<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

159SW、見てきました

 汐留のイタリア街区(?)にて159SWが昨日から先行展示されているとの情報をWebで知り、たまたま今日近くを通り掛ったのでチコッと覗いてきました。

c0005077_23292646.jpg
上の画像のちょうど真ん中辺(奥側)にアルファのサインが置いてありました


c0005077_23302814.jpg
2.2 SeleSpeed


c0005077_23305825.jpg
3.2 Q-Tronic


近々発送される予定のDMを頂いてきたのですが、価格は

・2.2 SeleSpeed 4,510,000Yen 《トゥーリズモⅡ仕様車》
・3.2 Q-Tronic 5,920,000Yen 《フレッチャ・ドーロⅡ仕様車》

と出ていました(但し、ワゴンについては素モデルの設定がないとの注釈あり)。
 また、どちらのグレードにもルーフレールは付いてこない様です。


 基本的にインパネ周りはセダンと同じなので特に見なかったのですが、気になったのはカーゴスペース。

c0005077_23374522.jpg



 156SWよりは間違いなく広くなっているかと思うのですが、開口部下端と荷室フロアがフラットでなく荷室側が相当下がっていて、荷物の出し入れがちょっとメンドくさそう・・・と思いました(少なくともこの点に関してはARQの方が使い勝手が良さそうです)。

 全体的なプロポーションはキレイだと思いましたし、カーゴスペースの質感もそこそこ高いと思った(トノカバーは安っぽかったけど)のですが、個人的に見た感想を正直に言うと、乗り換えたい度数は下がっちゃった です。
 ARQを引き続き大事に乗っていこうと思います。
by masa156v6 | 2007-03-28 23:47 | Alfa Romeo | Trackback | Comments(4)

"Green" Day

 昨日、今日と天気は良かったものの寒かったッス。

 朝は週末恒例の海軍道路沿い広場へマロンとゆっくり行ってきました。最近あまりごはん(ワイソングというドライ・ドッグフード)を一日の目安摂取量の半分強くらいしか食べてくれず、ちょっと心配ではあるのですが、ここに行くと相変わらず走りまくりです。昨日・今日と、このために買った子供用サッカーボールへの食いつきが良く、結構走りまくり&じゃれまくりでした。

c0005077_2120141.jpg


 今朝は2時間くらいここで遊んで帰宅。昼食を食べた後、フジテレビ721でF1開幕戦をテレビ観戦。琢磨に期待したのですが、個人的には《微妙な盛り上がり》でした。それにしてもタバコ広告禁止に伴ってこれだけチームのカラーリングが変わってしまうとワケが判りませんでした(昨日の予選はCSを見逃したので夜中に地上波で見たのですが、最初マクラーレンとフェラーリを間違って見てました・・・ボーダフォンってスポンサードするチームを替えたんですね、知らなかった)。

 その後、しばらくしてから自宅からの最寄り駅までMTBで久々に乗っていき、定期をPASMO仕様に変更してきました。これで明日から自動改札を通るのがラクになります!Suicaに慣れてしまうと、毎回毎回取り出して自動改札を通す磁気タイプの定期&パスネットがメンドくさくてしょうがなかったので、これは素直に嬉しい出来事です。

 それにしてもMTB、久々すぎるくらい乗ってませんでした(下手すると半年以上振り)。クルマに慣れてしまうとどうしても近場へも乗っていってしまうので、それではいくないと改めて思った今日の午後、です。
 ただ、いざ乗るとこの自転車、やっぱりヨイです。10年前のモデル(GT LTS2)ですが、この時代のGTのMTBはやっぱイイっすよとオーバーホールをして下さったグランベリーモールのモンベルの方もおっしゃってましたが、段差越えのときとかの剛性感がやっぱり素晴らしい。すっかり山には行かなくなってしまったのでセミスリックを履くという《陸MTB》仕様としてしまっていますが、このおかげで街乗りはとても快適です。

 
c0005077_21242278.jpg


 
 その後、真っ直ぐ帰ろっかな・・・と思ったのですが、そういえばジープ・ラングラー・アンリミテッドの発表会って昨日からじゃなかったっけ?ということでクライスラーのディーラーに自転車で急行。
 行ったら、ありました。いやぁ、かっこいい!!!

c0005077_21313060.jpg


c0005077_21314675.jpg



 正直、アメ車ディーラーへ入ったのは初めてだったのですが、ラングラーのハードトップ仕様の4ドアのアピアランスは個人的にはササリまくりです。中の造りに関しては、日本車やドイツ車を見ている基準をベースにしてしまうととんでもない出来ですが、ジープってそういうノリで乗るクルマではない(汚れたら中も水をぶっ掛けて洗うクルマだし、屋根もサンルーフなんていう優しいものではなく、やろうとしたら全部取っ払い可能だし)ッスもんね。
 インパネのチープさとかドアロックラッチが中から丸見えとか後部バンパーのあたりにズレなんだかなんなんだか四角い穴がいくつも見えるとか、あまりに世界が違いすぎてビックリしましたが、こんだけ潔いと逆に好感を抱きました。そして、この《レスキューグリーン》という色にシビレました。

 先週試乗した159のセレスピードは、素晴らしいクオリティの内外装でアウディもビックリという出来でしたが、イタ車の雑さが排除されまくりで、156で感じられた《(良い意味での)スキ》がなく、正直息苦しく感じてしまいました(勿論、156ですらアルファのその以前のモデルからすれば相当真面目な出来なんだとは思いますが)。
 そんなこともあって、余計にジープにホノボノとした空気を感じたのかもしれません。でもこのクルマ、自分が今までクルマに求めてきたことと全く別の世界のものですが、とても輝いてみえました。


 ・・・そういや乗ってるARQも《ハイランドグリーン》だし、MTBもフレーム色はメタリックグリーンです。特に好きな色だと思ったことはないのですが、潜在的に惚れ込みやすいカラーなのかな。
by masa156v6 | 2007-03-18 21:46 | etc..... | Trackback | Comments(2)

159セレスピード 試乗

 港北のアルファ・正規ディーラーからデカ目のDMが届きました。内容は

《159 Qトロニック 発表&試乗会》

のお知らせ。チラ見でもしてくるかということで出掛けてきました。
 が、こちらのお店はお客さんがひっきりなしでDMを送ってくれた営業さんとなかなか話が出来なかったため、急遽昨年末に近所にひっそりとオープンした町田街道沿いのディーラーへ向かうことにしました。

 こちらは空いていて、先ずはメカ担当の方と30分くらい立ち話をした後、試乗をすることに。ただ、このディーラーには3.2の試乗車がなく、2.2セレに乗ることにしました。
 156V6には約8年弱乗りましたが、それは3ペダルMTであり、セレには札幌のディーラーで10分くらい試乗したことしかありません。なのでちょっと緊張しました。

 乗った車は720k円のパックオプションが付いた仕様(なんとかデステⅡ・・・とかいうもの)で、しっかりした本革シートと18インチのホイールが奢られていましたが、タイヤの出っ張りがツライチに近く、カッコ良かったです。159が出始めの頃、156寄りの立場であったが故に結構気に入らない旨の思いを抱いていましたが、デカさに関してもARQに乗った後だと気にならないし、この仕様であればアピアランスに関しては十二分に《アリ》だと思いました。

 シート、ミラーのポジションを整えた後、出発・・・アクセルをそっと踏むも、クルマは全く動かない・・・あれ?・・・どうも半クラ領域が長いようで、それなりに踏み込んだら少しずつ動き始めました。ARQはガバッと踏むとズドッと前に進むことからソロソロとアクセルを踏むクセがついているのですが、真逆の味付けで手間取りました。

 その後、混んだ246をちょっとだけ進み、つくし野あたりをグルッとして戻ってきましたが、10分程度の試乗ではセレに慣れることは出来ませんでした。ただ、乗っていけば馴染むだろうし、何よりも159の内装の質感の上がり方のハンパなさに驚きまくりました。センターコンソールのパネルの質感も自分が乗ってた156のカーボンフェイクのものからすると10倍くらい良くなってて、ホントにこれがアルファなのか?と思ってしまいました。159SWが4月から出るらしいので、また見に行こうと思います。

 ただ、試乗を終えてARQを運転したところ、何だかものすごくしっくり来ました。156を降りて1年足らずですが、カラダはアウディに順応しきっている様です・・・。
by masa156v6 | 2007-03-11 22:47 | Alfa Romeo | Trackback | Comments(0)

(遅れ馳せながら)バブルへGo!

 つい先日、レイトショーで駅前のシネコンで観てきました。

 グダグダで尻つぼみ系なんじゃないかなとの事前予想は外れ、また《Tipo》を読むノリでサラッと見たこともあって最初からエンディングまで楽しめましたし、阿部ちゃんがイイ味を出していることは織り込み済みであったものの、広末涼子が上手かったし可愛かったのは予想外でした。

 それにしてもバブル期って、学生~社会人初期だったこともあって特に恩恵には浴していませんでしたが、

・とにかくタクシーがつかまらなかった
 (当時の勤務地は赤坂でしたが、青学近くや外苑前に待機している車を探しにいかないと乗ることが出来ませんでした)
・ファミレスの店員(のなり手)がいなくてオーダーを取ってもらうのに時間が掛かった
・ワンレン・ボディコンは確かに沢山いた
・学生時代の女友達はほぼ例外なくヴィトンのエピの巾着系バッグを使ってた
・駐車場代がとにかくクソ高かった

ってことだけは未だに印象に残ってます。

 

 
by masa156v6 | 2007-03-11 11:09 | Cinema | Trackback | Comments(2)