<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いまさらですが

c0005077_7251466.jpg

 世の中から5周くらい遅れていますが、最近≪Perfume≫にハマってます。amazonで≪GAMETOUR/DVD≫を買ってからというもの、殆どこれしか見て(聴いて)ません状態へ陥っておりやす。

 この人たち、耳に残る音が多いのですが、特に≪エレクトロ・ワールド≫は良い曲だなぁと感心しきり。自宅の2Fの自室PCでも寝室のテレビでもリビングのテレビでも1FのノートPCでもヒマさえあればパフューム三昧なので(なのに飽きるどころかますます聴きたくなるこの不思議さ)、コドモはライブ映像を見ながらいつのまにやら振付を覚え始め、一方カミさんは当初こそ醒めた目で見ていたものの、≪Chocolate disco≫を次第に微妙に口ずさみ始めている今日この頃。いまさら一家ですが、まるで刷り込みの様ですらあるスゴい破壊力&展開力。
 
by masa156v6 | 2009-06-30 07:37 | Music | Trackback | Comments(4)

雨漏り修理 完了

 入梅して以来、普通に雨が降り続いてます。
 そんな中、プントの雨漏り修理が無事に完了しました。
c0005077_225529.jpg

 先般のテストで場所が特定できなかったことから、昨日再び工場に入庫し、右側のルーフレールを外してチェックしたものの問題なし。シールもしっかりなされていたとのこと。
 で、再度リア周りを確認したところ、上の画像にある溶接部分がビンゴ!!。ということで、こちらにシール処理を施し、水流をぶっ放し、雨漏りがないことを確認して、修理が完了。

 雨が酷いと、トランクルームのフェルトがびしょびしょになるので特に梅雨時期は若干憂鬱でしたが、これで無事にネガが解消され、嬉しいッス。また、丁寧・迅速・正確な作業を再び目の当たりにし、こちらの工場への信頼度がますますUpしました(費用も想定していたものよりリーズナブルでした)。

c0005077_21585118.jpg

 
by masa156v6 | 2009-06-28 22:00 | PUNTO(188) | Trackback | Comments(0)

港北PA

c0005077_10282025.jpg
 
 246・高津近くのトイザらスに子供向けおもちゃを買いに行き、用賀から東名で家に戻ってきたのですが、途中、久しぶりに何の気なしに港北PAに入ってみました。

 小腹が空いていたので、ふと目についた≪花畑牧場・生キャラメルソフトクリーム≫を食しました・・・薄い、味が。濃厚さを期待したクチとしてはイマイチ納得できずで、キャラメルの風味・雰囲気を個人ベースではほとんど味わえないまま完食。しかも450円とはこれいかに。費用対効果という意味では少々厳しい一品だと感じた次第。


c0005077_1037520.jpg
 
 GTAに、アルミACダイヤルカバーを付けました。
 ダイヤルを回すときの感触が硬質なものになって、なかなかです。

 
by masa156v6 | 2009-06-14 22:11 | 156GTA SW | Trackback | Comments(0)

鉄道博物館

 さいたま・大宮の鉄道博物館、オープン当初は混みまくりということで遠慮してましたが、もうさすがに空いているだろうということで行ってきました。
c0005077_01057100.jpg

c0005077_085060.jpg

c0005077_0112489.jpg

c0005077_0114862.jpg

c0005077_01299.jpg

ちょうど着いたときに、C57が回転台をグルッと回りつつ汽笛を鳴らすというイベントの開催時間であったことから、澄んだキレイな音色に聞き惚れました。

 色々見て、色んなことを思い出して、楽しかったです。3時間はいたでしょうか。
by masa156v6 | 2009-06-13 00:16 | etc..... | Trackback | Comments(2)

静かに

 実家の猫が、一昨日に旅立ったと、母親からカミさんにメールで連絡がありました。そのことを伝え聞き、実家の両親に電話しました。

 こやつ(ミー・・・三毛猫なので。ウチはいつも名前の付け方がそのまんま)は1992年生まれだったと思うので、17歳。前日まで、動きこそ鈍っていたものの、食事をキチンと摂り、いつもの寝床である実家の2階まで階段を上り下りしていたとのこと。
 最期の時も、うちの両親が看取ったのですが、静かに、眠るように 気品のあるとてもいい顔をして旅立って行ったとのこと。
 電話から聞こえてくる声は、元気さを装ってはいるものの、やはり・・・。飼い主の責任として愛猫をきちんと見送ることは、厳しいけれどもとても大切なこと。静かになりつつも、なんとかまだ・・・というミーに、親父は『もう、ゆっくり、寝なさい』と話し、それに応えるかのように目を閉じた とのこと。

 ミーが実家の猫になったとき、ワタシも弟も既に社会人・大学生として家を離れていたこともあって、この17年という年月を、両親とミーの”3人”で過ごしていました。勿論、その間に帰ることは何度もありましたが、時間が経てば経つほど、新しく確立された”3人”家族の家にお邪魔するという感覚を抱くようになり、微妙な寂しさと、逆にミーが適度にワガママであるが故の楽しさがそこにあることへの感謝の思いを、離れて暮らす息子として持つようになりました。

 
 ありきたりですが、ありがとう、ゆっくり。 

c0005077_4254230.jpg

by masa156v6 | 2009-06-04 04:16 | etc..... | Trackback | Comments(3)

フィアット特集

c0005077_22463739.jpg

 09/7月号の≪NAVI≫。イタ車特集号ということもあり、今月も買いました。なんだかんだと今年に入ってからほぼ定期購読してます。編集長の執拗・ナル系な顔出し等いくつか気になるところはあるものの、雑誌としての芯がしっかりしてきたのを感じます。読んでて素直に面白いと感じることが多くなってきました。

 この号においても、アバルト500アセット・コルセ試乗記事、グラプンアバルトとアルファ・MiToの比較記事といったところは大体どこの雑誌でも取り上げていたのですが、
・いま日本で買えるフィアット車ラインナップ紹介
・中古フィアット車のおススメを専門店の人たちに聞く
・フィアットオーナーインタビュー
・チンクエチェントとセイチェントに乗ってみる記

等は≪NAVI≫風味が効いてて良い塩梅でした。

 その他、今年の東京モーターショーに殆どの海外ブランドが不参加となった事態についての森川オサム氏の寄稿文は非常に判りやすく、またその分だけ主催者である自工会に対して、指摘された事項について精査・検討・対策・改善を速やかに講じて頂きたいという思いを抱きました。ドッグイヤーもいいところ、2年先がどうなっているかなんて見当のつきようもない今日この頃ですが、やっぱりモーターショーで国産車・輸入車が一堂に会しているのを見に行きたいです。再来年も≪もっと・ほとんど国産車ショー≫というかたちでより純化してしまう様だと哀しいッス。

 
c0005077_23171050.jpg

by masa156v6 | 2009-06-02 23:17 | FIAT | Trackback | Comments(2)