<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

≪NAVI≫  ≪東モ≫

NAVI
c0005077_824274.jpg

 イタ車が適度なボリュームで取り上げられていて(長期レポート車にMiToが加わり、今月号では清水草一氏がアバルト・グラプンの試乗記を掲載、また、8Cレポートも)、本屋さんでパラパラ捲って、『買っちゃおっかな』とレジに持っていくこと、ここんとこほぼ毎月。

 今月のメイン特集 ≪トヨタの未来、日本の将来に安心したい≫ も興味深く拝読しました。新型プリウスデビューによって火蓋が切られるPI戦争(プリウスVSインサイト)の行方、iQというクルマの意味合い、社員像、F1参戦の意義 etc.・・・勿論、ネガ方向からの記事になる訳がなくほぼ良いことずくめの記述ばかりだし、特に新しい観点からの考察があるということでもないのですが、いずれも読みやすく、読後感は良好でした。

 加藤氏が編集長になってから、中綴じ→平綴じになるのと軌を一にして、スズキ時代のNAVIから適度に上手く抜け出しつつあるなという印象を抱きました。なんか、好ましい雰囲気を持つ雑誌。十数年ぶりに、毎号買うことになるか?


TOKYO MOTOR SHOW 2009

出展者リスト(四輪車・海外メーカー)を改めて見て、軽くヘナってしまいます。まぁ、VWもベンツもBMWも日本での販売台数の落ち込み方がハンパではないことから厳しい情勢であるとは思っていましたが、さすがにここまでは予想してませんでした。
 欧米系企業としては、短期収支がここまで悪い以上出展は難しい・・・という判断はあったのだと思いますが、アメリカの3社が早々に出展取りやめの意向を示したことから、じゃ、ウチもやめちゃおっかな→でもま、(一応)大事な市場だし、しばらくは様子見で→え、あそこも出ないの? じゃ、ウチが止めても相対的な影響は小さいな・・・という様な流れが各海外メーカー・インポーターに連鎖したのか、殆どどこも出てこないという状態に陥ってしまいましたね。

 台数ベースでいうと日本のマーケットが今後大きく伸長する可能性はBRICs等にくらべて相対的に低く、成長・右肩上がりを常に是とする企業からすると位置付けが厳しくなりつつある中でのここのところの販売不振ということで、今回の出展見送りとなったのでしょうが、ガソリンからハイブリッド、EV等へという動力源の変化、(テンポラリーな不況対策とはいえ)優遇税制、高速道路を巡る施策等によって、まだこの国は大きなポテンシャルを発揮できると思ってますし、ひとりのクルマ好きとして、何とかここを持ちこたえてもらいたいと強く願います(但し、特にベンツ、BMW等プレミアムブランドについては、プライシングの見直しが必要だと思います)。
 
 今回の開催以降、東モがこのままメルトダウンしてしまうのか(してほしくないけど)、それともあくまでも後々に語り継がれる≪特殊な(凹んだ)年≫となるのか現時点では判断できませんが、こういうときに国産メーカー各社がどんな気概を持ってどんな展示をするのか、逆に楽しみ。興味大アリです。
by masa156v6 | 2009-03-28 09:13 | Cars | Trackback | Comments(2)

WBCとクアドリフォリオ

・WBC  
 スゴイっすねぇ、WBC関連の特番だらけです、テレビ。でも、素直に嬉しいッスねぇ。
 8回の表くらいから携帯のワンセグをチラチラ見始め、9回裏からは釘付け状態。半端ない緊迫感。フォアボール→タイムリーという非常にイヤな流れで同点に追いつかれたとき一瞬クラっと来ましたが、何とかダルビッシュが踏み止まってくれたのでホッと一息。

 10回表、内川のヒットがとにかく素晴らしい。気合入ってるのがザラついてる携帯の画面ビンビンに伝わってきました。こういう場面で先頭打者が塁に出るのと凡打で倒れるのはまさに展開が180°変わります。一気に沈みがちになりつつあった空気がシャキッとしたものに入れ替わり、攻めの気持ちになります。
 で、イチロー。千両役者って、いるんだねぇ。ショートバウンドの球すらカットする鬼のような集中力。あのセンター前へのラインドライブの掛かった打球の音と軌道の美しさといったら・・・。鳥肌がとにかく立ちまくりで、しばらく納まりませんでした。

 見てて気持ちの良い素晴らしいチーム。侍ジャパン。おめでとうございます!


・クアドリフォリオ
c0005077_1787.jpg

 昨日、にしやんのブログにこの漫画のことが取り上げられていたので、速攻amazonで注文。プライム便で今夜到着。

 著者の岡本健志さんって、上條淳士さんのお弟子さんの様で(帯に記述あり・・・あまりマンガは読まないのですが、上條さんの≪TO-Y≫は大っスキで持ってます)、画の雰囲気は相通ずるものがあります。

 このマンガ、アルファ好きにはたまんないッスよ。ストーリーも面白いし。個人的には是非とも156GTA・SWもどこかで出てきてほしいなと思います(だはは)が、今後も期待大ッス。

 
 
 
by masa156v6 | 2009-03-25 01:08 | Alfa Romeo | Trackback | Comments(9)

シーバス

 今日は台風並みの風が朝から吹いてるんでマロンの散歩以外は自宅でのんびり・・・とはいえ、≪きらりんレボリューション≫やこの前ディズニーチャンネルで放映した≪リトル・マーメイド≫を録ったHDDの再生で日中のほとんどの時間が過ぎていこうとしています・・・嗚呼。

 昨日、家族で横浜のシーバス(水上バス)に乗ってきました。インターコンのすぐそばに乗り場があるので、クィーンズスクエアに156を停め、ぷかり桟橋乗り場まで歩いて5分くらい。この近辺は結構来てますが、乗るのは初めて。
c0005077_1642345.jpg

c0005077_16442196.jpg

c0005077_16425467.jpg

 船に乗りたがっていたコドモは、初めて近くで目にする他の船、窓越しに見えるカモメの群れや海を介して動く景色に釘付けで、黙ったまんま色々なところをひたすら見ていました。
 それにしても、ベイブリッジをこうやって観光気分で見るのって、20年ぶりくらい。すっかり生活圏にある当たり前の橋として利用してますが、出来たときは結構な騒ぎだったことを思い出しました。

 山下公園に着いて、ハイテンションスイッチがはいったコドモがひとしきり芝生の上を走りまわり、落ち着いたところで今来た行程を徒歩で戻ることに。赤レンガ倉庫ではチラ寄りだけして、クィーンズスクエアで夕食を摂って帰ってきました。
c0005077_16531517.jpg


 ごくごく短い距離の≪船旅≫でしたが、リフレッシュすることができました。日常プラスアルファが身近にあって、良い感じで機能してる・・・横浜という街の楽しさのひとつを、いまさらながらにですが発見した気がしました。
by masa156v6 | 2009-03-22 16:59 | 156GTA SW | Trackback | Comments(0)

コーティング メンテナンス

c0005077_2322058.jpg
 
 前回コーティングを掛けてから1年半が経過しました。基本的にツヤは充分残っているのですが、メンテナンスをお願いしました。
 頼んだのは前回と同じ、厚木のお店。何度かお世話になっていますが、本当に丁寧に仕事をしてくれるので、全幅の信頼を置いています。

 先週の土曜日に預け、昨日(14日)に受取りに行きました。行きの東名で、中央の走行車線を代車のマーチで走行中にデイトナブルーの156GTA・SWにサラッと抜かれましたが、考えてみると自分のクルマと同型・同色のSWが走っているのを見るのは初めてのこと。で、ある意味手前味噌ながら、カッコ良くて見惚れてしまいました(・・・)。アバルトデビューに伴い、ホンの少しだけ気持ちが動きかけていましたが、これを見て吹っ飛びました。イイなぁ、やっぱり。

 厚木ICを降り、約10分でショップさんに到着。ご担当の方に説明を受け、帰途へ。ボディが本当にツルッツルで、乗るのが勿体なく感じるほど。そんなこともあり、帰りの高速は一番左の車線を中心に走ってました・・・。
c0005077_2372538.jpg


 今日。カミさんの免許更新のため、府中の試験場へ。講習その他に2時間程度掛かるとのことなので、コドモを連れて近くの野川公園に。着いたのが朝10時前ということもあって、広い広場にまだ人はまばら状態。サッカーボールを蹴り合ったり、色んな遊具で遊んだり、梅、桜(?)が咲いているエリアにてレジャーマットを敷いて軽くゴロ寝をしたりと、暖かく晴れた日中を満喫しました。
 それから免許更新が完了したカミさんを迎えに行き、以前はせっちがみんなを連れて行ってくれた 武蔵境の≪マル・デ・ナポリ≫で昼食。コドモは美味しかったようで、終始無言で食事に集中。
 食事のあと、府中の伊勢丹に寄り、鎌倉街道ルートにて帰宅。

 GTAは、今日、府中でセルフ給油したときにガソリンタンクに漏れの様な現象が見られたのでかなりビビりが入りましたが、その後、確認のため家の近くのセルフスタンドで入れてみたところ現象の再現がなかったので、とりあえず様子見です。
 入り用が続くこの時期なので、何でもないことを切に願います・・・・・。
by masa156v6 | 2009-03-15 23:16 | 156GTA SW | Trackback | Comments(2)

ハイケンスのセレナーデ

 とうとう、≪富士・はやぶさ≫の最終列車の運行が終了しました。

 東京と九州を結ぶブルートレインはこれでなくなってしまいました。
 夕方に東京駅のコンコースを歩いていて10番線の発車案内にその名前を見つけたり、山手線に乗っているときに偶然隣の線路を走っていて抜かされたり、田町の車両基地に機関車・客車が並んでいるのを偶然見かけて車窓から食い入るように見つめたり・・・と、あの蒼くて丸くてカッコイイ列車を見るたんびに心躍る心境になっていましたが、それはもう見られない光景となってしまいました。
  
 機関車の汽笛を聞き、レールの継ぎ目から聞こえるリズミカルな音を聞きながら、若干暗めの読書灯を頼りにマンガを読むことがとてもとても嬉しく、そうなりながらいつの間にか眠りに就き・・・そして、動く車窓から明らかに関西とは違う風景を目にしつつ朝日を感じる・・・子供のころは単純に列車が好きで好きで、でしたが、親元を離れて東京の大学に行くとき、ブルトレに一人で乗って、色んなことを考えながら、そして多少感傷に浸りながら列車に揺られた記憶は未だに鮮明です。

 自分の薄っぺらい半生において、本当に旅情というものを最も感じさせてくれたのがブルートレインでした。


 上のタイトルは、鉄道に詳しい人はよく御存知ですが、車内放送の始めと終りに流れるチャイムの原曲名です。ブルトレに乗って、ハイケンスのセレナーデのオルゴール音を聴くということがもう叶わなくなってしまったかと思うと、なんだか切なくなってきます。本当に、ひとつの時代が幕を閉じた気がして、さみしいです。でも、自分の人生のいくつかの節目に乗ることができ、強くて楽しい記憶を残せてもらっていることに本当に感謝します。

c0005077_0132322.jpg


http://www.youtube.com/watch?v=HK0K1uslKWM&feature=related

 
by masa156v6 | 2009-03-15 00:26 | etc..... | Trackback | Comments(0)

U23D

c0005077_22543873.jpg
 
U23D 21時過ぎからの回を観てきました。
c0005077_225572.jpg
 
 入口で3Dメガネを受け取り、No.6(ワーナーマイカル・港北)へ。中南米のVertigo Tour(4th Leg)のライブ3Dですが、さいたまスーパーアリーナでの盛り上がりを思い返すのに充分過ぎるほどの立体感&ド迫力。とっても楽しかったです。
3Dを体験するのって、大昔の≪キャプテンEO≫以来ですが、これはまるで別モノ。時の流れによるテクノロジーの発展度合いを実感。メンバーが目の前で立体的に演奏し、ほぼほぼ実際のコンサートに近い音圧を感じるわけで、これはたまんないッス。

 今更ながら強く感じたのが、このバンドのリズム隊から出てくる音のカッチョ良さ。アダムのベースの音が立ちまくりで、鳥肌ゾクゾクでした。また、ラリーの、もの静かめの佇まいから発せられる爆音ドラム、何度聴いても見ても観てもイイっすねぇ。

 ただ、観客は自分を入れて2名のみ。この入りでは早々に上映規模・期間縮小の憂き目にあいそうな気がするので、早めに時間作ってもう一回観に行こうっと(音響がデカめで良いと評判の新宿・バルト9で観てみたいッス)。

1.Vertigo
2.New Year's Day
3.Beautiful Day
4.Sometimes Can't Make It On Your Own
5.Love And Peace Or Else
6.Sunday Bloody Sunday
7.Bullet The Blue Sky
8.Miss Sarajevo
9.Pride(In The Name Of Love)
10.Where The Streets Have No Name
11.One
12.The Fly
13.With Or Without You
14.Yahweh


 そういや新しいアルバム(≪No Line on the Horizon≫)、まだ買ってません。そろそろ聴こっかな。
by masa156v6 | 2009-03-11 00:22 | Music | Trackback | Comments(0)

富士・はやぶさ

 いよいよ、13日をもって、ブルートレイン≪富士・はやぶさ≫の運行が終わってしまいます。ってことで、早起きして横浜・保土ヶ谷あたりに行ってきました、写真を撮りに。

 朝・9時前に現地到着。俗に言うところの≪鉄ちゃん≫が既に周りに何人か。皆さん、ほぼデジイチが標準装備。コンデジ(PowerShot G7)では少々肩身が狭かったですが、持ってるカメラがこれだけなんでしょうがなし。早速ロケハンを始めるも、めぼしいところは既に先客が入っている状態だったので、陸橋の金網越しにファインダーを構えて、横須賀線や湘南新宿ライナーでテスト撮影を行ないつつ、待つこと20分。同じく富士・はやぶさを見に来ていた親子連れの、『あっ、来た~!』という声を合図に臨戦態勢へ。
c0005077_179228.jpg

 バランス的には何とか上手く撮れたものの、横須賀線が微妙に写り込んでしまってました。しょうがないこととはいえ、少々残念・・・。

 でもま、ここ数日の天気を考えたら、良かったかな。
by masa156v6 | 2009-03-07 22:29 | etc..... | Trackback | Comments(2)

GTA・SW 5年目車検

 GTA・SWが車検から戻ってきました。
c0005077_1002388.jpg

 5年経過で、オドメーターは23,000km弱。タイベル・ウオポンは一昨年10月に交換済みで、ローター、パッドもそのとき換えているし、セレスピードにも(現時点では)異常は認められていないので、今回大きく動くところはありませんでした。

車検費用 法定費用+整備費用 合計 約 ¥160K

特にクルマに問題がないということもあり、GTAの5年目車検としては比較的リーズナブルなところで収まりました。
 
 
by masa156v6 | 2009-03-01 10:22 | 156GTA SW | Trackback | Comments(2)