カテゴリ:Renault-CAPTUR( 101 )

《プチ・モディファイ》 ナンバーフレーム・ラッピング(ボディ同色)

c0005077_21543378.jpg
 ニンゲンとしてせせこましいので(・・・)、こういうプチ・モディファイが大好きでハマってしまう傾向があります。

 たまたま現在、メガーヌもキャプチャーもボディラッピングを行なっていることから、リアのナンバーフレームをボディ同色に貼り付けたらどう見えるかをやってみました(いつもお世話になっているプロに施工していただきました)。
※フロントのナンバーはブラックアウトセクションに位置していることから、両車ともにマットブラックカラーのフィルムを貼り付けました


・キャプチャー
c0005077_08121747.jpg
c0005077_08130076.jpg


・メガーヌ
c0005077_08133235.jpg
c0005077_08134765.jpg
 画像ですといまひとつ雰囲気が伝わってこない感じ(自分の撮影能力の無さに拠ります・・・)ですが、実車はちょっと纏まり感が出てきて悪くないです。
 さりげないものなのでインパクトは薄いですが、とても自分好みの小変更で、気に入りました。



by masa156v6 | 2017-08-15 08:18 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

サテンパールホワイト(キャプチャー・イヴォワールセクションへのフィルムラップ)

c0005077_21373184.jpg
c0005077_21380488.jpg
c0005077_21382434.jpg

 キャプチャーのルーフライン。

 現状の車両においてはこの部分のみオリジナル塗装(イヴォワール・カラー)なのですが、サテンパールホワイト・カラーのフィルムを貼り込みました。
 この2色、光の入り方と見る角度によっては同系異色といってもいいくらいに比較的近い色調に見えたり、或いは結構違う色になったり。
c0005077_21482980.jpg
c0005077_21391741.jpg
 
 画像はまだ撮れていませんが、両サイドのルーフラインとリアハッチスポイラーとドアミラー部分についてサテンパールホワイト・カラーで揃えました。
 黄味が減り、キャプチャーが涼しげな雰囲気になりました。夏向きのラッピングと言えなくもないかなと。



by masa156v6 | 2017-08-14 21:59 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

早起き、IKEA

c0005077_21542647.jpg
 ちょっと早く起きして(マロンに5時前に叩き起こされたというのが正直なところですが)、カミさんと二人でIKEA港北へ。

 ラグマットで良さげなものがあったら買うつもりでしたが、マロンが敷いたラグの上で走り回ることからズレを抑える裏面処理がなされているものの中でピンと来るものが見当たらず、とりあえずモーニングだけいただき、カミさんがいくつか小物を買って早々に撤収。

 閉店時間前のIKEAには行ったことがあるものの開店直後は初めてで、空いていて動きやすかったですし駐車場も当然ながらガラガラで停め放題状態。
 休日の早起きはお得な気分になれます。


by masa156v6 | 2017-08-06 22:03 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

ミニカー・ケース

c0005077_21481226.jpg
 カミさんが出かけている間に、ミニカーケースを入れ替えました。。。

 リビングダイニングのカウンター(D=290mm)にうまく載せられるように、D=259mm タイプのシングルエイト(廃番品ではあるもののパーツがあと2台分残っているとのことで速攻オーダー)を大阪陳列さんから送っていただきました。

c0005077_21523300.jpg
 今回、ミニカーケースを買い換えた理由はまさにこちら。
 キャプチャーのマットグリーンM仕様をACH-Studioにお願いし、そちらを飾るスペースが今までのものにはなかったことに拠ります。
 まだアクリル台座を揃えられていないのでグリーン・キャプチャーはNorev台座のままですが、これだけ広ければ替えなくても良いかも。

 うちのキャプチャーがベージュ・サンドレに戻る(剥がす)日はいつだろうか。。。
 カミさんが剥がせ剥がせと言えば言うほど剥がしたくなくなる天邪鬼性分なので、まだまだこのまま引っ張るつもりです(笑)。


c0005077_21591107.jpg
 メガーヌ・3台。
 今となっては懐かしいマットブルー・メタリック。
 マットグレーの落ち着いた色調が気に入っていて、こちらもまた黒メタに戻す日は未定(当面グレーのまま)です。


c0005077_22010826.jpg
 自分の車歴で手放したことを特に後悔している2台。
 188プントは、最近本当に街中で見かける機会が減ってきました。なのでたまに目にすることがあると目で追いまくります。
 本当にこのクルマは名車だと思います。小さいのに室内は広く、CVTはしっかりしていて燃費が良くて乗り心地(イス)が最高。

 先代C4。
 サーブル・ド・ラングリュヌという書くのも言うのも覚えるのもちょっとハードルが高い名前の色の良さもさることながら、やっぱりこのクルマはこのカタチに尽きます。
 ガラスルーフがあまりにも暑すぎて早々にスイッチしてしまいましたが、これだけカッコイイ実用車はもう出てこないのでは、と思う今日この頃。


c0005077_22372882.jpg
 アルファ156・2台。
 1998年式・2.5V6(シルバー)と2004年式・GTA・SW(デイトナブルー)。
 このデイトナブルーのミニカーは入手に手間取り、結構な額で購入した記憶があります。

 155とGTVを買い逃し(というかLHD・MTを運転する勇気が湧かなくて)、RHDで国内デビューする156を買わない選択肢はない、ということで速攻乗り始めたクルマです。
 一方のGTA・SW、乗り始めるにあたっては色々と家族内で意向の食い違いがあり、そこそこモメました(笑)が、初期型156とは同じクルマとは思えないほどに建て付けがしっかりしていました。
 ただ、このクルマのイス(特に前席)は自分の車歴上で最も合いませんでした(乗り始めて15分で腰痛発生)。


c0005077_22082106.jpg
 オールロードクワトロとE90・325i。
 自分の車歴で乗ったドイツ車2台。どちらも中古で買い、どちらも1年半で手放してしまいました。
 
 オールロードクワトロは、雨の高速での安定度の高さに驚きおののきました。凄かったです。
 ただ、街乗りチョイ乗りの燃費の悪さに早々に音を上げてしまいました。

 325iは、未だにウチの配偶者は最も好きなクルマだそうで、チャンスがあればまたBMWに乗りたい!と言ってます。

c0005077_22123228.jpg
 最初の自分のクルマとなったP10・プリメーラと、BGレガシィ。
 残念ながら、初期型レガシィ・グランドワゴンはヨンサン化がなされておらず、相変わらずこのクルマのみ車歴ミニカーとして揃えられていません。
 スバル車、また乗ってみたいな。でも、一度はマツダのクルマのオーナーになりたいという気持ちも強いです。


 ヨンサン・ミニカーを並べているおかげで、定期的に自分の車歴を思い返すことができます。
 クルマが個人の嗜好を反映する位置づけでいるのって一体いつ頃までなのだろうかなと思いつつ、乗っていた期間はともかく、買ったことを後悔したことはなく、今でも好きなクルマばっかりを選んできたんだなと実感します。



by masa156v6 | 2017-08-03 22:19 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(2)

キャプチャー・カンヌ (2017Ver.)

c0005077_03542332.jpg
 キャプチャー・カンヌ(2017)の実車が横浜青葉Dのストックヤードに停まっていたので若干遠巻き気味に拝見。

 このクルマの標準車にはイヴォワールというアイボリーホワイトが使われていますが、こちらのボディカラーはブラン・ナクレMというメタリックホワイト。
 同じ白系でも印象が結構変わります。この色の個体からは陶器のような艶やかさを想起しました。
c0005077_04042051.jpg
 ボディカラーこそ違えども、このクルマのすっきりとしたスタイリングも相当気に入ってます。


 

by masa156v6 | 2017-07-24 04:06 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

早起き、いざ鎌倉。

c0005077_19101830.jpg
 時間的に大したものではないのですが、ちょっとした所用が鎌倉にてあったので、早起き。海水浴渋滞に巻き込まれないよう6時過ぎに自宅を出て、保土ヶ谷バイパス〜横横・朝比奈経由で鎌倉中心部へ。この時間はまだ空いていたので45分くらいで着きました。

 その後、134号を江ノ島手前まで進み、467号を北上しつつ湘南T-SITEへ。
 カーラボがあったところにはすでに戸建て住宅が建ち始めていました。
c0005077_19141789.jpg
c0005077_19161132.jpg
 この時点で8:30くらい。

 すでに開いていたパン屋さんでカヌレとカプチーノをいただいて、ひとやすみしてから帰途へ。

c0005077_19162872.jpg
 先日、フランスから届いた《TCe》エンブレムをリアに貼り込みました。
 小さいですが、程よい存在感を醸し出してくれてます。気に入りました。

by masa156v6 | 2017-07-16 19:17 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(2)

ヨンサン・キャプチャー(NOREV) マットグリーンM化

c0005077_00223762.jpg
 またしてもachさんのお手を煩わせてしまいました。。。大変恐縮です。

 今日、帰宅したら宅急便が届いていました。
 中身を傷つけないように恐る恐る開梱し、ヨンサン・マットグリーンMのキャプチャーが見えてきました。
 もう、凄くて絶句状態。恐ろしいクオリティ。

 
 以下、achさんが撮ってくださった画像より。
c0005077_00283279.jpg
c0005077_00285919.jpg
c0005077_00293236.jpg
 いつも通りにいつも以上の凄いクオリティ。
 
 ありがたいです。


by masa156v6 | 2017-07-12 00:33 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(2)

TCe Emblem (Renault-Captur 1.2 TCe 120)

c0005077_23381292.jpg
 eBay U.K. を彷徨っていてふと目についた《TCe》エンブレム。
 元々、本国等で同グレードのキャプチャーに付いているものは各文字が独立したタイプのもの(※日本仕様にはTCeエンブレムは付いていません)なのですが、このクローム仕上げ長方形ベースのエンブレムがいたく気に入ってしまい、思わずボタンをポチっ。

 落札からは意外と早く、LA POSTE による配送で1週間で本日到着。
 サイズは、H19mm X W88mm といったところ。
 週末あたりにリアに貼り込む予定です。




by masa156v6 | 2017-07-11 23:47 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)

ルノー・キャプチャー スキッドガードをサテンブラックフィルムでラッピング

c0005077_02260154.jpg
 少し前に取り付けた前後スキッドガード。
 悪くないのですが、すでにシルバー系2色をパーツラッピングしているが故、またひとつ新たな色が加わってしまったことからちょっと煩く感じられるようになってしまいました。このため、サテンブラックフィルムでブラックアウトすることに。
 
 まずはリアから。
c0005077_02291300.jpg
 いつもお願いしている施工者さんへのオーダーは、
・前後共、凹凸部を含めてパッと見で視界に入るエリアはなんとか1枚貼り(繋ぎナシ)で
の1項目でしたが、流石プロ。しっかりと纏めてくださいました。
c0005077_06330565.jpg
c0005077_02333043.jpg
c0005077_02334727.jpg
c0005077_02341914.jpg
 ほぼほぼ完成。
 ドライヤーで丁寧に熱を掛けて、フィルムを柔らかくして伸ばしつつ、且つ無理をさせず(経時で浮きが発生しないよう)に・・・このあたりのノウハウが蓄積されていて、絶妙な手業で仕上げていきます。手練のプロのラッピングは見ていて惚れ惚れするもので、飽きずにずっと見ていられます。

 一旦外していたビスを再度取り付け、完成。
c0005077_03363221.jpg

 元々スキッドガードは付いていなかった(先般ジュネーブで発表されたMC Ver.は形状が異なるものが標準で装着されてくる模様ですが)ので、黒&黒だと一見元に戻ったかのような印象を受けなくもありませんが、バンパーの質感とサテンブラックフィルムの表層は異なっていることと、スキッドガードの凹凸から発せられる陰影をハーフグロスの光沢感(の差異)で見せていて、ほぼほぼ狙い通りの仕上がりになりました。良いです。

 


・フロント
c0005077_02543779.jpg
c0005077_02550736.jpg

c0005077_03055089.jpg
 スキッドガードの見え具合はリアよりは小さいものの、シルバー系が3色いましたので1色減らすことによる効果はなかなかのもの。

 また、ナンバーフレームがメッキ加工されていたことから、こちらにも同じくサテンブラックフィルムで貼り込んでいただいたことで、フロントフェイスに纏まり感が出てきました。



by masa156v6 | 2017-06-26 02:57 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(2)

ルノー・キャプチャー タイヤ交換(26,400km)

c0005077_20051700.jpg
 キャプチャーのタイヤ。
 そろそろだよなとは思いつつももうちょっと引っ張れれば、という思いを抱いていたのですが、先日の12ヶ月点検にて『特にフロントが、もうほぼ終わりかけ(残り溝・2mm)』という明確なご指摘をDさんから受け、動くことにしました。

 純正装着しているMichelin・Primacy3 or Continental・EcoContact5 の2択で考えていたのですが、ふとヤフオクを見たところ、Continental・PremiumContact5 の長期在庫品(2015年14週製造)が4本セットで出ていて、税・送料込みで¥40K-Yen。在庫期間中の保管状況を質問したところ倉庫保管である旨の返答があり、(信頼できるかどうかはこの時点では必ずしも判りませんが)これはお値打ち、と信じることにして落札。

c0005077_19514848.jpg
 交換は、キャプチャーのスタッドレス&ホイールを預かってもらっている《タイヤフェスタ》さん。
 今まで2度ほどお世話になってますが、作業の丁寧さは充分信頼が置けることから、今回の交換もお願いしました。
 ※タイヤは、出品者さんからタイヤフェスタさんへ直送していただきました

 届いたタイヤをチェックしたところ、(素人目ですが)日焼け等は見られず、トレッド面に貼られているステッカーの劣化も無し。良好な状態を維持しているものと見受けました。
 205/55R17 というラインナップ設定数が比較的少ないサイズではありますが、ジャストサイズのストック品がリーズナブルに入手できました。
c0005077_19541214.jpg
 いつも通りサクサクと手際良く交換作業実施・完了。
 エアは、Front・2.6kPa Rear・2.5kPa で調整していただきました。
 
c0005077_19434344.jpg
 で、早速、慣らし走行開始(とはいっても今日は近所を10km程度動かしただけですが)。
 コンチ・プレミアムコンタクト5、第一印象として当たりはプライマシー3に比べて少し柔らかいように感じました。
 早めに200kmくらい走らせて慣らしを終わらせ、様子を探りたいと思ってます。

 
 

by masa156v6 | 2017-06-03 20:12 | Renault-CAPTUR | Trackback | Comments(0)