<   2011年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

MSJ2011 & 325i ・ ブレーキパッド、ローター交換

c0005077_21554893.jpg
 突然、冷蔵庫が壊れてしまいました。翌朝、自宅近くのケーズに開店早々にE90で出向き(上の画像はお店の駐車場で撮りました)、Webである程度ピックアップしていた製品のなかで翌日配送可能なものを教えてもらい、価格交渉もそこそこに即決。このあたりの買い物、時間的に余裕があればあれこれ調べるところですが、冷蔵庫が冷えなくなってしまったとなるとそうもいかず。この急な出費はチクッとイタいです・・・。ただ、9年前の製品との比較では消費電力は相当少なくなっているので、エコと節電に多少なりとも貢献出来る、ということで納得することにします。

 
 お台場で開催された≪モータースポーツ ジャパン 2011≫に、所要を兼ねて出掛けてきました。
c0005077_2253674.jpg


c0005077_2264088.jpg
 ≪ふれあい試乗会&体験会≫、というイベントが開催されてました。インストラクター、自動車評論家 といった方がドライブし、助手席でクルマの挙動を体験するというもの。画像は29日のM3ですが、ワタシは30日の最終回に並び、FJクルーザーに乗せて頂きました。1分足らずの時間でしたが、急カーブを結構ロールしながらそこそこのスピードで進むのですが、安心しながら乗れてました。

c0005077_227660.jpg
 カート体験コース。

c0005077_2275274.jpg
 シトロエンはA会場にDS3Racingを展示していました。オレンジデカールのものより、ワタシはこちらの方が好みです。

c0005077_2210561.jpg
 東京スマートドライバーのブース。首都高のドライバー向け安全啓蒙キャンペーンから、全国各地にこの運動が広がりを見せ始めています。ピンクチェッカーのセンスが良く、先ずはステッカーを貼るところから始めたいと思っているところです。

c0005077_2285838.jpg
c0005077_2291859.jpg
 ≪1886 Benz Patent Motor Car≫。世界初のガソリン自動車のレプリカモデルです。フライホイールが自転車のホイールの様にデカいですが、クルマに繊細な造形美が感じられます。

c0005077_22114044.jpg
c0005077_22115483.jpg
 言わずもがなのマツダ・787B。1991年のル・マン、テレビで(確かテレ朝)断片的な中継に目をやりつつ、本当に勝てるのかとドキドキしながらゴールを待っていた記憶があります。このクルマのhpiのミニカーが激しく欲しいです。
 一番見たかった787Bのデモ走行を見逃してしまい(ルノースポールジャンボリーのメガーヌRSデモ走行に続き、2回連続・・・)若干ヘコみましたが、イベント全体では思っていた以上に楽しめました。

 輸入車のインポーター出展車両はメインのA会場から通りを挟んだB会場にあり、BMWとルノー・ジャポンのブースに立ち寄り、いくつかの話をさせて頂きました。特にBMWのコーナーでは、(恐らくインポーターの)ご担当の方にランフラットタイヤの導入具合、ATF交換の必要性の有無、E90のヤレ具合の体感度、をはじめとする≪プロに訊きたかったこと≫を伺ったところ、かなり具体的に丁寧な説明をして頂き、スッキリ出来ました。輸入車コーナーには特にサイネージもなく、テントとノボリとクルマしかない、という簡素なツクリで結構閑散としていただけに、クルマをじっくり見ることが出来、また詳しい説明を頂けたのでラッキーでした。

 また、会場を歩いていて、かなりクルマが好きで、詳しい子供さんがそれなりの数いらして、ちょっと嬉しかったです(我が家のコドモは、ワタシが好きな分だけクルマに対して醒めている模様・・・未だにプントを手放したことについて納得していない感じです)。


 その後、ブレーキパッド・ローター交換のため、都内のBMW系ショップへ。
 パッドは≪DIXCEL M type≫(F/R 共)、ローターは≪Zimmermann≫(F/R 共)。
c0005077_22311724.jpg
 特にフロントについてはパッドもローターも終わりかけていたタイミングだっただけにホッと一息といったところです。とりあえずのところ、これで自分が乗るにあたっての初期化はほぼ完了、です。


 夜、325iのドアロックを解除すると、ドアハンドル周辺がボーッと点灯します。
c0005077_20414336.jpg

c0005077_22361823.jpg
 こういうギミック、ナンか好きです。

 首都高は台場から浜崎橋まで混んでいたので、レインボーブリッジの下道を通って芝公園から上に乗り、東名経由で帰宅。イイ走りをしてくれます。


 
by masa156v6 | 2011-10-30 22:38 | E90 325i | Trackback | Comments(13)

ブルーエクストレーム X アンスラサイトパッケージ

c0005077_7103646.jpg
 メガーヌRS関連で海外サイトを見ていたところ、上の画像が目に留まりました。
 フロントバンパー、サイドミラー、リアアンダースポイラーがメタリックグレーに塗られている≪アンスラサイト・パッケージ≫は、日本では白(ブラングラシエ)と黒(ノワールエトワールM)に標準で組み込まれていて、残り5色についてはこのセクションはブラック塗色となっていますが、ブルーエクストレームにはグレーがとても似合っている気がします。この画像の組み合わせ(ブルーM×アンスラサイトp×OP・19インチ)があったら、相当選ぶのに迷いが生じていたかも、と思うくらいツボです。

 それにしてもメガーヌRS、FFで曲がりがこれだけ楽しいとは、ということを乗るたんびに実感。慣らしがほぼ完了しつつあるので、回転数を気にせずワインディングを走れるようになってきましたが、ただただ笑みがこぼれてしまいます。路面が寒さで厳しくなる前に、箱根に行きたいです。
by masa156v6 | 2011-10-29 07:21 | Megane R.S. | Trackback | Comments(2)

E90 ホイール ・ ガリキズ修理&ハイパーブラック塗装

 E90で気になっていたのが、純正オプションホイール(エリプソイドスポーク・162)のガリキズ。ボディ・内装の状態が良いだけに、とにかくここをナンとかしたい・・・ということで、≪ホイール 修理≫をキーワードにWebを徘徊。

 今回のホイール修理にあたってのチェックポイントは

・クルマごと乗っていけて、預けられるか
  (ホイールだけを持ち込まなければならないショップは除外)
・タイヤをキチンと脱着して作業をしてくれるか
・削り、パテではなく、溶接で修理してくれるか
・何より、作業が丁寧か
  (ブログ記事と事前問い合わせへの電話対応の印象で類推)


というもので、ホイール修理で有名なお店をはじめ、いくつかのショップさんのHP、ブログを見ましたが、何となくしっくり来たのが≪e919≫というお店でした。クルマごと乗って行けて預けることが出来、ランフラットの脱着もOK、ホイール修理についても専属の方がいらっしゃる・・・とのことで電話で問い合わせを入れてみたところ、質問への返答が的確・簡潔。ロケーションも港北エリア(自分にとってのメイン工場のモストロコルサさんから歩いて数分という近さ。また、偶然にも先日メガーヌRSでタイヤ修理をして頂いたタイヤフィッターさんとも程近い距離)ということもあり、お願いすることに決定。で、先週、クルマを預けてきました。

 当初は、オリジナルカラー(シルバー)で塗装しようと思っていたのですが、ご担当の方と話しているうちに、追加料金は発生するものの、ハイパーブラック塗装も対応可能、とのことで、一気にその話になびきました。
 以前、シルバー156に乗っていたときのBBS・RG-Rの色がDBKであったことから、そのときのイメージが蘇ってきました。銀×ガンメタ・・・この組み合わせがとにかく好みです。


 ってことで、作業開始。
 ここからの工程画像は、e919の御担当者が撮って下さったものです。

c0005077_21444987.jpg
 リムにガリキズが入っているのは3本。溶接をして、フェイスをつくっていきます。

c0005077_21454823.jpg
c0005077_21492767.jpg
 作業途中にリアホイールの内1本に、比較的大きな歪みがあることが確認されたため、歪み補正作業を実施。



c0005077_21511820.jpg
 サーフェスをつくり、また裏側もブラックベース塗装をするため、汚れを落とします。



c0005077_2153462.jpg
c0005077_21532011.jpg
c0005077_21535076.jpg
c0005077_2154657.jpg
 塗装開始。先ずベースにブラック塗装を行ない、表面の微細な凹凸を均しつつ、ハイパー系塗料を重ねていきます。



c0005077_2204939.jpg
c0005077_221611.jpg
c0005077_2211469.jpg
c0005077_2213468.jpg
 ハイパー系塗装を重ね、ターゲットの色調に近づけていきます。また、どうしても発生しうるムラについても、調整していきます。



c0005077_2224384.jpg
c0005077_2225377.jpg
c0005077_223616.jpg
c0005077_2231558.jpg
 作業完了。こちらが想定していたターゲットとほぼジャストの色調で仕上げて頂きました。このカラー、太陽光をまともに浴びる場所では結構シルバーっぽく、日中でも日陰に入ると程良いガンメタに、また、スポークの表面と立面との色調が角度の違いによって異なって見えることから、ホイールの立体感がより際立つようになり、大満足です。

 また、仕上がりの良さもさることながら、作業をお願いする前、実施中、仕上がり後、と何度か直接お目に掛かったり電話・メールでのやり取りをさせて頂いたりしましたが、最初に抱いた的確・迅速・丁寧な好印象はそのまま維持され、とても気持ちの良い時間を過ごさせて頂けました。
 費用的にもこちらが予め想定していたものよりもリーズナブルなものとなり、大変ありがたく思っています。
 
 同時作業として、フロントバンパー下部に車止めに引っ掛かったと思われる削れ・膨らみの補修作業もお願いしましたが、こちらも綺麗に直して頂きました。当初はFバンパーを交換しないとダメかも・・・と思っていましたが、しっかりキレイになるもんなんですね。感心しました。今後何かあったら(お世話になるのは基本的にブツけたりコスったりしたときなので、ないに越したことはことはないものの)またe919さんを訪れたいと思います。


c0005077_22132397.jpg
c0005077_22133134.jpg
 いやぁ~、嬉しいです。この仕上がり。乗るのが勿体ない気持ちになります。足元が引き締まると、クルマ全体がシャキッとします。大事に、丁寧に乗っていきます。

 
by masa156v6 | 2011-10-25 22:16 | E90 325i | Trackback | Comments(4)

メガーヌRS パンク・・・

 今日はゆっくりと自宅で過ごし、庭の芝生・草木の手入れでもやろっかな~ということで、先ずはサクッと洗車しようとメガーヌRSを玄関先に移動したところ、右リアタイヤのハイトがヤケに薄い・・・。気のせいと思い込みたく(・・・)、他の3輪を目視し、右リアに戻ったところ、やっぱり全然違う・・・。

 恐る恐るトレッド面に目をやったところ、銀色に光る、見たくない物体を発見しました・・・。
c0005077_21155663.jpg
 自宅のカースペースの路面を見ると、右側タイヤの通行ラインに見事にブラックマークがぁぁ。

 偶然にも、ご近所さんがタイヤ用のエアコンプレッサーをお持ちだったのでそちらを拝借し、膨らませて走れる状態にしてから、すぐ近くのスタンドへ直行。ジャッキを掛け、銀色の物体を抜きましたところ、まぁキレイに真っ直ぐと、長さ30mm弱のビスが突き刺さってました。
c0005077_21213388.jpg
 こちら、外側から修理材を突っ込み、エアが漏れていないことを確認し、とりあえず自宅へ。

 この前乗ったのは数日前。運転中に違和感を感じることはなかったことから、恐らくそのときにビスを踏んだものの、走行中は普通に走れたのだと思われます。で、数日の間にジワジワとエアが漏れ、今日に至る、と。

 地元スタンドの処置ではタイヤをホイールから外していないことから、タイヤの内側・ホイールの状況が掴めません。思いっきりリスクヘッジを掛けるのであればタイヤ交換ということになるので、ネットで≪Continental Conti Sport Contact 5P 235/35R19≫を探したところ、安いところだと1本40,000円前後でヒット。思っていたよりかは多少リーズナブルだったのでホッとしつつも、使えるのであればこのタイヤをそのまま使いたい・・・というところでふと思い出したのが、何度かお世話になっている港北の≪タイヤフィッター≫さんで、確か内面修理をやっていた、ということでした。

 で、早速連絡。事情を話したところ、15時半くらいであれば対応可能とのことでしたので伺いました。

 到着して直ぐにホイールとタイヤを外し、状況チェック。低扁平タイヤであり、ビスの長さが結構なものであったことから、もしかしてホイールを疵付けているかも・・・という可能性が多少ありましたが、実際に確認したところホイールにはキズは全くありませんでした。また、タイヤについても、ワイヤーが切れている等の問題はなく、修理で充分使える、との見解を頂き、ホッと一息。
 短い距離とはいえ、ぺシャッとなった状態で動かしたことから、サイドウォールが傷んでいたら厳しいかも、と思っていたのですが、ショップの方曰く『コンチネンタルはサイドウォールが結構強いですし、この状態ではまず問題ないと思います』とのことでプラス一安心。

 ってことで、内面修理・開始。
c0005077_21381470.jpg
c0005077_2142210.jpg
c0005077_21421168.jpg
 グラインダーで該当部周辺を削り、チューブが付いたパッチを貼り付け、パッチ外周部にインナーライナー補修材を塗布。外側に出っ張ったチューブをタイヤの外周部とほぼツラでカット。それからタイヤをホイールに組み込み、バランサーでチェック。パッチ・チューブが加わった分、多少バランスが変わるので、ウエイト調整。で、完了。

 作業時間・・・30分。修理費用・・・3,250円(19インチ・タイヤ脱着料含む)。一連の作業はとても丁寧・的確・迅速で、説明も判りやすく、一抹の不安も解消されました。これで安心してクルマに乗れます。ホイール、タイヤ内側の状況が確認出来るのと、パッチすることによってほぼ再発リスクを抑えられることから、タイヤ修理は内面修理が安心感が高いと思います。


 それにしても、よくまぁあんなに長いビスがキレイに真っ直ぐ刺さったな、とある意味感心してしまいますが、出来ればもう踏みたくないッス。 
 
by masa156v6 | 2011-10-23 21:53 | Megane R.S. | Trackback | Comments(4)

1:18 E90 Silver

c0005077_23343343.jpg
 ebay(U.K)で落札した≪チタンシルバー&エリプソイド162・18インチ≫という、外装色もホイールもウチの実車と殆ど同じ仕様のミニカーが今日到着しました。
c0005077_23361432.jpg
c0005077_23362222.jpg
c0005077_23363477.jpg

 1:18ということもあって、なかなかの迫力。気に入りました。こうなると同じ縮尺サイズのメガーヌRSが欲しくなるところですが、ノワール・エトワール(黒メタ)では製品リリース自体がなされていない様子なので少々逡巡しているところです。

 尚、1:1サイズのE90・325i は、ちょっと気になるところがあったので、その修正作業で現在板金工場に入庫中です。こちら、仕上がりが楽しみです。
by masa156v6 | 2011-10-22 23:37 | E90 325i | Trackback | Comments(4)

Tokyo Tower

c0005077_19431611.jpg
 偶然ですが、今日も芝(大門)近辺を歩いてました。増上寺近くから東京タワーを眺めると、夕焼けとリンクして綺麗でした。周りでも携帯のカメラで撮影している方が結構いらっしゃいました。

 急に冷えてきたので、ハナ風邪引いちゃいました。気をつけねばだす。
by masa156v6 | 2011-10-19 19:45 | etc..... | Trackback | Comments(0)

芝公園にて

c0005077_5491167.jpg
 コーンズの前を通り掛かったところ、8Cが停まっていたのでコンデジでパチリと。ブルーを見たのは初めてです。やっぱり青いイタ車は良いなぁ~と思ったひとときでした。
by masa156v6 | 2011-10-19 05:50 | Alfa Romeo | Trackback | Comments(0)

竹芝

c0005077_20305770.jpg
 昨日はひとりで遊ばせてもらったので、今日は家族で近場へ出掛けよう、ということでお台場へ。ヴィーナスフォートへ顔を出し、その後竹芝に寄ることに。個人的にここからの景色が好きで、見飽きません(そんなことで結婚式も竹芝のインターコンで挙げました)。

 ちょうど、父島からの船が着くタイミングだったので、接岸への一部始終をコドモが興味深そうに眺めてました。特にいくつかのロープは船員さんのワザで結構大掛かりなモーションを入れてから岸に投げていましたが、室伏選手のハンマー投げを彷彿とさせるもので、見応えがありました。
c0005077_2038839.jpg

 暑い一日でしたが、日陰のベンチに座るとそこそこ心地良い風が吹いていたので、家族でボーっとして景色を眺めて海の空気を吸って、325iで帰宅。首都高も一般道も今日は気持ち良いくらい空いてました。

 
by masa156v6 | 2011-10-16 20:40 | etc..... | Trackback | Comments(2)

2011 Renault Sport Jamboree

 あいにくの天気で、今朝の早朝時点では行くのをやめようかと思っていたのですが、7時半頃になると風は強いものの雨脚が弱まってきたので、エイヤで富士小山へ向かうことに決定。

 厚木を越え、大井松田を過ぎて東名下り・右コースを走り始めたあたりで雨が一気に強くなり、足柄SAあたりでは対向車線の大型トラックからの水しぶきのデカさに一瞬視界が奪われましたが、何とか御殿場ICまで辿り着き、一般道をFSWへ。途中、水捌けの悪い道があり、ザッパーンと一瞬下回りが浸かってしまいそうになる状況があり冷や汗をかきましたが、何とか東ゲートに到着。
c0005077_23494978.jpg
 しかしながら、今回のイベントの入場口は西ゲートとのことでそちらに向かい直し、パドックパスを受け取って入場。
c0005077_2351699.jpg
 着いたのが10時ちょっと前という時間だったことから、相当遅めの到着となりました(※往路、ルノーのクルマと1台とも出会いませんでした・・・)。

 この時点でまだ雨が降っていて、またこちらの到着が遅かったことから、Webでやり取りをさせて頂いている方のクルマが居ることは判るものの、ヒトとは会えず仕舞い。残念でした。


 以下、まずはメガーヌRSを中心とした画像です。
c0005077_23551754.jpg
c0005077_23552841.jpg
 ≪ひしがたの蛇≫さんのブラン・グラシエ。アンスラサイトパートがマットブラックに塗り替えられているのですが、画像で見ていた以上に質感が高く、デカールとのバランスも取れていてしばし見惚れました。こういうカラーリングは個人的に相当好みです。

c0005077_530235.jpg
c0005077_5303635.jpg
 自分が乗っている≪ノワール・エトワールM(ブラックメタリック)≫に決めるにあたり、散々迷った好きな色・2色。≪グリ・カシオペM(ガンメタ)≫&≪グリ・プラティヌM(シルバー)≫。晴天のみならず、こういう曇天時にも品の良い迫力があり、ついついK-5のシャッターを何度も押していました。

c0005077_5351558.jpg
 また、メガーヌRSのメインカラーである≪ジョン・スポール(イエロー)≫とフランスのナショナルカラー≪ブルー・エクストレームM≫も存在感を放ちながらカッコ良く停まっていました。で、今日も、レッド(≪ルージュ・ビフ≫)は目にすることが出来ませんでした・・・。

 勿論、アルピーヌ、ルーテシア(クリオ)RS、トゥインゴ等、目を楽しませてくれるクルマが多く、殆どの時間をパドックに停まっているクルマを見るのに費やしていました。


 今日、初めて≪Megane Trophy≫の実車を目にすることが出来ました。
c0005077_0122223.jpg
c0005077_0123335.jpg
c0005077_0124245.jpg
 自分のクルマと多少なりともリンクしているワケで、ついつい見入ってしまいました。


 あと、今日、一番カッコ良いと思ったクルマは、こちら。
c0005077_0144164.jpg
 先般、こちらのブログで、ピンクのクルールはパーソナルユースでは厳しく、ショップのカンパニーカーであればハマる部分があるのではなかろうか?と書きましたが、前言撤回します。鳥肌モノのカッコ良さでした。
 この仕様、ブラックのホイール以外はさほど大きな変更点はないものと思われますが、激しく欲しく、乗りたくなりました。このクルマのオーナーさんのセンスの素晴らしさに脱帽です。
(※ただ、シツコイようですが、やっぱりアウターハンドルのカラーはブラックの方が纏まり感がより出てくるのではと思いますです)


 番外編。
c0005077_01938100.jpg
 E90を見ると、ワケもなくフレンドリーな感情が湧き上がってきます。ドイツでは新しい3シリーズ(F30)が発表されましたが、ワタシはこれからE90にハマっていきます。このクルマ、BMW純正オプションの≪ブラックラインホワイトテール≫というランプに変更されているのですが、これが好きなのです。近々カミさんのクルマのリアランプもこちらに換装予定です。


 諸々の予定があり、13時過ぎにはFSWから帰途に就いた(※この時間に東名に乗るとスイスイで、渋滞知らずで帰宅出来ました)のですが、初めてのルノーのイベント、アルファ系とは若干雰囲気が違う(ちょっと落ち着いた感じといいますか)気がしました。
 ただ、インポーター自らがこのようなユーザーフレンドリーなイベントを定期的に開催し、自ブランドのファンを増やしていこうとする考え方は非常に良いものだと思います。


 天気に翻弄されチョイと疲れましたが、楽しい時間を過ごせました。


≪追記≫
 タイムスケジュールを把握できておらず、肝心のルノー・スポール・アトラクションを見逃した(ロコモコ丼を食してました・・・)のですが、ルノー・ジャポン・オフィシャルがYoutubeに動画を上げていたので貼り付けます。


by masa156v6 | 2011-10-16 00:25 | Megane R.S. | Trackback | Comments(6)

移転登録

 E90 325i(ハイライン)は、購入店のスタイルが、移転登録はユーザーが実施し、その分の費用を節約しよう というものだったことから、今日久しぶりに有休(午後休暇)を取り、国立の多摩陸事へ行ってきました。
c0005077_20252651.jpg

 そういえばここに来るの、156GTA・SWが福岡からやってきたとき以来です(約々4年ぶり)。
 陸事に着いたのが14時ちょっと前。10月の平日の午後ということもあって、結構空いてました。
 必要書類を再度チェック。万一書き損じがあったら面倒なことになるので、申請書類は代書屋さんにお願いしました。


 先ずはネットで手続きをしていた希望ナンバーの予約済み証を受け取り、再び代書屋さんへ。そこで書類を揃えて車検証交付窓口まで。待ち時間は10分ないくらい。それから都税事務所へ向かいましたが、2005年10月登録のクルマであることから、取得税はゼロ。そちらの手続きを終え、ようやくナンバープレート交付窓口へ。

 クルマを近くに移動し、ボルトと封印を外します。封印がちょっと固くて難儀しそうになったところ、チェック担当の係員さんが助け船を出して下さり、弱いポイントを教えて頂き無事貫通。旧ナンバーと書類を提出し、新しいナンバーを2枚受け取り、ボルト&封印ベースを取付け。ボンネットを開き、車台番号が車検証のものと一致していることを確認し、係員の方が封印をし、これにて無事に名実ともにウチのクルマになりました。手続きに要した時間は1時間足らずくらい。


 移動中、空いているポイントがいくつかあったので直6を回してみたのですが、いかにも精緻な機械、って感じのスムーズ且つ良い回り方をします。ただ、アルファV6の音量に慣れた者からするとかなり静かに感じましたです。


 iDriveの操作にもやっと慣れてきました。またじっくり乗りたいです。
by masa156v6 | 2011-10-11 20:41 | E90 325i | Trackback | Comments(2)