、ちょっとでも色味が近い方のキャプチャーでギャラリー参加してきました(隣接エリアに誘導・駐車)。
c0005077_715271.jpg
 


 以下、いろんな黄色が集まった画像をランダムに貼ります。
c0005077_6173832.jpg
c0005077_618273.jpg
c0005077_619620.jpg
c0005077_6175575.jpg
c0005077_6192556.jpg
c0005077_623331.jpg
 カングー、メガーヌ、ルーテシア(クリオ)、トゥインゴ、スピダー etc.合わせて約40台の《黄色いルノー》が晴天下に塊となりましたが、ここまで黄色いクルマをまとめて目にした記憶がなかったのでインパクトありました。でも、不思議とうるさく感じることはなく、目立つけれども風景に溶け込んでいる様に感心しました。


 10時でお開きとなり、葉山方面へ向かいたい気持ちを抑えつつ、自宅方向へ。
c0005077_624549.jpg
 ちょっとした田園風景にて一時休憩を取り、帰宅。
by masa156v6 | 2015-09-28 06:25 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

ラグビーW杯・スコットランド戦

 攻めて攻めきれなくて、焦ってミスして持っていかれてしまう、を繰り返してしまった今日の試合。この展開は、明治(大学)ラグビーで数十年にわたって見続けていて結構ある展開なので、応援ストレス耐性はあります(笑)。

 中3日の疲れもあり、相手(スコットランド)が南ア戦の日本代表をみて本気で叩き潰しに来たこともあり・・・。
 ま、この試合はしょうがない。まだ、8強に勝ち進むチャンスはあります。

 前半を結構ハンドリングミスをしながらもワントライを挙げ、5点差で折り返せたことは地力があることの証拠。
 サモア戦、アメリカ戦で2連勝! にわかファン応援、続きます。
by masa156v6 | 2015-09-24 01:20 | etc..... | Trackback | Comments(0)

RUGBY WORLD CUP 2015 RSA vs JPN



 何度YouTubeでこの試合の動画を見返したか。
 その度に目の周辺が熱くなってきます。まさにジャイアント・キリング。
 どれだけのハードワークとメンタル鍛錬を経てこのチャンスを掴み取ったのか。素晴らしく、そして凄過ぎます。

 自分が学生の頃~卒業して数年の間は、主に母校の応援で対抗戦、大学選手権、日本選手権を観に秩父宮、国立、熊谷、江戸川へ、あとたまに練習を見に八幡山へ行ってましたが、2000年代初頭以降はすっかり足が遠のいてしまい、せいぜい年に1度の秩父宮、珍しく正月越えをしたときに国立に行くくらいになっていました。また、ラグビーについては日本代表の試合を観に行ったことは今までありません。

 そんな思いっきりのにわかファンですが、今回の南ア戦の勝利には雷打たれました。TV越しにてまずはこれからの3試合を真剣に応援します。明日のスコットランド戦、大きいな。
by masa156v6 | 2015-09-22 11:58 | etc..... | Trackback | Comments(0)

20150921-Hakone

c0005077_16173985.jpg
 日の出より前に目を覚ませたので、早めにマロンの散歩に行き、それからメガーヌで箱根へ。

 AM6を少し回ったくらいで、既に横浜町田~厚木は若干の混雑発生。小田厚は流れてました。
 早川料金所からターンパイクを上り、途中1回休憩をはさんで大観山へ。上りしなにTrophy-Rとすれ違いました。
c0005077_16242994.jpg
 それにしてもメガーヌR.S.。50,000kmを越えてますます山道をそこそこのスピードで駆け上がることの愉しさといったら~。これだけハナがススッと入るFFって、他にあるのかどうか知りませんが、カーブを抜けるたんびに口元がつい緩んでしまいます。愉悦を覚えまくったチョイ緩やかな上りつづら。ホント、イイクルマだわ。
 
 大観山の外気温は15℃。ニットのカットソーは羽織ってきていても、下は短パンだったので結構冷える。ってことで下山。芦ノ湖湖畔の《Bakery & Table》に向かい、朝食を摂ることにしました。
c0005077_1629290.jpg
 湖畔に着いたのが8時チョイ前。モーニングのスタートが8時半だったので、30分ほど列に並びました。

 こちら、ビュッフェ形式で、そこそこ美味しくて落ち着いた雰囲気でパン(ソーセージとスクランブルエッグもあり)とドリンクをいただけるので結構好き。
 湖畔もそこそこ寒かったので、食事をいただきつつ暖を取り、国道1号~小田厚~246で午前中に帰宅。

 
by masa156v6 | 2015-09-21 16:41 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

キャプチャー・リコールチェック (確認完了)

 数日前にルノー・ジャポンから案内レター(封書)が届き、その少し前に横浜青葉Dの担当営業氏からメールをいただいていましたが、キャプチャー、現行ルーテシアにおいてリコールがありました。

※RJ・Web-Pageに掲載されているリコール情報
c0005077_495723.jpg


 左右前輪のインナーアーチライナーの組み付けがおかしい車両があり、ブレーキホースと接触している可能性があることから、実車確認をおこない、正常の組み付けがなされていない車両についてはインナーアーチライナーとブレーキホースを交換対応する、というもの。

 担当営業氏曰く、納車時点検、初回点検の際にチェックしているのでまず異常はないはずではあるものの、リコール対象枠内の車台番号であることから、実車確認が必要であるため、来店をお願いしたい、とのこと。

 で、20日の午後に行ってきました。
c0005077_4164496.jpg
 結果はシロ(正常組み付けがなされているので作業不要)。
 記録簿に実車確認した旨のコメントが入り、運転席・ドアロックキャッチャー下に対応(確認)実施ステッカーが貼られ、戻ってきました。この件自体の所要時間は10~15分程度(※確認のみの場合)。
by masa156v6 | 2015-09-21 04:19 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

メガーヌR.S. エンジン(吸気系)リフレッシュ & エアコン潤滑剤・注入

c0005077_202715.jpg
 横浜・某所のいつもの工場にて。
 この日(19日・土曜)は156GTA・セレが2台入庫していました。画像にはありませんが、ロッソ・アルファの個体はセレトラブルが続いているとのことで、ユニット交換を含め結構手が掛かっているご様子。一方、上の画像にあるデイトナ・ブルーのSWは、今回はマウント系&トルクロッド交換。相変わらずトルクロッドはすぐにダメ(ゴムが切れる)になってますね。比較的安いパーツだからまだいいですけど、元々のパーツ設計自体がダメですね。

 いずれも自分が乗っていた頃に通った道なので(セレユニット交換まではいきませんでしたが)、懐かしさ半分がありつつも、いまのメガーヌに比べて工場入庫率が遥かに高かった(その分ブログネタに困らなかった)あの頃のモヤモヤ感が過ぎってきました。カッコいいクルマで、街中で見掛けると嬉しくなりますが、それはオーナー各位の維持・メンテあってこそだな、との思いを新たにした次第です。


 今回は、50,000kmを越えたメガーヌへ
・エンジン(吸気系)リフレッシュ
・エアコン潤滑剤注入
の2つの作業を実施し(ていただき)ました。
c0005077_3213853.jpg
 《PITWORK》(日産純正・・・NUTECのOEM)エンジンリフレッシュ。主に吸気系(スロットルバルブ、吸気ポート、インテークバルブ etc.)と燃焼室(ピストン部 etc.)の洗浄を目的としたもの。

c0005077_3255120.jpg
 《PITWORK》(同じくNUTECのOEM)・エアコン潤滑剤。156GTA・SWに乗っていた頃にNUTEC版を入れたことがあり、実際に冷房効果がありました。

c0005077_330794.jpg
 施工時間そのものは短く、エアコン潤滑剤は約10分、エンジンリフレッシュが30分弱くらい(アイドリング状態で同時注入施工)。

 注入作業を終え、工場内で確認のため空吹かしを行なったところ、高回転時に白煙&合間にちょっと黒煙が上がり、数分後に出なくなりました。比較的年式の新しいクルマとはいえ、ターボ車であることから、多少なりとも効果があるのでは、と思いつつ、クルマを受け取り走らせてみたところ、吸気音が若干野太くなり、アクセルを踏んだときの反応が良くなった気がしました。鈍感な感性を持ち合わせているので、プラシーボかもしれませんが、(吸気)音が勇ましくなったのは事実。
 この日は道が混んでいて、アクセルをグッと踏めたのは3分くらいだけだったので、この5連休中のどこかで再度確認予定。

 エアコンの方は、元々メガーヌはしっかり冷えてくれていて、今回は予防措置的に注入したこともあって劇的に体感変化があったわけではありませんが、効いてくれていると思います。もう秋になっちゃったので、実感するのは来夏になりそうですが。


 次は、タイベル&ウォポン(&エンジン・ミッションマウント)かなと。来年の春ごろまでに実施見込み。
 その頃には新型R.S.が本国発表されているかもしれませんが、156以来久しぶりにハマったクルマなので、まだまだ大事に乗っていきます。
by masa156v6 | 2015-09-21 03:48 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

Alfa Giulia-New Trailer


 サイドビューでBMW、リアビューでアウディを想起させる部分はあるにせよ、走ってる姿には自分が描くアルファっぽさがあって良いと感じました。音もイイねぇ~。

 ただ、フランクフルトでプライスが発表されましたが、予想通り、余裕の4ケタマンエンコース。
 デビュー後、街中で見掛けるのを楽しみに待ちたいと思います。
by masa156v6 | 2015-09-19 10:42 | Alfa Romeo | Trackback | Comments(2)

エンブレム

c0005077_9315182.jpg
 昨日。松山まで日帰り出張の際のANA機内誌。
 スケジュール的に差し替えが間に合わなかったため、今月号の社長コメントページの左下にエンブレムが載っています(※社長コメント自体は、差し替えが間に合ったのか、こうなることを予測しての文章だったのか、元々触れていなかったのかは存じませんが、ゴルフトーナメントについて述べられているだけで、オリンピック・パラリンピックについての記述はありませんでした)。


 騒動について思うところは多々ありましたが、あれやらこれやらを横に置いて申し上げると、ワタシはこのエンブレムのデザインそのものはカッコイイとおもってます。

 シンプルさを持たせつつ、オリンピックのものとパラリンピックのものをブラックラインの位置を変えてそれぞれの意味合いを持たせていることに素人ながら感心しました。
 色味も落ち着きがあって和の風味も感じられて、センターにスポンサーロゴが入ったときのバランスも綺麗だと感じます。実際、この《翼の王国》のページを捲っていたときも、厭味なくスッと、且つちょっとしたインパクトをもって目に入ってきました。


 選考に纏わる人選やら過程やら決定後の大がかりな修正やら、言わずもがなのトートバック・デザイン丸パクリやら他者撮影の羽田画像クレジット外し使用やら、ナンなの一体?ということがテンコ盛りだったので、取り消しになったことに異論はありません。


 ただ、もしもこのデザインが後ろ暗さのないオリジナリティとプロセスを経て選ばれていたらな、という思いがふと過ぎった昨日の朝と夜(日帰り往復だったので)でした。
by masa156v6 | 2015-09-19 10:06 | etc..... | Trackback | Comments(0)