カテゴリ:Tsubuyaki( 3 )

自分ブログの中の記事ランキング

 なかなかの地味系かつ(中身が)薄味のこのブログ、ほぼほぼ惰性で続けながら、何故だか一定のモチベーションは保てており、10年以上継続しています。
 
 アクセスレポートを見ると、1日あたり200人前後の方が訪れてくださっています。恐縮するというかありがたいというか。
c0005077_05113785.png


 また、ブログエントリーごとのアクセスランキング(上位10件)に目をやると、定番的にいるのが




の3本のエントリーです。

 特に《キャプチャー・納車》のエントリーは2年半前のものですが、ずっと上位10位内にいます。

 関連キーワード検索で比較的若いページに出てくるからかと思われますが、ワタシ自身もこのクルマに乗ることを決める前後はヒマさえあれば同じことをやってリアル情報を強く欲していました。

 であるが故、メカへの知見がほとんどないがために曖昧な印象評価中心のこの薄味つぶやき系ブログの中身のなさを申し訳なく思う一方、多少なりとも過去に踏んだ人間が直面した事象まわりの空気感くらいは訪れてくださった方にお伝えできれば、という思いは持っているところです。


 今後も、緩やかな下り坂を降り続けているときのような気分で、タラタラと駄文を記していこうと思っておりますので、引き続きまして宜しくお願いいたします。
 

by masa156v6 | 2017-06-20 05:47 | Tsubuyaki | Trackback | Comments(2)

半世紀超え

・老眼の進行に拍車がかかってきた
 (クレジットカード支払いの際のサイン時、自分が書いている字が読めない)

・指先に力が入りにくくなってきた
 (財布からお金を出したりするときに握ったつもりが落とすことが出てきた)

・代謝が悪くなってきているのに食欲が落ちないのでデブ傾向
 (なので、意識的に減量モードへ切り替え中)

・夜の視界(暗いところを見る力)が明らかに落ちてきた
 (ので、夜の運転がちょっとコワい)

・靴紐を結ぶ際の腰の曲がりにスムーズさが欠け始めてきた
 (これが最近結構ショック)

・目覚まし不要
 (よく聞いてきた話だが、本当にその通りなんだなと感心)


といった小さな老化事象を実感する日々ですが、数十年前に自分が50を超えたときに描いていた将来イメージよりは老けてないかも(笑)。

 まぁ、ボチボチ頑張ります。



by masa156v6 | 2017-06-14 07:15 | Tsubuyaki | Trackback | Comments(0)

色々と。

c0005077_20300943.jpg
 プレミアムフライデーについて、社内に向けてのアナウンスはとくになく、普通に有休を取って子どもと二人して実家に短期帰省してきました。

 最近出張はJALで動くことが増えてますが、今回はANA。

c0005077_20271823.jpg
 ちょっと早めに着いたので、子どもとデッキに出てみました。
 いつも離陸前、着陸後に目にするターミナルのサイネージを間近に見ました。飛行機から見るときにとても目立つ存在のものですが、実物は結構小さかったのが意外でした。

 機材繰りの関係で直前になって搭乗便の出発時刻が2回遅れることになってしまい、18:45発が1時間以上ディレイしました。まぁしょうがない。
 
 また、ANAで初めて機内Wi-Fiが使えるとあってちょっと嬉しかったのですが、残念ながらネットには繋がらないまま、到着地の宮崎まで・・・。
 (※ビデオサービス等は使えましたので、ネット接続のみのトラブルの模様)まぁしょうがない。
c0005077_20400838.jpg
 CAさんが何度か席に確認に来られ、繋がらない状況のままであることについてとても恐縮されており、こちらも恐縮してしまいました。
 Wi-Fiのネット接続を宛てにしていた分ヒマになってはしまいましたが、iPhoneに楽天マガジン経由でDLしていたクルマ雑誌が読めたので、退屈はせずに済みました。

 子どもはこれから受験本番に向かうので、次のゴールまでの間としては、最後のゆっくりできるひととき(といっても1泊2日にほど近い2泊3日という短い時間ですが)。
 ただ、短い時間ながら、祖父母と会えてボリューム感のあるごはんを食べること、ゆっくりと美味しい空気を吸えることはできるので、良いかなと。

c0005077_20464931.jpg
 翌朝。
 綺麗に晴れてくれて、風も穏やか。

 実家に帰ったときの楽しみのひとつが、大淀川の堤防沿いをゆ〜っくり深呼吸しながら歩くことで、それが満喫できました。ぼーっとしてきました。
 桜並木が堤防に植えられたのは自分が実家を離れてからのことですが、1ヶ月くらい後だったら・・・ということでちょっと残念ではありました。

 丸1日動けるのはこの日しかないので、あれやらこれやらと動きました。が、どことなくのんびりした土地柄ゆえか、せっついた感は薄いです。


 
 で、今日。
 お昼前の便で戻ってきました。

 実家から空港までの車中で、父親と短いながら色々と2人で話しました。
 お互い、いつの間にやら歳を重ねていて、考えていかないといけないことがありつつも、とりあえずは、基本的に元気でいられていることをありがたく思った次第。
c0005077_21031046.jpg
 メガーヌに乗って、大黒でちょっとお茶休憩して、帰宅。


by masa156v6 | 2017-02-26 21:08 | Tsubuyaki | Trackback | Comments(2)