<   2013年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

TopGear Track-Time-Attack (Megane R.S. 250)




MC前のメガーヌR.S.、Stigによるタイムアタックの動画がありました。

 
 マットブルーMのラッピングをしてから約2か月。フィルムの剥がれや浮き等は特に出てきていませんが、飛び石キズ(フィルムの下にあるノワール・エトワールMカラーが点で見える)が散見されるようになってきました。これはまぁしょうがないので、どうしようか考えようと思います。
c0005077_19582271.jpg
 ブルーに(テンポラリーですが)変えてラクになったのは、ブラックに比べるとやっぱり汚れが目立ちにくくなったこと~。325のシルバーほどではないにせよ、まぁあまり気にならなくはなりました。
 裏を返せば、それだけ黒は洗車のし甲斐がある(洗うことの達成感が得られやすい)色だと言えるかと。


 
by masa156v6 | 2013-02-24 20:03 | Megane R.S. | Trackback | Comments(2)

ABARTH 695 EDIZIONE MASERATI

c0005077_15475589.jpg
c0005077_15481337.jpg
c0005077_154829100.jpg
 COLLEZIONEさんに≪ABARTH 695 EDIZIONE MASERATI≫の実車が入庫したとのことで、外装色見たさに等々力へ伺ってきました。

 成瀬社長がお忙しい中御対応下さり、エンジン音を聴かせて頂きました・・・迫力ある排気音にビックリ!アイドリング音、昔のスバルのボクサーエンジンのような≪ボッボッボッボッボッ≫というもので、色を見に行ったはずなのに、一気にこのクルマが好きになってしまいました(どはは)。メガーヌが静かな分、音で主張するクルマと出会うと、ナンとなしに惹かれちゃいますね~。

元々のABARTH・500Cを知らないので、クルマ自体がとても新鮮で、幌の開閉操作でワクワクしてしまいました。
 マルーンカラーも、阪急電車好きにはタマらない(?)ものでした。内装のクリーム系レザーシートとの配色バランスもすんばらしく、イタ車の面目躍如そのもの、といったところでしょうか。

 いやぁ~、イイモノ見せて頂きました。正直、ちょっと欲しくなっちゃったくらい色々な魅力が凝縮されたクルマです。

c0005077_165175.jpg
 隣りに並んでいたクワトロポルテ、入庫したばかりのビアンコ・フジの個体で、ピッカピカでした(2007年式と聞いて驚愕・・・新車の雰囲気がまだ残ってる感じだったので)。
 この代のQPはワタクシにはサイズ的に厳しいと思っているのですが、初めて実車に触れて、リアドアの開閉をさせて頂いたときの高密着感(?)に驚きました。内装もキレイで、機関的にも◎とのこと。イイわぁ~(トロけモード)。
 いざ所有するとなると、一般小市民的にはランニングフィーの問題が出てくるのでそうそう動けるものではありません・・・。ただ、この佇まいを目にするだけで、ちょっとシアワセな気分になれます。

 
 午後のひととき、とても良い目の保養をさせて頂きました。成瀬社長はじめCOLLEZIONEの皆さま、ありがとうございました。
by masa156v6 | 2013-02-24 16:16 | ABARTH | Trackback | Comments(2)

久しぶりの≪天啓≫

c0005077_0132074.jpg
 センター北の広東料理店≪天啓≫にて、ナンだカンだで久しぶりに夕食を。

 毎回お気に入りのほぼ同じメニューを食しています。
≪ピータンメインの前菜に始まり、肉料理~鍋焼き麻婆豆腐~ネギチャーシュートッピングが別盛りの中華そば~塩魚と地鶏のチャーハン≫ 
あたりで、3人揃って超満腹。なので杏仁豆腐まで行き着くことができませんでした・・・。

 肉肉星人化しているウチのコドモも、中華そばとチャーハンが相当気に入った模様。
 美味しい外食は、やっぱり元気が出ますねぇ~。
by masa156v6 | 2013-02-24 00:29 | eat_out | Trackback | Comments(2)

KANGOO-Couleur-2013

c0005077_20404318.jpg
 今夜。環八を南下していたところ、2013Ver.の3-Couleur が展示されているのが目に・・・速攻立ち寄り、見せて頂いてきました。

 夜間・室内・照明灯という環境下なので、日中・屋外で見るとまた違った見え方をすると思いますが・・・。

・紫・・・Webで目にしていたよりもハッキリした色調に見えました
・黄・・・標準設定のイエローがクリームがかっているのに対して、こちらは≪ザ・黄色≫って感じ
・青・・・ソリッドブルーならではの強め発色

 紫は、クルマのボディカラーとして今まで目にしたことがない系統のカラーリングで、特にインパクトが強かったです。

 去年がパステル系メインだっただけに、まごうことなきパキパキ系・高彩度の3Couleur・・・思わず目が覚めました~。
 どこかの路上で目に出来る日を楽しみにしてます。
by masa156v6 | 2013-02-22 20:54 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

Facelifted-Kangoo

c0005077_6205541.jpg
 3月のジュネーブショーで発表されるとのこと。ファニーフェイスではなくなり、ベンツにOEM供給するCITANのフェイスとの親和性が高いデザインに見えます。これはこれでアリのような気がしますが・・・。日本ではいつ頃切り替わるのだろう。
by masa156v6 | 2013-02-19 06:27 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

SUBARU XV

 何日か前、首都高でグロスオレンジ(パール)の≪SUBARU-XV≫とすれ違いました。路上で目にするのは(たぶん)初めて。ボディカラーとホイールデザインのインパクト、伊達ではなかったです。

 元・初代レガシィ・グランドワゴン乗りとして、ちょっとこのクルマに興味があったので港北のDさんに。スバル・ディーラーに顔を出したのはかなり久々(6~7年ぶりくらいかな)。

 着くや否や、その熱気に気圧されました。来客はひっきりなしで、10卓くらいある商談テーブルにも空きはなし。発表されたばかりの新型フォレスターの試乗車が休む間もなく出掛けては戻ってを繰り返してました。昔のスバルDしか知らない(オーナーとして通っていたのはBGの頃だったのでヘタすりゃ20年前・・・)だけに、まさに隔世の感、あり状態・・・。 
 ただ、懐かしい≪CARTOPIA≫を読んで、なんでかしらホッとしました。このあたりの空気感は変わってないな~。

c0005077_23415966.jpg
 セールス氏は皆さん接客中とのことなので、アシスタントの方からカタログを頂き、簡単な説明を受けた後、試乗させて頂くことに。このクルマの外装色はオレンジしか知らなかったのですが、試乗車の≪デザートカーキ≫というボディカラーは良かったです。ありそうでなかったグレーのようなグリーンのような薄いカーキ。オバフェンセクションのブラックとのコントラストも塩梅宜しく、カッチョ良いワイルドさを感じさせました。

c0005077_2346373.jpg
 乗り込んですぐ、目線の位置の高さに新鮮さを覚えました。オールロードを降りてから、もう6年経つのだねぇ。
 
 ほぼ長方形の外周路の様な試乗コースを10分くらい走行。アイサイト初体験でしたが、10万程度のOPであれば付けるだろうな、これは。

 初期加速も踏力に対してリニアな反応だし、ステアリングも落ち着いてるし(ちょっとだけ軽いかなと思いましたが)、乗り心地も良好だし・・・で、気に入りました。イイクルマです。やっぱりスバル、好きだわ~と思い返した日曜の午後、でやんした。




by masa156v6 | 2013-02-11 23:54 | Cars | Trackback | Comments(0)

ドライブレコーダ 装着

 昨今のクルマ絡みのトラブル事情を見聞きするにつけ、防衛策のひとつとしてドライブレコーダの有用性を感じていました。が、≪モノ≫として自分にピンと来るものがなかなか出て来ず、装着に二の足を踏んでいたのですが、ユピテルから機能、カタチ ともにオッと思えるものが発売されたので、早速2台分(2個)注文。

c0005077_2119039.jpg
 商品名は≪DRY-FH51≫。
・Full HD
・GPS搭載
・2.5インチTFT液晶(背面)
・専用ビューワソフトで詳細情報・確認可能
・RECスイッチで対象データ保存
というのが主要ポイント。また、円筒形ベースのデザインもシックリ来ました。

 
 ってことで、10日に2個とも到着したので、早速、まずはメガーヌR.S.に取付け。
c0005077_21424364.jpg
c0005077_21425530.jpg
c0005077_21415816.jpg
 助手席側・フロントスクリーン・ブラックドット内に両面テープ貼り付け位置を収め、カメラはギリギリでドットが掛からないようにしてみました(若干映っちゃってますが・・・)。
 ただ、この位置だとワイパー拭取り範囲にはならないので、改めてウインドウ撥水処理をしておかねば、です。

 走行後、マイクロSDを抜いて自室PCで動画チェックをしてみましたが、問題なし。急な暗転時や夜間、雨天時の映り具合はこれから確認します。


 今日は325iに取り付けました。
c0005077_21542738.jpg
 こちらも助手席側、ミラー、アンテナとギリギリで干渉せず、且つマイクロSDの抜き差しが問題なく出来る位置ってことで、こちらに。高さ的にはメガーヌとさして違わないのですが、BMWはこの位置にもしっかりワイパーが届きます。サスガだねぇ。

 
 これらの機能を、走行録画記録用途として使うだけに越したことはないので、自戒を込めて注意して乗ろうと思います。
by masa156v6 | 2013-02-11 22:09 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

代官山モーニングクルーズ(4th)

 昨日(2月10日)、≪代官山モーニングクルーズ≫に出掛けてみました。道は空き空きで、自宅を出てから20分ちょいでTSUTAYAに着いたのですが、残念ながら満車とのこと。路上コインP、R27の前の区画がちょうど空いていたので、停めさせてもらいました。
c0005077_2043836.jpg
 TSUTAYA周辺は、逆車線側も趣味系グルマがたっくさん停まっていて、縦列駐車の列を見ているだけで飽きなかったです。その画も撮れば良かった・・・。

c0005077_20482397.jpg
c0005077_20483167.jpg
 ≪代官山モーニングクルーズ≫、4回目にして初めて覗いてみました。ジャンル、新旧を問わず、クルマ好きが三々五々集まってくる、という緩やかな設定がイイですね~。で、気になったクルマをRX100で撮らせて頂きました。

c0005077_20491444.jpg
 S800とカニ目の2ショット。優しいボディカラーで、優雅な雰囲気が醸し出されてました。

c0005077_20501821.jpg
 
c0005077_20503998.jpg
 元・フィアット乗りとしてついつい目がいくクルマ。イイなぁ~。そういえば、バルケッタとクーペ・フィアットが並んだ画って、見たことなかったかも。
 プント・アバルト、この最初のバージョン(の白)がスッキリしてて一番好きッス。もうすぐ、自宅の近隣エリアにアバルト・ディーラーが開設されるとのことで、ちょっと楽しみです。 

c0005077_20505499.jpg
 Fで、諸々の事情が許されるのであれば、乗ってみたいのは328か355。フルノーマルで。ま、先立つモノ以前の条件として、車庫に屋根がない、ってところで早くも難しいのですが。

c0005077_20511137.jpg
 先日、間近で見てしまって以来、エリーゼのカッチョ良さにグラッと来てしまっています。これ以上真剣に考えることがない様に、遠巻きに見つめてみました(・・・)。


 六本木に足を伸ばしてちょっと一息。この時間帯だと10分掛からず。都心の休日・朝はクルマ移動が快適だす。サクッと気持ち良い朝を過ごさせてもらいました。
c0005077_2037641.jpg
c0005077_20375384.jpg
 
by masa156v6 | 2013-02-11 21:11 | Megane R.S. | Trackback | Comments(4)

RX100 メガーヌ撮り

c0005077_2242130.jpg
 先日、大黒PAにて。HX5V、HX9Vとの比較で、端部歪みが気にならない程度に軽減されています。また、ブルーの発色が実際の色調にかなり近く再現されています。イイね~。


c0005077_1594799.jpg
 今日の夜。246下りが混んでいたのでちょっと気分転換で代官山Tsutayaに立ち寄り。カプチーノを飲んできました。


 しばらくは、おNewに慣れたいのでK-5の出番は激減しそう。RX-100、思っていた以上に≪撮ること≫が楽しく感じられるカメラです。
by masa156v6 | 2013-02-09 02:03 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

RX100 初撮り

 数日ぶりに平熱状態で外に出ました。昨日のポカポカ陽気はありませんが、それでも充分気持ち良い気候で、庭先のテラスでボーッと過ごせたのがミョーに嬉しかったです。

 多少なりとも体調を崩すと、健康のありがたみを実感するものの、喉元過ぎれば・・・で、直ぐにそれを忘れて規則正しくない生活へ戻ってしまうことを繰り返しているだけに、そろそろこのあたりの節制をやっとかないと、とちょっと真剣に考えるトシ、になったような気がします。

c0005077_11412960.jpg
 一緒に庭先に出たマロンをRX-100で撮ってみました。まだ完全フルオートでしか撮れてませんが、被毛の細やかな再現力等、想定以上。今後重宝しそうです。

 既に使っている2台のコンデジ(HX5V,HX9V)で一番気になっていたのが広角歪みなので、RX-100でこれが緩和されて、しかもしっかりとボケてくれる。となると、今までK-5を持っていっていたフィールドのいくつかはこっちに置き換えていこうと思ってます(軽くなるし~)。

 純正ケースに入れて撮っているので、アルミ筐体そのものに常時触れているワケではありませんが、シャッターを押すときやズーム操作をするときに≪金属≫ならではの触感があり、撮るのがちょっと楽しいカメラです(※宝の持ち腐れにしないよう、基本的な知識から仕入れ直します・・・)。
by masa156v6 | 2013-02-03 12:01 | Camera & Photo | Trackback | Comments(0)