<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

サンドウィッチマン

 今年のM-1、動画サイトで見たのですが、サンドウィッチマン、ホントに面白かったッス。これだけ笑ったのってそれこそ大昔、初めてダウンタウンの漫才を見た時以来かな。

 久し振りに腹の底から笑ってしまえるコンビでした。ボケ・ツッコミの間合いがとても自然で、繰り返し見ても飽きません。暫くはテレビに引張りダコになってしまうかと思いますが、上手く渡りをつけて、息の長いコンビとして漫才・コントを続けて行ってほしいです。
by masa156v6 | 2007-12-27 01:32 | etc..... | Trackback | Comments(0)

ユピテル ミラータイプレーダー探知機(MR976si)設置

 取り付けたのは先週アタマでしたが、ユピテルのミラータイプ・レーダー探知機(MR976si)を156に設置しました。

c0005077_16123816.jpg


 本体にスイッチ類は一切なく、操作は全てリモコンで行ないます。このためとてもスッキリしたデザインで、良いです。また、GPS測位の精度もしっかりしていて信頼性もなかなかのものだと思いました。

 ・・・がっ、156に着けた場合、結構揺れます。 元々のルームミラーの取付が車体側からなされているのか、それともオープンカーetc.のように構造上それが難しくフロントミラー側に根元をつけるのかで変わるのでしょうが、156の場合、ルームミラーのベースがフロントガラスと接していることからどうしても振動を拾ってしまう様です(薄型とはいえこの製品、374gあるからなぁ)。

 ただ、モノとしてはとても気に入ったので、取り付け部分にクッション等を噛ませてカイゼンを図れるようにしていきたいッス。


 ではでは。
by masa156v6 | 2007-12-24 16:26 | 156GTA SW | Trackback | Comments(0)

アルファ系忘年会 2007

久しぶりの四谷の夜は楽しかったです。

 98年に156に乗り始めてから、最初の2~3年は特に濃密な日々をアルファ系の人たちと過ごしていましたが、けーいち。さんの気配りある丁寧な仕切りで、なんだかんだと忘年会はずっと続いていて今年で10年目となりました。

 今年の会場は、ばび行きつけの四谷の《スカッシュ2》というステーキとサラダのドレッシングが特に美味しいお店。前回ここに行ったのって8年くらい前でしょうか。
 久しぶりのメンツと最近ご挨拶をさせて頂くようになった方々とで、楽しく食べて飲みました(ウーロン茶とコーラを)。


 今回は、自分が最初に参加した《kaz@156系 最初の関西オフ》の幹事だったでっちどんも顔を見せてくれたのでいつも以上に昔話に花が咲きましたが、みんなあのときから10歳トシを取ったものの基本的なノリは変わらないのでホントにリラックスして(悪態を突きつつ)良い時間を過ごすことが出来ました。


 今日の集合場所はイタ雑だったのですが、そういやこちらも10年前は外苑東通りから一歩入ったところでこじんまりと(ただ品数はものすごく多かったですが)した佇まいだったんだなと思うと本当に隔世の感があります。



 なんか、とっても懐かしく、楽しい夜でした。

 
by masa156v6 | 2007-12-23 01:36 | Alfa Romeo | Trackback | Comments(2)

リアの車高を落としました

 ってなことで、やりました。

 156GTA・SW、リアの車高が異様に高くどう見てもヘンでした(ヨーロッパではこんなにカーゴスペースが狭いクルマでも、ワゴンということで大量の荷物を積むことを前提にセッティングを出したのでしょうか・・・)。

 そんな中、《アウト・クリーク》さんのHPを見ていたところ、そちらでアップされている中古車の156GTA・SWに重大なヒントが! 要は

《リアのみスプリング交換》

 なるほど。ただでさえフロントは低いのでこれ以上落とせない。けど、リアだけを下げてレヴェルを出せば上手く纏まる・・・ということでWebを含めて色々と調べてみたところ、156GTA・セダンの純正リアスプリングをワゴンに入れることによって前後の傾きを殆ど消すことが出来ることが判明。また、アイバッハ等の社外品を買おうとするとフロント・リアのセットになってしまうのでコスト的にムダが生じてしまいますが(フロントをこれ以上下げる気にはなれませぬ)純正パーツなら1本から取れるハズなのでこれまた効率が良い。
 
 ということで早速ディーラーさんにてパーツを購入したのですが、156GTAセダンの純正リアスプリングのパーツ代 2本で¥14,000ちょっとと、思ったよりもリーズナブル。実作業は横浜のファクトリーさんにお願いしたのですが、交換工賃もさほど掛からずしかも丁寧に作業をして頂きました。これは費用対効果が高いプチモディファイですたいと個人的に思ってます。

元の状態
c0005077_2133877.jpg


リアスプリング 交換後
c0005077_2143874.jpg


 見比べて頂くと一目瞭然です。交換前の状態だと、トレッドがタイヤハウスの隙間からほぼ丸見えに近い状況だったので、これはさすがにいかがなものかと思ってましたが、スプリング交換後はクルマが相当締まり、塊感が強く感じられるようになりました。
 また、インプレについてですが、交換後早速100km程度乗りましたが、運転していてネガな要素は見当たらず、逆に加速・減速時等のクルマの挙動はより滑らかさが増した様な気がします。

 乗り始めてから一番気になっていたポイントが解消され、何気に実は相当嬉しいッス。


 
by masa156v6 | 2007-12-14 02:21 | 156GTA SW | Trackback | Comments(0)

プロペラカフェ

 ということで、昨日、調布飛行場のプロペラカフェに行ってきました。
c0005077_2211420.jpg

 調布は今住んでいるところからは少し距離があるものの、東名も環八も甲州街道も空いていて、約1時間で着きました。
 駐車場にクルマを入れようとしたところ、既に到着していた 3200GT@けーいち。号がセスナをバックに撮影の真っ最中。この日もとても天気が良く空気も澄んでいたので、綺麗な画像が撮れたのでは。

 その後、皆さんが三々五々集まり、お店へ。開店直後は飲み物のみのサーヴィスということなので、カプチーノを頂きながらしばしゆっくりタイム。近くの野川公園へは以前ちょこちょこ遊びに行っていましたが、調布飛行場へ来たのは初めて。プロペラ機が滑走路を走って離陸する光景を間近に見ながらのひとときを気持ち良く過ごせました。

 それからはせっちが予約をしてくれていた 武蔵境の《マル デ ナポリ》というカジュアル系イタリア料理店へ移動し、パスタランチを頂きましたがこれがなかなか美味しかったです。

 
 今回、久々にみんなのクルマのボンネットを開けて比較をしたり、微妙なモディファイポイントを話したりと、なんだかムカシに帰った様な集まりで楽しかったです。
 また、ワタシはお初だったのですが、ろめっちのお友達の方々が2台の166でいらしていました。見るたんびに思いますが、このクルマは凛とした佇まいをしており、《オトナのクルマ》という雰囲気を醸し出していました。現状のラインナップが147以外は殆ど同じカオになっているということもあり、僅か数年前のことではありますが、このころのアルファは車種ごとに異なるイメージを喚起することが出来、こうやって見てるだけで飽きません。

 諸々の事情で長居は出来ませんでしたが、とてもリフレッシュ出来ました。皆さん、どうもありがとうございました~!
by masa156v6 | 2007-12-10 22:28 | 156GTA SW | Trackback | Comments(4)

ソーラーガード・クアンタム & テンピュール カーコンフォーター

 地道なモディファイを継続中です。

 156・SWに乗る前からどうしようかずっと考えていたウィンドウフィルムですが、結局《ソーラーガード・クアンタム19》に決めました。フロント両サイドは既にテックさんで国産の透明断熱フィルムを貼っているので、これでフロント正面以外の全てのガラスにフィルムを施工したこととなります。

 《ソーラーガード・クアンタム》は、スパッタリングによってつくられた多層金属薄膜を有しているフィルムで、また染色もしていないことから耐候性、断熱性に優れている・・・とあります。ただ、一般的なカーフィルムに較べて接着剤層の厚みが5分の1程度しかなく、施工難易度が高いこと(プロでも結構失敗する様です・・・今回、施工を川崎の業者さんにお願いしたのですが、二人掛かりで5~6時間を要した模様)、フィルム自体のコストも高い(リスクが高い分も考慮してか)とのことで、価格は結構なものでした。
 ただ、オールロードから乗り換えるにあたってのカミさんからの条件のひとつとして、《後部座席に座る子供が夏場なるだけ直射日光の影響を受けないように対策する》 ということがあったので、ここに関してはイニシャルフィーが高くても良いものを装着しようということで2ヶ月くらい色々と調べ、この製品ならば間違いなさそうだという結論に達し、動くこととしました。 
c0005077_1582476.jpg

 こちらのフィルムは、日中はハーフミラー、夜間はブラックグレーのような色味で見えます。結構深めな色調であるにもかかわらず、夜間の車内からの景色が貼っていないときとさほど違いがないことを売りにしているフィルムですが、実際にその通りなのでインパクトがありました(殆ど不自由を感じません)。
 ただ、スパッタリングという製法に依るものの影響として、水抜けが非常に遅く、施工後3日くらいしか経過していない時点では水泡が多く残っています。施工業者さんにお聞きしたところ、水抜けは冬場は1カ月程度掛かるとのこと。暫くはガマンっす。


 あと、10月にヤナセに頼んでいた 《テンピュール・カーコンフォーター》がようやく届いたとのことで早速受け取ってきました。GTAのフロントシートは、デザインは凝っているものの腰にはあまり良い出来ではなく何度かピキピキというツッパリ感を感じていたため、自分としてはここへのケアは必須です。 
c0005077_14102812.jpg

c0005077_1411497.jpg

 イモラナチュラルシートは見た目カッコイイのでそのデザインが崩れてしまうのは少々残念なのですが、ここは機能優先。座面と背面にテンピュールてんこ盛りなので何とも言えないグニャグニャ感がカラダ背部を覆い、そこはかとない気持ち良さがあります。また、腰痛に関しては殆ど感じなくなったのでひとまず導入の意味はありました。
c0005077_14481464.jpg

 この製品、シート背面を紐状のテープで回しバックル留めするのですが、バケットタイプの場合長さが足りないため、吉祥寺のユザワヤで幅20mmのゴム紐を買ってきて製品のテープに縫いつけ、接合部分への目隠しとしてイタ雑で買ったシートベルトパッドを着けてみました(上の画像)。狙い通り結構ハマってくれたので良かったッス。

 が、こちらのテンピュール。今朝早くクルマに乗ったところ・・・『っん?・・・かっ、硬い・・・』。常温下でしか低反発グッズと接点を持ったことがなかったので驚いたのですが、低い温度では硬くなるんですね。10分くらいしたら柔らかさが戻ってきましたが、乗り出してから少しの間は粘土の上に座ってるような感覚を拭うことが出来ませんでした。シートヒーターで温めれば早めに解凍(?)するのかな。


 今日は天気が良かったので早起きして西新橋のイタリア街区&丸の内エリアに出掛け、クルマの撮影をしてきました。東名も首都高も程良く空いていて、気持ち良く走れました。
c0005077_14462682.jpg

c0005077_14464581.jpg
 
 ではでは、だす。
by masa156v6 | 2007-12-02 14:52 | 156GTA SW | Trackback | Comments(5)