<   2014年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

アルファと。

c0005077_1691525.jpg
 朝まで降ったり止んだりが繰り返されてきた空模様ですが、御殿場に向かう8時過ぎにようやく上がり、薄日が差し始めました。


 空いている東名を下り、足柄SAのスタバでソイラテを飲みながら時間調整して、9時半過ぎに集合場所へ到着。今日は、久しぶり&お初のアルファ組の方々とサクッと集まります。

 159ti(1750TBi/6MT/RHD)に乗るT氏とは約2年ぶり。金沢からいらっしゃいます。また、都内組ではありますが、147TS(1.6-5MT)R氏ともそれくらいぶり(かな?)。
 お初の方は、Giulietta-QVに乗るK氏(京都から!)と、SZ(ES30)が修理中のためR氏の147に同乗してお見えになるN氏のおふたり。


 話もそこそこに、ちょっと時間があったのでアウトレットに行き、それから近くの《BAMBINA》にてランチをいただきました。
 共通項は、アルファ・ロメオ。現行モデルのことはモチロン、156、147、155、ES30 etc.の話題であっという間に時間が過ぎていきますが、お二方はこれから金沢と京都に戻られるので、道が混み始める前に解散することに。
c0005077_16281766.jpg
 T氏のti用19インチホイールのデザインが相当好きなので、交換(&インチダウン)されるとお聞きしてちょっと残念かも、と思いましたが、純正は相当重いとのことなので、走りを考えたらなるほど、となりました。

 K氏のGiulietta-QV、ブラック外装にQV純正18インチホイールがとてもハマっています。LHD-6MT・赤革内装と、ポイント突きまくりのカッコイイクルマでした。

 R氏の147TSは何度も見ているクルマですが、相変わらず綺麗に維持されています。本人曰く、RRのトゥインゴが出たら147からのスイッチを考えなくもない、とのこと。確かに面白そうだもんね。


 帰りは、N氏にメガーヌR.S.に同乗して頂き(足柄SAからは運転して頂き)横浜へ。N氏はメガーヌに乗られるのは初めてとのことで、アルファ乗り視点からのインプレを聞かせて頂きながら戻ってきましたが、渋滞もなくサクッと(40分くらい?)戻ってこれました。


 ルノー系(フランス車)の楽しさとアルファ系(イタリア車)の楽しさはちょっと種類が違いますが、どちらもハマるだけの面白さがあり、また、こういう接点を通して新たにお目に掛かる方と色々とお話しできるようになるというのも、魅力の一端かなと思いました。
 まだ移動中のお二方、お気を付けてお戻りください~。


 夏場を過ぎた頃あたりで、金沢までメガーヌで行くことをリアル目標にしていますので、その節は宜しくお願いいたします>T氏。
by masa156v6 | 2014-06-29 16:42 | Megane R.S. | Trackback | Comments(4)

メガーヌ 車検(整備)-完了

c0005077_19315812.jpg
 メガーヌR.S.の初回車検(整備)、無事に通りました。

 油脂類については定期的に交換しているので今回は実施せず、基本的に点検重視。換えたのは
・プラグ(NGK BKR6ERX-PS 4ea)
・ポーレンフィルター
・ワイパーブレード(BOSCH エアロツイン)
・発煙筒
のみ。

 ABS(ESP)ユニットについては、モーター部に不具合が発生したため、ユニット毎のワランティ交換(連動してブレーキフルードも無償交換)となりました(国内在庫が1つあったことから、インポーターの承認後すぐに作業に取り掛かって頂けたのでラッキーでした)。
 尚、その他でワランティ適用が発生する不具合は発見されませんでした。

 残量を確認する2項目については、
・ブレーキパッド残量 左右とも フロント・・・9.0mm  リア・・・8.0~8.5mm
 ・・・純正品からクランツの《ジガ・プラス》に交換して以来34,000km走っているワリには減っていません。

・タイヤ 残り溝 前・後(左右) ともに 5.5~6.0mm
 ・・・パイロット・スーパースポーツ(235/35-19)に換えてからちょうど10,000km走行。
という状態でした。

 また、メガーヌ3-R.S.でいくつか不具合が発生しているミッションマウントについてもチェックして頂きましたが、問題なしとのこと。こちらについては、50,000kmくらいでタイベル・ウォポン交換のときにエンジンマウントと一緒に換えようかなと考えてます。


 ひと通り今回の整備での状況について説明を受け、簡単な確認をして、クルマの引渡しを受けました。
 2週間手許にいなかっただけで、乗るとちょっと新鮮さがあって面白かったです。

c0005077_2051936.jpg
 今週はフェイスリストしたメガーヌR.S. と GT220(ワゴン、ハッチバック)のデビューフェアを開催していたので、ギミックのキーホルダーをカタログと一緒にいただきました。

c0005077_23372192.jpg
 改めて目にするFL-Ver.(上記画像はGT220・ハッチバック)、メガーヌのボディスタイル、リアランプとのバランス(特にR.S.)はフェイスリフトモデルの方がより取れているように個人的に感じます。まずは一度、路上を走っている姿を見てみたいです。


 市ヶ尾から自宅までの帰り道、たいした距離ではありませんがどのルートも結構混んでいて、戻ってきたメガーヌの走りを楽しむ、とはいきませんでしたが、やっぱり乗るとシックリ来ます。イイクルマ、です。


 明日は、159ti(1750-RHD-6MT)はじめ何台かのアルファとご一緒するので、楽しみにしてます。
by masa156v6 | 2014-06-28 20:17 | Megane R.S. | Trackback | Comments(2)

メガーヌの状況(20140622)

c0005077_20342589.jpg
 フレフレ幕張の後、所要を済ませてからルノー・横浜青葉Dへ。Dさんに着く直前にようやく雨が上がりました。
 いつもお世話になっているSLS-MGR氏とメカニック氏とお目に掛かり、メガーヌの状況を教えて頂きました。

・不具合が発生したABS(ESP)ユニットの交換を実施(国内にパーツ在庫があったとのこと。良かった・・・) 
・エンジン降ろしはせず、フロントメンバーを外し、下側からABSユニットへアクセス
・ミッションマウントについては、チェックしたが今のところ問題なし
・ゴムパーツ、ブーツ系についても、特に劣化はみられず
 (Fメンバーのブッシュ類を実際に見せて頂きましたが、キレイなもので亀裂等まったく入っていませんでした)
・今回のクレーム作業と通常整備を実施し、次週末には整備完了見通し

c0005077_22114859.jpg
 取り外されたABS(ESP)ユニット。新車購入から3年経過まで残すところ2週間というギリギリのタイミングで保証整備となりましたが、延長保証に加入しない選択をしたことから、事象発現があと数週間後ろにずれていたら今回の件は有償作業になっていたワケで(パーツ代と工賃を合わせると300K-Yen弱程度)、これはかなりツイていたと思われます(笑)。

c0005077_20563551.jpg
 取り外されたフロントメンバー。パーツ単体で眺める機会はなかなかないのでマジマジと拝見。
 ブーツ、ブッシュのゴムを一通り見てみましたが、上に記した通り亀裂はまったく入っておらず、このままの状態で組み込んで頂くことにしました。156やARQに乗っていた頃は結構頻繁にゴム系パーツを換えていた記憶があるだけに、ちょっとお得(?)な気分になりました。

 クルマの調子、パーツの状況をDさんの方で細やかにチェックして頂けていることがよく判り、安心しましたし、1オーナーとして嬉しく感じました。

c0005077_217324.jpg
 ストックヤードに目をやったところ、黒のルーテⅣ・R.S.の足元に既視感が微妙にないカラーリングのホイールが着いている様な気が・・・。
 MGR氏に伺ったところ、『シャシースポールの18インチ・シルバーホイール仕様』とのこと。カタログラインにはないモデルですが、何かしらの理由で日本に入ってきたとのこと。黒ボディにシルバーホイールはコントラスト的に映えるので、このレアな組み合わせは面白いです。

c0005077_21132666.jpg
c0005077_21134660.jpg
 あと、15日に発表されたメガーヌR.S.-FLモデルがヤードにいました。発売開始はもうちょっと先、ということで変化がある部分のアップ画像のみを載せますが、フロントフェイスはワタシはFL後の方が好みです。ロザンジュの大きさだけは気になってしまうのですが、これはフィルムラッピング等で目立たなくすることが可能だと思われ。

 ただ、ただただただ。ヘッドライトがHID⇒ハロゲンになってしまったことが、とても残念。コストなのか軽量化なのか或いはそれ以外の何かしらの理由があるのか判りませんが、FL前のメガーヌのディレクショナルHIDヘッドライトは、このモデルが持つクオリティを構成する主要パーツのひとつだと思っているが故、この仕様変更は正直解せません・・・。

 下の画像は、ローター。今までスリットが入っていましたが、今回からノンスリットとなっています。どのような変化があるのか、知りたいところです。

 整備中のメガーヌの状況を教えていただいたらサクッと帰るつもりでしたが、色々と興味深いクルマや話題があり、またしてもついつい長居してしまい恐縮です(ルーテⅣ・R.S.のシャシースポール仕様の試乗もさせていただきました・・・)。
 順調に整備が進み、次週末にメガーヌが戻ってくるのを楽しみにしています。
by masa156v6 | 2014-06-22 21:33 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

12th "French-French-Makuhari"

 6月下旬なのでどうしても雨の確率は高くなります。

 が、このイベントの、絶妙なユルさ加減がとても居心地が良いのと、ばび氏がご友人のエグザンティアに同乗して幕張に来るとの連絡を受けたことから、C4で参加させて頂きました(メガーヌは車検整備中のため出動できず)。

c0005077_19281157.jpg
 先代C4(&現行C3)。今まではメガーヌで参加していたときはあまり先代C4の姿を見掛けないような気がしていましたが、今回はクーペ、セダン合わせて6~7台くらい参加していました。偶然にも、隣りにサーブルのセダンが停まってくれてちょっと嬉しかったです。

c0005077_19311218.jpg
 DS3。数えてはいませんが、カラーリングの多様さを含め、相当な台数&インパクトがありました。先日の増上寺といい、DS系の勢いの強さを改めて感じました(DS4は10台くらい、DS5はガンメタの個体が2台いました)。

c0005077_19342962.jpg
 エグザンティア。このアピアランスはいつ見ても単純にカッコイイです。
 会場でばび氏と10年ぶりくらい(?)に再会。雰囲気を含めてまったく変わってませんでした(笑)。
 また、こちらでエグザンティア・オーナーであるご友人とお話をさせて頂いたのですが、C6への乗り換えをお考えとのこと。ハイドロ系・名車街道まっしぐらのクルマを乗り継ごうとされているのですね~。

c0005077_19392465.jpg
 C3ピカソ。何度かこのブログで取り上げた記憶がありますが、この塊感が好きで、このクルマ見たさに幕張に行っていると云っても過言ではありません。またしても惹き寄せられました。
 この17インチホイールがこれまたこのクルマにとてもとてもマッチしていると思いますです。

 とまぁ、今日はC4で参加したこともあって、シトロエン系を先に拝見してました。


c0005077_1944137.jpg
 ルーテⅣ・R.S.。相変わらず街中で見掛ける機会は皆無に等しい(・・・)のですが、フラ車系イベントでは日増しに存在感が増してきています。イイクルマ、です。

c0005077_19454974.jpg
 メガーヌⅢ・R.S.。
 今日は知ってるクルマの殆どが筑波に行ってるので、存じ上げているオーナーさんがいらっしゃらず、お話することもありませんでしたが、このあとにジャンダルムリが1台いらしていました。

c0005077_1949177.jpg
 ルーテ(クリオ)Ⅲ・R.S.。2012年・秋のときは相当な台数が参加されていましたが、今日は4~5台。
 ただ、その後横浜~町田を走っている30分くらいの間に、偶然にも3台見掛けました(いずれもジョンシリ)。

c0005077_19552679.jpg
 ラグナ。帰路、357号でもたまたま自分のC4の前を走ってくれたのですが、《オトナのクーペ》オーラが小雨の中でもビッと発せられていました。

c0005077_1958775.jpg
 406クーペ。このクルマの綺麗なラインを見ると、自然と足が止まってしまいます。

c0005077_2052722.jpg
c0005077_2054361.jpg
 ルノー8ゴルディーニ。この距離で目にしたのははじめてです。


 雑談をしたり各ゾーンのクルマを遠巻きに見せて頂いたりしていたらあっという間に2時間経過。
 所要があるので残念ながら10時半くらいに会場を後にしました。

 定期的に、この規模のイベントを開催して下さっている主催者各位へ改めて御礼申し上げます。
 今回も楽しく過ごさせて頂きました。ありがとうございました。


c0005077_20232983.jpg
 帰りの東関道~首都高も空き空き。移動中小雨が止むことはありませんでしたが、快適に運転できました。高速巡航モードになると、C4の燃費は一気に良くなります。
by masa156v6 | 2014-06-22 20:14 | C4(B5RFJ) | Trackback | Comments(0)

《熱》

 イランVSアルゼンチン、イラン惜しかったですね。それにしてもアディショナルタイムで一瞬にチャンスをモノにしてしまうメッシはバケモノ。凄い、の一言。

 ウルグアイVSイングランドもそうでしたが、熱のこもった試合はあっという間に90分が経ってしまいます。GLから面白い試合が多い大会です。自国代表の不甲斐ない闘い振りを除いて。

 コートジボワール戦、ギリシャ戦。選ばれし32カ国が真剣勝負に集まってくるんだからこの段で1分1敗勝ち点1、は充分あり得ることだったと思いますが、日本代表のこの大会での動きに如何せん《熱》を感じません。98年まで、本大会に出ることが夢だった頃の熱さは、今や、同じく当時でいう夢のクラブチームであるミランだインテルだマンUだに籍を置く選手がいる(だけの)ことで、ミョーな達成感とのトレードオフで失われてしまったのでしょうか。こんな《クール・ジャパン》は要らない。

 次戦、冷静さを保ちつつも《熱》がギンギンに入り込んだ試合をコロンビア相手にやって、90分をあっという間に過ぎ去らせてほしいです。4年に一度の真剣な勝負の場を消化不良で終わらせては絶対にいけない。W杯本戦という場で応援する側の熱量を奪い去る闘いを3つ続けてしまったら、ニッポンサッカーのこれからへの繋がりが大変なことになる、です。


 
 しかしまぁ、2時起き、3時起き、4時起きと、体内時計がメッチャクッチャになっちゃってます(笑)。
by masa156v6 | 2014-06-22 03:53 | Soccer | Trackback | Comments(0)

メガーヌ・4コマ

c0005077_2294652.jpg
c0005077_22101414.jpg

c0005077_2210066.jpg

c0005077_22102851.jpg
 5月に一度この順番でアラートが出たものの10分後に自然消灯しました。
 その後、しばらく出なかったのですが、3週間くらい前に再度点灯。今度はずっと消えません。

 ってことで、現在、車検整備のタイミングでこちらのトラブルシューティングも合わせてお願いしているのですが、エラーログから、どうやらESPポンプ、若しくはそのポンプへ繋がるケーブルのいずれかの不具合の可能性が高そう、とのこと。
 当初、車検整備はシャンシャンでサクッと完了するものと思っていたのですが、当該個所へアクセスするのにエンジンを降ろす必要がありそうとのことで、少々時間が掛かる見通しになりました。

 ま、延長保証には入らないので、3年ギリギリでこの現象が発現してくれたのは不幸中の幸い。
 
 
by masa156v6 | 2014-06-18 22:22 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

Nürburgring -norschleife 15th-May-2014 7'54''36

c0005077_0124748.jpg
 http://www.renaultsport.com/Megane-R-S-275-Trophy-R.html





c0005077_2356563.jpg
 http://www.autocar.co.uk/car-review/renault/megane-renaultsport/first-drives/renault-megane-275-trophy-first-drive-review
by masa156v6 | 2014-06-17 00:15 | Megane R.S. | Trackback | Comments(1)

今週末-Tsure-zure

1.Apple Store - Omotesando
c0005077_21112964.jpg
 金曜・夜に打合せで近くを歩いていて、ヒトの熱気を感じ、『あ、そうだ。今日(13日)オープンだった』のを思い出しました。
 1F&B1の2フロアで、中央にある螺旋階段で行き来します。20時を回っていたものの、オープン初日ってこともあって結構な混雑。
 自分は3台目のiPad(mini-retina)を去年冬に銀座店で買ってから数ヶ月だし、カミさんも数日前にExperiaからiPhone5Sに替えたばかりだし、なので、少なくとも本体を買いに来ることはしばらくなさそう。


2.Marron
 やっとやっと冬毛から夏毛への換毛が始まりだしました。散歩から戻ってくるたんびに、ブラシを掛けて冬毛を取るようにしていますが、毎年のことながらすんごい量です~。
c0005077_21331563.jpg
 今朝。散歩から帰ってきて芝生の日陰ゾーンで寛いでました。ゴハンも、いつもはリビングにおいているケージの中で食べているのですが、今日は外(庭)で。ヒトがBBQをやるときに感じるように、室外で食べるドッグフードはちょっとでも美味しく感じるのかどうかわかりませんが、いつもより早いペースで完食してました。
 
c0005077_8503754.jpg
 

3. Japan 1-2 Côte d'Ivoire 
 もう、朝からガックシきてますが、内田の談話が唯一心強い。2分で終わってしまう4年ではない筈。金曜・朝は、まず、しっかりと勝ち切ってほしい!
by masa156v6 | 2014-06-15 22:02 | etc..... | Trackback | Comments(0)

-愛車遍歴- My-1st-Car (P10・日産プリメーラ 2.0Tm)

c0005077_2245886.jpg
 日産プリメーラ・2.0Tm。自分の最初の愛車(※ミニカーはTeですが)。ガンメタ。

 元々のキッカケは、学生時代・ゼミの同期が卒業後早々にこのクルマを買い、一度乗せてもらったときにその絶妙な硬さの乗り味と正確なハンドリングに一気に"刷り込み"が入り、『このクルマを買う!』モードに。それから数ヶ月後に近所の日産Dに足を運び、ハンコ押し。

 しかしこのプリメーラ、最初のクルマだっただけによくブツけ、そしてナゼだかよくブツけられました。
 納車2日目に近所の路地に入り込んでしまい行き止まりにハマり込み、一旦バックして元の道へ戻ろうと何度か切り返しているうちに、左側のブロック塀の壁にほぼ数センチの距離にピタ寄せ。ハンドルをどう回せばクルマがどっちにどのくらい動くかの感覚が掴めていないが故、エイや!で曲がってみたところ『ズザザザザっ』というかなりの大きさの衝撃的な音が・・・。
 冷や汗をかきながら降りてみてみたところ、左側の2枚のドアがまぁ見事にベッコリ&(塗装が削れ落ちて)ガリガリな下地の白が露出・・・。あまりのヒドさに自分にアタマに来て、左フロントドアを一旦開けて、勢い付けてドンっ!と閉めたところ、『ボムっ』という音とともに凹みが60%くらい戻りました。

 このキズについては友人ルートで板金工場を紹介してもらい、結構安く直してもらった、のですが、情けないことにその数週間後に同じところをまた同じように擦ってしまって(2回目はブロック塀ではなくコンクリート柱だったので微妙に相手が異なったのが唯一の識別ポイント)、さすがに呆れられてしまい、またお願いを出来る空気が生まれてこなかったので、そのままの状態で乗ってました。

 で、数ヶ月後。
 自宅でのレポート推敲中にすっかり煮詰まってしまい、気分転換を兼ねて首都高へ。横浜方向から1号羽田線を上っていたところで事故渋滞。動いたり止まったりを繰り返しながらノロノロと走りつつ、事故現場の真横に到達。タクシーにセダンがオカマを掘っちゃっていて『あらららら、これは結構激しくやられちゃってるな~』とつぶやきつつ前のクルマに連動して停止した瞬間に突然『グゥオワシャーンっ!』という強い衝撃が・・・。

  路肩にクルマを寄せて、停車。相手はデリカ。げっ。で、残念なことに当時流行っていたカンガルーバンパー装着車両・・・げげげっ。自分のガンメタ・プリメーラは、ウインドウこそ割れは出ていないものの、リアトランクの縦横比が明らかに変わって見える状態でベッコリと凹んでます。
 何とか自走出来たので、桜田門による現場検証後、その状態で帰途に。あまりの姿に、その日、後ろに近付いてくるクルマはいませんでした(・・・)。

 0:100の事故だったので相手の保険で直しましたが、それ以降は憑きモノが落ちたかのように、ほぼほぼ大過なく過ごすことができました。


 このクルマについては、シートのビニールを剥がすか剥がさないかのうちにボコボコにしてしまったという申し訳なさがどうしても先に立ってしまいますが、ステアリングを切った分だけクルマが曲がることの精度がとにかく高くて、クルマを運転する楽しさをカラダで覚えさせてもらえました。
 誰が見ているかわからないのであれこれは書けませんが、色々と楽しい記憶が残ってます(笑)。でも、ナゼだか、そういえばプリメーラでは遠距離ドライブはしなかった(遠くて日光くらい)です。

 内装はTmということもあって地味のひとこと。ですが、それがイイ、といえるプレーンな魅力がありました。
 また、たTeに標準でついてくるF/Rエアロバンパー、サイドシルスポイラー、リアウイング のセットがどうしても欲しくなり、結局早々に全部ディーラーで後付け。最初からTeにしときゃ良かったと未だに思います。

 乗り始めてから2年半。初回車検の声がチラチラと聞こえ始めた矢先に《Car-EX》という雑誌に特集されていたBMW-318is(E36)・MTに目が釘付けになり、気もそぞろになってしまい、乗り換えを決意(が、結局318isではなくレガシィになってしまいましたが)。


 90年代前半のクルマなので街中で見掛ける回数は減ってしまいましたが、いまでもキビキビと走っているP10プリメーラを見ると色んな記憶が戻ってきます。

 
by masa156v6 | 2014-06-15 05:57 | Cars | Trackback | Comments(2)

My -愛車遍歴(1:43Ver.)- "No-Car,No-Life"

c0005077_1923644.jpg
188プント(ELX)がやってきてくれたので、どうにもこうにも手に入らない(というかそもそもモデルとして作られていない)BGレガシィ・グランドワゴンを除いての自分の愛車遍歴(今までの遍歴・10台のうち9台)が 1:43サイズで自宅リビングにてひっそりと振り返られるようになりました。

1st-Car 《日産・プリメーラ(P10) 2.0Tm》
2nd-Car 《スバル・レガシィ・ツーリングワゴン(BG) GT-Bspec》
3rd-Car 《スバル・レガシィ・グランドワゴン》
4th-Car 《アルファ・ロメオ・アルファ156-2.5V6》
5th-Car 《アウディ・オールロードクワトロ 2.7T》
6th-Car 《アルファ・ロメオ・アルファ156GTA-SW》
7th-Car 《フィアット・プント・ELX》
8th-Car 《ルノー・メガーヌR.S.》
9th-Car 《BMW・325i(E90)》
10th-Car 《シトロエン・C4》


 
 パッと見たところ、自分の性格も手伝ってか、インパクトの強い外装色を選んではきていないことが一目瞭然となりました。プントのカリプソオレンジとGTA・SWのデイトナブルーはけっして地味な色ではないのですが、やっぱり黄色と赤色があるのとないのとでインパクトが変わってきますね。

 それにしてもやっぱり188プントから漂ってくるオーラはタダモノではないです。凄みすら感じさせられる出来栄えで、ついつい目が止まってしまいます。


 これからチラチラと、自分への備忘録を兼ねて、残っている記憶を頼りに1台ごとの遍歴録を記していければな、と思ってます。

 
by masa156v6 | 2014-06-14 19:35 | Cars | Trackback | Comments(0)