カテゴリ:Renault-CAPTUR( 105 )

キャプチャー  ウェザーストリップ・切れ 

c0005077_23003307.png
※yahoo!天気 スクリーンショット(横浜)※


 先週のメガーヌ・箱根でのつどい、今思うと天候的に絶妙のタイミングでの開催でした。。。
 この週末から1週間、次の週末に掛けて、ほぼほぼ雨が降らない日がないくらいの週間予報(横浜エリア)。。なんだか心境的に若干ドンヨリしてしまいます。

 
 ということで、天気つながりでウェザーストリップネタ。土日は家族の所用で出掛けることが多いのでキャプチャーを運転する頻度が高いのですが、先日荷物の出し入れの際に左リアドアを開けたところ、ウェザーストリップが数十センチに渡って切れていて、ダラ〜ん状態。
 え、と思って右リアドアを開けてみたところ、こっちも15センチくらい切れちゃってる。
c0005077_23031910.jpg
 今までが鈍感だったのか、全く気づいてませんでした。

 切れたところの断面幅が薄過ぎて多分接着は難しいと思われたのでDさんに連絡。
 クレーム対象となるかどうか、RJへ確認中。
 2年でこの状態はちょっと早過ぎるかな。


 キャプチャー。
 駆動系トラブルはなく、EDC関連でおかしな挙動もいまのところ出ていません。走行に支障をきたすトラブルが起きていないことは素直にありがたいことです。
 来年3月、初車検。早いなぁ。


by masa156v6 | 2017-10-15 23:10 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

キャプチャーに乗って、お茶。

c0005077_21364275.jpg
 朝、台風の影響は大きくないとの判断で予定通り実施されるうことになった模試の会場まで子どもを送り、カミさんと近くのファミレスで一緒に朝食を摂ってから別行動。

 ルノー世田谷に展示車があると思われた《カングー・ラ・タント》ですが、ショールームではなく屋外バックヤードに停まっていました。
 このため、フェンス越しに数枚だけ撮らせてもらいました。

 その後、カミさんと子供が合流して所用を済ませた後に川崎・某所で待ち合わせすることになったのですが、それまで約2時間半。
 何をしようかと。
 こういうときは、お茶に限る、ということで環八を南下して《KAKINOKIZAKA COFFEE》へ。
c0005077_22061963.jpg
 お店的にフランス車がハマる雰囲気ではないですが。。。
 このロケーションで、お店にパーキングがあることはとても嬉しいです。
c0005077_22115601.jpg
 カプチーノをいただきました。
 コクがしっかりあって、美味しいです。
 手前にカフェ・コーナー(KAKINOKIZAKA-COFFEE)、奥がアパレルと雑貨のお店(STORAGE)になっていて、カフェとしては結構変則的なつくりですが、不思議と居心地が良いです。

 このあと、代官山のオートバックス(PODIUM)をチラ見した後、家族を待ち合わせ場所まで迎えに行き、帰宅。


 キャプチャー、まもなく30,000km。
 今日も乗ってて感じましたが、乗り始めよりもちょっと長く運転していて疲れが来始めるあたりから俄然カラダがクルマとフィットする感覚を持ち始めます。
 なので、中時間〜長時間の運転が本当に苦にならない不思議なクルマ、という印象が地味に強まってきています。
 燃費は街乗り(チョイ乗り)が多いのでさほど良いとも云えませんが、この軽く吸い付いてくるような魅力は一体ナンなんだろう。



by masa156v6 | 2017-09-17 22:26 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

Kadjar と Captur

c0005077_20572495.jpg
 夕方、ルノー横浜青葉Dに赴き、Kadjar(カジャー)を拝見してきました。
 すでにお客様が付かれたとのことで道路向かいのヤードに施錠保管されていて、クルマに触れないように少し遠巻きに外観のみをちょっと観察。

 隣にキャプチャー・カンヌが並んでいたので、同じボディ・カラー(ブラン・ナクレ)ということもあり、兄弟車を近いアングルから覗き見ることができました。

c0005077_21021131.jpg
 ほぼ正面のアングル。

 確かに似ていますが、カジャーにはより精悍さを、カングーにはよりファニーさを連想させるフェイスだと思いました。それぞれ良いです。

 ただ、どちらもバカデカいロザンジュ・エンブレムがハナ先に付いていますが、カジャーはグリル両サイドにメッキバーが差し込まれることでその存在を若干薄められているのに対して、キャプチャー(MC前)はエンブレムがポツンと浮き上がっているように見え、ちょっと目立ち過ぎに感じます。個人的にはこれがあまり好きではないので、上側にほぼ隣接しているグロスブラックパートをシルバー系フィルムで貼り込んでロザンジュの目立ち度をさげました

c0005077_21084841.jpg
c0005077_21090164.jpg

c0005077_21131186.jpg
c0005077_21132893.jpg
 左斜め前・アングル・2態。

 カジャーの19インチホイールは引き締まった印象をクルマ全体に及ぼす視覚効果を持っているように感じます。
 キャプチャーはもう見慣れていますが、適度な丸みを帯びたアピアランスはやっぱり良いです。


 カジャーの初期導入車は100台限定ですが、70弱の国内ルノー・ディーラーに各1台が行き渡るとすると残り30台。
 この週末に実車を見て動かれる方がいらっしゃるでしょうから早々にインポーター在庫はなくなるものと予測されます。
 実際、アピアランスは締まっていて綺麗ですので、実車をご覧になってオーダーされる方が結構いらっしゃるのでは?
 ワタシはキャプチャーに満足しているので動くことはないものの、ヨンサン・ミニカーは欲しくなりました(。。。。。)。

 ルノーが国内導入するモデルとして最初の運転支援系デバイス装着車種なので実際に各機能動作を体験してみたいところですが、それはこのクルマの標準仕様発売後か、或いは次期メガーヌ国内導入後かのいずれかのタイミングになりそうです。


by masa156v6 | 2017-09-02 21:23 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

キャプチャー・オイル交換(28789km)

c0005077_22100856.jpg
c0005077_08361220.jpg
 キャプチャーのオイル交換を半年ぶりに実施(距離・6,400km。次はもうちょい短スパンで換えます)。
 いつもお世話になっている工場。移転後の片付けが進んだ模様で、綺麗に整理されていました。

c0005077_22135162.jpg
 ルノー、シトロエン、プジョー(手前にいる赤いクルマが306カブリオ)と、工場内に佇んでいる車両は4台ともフランス車でした。

c0005077_22152903.jpg
 今回入れたのは、ペトロカナダの《SUPREME 5W-30》。エレメントも換えたので、ちょうど5Litter入りました。


by masa156v6 | 2017-08-19 22:18 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

《プチ・モディファイ》 ナンバーフレーム・ラッピング(ボディ同色)

c0005077_21543378.jpg
 ニンゲンとしてせせこましいので(・・・)、こういうプチ・モディファイが大好きでハマってしまう傾向があります。

 たまたま現在、メガーヌもキャプチャーもボディラッピングを行なっていることから、リアのナンバーフレームをボディ同色に貼り付けたらどう見えるかをやってみました(いつもお世話になっているプロに施工していただきました)。
※フロントのナンバーはブラックアウトセクションに位置していることから、両車ともにマットブラックカラーのフィルムを貼り付けました


・キャプチャー
c0005077_08121747.jpg
c0005077_08130076.jpg


・メガーヌ
c0005077_08133235.jpg
c0005077_08134765.jpg
 画像ですといまひとつ雰囲気が伝わってこない感じ(自分の撮影能力の無さに拠ります・・・)ですが、実車はちょっと纏まり感が出てきて悪くないです。
 さりげないものなのでインパクトは薄いですが、とても自分好みの小変更で、気に入りました。



by masa156v6 | 2017-08-15 08:18 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(2)

サテンパールホワイト(キャプチャー・イヴォワールセクションへのフィルムラップ)

c0005077_21373184.jpg
c0005077_21380488.jpg
c0005077_21382434.jpg

 キャプチャーのルーフライン。

 現状の車両においてはこの部分のみオリジナル塗装(イヴォワール・カラー)なのですが、サテンパールホワイト・カラーのフィルムを貼り込みました。
 この2色、光の入り方と見る角度によっては同系異色といってもいいくらいに比較的近い色調に見えたり、或いは結構違う色になったり。
c0005077_21482980.jpg
c0005077_21391741.jpg
 
 両サイドのルーフラインとリアハッチスポイラーとドアミラー部分についてサテンパールホワイト・カラーで揃えました。
 黄味が減り、キャプチャーが涼しげな雰囲気になりました。夏向きのラッピングと言えなくもないかなと。


c0005077_00061354.jpg
 引き気味の画像ですがルーフラインセクションがホワイトパールになり、ちょっと雰囲気がパキッと方向へ変わりました。


by masa156v6 | 2017-08-14 21:59 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

早起き、IKEA

c0005077_21542647.jpg
 ちょっと早く起きして(マロンに5時前に叩き起こされたというのが正直なところですが)、カミさんと二人でIKEA港北へ。

 ラグマットで良さげなものがあったら買うつもりでしたが、マロンが敷いたラグの上で走り回ることからズレを抑える裏面処理がなされているものの中でピンと来るものが見当たらず、とりあえずモーニングだけいただき、カミさんがいくつか小物を買って早々に撤収。

 閉店時間前のIKEAには行ったことがあるものの開店直後は初めてで、空いていて動きやすかったですし駐車場も当然ながらガラガラで停め放題状態。
 休日の早起きはお得な気分になれます。


by masa156v6 | 2017-08-06 22:03 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

ミニカー・ケース

c0005077_21481226.jpg
 カミさんが出かけている間に、ミニカーケースを入れ替えました。。。

 リビングダイニングのカウンター(D=290mm)にうまく載せられるように、D=259mm タイプのシングルエイト(廃番品ではあるもののパーツがあと2台分残っているとのことで速攻オーダー)を大阪陳列さんから送っていただきました。

c0005077_21523300.jpg
 今回、ミニカーケースを買い換えた理由はまさにこちら。
 キャプチャーのマットグリーンM仕様をACH-Studioにお願いし、そちらを飾るスペースが今までのものにはなかったことに拠ります。
 まだアクリル台座を揃えられていないのでグリーン・キャプチャーはNorev台座のままですが、これだけ広ければ替えなくても良いかも。

 うちのキャプチャーがベージュ・サンドレに戻る(剥がす)日はいつだろうか。。。
 カミさんが剥がせ剥がせと言えば言うほど剥がしたくなくなる天邪鬼性分なので、まだまだこのまま引っ張るつもりです(笑)。


c0005077_21591107.jpg
 メガーヌ・3台。
 今となっては懐かしいマットブルー・メタリック。
 マットグレーの落ち着いた色調が気に入っていて、こちらもまた黒メタに戻す日は未定(当面グレーのまま)です。


c0005077_22010826.jpg
 自分の車歴で手放したことを特に後悔している2台。
 188プントは、最近本当に街中で見かける機会が減ってきました。なのでたまに目にすることがあると目で追いまくります。
 本当にこのクルマは名車だと思います。小さいのに室内は広く、CVTはしっかりしていて燃費が良くて乗り心地(イス)が最高。

 先代C4。
 サーブル・ド・ラングリュヌという書くのも言うのも覚えるのもちょっとハードルが高い名前の色の良さもさることながら、やっぱりこのクルマはこのカタチに尽きます。
 ガラスルーフがあまりにも暑すぎて早々にスイッチしてしまいましたが、これだけカッコイイ実用車はもう出てこないのでは、と思う今日この頃。


c0005077_22372882.jpg
 アルファ156・2台。
 1998年式・2.5V6(シルバー)と2004年式・GTA・SW(デイトナブルー)。
 このデイトナブルーのミニカーは入手に手間取り、結構な額で購入した記憶があります。

 155とGTVを買い逃し(というかLHD・MTを運転する勇気が湧かなくて)、RHDで国内デビューする156を買わない選択肢はない、ということで速攻乗り始めたクルマです。
 一方のGTA・SW、乗り始めるにあたっては色々と家族内で意向の食い違いがあり、そこそこモメました(笑)が、初期型156とは同じクルマとは思えないほどに建て付けがしっかりしていました。
 ただ、このクルマのイス(特に前席)は自分の車歴上で最も合いませんでした(乗り始めて15分で腰痛発生)。


c0005077_22082106.jpg
 オールロードクワトロとE90・325i。
 自分の車歴で乗ったドイツ車2台。どちらも中古で買い、どちらも1年半で手放してしまいました。
 
 オールロードクワトロは、雨の高速での安定度の高さに驚きおののきました。凄かったです。
 ただ、街乗りチョイ乗りの燃費の悪さに早々に音を上げてしまいました。

 325iは、未だにウチの配偶者は最も好きなクルマだそうで、チャンスがあればまたBMWに乗りたい!と言ってます。

c0005077_22123228.jpg
 最初の自分のクルマとなったP10・プリメーラと、BGレガシィ。
 残念ながら、初期型レガシィ・グランドワゴンはヨンサン化がなされておらず、相変わらずこのクルマのみ車歴ミニカーとして揃えられていません。
 スバル車、また乗ってみたいな。でも、一度はマツダのクルマのオーナーになりたいという気持ちも強いです。


 ヨンサン・ミニカーを並べているおかげで、定期的に自分の車歴を思い返すことができます。
 クルマが個人の嗜好を反映する位置づけでいるのって一体いつ頃までなのだろうかなと思いつつ、乗っていた期間はともかく、買ったことを後悔したことはなく、今でも好きなクルマばっかりを選んできたんだなと実感します。



by masa156v6 | 2017-08-03 22:19 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(2)

キャプチャー・カンヌ (2017Ver.)

c0005077_03542332.jpg
 キャプチャー・カンヌ(2017)の実車が横浜青葉Dのストックヤードに停まっていたので若干遠巻き気味に拝見。

 このクルマの標準車にはイヴォワールというアイボリーホワイトが使われていますが、こちらのボディカラーはブラン・ナクレMというメタリックホワイト。
 同じ白系でも印象が結構変わります。この色の個体からは陶器のような艶やかさを想起しました。
c0005077_04042051.jpg
 ボディカラーこそ違えども、このクルマのすっきりとしたスタイリングも相当気に入ってます。


 

by masa156v6 | 2017-07-24 04:06 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

早起き、いざ鎌倉。

c0005077_19101830.jpg
 時間的に大したものではないのですが、ちょっとした所用が鎌倉にてあったので、早起き。海水浴渋滞に巻き込まれないよう6時過ぎに自宅を出て、保土ヶ谷バイパス〜横横・朝比奈経由で鎌倉中心部へ。この時間はまだ空いていたので45分くらいで着きました。

 その後、134号を江ノ島手前まで進み、467号を北上しつつ湘南T-SITEへ。
 カーラボがあったところにはすでに戸建て住宅が建ち始めていました。
c0005077_19141789.jpg
c0005077_19161132.jpg
 この時点で8:30くらい。

 すでに開いていたパン屋さんでカヌレとカプチーノをいただいて、ひとやすみしてから帰途へ。

c0005077_19162872.jpg
 先日、フランスから届いた《TCe》エンブレムをリアに貼り込みました。
 小さいですが、程よい存在感を醸し出してくれてます。気に入りました。

by masa156v6 | 2017-07-16 19:17 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(2)