<   2013年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

20130831_AM 宮ヶ瀬

c0005077_16375146.jpg
 多摩地区は特に台風の影響も受けずで、朝から結構良い天気。
 もっと早起き出来たら箱根へ行くつもりでしたが、若干出遅れてしまったので、行き先を宮ヶ瀬に変更。1時間ちょっとで着きました。

 10時ちょっと前の鳥居原パーキングは、結構空いてました。顔見知りの方とお会いすることもなかったので、太陽が雲に隠れたり、切れ目から顔を覗かせたり、の繰り返しを何度か見ながら缶コーヒーを飲み、落ち着いたところで出発。今日の目的地へ向かいます。


c0005077_18115033.jpg
 オギノパンであんぱんを6個買って、宮ヶ瀬湖畔の道をグルッと回って着いたところは
Le-café-d'-Oguisso(カフェ・オギッソ)。
 数ヶ月前に宮ヶ瀬に向かう道すがら、目に入ったカフェなのですが、帰宅後にweb-Pageを見たところ、静かな雰囲気で美味しい珈琲を頂けそうな雰囲気が漂っていたので是非寄ってみたいと思っていたところでした。

 静かで適度に涼やかな空間とBGMがナンとも心地良く、宮ヶ瀬湖を望むカウンター席でひとり暑さを忘れてボーッと落ち着かせてもらいます。
 入った時間が11時過ぎだったことから、軽く食べちゃおうということで、薫風(アイスコーヒー)と卵サンドをお願いしました。

c0005077_16562168.jpg
 アイスコーヒーはロックグラスで出てきて、ビーカーから自分で注ぎます。ノド越しが良く、適度な深みがあり、美味でやんす。
 サンドウィッチのたまごも、フワッフワぁ~♪。マスタードソースの味付けも上品で、これまた美味しくて余韻を味わうまでもなくパクパクと頂いてしまいました。かなり満足です。

 帰り際にマスターと少しお話しましたが、気さくな方で、次回宮ヶ瀬に行く折には是非また立ち寄りたい(今度はクレーム・ブリュレを食したい)と思った次第です。
 



 心地良い満足感に満たされながら、エアコンが普通に効くメガーヌに乗り、246に出て、東へ。
c0005077_1762097.jpg
 市ヶ尾のルノーDさんの店舗が新VIでの改装工事を終え、今日新装オープンでしたので、チラッとお祝いをお持ちしてきました。2ヵ月間に渡る真夏のプレハブ店舗での仮営業はタイヘンだったかと思いますが、キレイなお店は、やっぱりイイですね。

 エントランス前に、MCカングー《(ゼン・・・ブルー・エトワールM)》がいました。個人的には、《(アクティフ・・・グリ・メタン)》の組み合わせが好みです。
 
 ショールームは結構賑わっていました。新型ルーテのデビューも間近ということで、ますます活気づいてほしいところです。


 近場ドライブでしたが、気持ち良く走れました。
by masa156v6 | 2013-08-31 17:13 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

脱力画像。

 今日のお昼過ぎ。

 タイトル 《スミマセン》

という、本文に目を通すのを躊躇いたくなるヤ~な携帯メールがカミさんから。


 文章を読み、とりあえず文面では状況、程度が判らないので、該当箇所の画像を送る様にと、返信。




 ・・・・・待つこと2分。





c0005077_2051518.jpg




 ・・・・・・・・・・・・・。脱力画像がiPadの画面イッパイに拡がってきました。

 曰く、私有地から道路に出ようとして、切り下げになっていると思いきや、左側に寄り過ぎてしまって切り下げになっていない高いところから左側前輪がドスンと落ち、その直ぐ後ろのサイドシルが当たってしまい、力がその上のフロントフェンダーへ(気付いてませんでしたが、C4のフロントフェンダー、樹脂製なんですね・・・)・・・。ってことで、樹脂パーツがパックリと割れちゃってます。

 修復~再塗装を考えると、同色の左フロントフェンダーを見つけてのパーツ交換の方がリーズナブルかなと(ナンとか調達に当たりが付けられそうなので・・・)。
 第一次初期化・完了~が見えていただけに脱力感がより強く感じられるところではあります・・・。はぁぁ。
by masa156v6 | 2013-08-29 21:05 | C4(B5RFJ) | Trackback | Comments(2)

東伊豆へ小旅行(by C4)

 ちょっと遅めの夏休みを頂いてます。

 当初は、ここ数年恒例化しつつある、淡路島のウェスティンへ足を伸ばすことを考えていたのですが、休暇取得日程がなかなか確定しなかった等、諸々の事情によりタイミングを逸してしまったので、今年はどうしようかと。

 そんな折、小学校低学年にして、ナンだかよく判りませんがとにかく《温泉大好き!》なコドモの強い希望を聞き、伊豆方面の旅館を当たってみることに・・・。

 《一休.com》で伊豆方面の旅館の日程検索を掛けていて、『ここは良さげ』と感じたのが、今回宿泊させて頂いた《運龍》さんでした。前後の家族の日程がナンダカンダと決まっていて、1泊のみになっちゃいましたが、パパッと予約して、いざ当日。


c0005077_73997.jpg
 朝、マロンを自宅近くのペットホテルに連れて行き、それから出発。お昼ゴハンをどうしよう~となったので、御殿場で降りて《Tanta-Roba》にてランチ。
 お天気がイマイチで、雲が立ち込めていて富士山を望むことは出来ませんでしたが、だだっ広い芝生と近くに生い茂った木々をぼ~っと見ていると、疲れが取れます。

c0005077_772954.jpg
 食事を摂った後、少し足を伸ばしてメタセコイア並木へチラ寄り。C4で行くのはモチロン初めて。こちらも天候がイマイチだったので撮影面を含めてちょっと残念でしたが、カミさんとコドモは綺麗な背の高い並木に囲まれて相当喜んでいました。


 ここから東名に乗り直し、沼津ICで降り、あとはひたすら一般道。ナビの設定を間違えて《抜け道ルート》を押してしまっていたので、途中で細い山道へ案内され、6kmくらい軽くビビるくらいの細い山坂道を走行。コドモが『こ、コワいんだけど・・・』と後部座席からこぼしてました(笑)。
 また、お昼から夕方に掛けて、車中に聴こえてくる御当地FM(FMIS(エフエム・イズ))の若干シュールな放送がツボに来て愉しかったです~。


 そんなこんなで《天城越え》をし、ようやく河津へ。途中の抜け道(山道)の分だけ、到達感が強く感じられました。
 ループ橋を渡り切ったところで左に折れ、ちょっと走ったところで《運龍》着。ロビーの落ち着けるソファに案内され、チェックイン。そのときに出して頂いたヤマモモのジュースが適度に濃厚で美味しかった~です。
c0005077_7252572.jpg
 部屋に案内して頂き、一気にリラックスモードに。今回、ベランダに足湯が付いている部屋を予約したので、先ずはここから楽しむことに。
c0005077_7273534.jpg
 いやぁ~、気持ちイイっす。夕方の東伊豆は寒くもなく暑くもなく、鳥のさえずりがあっちこっちから聞こえてきて、池を泳いでいるコイも元気そう。

 それから、食事前に温泉に入り、サッパリ&ゆったり。癒されまする~。

 作務衣の様な浴衣に着替え、食事処にて夕食。仲居さんの適度な距離感を持っての給仕、説明が心地良く、また、何よりも食事が本当に美味しかったです。
c0005077_7355326.jpg
 結構なボリュームではありましたが、どのお料理も喉触りが優しくて、お昼ゴハンがかなり重かったにもかかわらず美味しく完食。自分の食への造詣の浅さ故、お伝えできることが殆どないのがナンとも・・・なのですが、食中~食後と、家族3人がみんなニッコニコになってました。


 部屋に戻り、落ち着いた後、22時からひとつの温泉を家族貸切に出来るとのことで露天風呂へ。ゆ~ったりして、ネットが繋がるロビーへiPadを持って。ホントは帰って来るまで仕事を忘れたいのですが、このタイミングの休暇ってことでそうもいかず。
c0005077_8105227.jpg
 この画像は翌朝のチェックアウト時に撮ったものですが、JBL-4344から聴こえてくるジャズの音がロビー全体にとても沁み渡る感じで聴こえてきます。ほかに誰もいないこともあって、しばしこの空間の贅沢さを堪能させてもらいました。

 ただ、ロビーから部屋に戻るときの渡り廊下は結構な雨脚で端の方が濡れていました。朝になるまでに晴れてほしいと思いつつ、就寝(というか爆睡)。



c0005077_8155994.jpg
 翌朝。天気がドンドン良くなってきて、青空出現。ベランダの足湯に浸かりながら外を眺めていると、鶴(?)のような鳥が優雅に飛んでました。
 日が差すとさすがに少し暑さを感じるものの、雲が太陽を隠してくれるとすぐに涼やかな風が静かに吹き込んでくれます。この環境で足湯に浸かってもの思いに耽る・・・(ってネタもないので遠くの緑を眺め続ける)、これは久しぶりに贅沢な時間を過ごせました。


 温泉に入り、それから朝食。朝ごはんもとても美味しかったです。
 それからロビーにてコーヒーを頂き、部屋に戻ってベランダに出て足湯に浸かり、読書・・・ではなく、《ENGINE・10月号》を(・・・)。
c0005077_8213392.jpg
 


 大満足で、チェックアウト。こちらの手続き中、女将さんとカミさんが色々と話をさせて頂いてましたが、3人共本当に気に入りました。こちらへはまた機会を見つけて伺います(今度は2泊以上したいッス)。
c0005077_723247.jpg



 宿を出て、すぐ近くの《河津七滝》へ。
 全てを巡ることはできませんでしたが、《カニ滝》と《出合滝》を見てきました(画像はいずれも《出合滝》近く)。
c0005077_834025.jpg
c0005077_834844.jpg
 間近で滝を見たのが初めてのコドモは、流れの強さを食い入るように見つめていました。


  帰り路は、抜け道を通ることもなく、国道経由、沼津から新東名に乗りました。
 途中、御殿場のアウトレットにちょっと立ち寄ってからサクッと帰宅。平日の夕方差し掛かり前、だったので渋滞もナシ。

 C4、往復350kmくらいをスイスイ快適に走ってくれました。往路・復路ともに天城越えあたりでは空いている国道であっても2速キープを勝手にしてくれるAL4に『も、もしかしてAT壊れたかっ?』と、慣れていないが故ちょっとビビったりしました(笑)が、燃費はともかくこのプログラミングだとアップダウン路走行が結構ラクです。乗れば乗るほど愛着が湧いてくるクルマです。

 ただ1点、グラスルーフが相当効いていると思われますが、車内が暑ぢぃ~。エアコンの風量をそこそこ上げないと後部座席に涼がなかなか届かない状態でした。ガスチャージくらいはしとこうかなと。


 ゴハンと空気が美味しい小旅行から、マロンを迎えに行き、日常に戻りました。
 また色々と頑張って、リフレッシュしに出掛けたいです~。
by masa156v6 | 2013-08-28 08:38 | C4(B5RFJ) | Trackback | Comments(4)

C4 ウインドウフィルム・施工

c0005077_1644912.jpg
 家族グルマとしての稼働が主であるC4。ってことで、ウインドウフィルムを貼ることにしました。
 お願いするのは、オールロードのとき以来ほぼ毎回お世話になっている横須賀の業者さん。黙々と丁寧な作業をしてくれるので信頼しています。

 今回、貼ることにしたのは
・リアドア・2面、リアクォーター・2面、バックドア1面 計5面 ・・・ ソーラーガード クァンタム19
・フロントドア・2面(運転席&助手席) ・・・ 3M ピュアカット89

の2品番です。

 《ソーラーガード・クァンタム》は、156GTA・SWに貼ったときに、その見た目が俗に言うスモークとは異なる薄い金属ならではの柔らかい質感と、車内側から外を見るときの視界の確保率の高さ の両面で非常に気に入っていて、以降、プントにも貼りました(※そういえばメガーヌにはウインドウフィルムを未だ貼っていないので、遅まきながら検討しようっと)。

 C4で横須賀のショップに到着したのが24日の10時ちょっと前。ちょうど前日に同じフィルムを施工したチンク(Gucci・Edition)が引渡し準備されていましたが、グリーンとレッドのラインはインパクト強いです。また、この仕様だとシートベルトもグッチカラーなんですねぇ。


 ショップのIさんと施工前のいくつかの打合せを行ない、リア・クォーターガラスに貼られているFM多重アンテナ(フィルムタイプ)は剥がすことに決定。これでナビにての渋滞情報は得にくくなりますが、まぁしょうがない。

 で、C4を預けて、代車(紅いパジェロ・ミニ)にて帰途に就きました(途中で逗葉新道近くのマーロウに寄ってプリンを買って帰りました。相変わらずお腹イッパイな量です・・・)。


 今日。朝10時くらいにIさんに電話したところ、引き渡せる程度に仕上がっているとのことでしたので、保土ヶ谷バイパス~横横をお借りしているパジェロ・ミニでサクッと走り、ショップへ到着。早速C4を拝見しましたが、いつも通り、シッカリ、キッチリ仕上っています。 
 ただ、ソーラーガードの特性として、水が抜けるのに時間が掛かることから、暫くはウインドウの開閉時にちょっと気を付けたいところです。
c0005077_16232890.jpg
 
 

 せっかく横須賀まで来たので、三崎まで足を伸ばそうかなとちょっと思ったのですが、近々伊豆へ出掛ける予定があるので、今日のところはおとなしく帰宅することにしました。


 今日の横横。
 朝の下り(狩場⇒横須賀方面)で、C4ピカソとDS5を立て続けに見掛けました。そして、お昼過ぎの上り(横須賀⇒横浜)ではC4ピカソと並走。特に走っているDS5を見るのは初めてだったので、軽く鳥肌が立ちました。特にリアクォーターアングルがカッチョ良くて小ぶりな宇宙船って感じで印象深かったです。

c0005077_16281520.jpg
 今日は猛暑が収まっている一日で、ウインドウフィルムを貼ったことによるメリットを体感する機会は得られませんでしたが、まぁこれでまたひとつリセットワークをクリア。次は、ホイール修理~だす。
by masa156v6 | 2013-08-25 16:29 | C4(B5RFJ) | Trackback | Comments(2)

メガーヌR.S. 《給油口ステッカー》 (※画像差し替え)

c0005077_1816470.jpg
 思い付き企画・第◎弾?今回もACHさんの多大なるお力添えを頂いて、メガーヌR.S.のフロントフェイスをモチーフにしたキャラをつくり、
・給油口ステッカー
・ウインドウステッカー

の2アイテムを制作してみました(※画像は給油口ステッカー)。
c0005077_18163817.jpg


 メガーヌのスパルタンなイメージとはちょっと離れるかもしれませんが、個人的にこのキャラ、相当気に入ってます。
c0005077_18164719.jpg
 サイドアングル・車両全体の中での給油口ステッカーの見え方。W=130mm程度のものなのですが、結構視覚的に無視できない存在感があるものなので、ステッカーを作ったり貼ったりすることは本当に難しく、奥が深いです。
 自室に、オリジナルで作ってはみたものの、日の目を見ないステッカー、エンブレムが相当な数になってきていて、ちょっとヤバいッス・・・(といいながら、また何かのキッカケでやってみたい虫が疼き出す気が>だはは)。
by masa156v6 | 2013-08-25 09:56 | Megane R.S. | Trackback | Comments(4)

C4 "ABS System Faulty" and "ESP System Faulty" Message appeared

c0005077_1543165.jpg
 残暑厳しい日中、軽くビビりました(笑)。

 お昼ちょっと前に、自宅近くの家電量販店(元・カルフール)に切れてしまった自宅廊下用電球を買いにC4で出掛けました。

 サクッと買い物を済ませてクルマに戻り、イグニッションをオン。サイドブレーキを戻し、シフトレバーを"D"に入れ、スタート・・・・・・・・。ブレーキペダルから足を離しても、クルマが全くクリープしません。アクセルペダルを踏むと、微妙に動きはするのですが、強力なサイドブレーキが掛かっている様な抵抗があり、???となったところで、フロントディスプレイに
"ABS System Faulty"   
"ESP System Faulty"

という二つのコーションメッセージが現れました。

 一旦エンジンを切り、時間をおいて再始動。エラーメッセージは出ず、コーションランプは一旦全て消灯するのですが、クリープはしません。で、アクセルを強く踏むと数メートル走ったところで上に記した2種類のメッセージが現れます。クルマは動かないわけではありませんが、ものすごく強い抵抗を受けながら走らせることになるのと、アクセルを離した途端に急停車するので、これで路上を走るのはリスクが高い状況。

 ということで、最寄りのDさんまで積車で行くことを考えたのですが、購入店の方に電話して症状を話したところ、
『バッテリーの+端子を外して5分待ち、その後繋いだ状態で5分待ってからイグニッションを回すことでコンピュータの初期化がなされるはずなので、先ずはその方法で対処してみては』
とのコメントがあったことから、ボンネットを開けてゴニョッとやりつつ10分ほどおいてからイグニッション・オン。
 おぉぉぉぉぉぉ~。普通にクリープしてくれます。リバースに入れたところ、普通に後退動作をしてくれます。
 ホッと一息。

 ただ、最寄りDさんの担当の方に電話して状況を伝えたところ、『一応テスターに当てて確認をした方が良いと思います。是非お立ち寄りください』 とのアドバイスを頂き、確かにその通り、ということでスロープを降りてサクッと10分弱で横浜・緑に到着。
c0005077_16182563.jpg
 電話で対応して下さった営業担当氏は接客中であったことから、言付けを受けた方がフォローをして下さったのですが、事前・事中・事後の状況説明を丁寧・的確にして下さいました。

 私がDさんに入ったときは先客は1~2名くらいでしたが、そこからどんどんに来場される方が増え、5つくらいのテーブルは全て埋まりました。C3、DS3、C5に関心を寄せられている方が多かったような気がしました。

 個人的に、色遣いに惹かれたのが展示されていたDS3・CABRIO
c0005077_1644942.jpg
c0005077_16444595.jpg
c0005077_16445311.jpg
c0005077_16451226.jpg
 ホワイトとコントラストをなす、若干パープルが練り込まれた感じの深いブルーの絶妙な色調、大っ好きなカラーリングで、惚れ惚れしました。イイわ。

 あれやらこれやらと飽きずにショールームにある新車群、屋外にある中古車群(先代C4、買う気マンマンで探していた頃は全くタマがなかったのですが、ここに来て2台連続でワインレッドの2.0エクスクルーシブの出物が出てきています>出会いってそんなもんなんですよね~)を見せて頂いている間に時は経ち、確認作業・完了の連絡を頂きました。
c0005077_16202556.jpg
 ピットに入れてテスターでチェックして頂き、テスト走行を含めて御確認を頂いたのですが、恐らく問題はなさそう、とのこと。もしも同じ症状が再発する様であれば、ブレーキスイッチ周辺を含め、改めて確認・対応をして頂く、という旨の擦り合わせを行ない、クルマの引渡しを受けました。

c0005077_16531897.jpg
c0005077_16533660.jpg
 C4、この暑さでクルマが軽い熱中症にやられちゃったのかな?と思いつつ、港北経由で246を確認走行をしつつ帰途に就きましたが、とくに問題はなく、サクサク走ってくれて一安心。D(シトロエン・横浜緑)さんの迅速・的確な対応に感謝します。ありがとうございました。

 それにしても、この造形は見ていて飽きません(という同じ台詞が何度もでてきてしまいます)。Dさんのショールームにいる最新モデルもそれぞれ魅力があるかと思いますが、ワタシはやっぱりこのクルマのカタチが(シトロエンの中で)一番好きですね。
 ちょっと落ち着いたら、緑の中でパシャパシャ撮りたいなと思ってます。
by masa156v6 | 2013-08-18 16:54 | C4(B5RFJ) | Trackback | Comments(4)

メガーヌ ブレーキフルード交換

c0005077_225095.jpg
 そういえば・・・。エア・ポケットに落としてしまったが如く、メガーヌのブレーキフルード交換を納車以来していないままになっていました。

 ってことで、早速作業をお願いしました。
 作業完了後、廃油を見せて頂きましたが、イニシャルは無色透明であるフルードが、結構深いアメ色に変わっていました。これからは年1回スパンくらいで換えていこうと思います。

 
by masa156v6 | 2013-08-17 22:08 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

Citroen-C4(B5RFJ) Re.set-Work(#3)

 港北の工場に預けていたC4、夏休みのため一部パーツの供給がなされない等の関係で全メニューを一気に消化することは出来ませんでしたが、
・ATF交換
・フロントナンバーステー位置引き上げ

の作業が完了したとのことで、今日引き取ってきました。

c0005077_20405360.jpg
 ・《ATF交換》
 今回入れたのは《A.S.H.》の《VFS-ATF》。こちらの工場に入庫するAL4のATF交換はほぼほぼA.S.H.とのことで、しかも押し並べて作業を実施したクルマの調子が良好であるとのことで、純正ATFではなくこちらを入れて頂きました。交換量・・・3.4Litter。

 整備記録簿を見る限り、このクルマはATF交換を実施していないと思われます(距離も20,000kmを少し越えた程度なので)。工場長曰く、鉄粉の様なキラキラしたものが廃油から見受けられたとのことですので、やはりこれが初交換である模様。

 納車時から感じていた1速~2速へのシフトアップ時のちょっとした引っ掛かりのような段付き感。ソレノイドバルブを替えなければならない云々のような事象では全くありませんが、かといって快適なものでもありません。

 が、ATF交換後は、この段付き感に薄い真綿がスぃ~っと包まれたような印象に変化。想定以上の変化を感じられたせいか、運転中、無意識に若干半笑いになってしまいました(・・・)。これは確かに効果あり、ですね。

 今後も、《20,000kmおきに3.4~3.5Litterほど・A.S.H.のATFを》交換していくサイクルでケアしていくつもりです。


c0005077_2131416.jpg
 ・《Fナンバープレートステー・位置引き上げ》
 フロントナンバープレートステーの位置を22mmほど上方へ移動して頂きました。フロントバンパーのセンター・下端部より2mmくらいナンバープレート下端部が上に位置しています。見た目も特におかしくないし、これから傾斜地運転、段差超えのときに多少気楽に乗れるかと。


 あと、ルームクリーニング完了後のC4の内装を太陽光下でゆっくり見てみました。
c0005077_2175017.jpg
c0005077_21804.jpg
c0005077_2181034.jpg
 この場合、Before-Afterの画がないと、ほぼブログに上げる意味はない様な気がしますが、個人的には相当満足度が高い作業をして頂いたと感じています。7年落ち中古車ですが、しっかりリセットが掛かって、満足・納得出来る内装に仕上がってきました。

 また、画像からだと伝えようがありませんが、消臭効果も相当なものです。納車時に鼻へ来たインパクト、さしてイヤな種類のニオイでもなかったのです(もしかしたらC4に設定されていたいずれかのパルファムの匂いかもしれません)が、そこそこのものであったが故、メインドライバー(カミさん)から何とかしてほしいとの要請があり、それもあってプロに依頼したのですが、予想以上の結果となり、嬉しいところです。

 こうなると次はホイール(~)。豪快な右リア1本で済ますか、そこそこのガリキズがある2本を加えて計3本に手を付けるか、ちょっと考え中です。ただ、ここまで進められれば、それなりにC4のリセット作業が進捗したといえるかなと。


 ATF交換効果が手伝ってか、夜に港北から自宅までちょっと乗った際のクルマの快適度が上がっているのを感じて、結構嬉しいです。少しずつ、馴染んでいきたいところでやんす。
by masa156v6 | 2013-08-14 21:15 | C4(B5RFJ) | Trackback | Comments(4)

O-Bon 2013

c0005077_20172513.jpg
 夏季休暇を遅めに取ることにしたので、今週は通常業務。
 とはいえ、シゴトがちょっと落ち着いた流れになったので、今日の午後と明日は有休にしました。芝公園~六本木あたりも交通量は少なく、平日昼間ながらメガーヌで快適に移動。
 箱根に行くにはちょっと遅い時間なので、代官山TSUTAYAにでもカオ出そうかなと思ったのですがナンとなく気乗りせず、246を旧山手へ左折することなく、そのまま池尻から首都高に乗りました。

c0005077_2022652.jpg
 横浜青葉で降り、向かったのはいつもの工場。お願いしていたC4の整備はほぼ完了しているとのこと。フロント・ナンバーステーの位置もしっかり上げて頂いたので、これで鋭角侵入時や段差越えの際にナンバーをグニャッとやってしまうリスクがほぼなくなったかなと。
 C4は明日か週末かに代車のプントと入れ替え戻りになる予定です。


 今日はゲリラ豪雨との遭遇がなさそうな一日です。
by masa156v6 | 2013-08-13 20:28 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

Mercedes-Benz. CLA

c0005077_2312046.jpg
 クルマ好きの同僚と雑談をしていて『《CLA・45・AMG-4MATIC》に乗ることをかなり真剣に考えているのだけれども、発表直後なので未だ実車を見ていない。画像や動画を見る限りでは、後部座席へのアクセスがちょっと気になる。でも、Aクラスベースの2boxには興味はなく、買うならCLAベースのAMG一択。』という話を聞いたのが数日前。
 ちょうど六本木を通り掛かったので、ミッドタウンのパーキングにメガーヌを停めてMBC-2に寄ってみました。

 AMGはコネクションにもない状態でしたが、ノーマルモデル(CLA-180)が試乗車としてあったので、乗ってみるついでに後ろの座席にも乗り降りさせて頂くことにしました。
c0005077_23184413.jpg
c0005077_23242168.jpg
c0005077_2319565.jpg
 実車のアピアランス(特にリアドアより後ろのセクション)は、Aクラスを無理やり3boxボディに延ばしてみました的なやっつけ感は皆無で、惹かれるデザインでした。フロント、サイド、リア いずれの角度から見ても《品の良い押しの強さ》が感じられました。

c0005077_23245268.jpg
c0005077_2325019.jpg
 リアの乗降性、座り心地。
 このルーフラインなので、乗り降りしやすいとは全く云えませんが、慣れればさほどストレスは掛かんないかな、と。
 また、リアシートに数分間座らせて頂きましたが、頭上方向に多少の圧迫感はあるものの、乗ってしまえば慣れられるんじゃないかな、という印象を持ちました。

 試乗コースは、乃木坂〜246〜赤坂見附交差点Uターンという10分程度のもの。乗り心地云々よりパッケージング確認がメインではありましたが、操作感のカッチリさは流石ですね。
MBCの方の丁寧・的確な御対応を頂き、気持ち良くお礼を申し述べた後に本人に電話連絡。百聞は一見に如かずなので、一度六本木で実車を見た方が良い、とだけ伝えました。


c0005077_23375676.jpg
 今日のミッドタウンのパーキング。
 たまたま自分が停めたエリアの向かいにはP911が2台いましたが、ナゼだか今日は現行Cクラスが多く止まってました。試乗中にコネクションの方と話をしましたが、現行Cクラス、モデル末期にもかかわらず相当順調に販売を伸ばしているとのこと。クルマそのものにチカラ(魅力)があるのでしょうね。


 メガーヌは、この暑さにも音を上げることなく、エアコンもキチンと効いて快適に走ってくれました。
 帰りの246~首都高もスイスイ流れてくれたので、予定より早く自宅到着~。


※MBC・試乗車については、ナンバー消し込み処理を実施していません。
by masa156v6 | 2013-08-11 23:46 | Cars | Trackback | Comments(2)