カテゴリ:CITROEN( 8 )

北陸(金沢〜富山)〜新潟。 と、C4カクタス

c0005077_15120190.jpg
 所用で北陸(金沢、富山)・越後(新潟)へ。

 北陸新幹線で金沢へ来たのは初めて。
 《かがやき》という速い列車に乗って東京から3時間弱で到着。
c0005077_15143244.jpg
 日中に複数箇所にて所用を済ませ、夜に一旦宿泊先ホテルに入り荷物を置いて、迎えに来てくださったT氏と夕食へ。
c0005077_15182314.jpg
 のどぐろとお刺身と煮魚と小鉢が付いた定食をご馳走になりました。
 のどぐろ、生まれて初めていただきました(塩焼きで)。脂身が濃厚で、身は小ぶりながら食べ応えがあります。

 その後、T氏のC4カクタスにて夜の金沢を少し運転させていただきました。
c0005077_15213568.jpg
c0005077_15215776.jpg
c0005077_15261841.jpg
 内装のセンスの良さ(硬質樹脂を多用してはいるものの、グローブボックスカバーセクションには柔らかな素材をブラウンカラーで組み合わせていたり、モニター形状のセンスが良かったり、シートの座り心地がまさにソファっぽかったり)が光るクルマでした。

 また、外装は言わずもがなのカッコ良さ。
 《airbump》を触らせてもらったのは2年前の東モ(シトロエンブースにあった展示車)以来かも。また、ドア開閉時にこのパーツの厚みも知ることができました。しっかりした質感ですし、視覚的インパクトも何度見ても強くあります。

 金沢市内を少し走り、駅前のカフェで2時間くらいゆっくりお話させていただきました。
 今まで、ほぼほぼ都内か札幌でしかT氏とお目にかかっていないので、結構新鮮でした。。

c0005077_15370372.jpg
 お茶をした後、ライトアップされた金沢駅・エントランスをチラ見。
 相当な迫力があります。
 金沢、駅舎や周辺施設が丁寧にデザインされていて歩いていて心地好さを感じます。

c0005077_15402686.jpg
 翌日。
 金沢〜富山〜高岡〜新潟 というルートで所用フォローをするはずが、案件内容に変更が生じた関係で金沢から高岡で降り、富山から新潟へ動くことになりました。
 土地カンがなく、金沢と富山の近さに驚いたのと同時に、富山から新潟までの遠さにも驚きました(。。。)。
c0005077_15434886.jpg
c0005077_20412520.jpg
c0005077_20510386.jpg
 所用とリンクしなかったので残念ながら路面電車に乗ることはできませんでしたので、富山駅南側周辺で撮影のみ実施。
 JR(新幹線)と路面電車の富山駅が駅舎内で接続されるという理想的な乗り換え環境で、軽く鳥肌が立ちました。
 富山ライトレールは駅の北側からの運行の様子だったので、電車の姿を見ることもできずで残念でした。。。

 
 所用を打合せを済ませ、富山から上越妙高という駅まで北陸新幹線に乗り、ここで特急に乗り換えて新潟へ。
 初めて降りる駅、初めて乗る電車・・・・・。旅情を掻き立てられる感があり、なんとも嬉しくなってしまう移動となりました。
c0005077_20552162.jpg
 翌日、新潟での所用を済ませ、上越新幹線で帰京。
 昨日の夜も今日も、自宅近辺は寒いです。。

 

by masa156v6 | 2017-10-14 21:00 | CITROEN | Trackback | Comments(2)

New C3(Citroen)

c0005077_08195742.jpg
 
 いつもお世話になっているGST-GroupのシトロエンD・シトロエン横浜緑に、新しいC3がデビュー前お披露目キャラバンで展示されたので覗いてきました。

c0005077_17320059.jpg
c0005077_17322806.jpg
c0005077_17324794.jpg
 ほぼほぼ、Webで見たときの印象と同じでした。
 ツートンのカラーリングこそ少し派手めのインパクトを持たせるものの、エアバンプを含めてシンプルな塊感があり、街中に馴染みやすいアピアランスデザインかなと思った次第。

c0005077_17351748.jpg
 一方。
 外に並んでいた3台の納車待ち・C4カクタス。
 白×茶はヨンサンミニカーを持ってますがこのカラーの実車を屋外で見たのは初めてかも。やっぱりイイです。

 しかも横浜緑Dに販売可能な在庫車が若干あるとのこと。販売可能な車両のボディカラーは聞きませんでしたが、限定販売を逃した方にとってはプレミア価格で低走行の中古を買わずとも新車に行けるのでは、と思われますので、コンタクトを取られる価値はあるかも、です。


by masa156v6 | 2017-06-18 17:39 | CITROEN | Trackback | Comments(6)

20161218 France-Day(於・シトロエン横浜緑)

c0005077_19125996.jpg
 担当営業氏との軽い打合せ。今日は系列店のシトロエン横浜緑にいらっしゃるとのことで、チラッと顔を出してきました。

 ちょうど《France-Day》というカフェイベントが開催されていて、美味しいカプチーノとクッキーを戴きました。ご馳走様でした。

c0005077_19162254.jpg
 ちょうど座ったテーブルのすぐ近くにディスプレイされていた《C4ピカソ》(ディーゼル)。
 《サーブル》というボディカラー。以前乗っていた先代C4の《サーブル・ド・ラングリュヌ》と同系色ということもあって、落ち着いて品のある色調に、一緒に来ていたカミさんが『この色、綺麗でイイな』を連呼。結構惹かれてました。

c0005077_1922959.jpg
 せっかくなんで、ってことで、ちょっと乗せて頂きました。
 動き出しまではディーゼル特有のカラカラ音がしますが、走り出してしまえば殆ど聞こえてこず、厚いトルクに載せられて快適に運転できます。
 内・外装ともに質感の高いクルマで、人気があるのもむべなるかな。

 試乗から戻り、担当氏とひとしきりお話をさせて頂いてから失礼しました。
 シトロエン横浜緑、C4を降りて以来伺う機会がありませんでしたが、相変わらず居心地の良いお店でした。

 
by masa156v6 | 2016-12-18 19:50 | CITROEN | Trackback | Comments(0)

C4 CACTUS Japan-Premiere だけど発売は2017

 今年の東京モーターショーへのシトロエンのプレスリリースが2015年9月28日付で出されました。
c0005077_1335481.jpg
 ※画像はオフィシャルフォト


 日本への正式導入が決まったこと自体は喜ばしいです。
 が、国内導入時期はこのクルマに6ATが積まれた仕様に変更された後になるとのことで、2017年予定。フランス車系イベントにでも出掛けない限りは並行車を見掛ける確率も相当低い状況ではあるものの、さすがにここから1年以上引っ張ってしまうとなると、モデルとしての新鮮味が相当薄れてしまうのでは・・・。

 ETGが導入ネックになるという判断ならば、MT先行で来年アタマと中盤くらいの2回くらいの区切りをつけて限定台数をリリースして正規ルートでのこのクルマのインパクトをつくり、その流れで2017年の6ATに繋いだ方がまだイイのではなかろうか、とちょっとこのクルマに思い入れのある外野は思ってしまいます。
by masa156v6 | 2015-09-30 01:51 | CITROEN | Trackback | Comments(2)

C4-CACTUS (1:43 NOREV)

 実際に乗るかどうかは別として、このカタチに惹かれたのは事実・・・ってことで、1:43サイズを入手しました。今日、ヒマさえあれば、ずーっとC4カクタスのミニカーを眺めてますが、飽きなさそうなアピアランスです。
c0005077_23234435.jpg
c0005077_23243144.jpg
c0005077_23245097.jpg
c0005077_23243955.jpg
 3次元で目にすると、尚イイですね~。ボディカラーは白かグレーで、エアバンプの色は、白にはチョコレートブラウン(まんまこのミニカーの配色)で、グレーにはブラックが好み です。

 まだ、国内正規導入そのものが決まっていないとのことですが、このクルマを入れないテはないと思いますです。楽しいデザインのクルマでユーティリティ性があるとなれば、フランス車好きのみならず、より多くの層から関心を集められるのでは。

c0005077_23361850.jpg
 多少引きで見ると、これまた趣があります。早く実車見たいっす。
by masa156v6 | 2014-08-17 23:37 | CITROEN | Trackback | Comments(0)

CITROËN "DS DAY" ~Holiday Morning Meeting in 増上寺~ 31th-May.2014

c0005077_614561.jpg
 DS-Line のイベントではありますが、シトロエンつながりってことでお邪魔してきました。

 6時過ぎに自宅を出て、40分くらいで芝公園・着。既に日比谷通りはDS5,4,3 を中心に入場待ちの車列ができていました。
 しばらくして入場開始。DS-Lineの先着50台は黒門をくぐった先の特設パーキングに駐車、となりますが、ノーマルラインである先代C4は当然ながらそちらではなく、境内の地下駐車場へ~。
c0005077_08104441.jpg
c0005077_08112310.jpg
c0005077_08115327.jpg
 地上。
 強い日差しの下、DS-Line各車種が色とりどりに並んでいます。ルノー系とはまた違った色遣いで、こうやって一堂に俯瞰で目にすると壮観です。イイね~。

c0005077_7441086.jpg
c0005077_16274271.jpg
c0005077_7441919.jpg
 地下。
 弱い蛍光灯の下、一見では同じイベントに来ている車群とは思えないトーンの画像(笑)ですが、こちらはこちらで趣のある好きなクルマが停まっていて、見ていて飽きません。先代C4は4~5台いたかな。
 見るたんびに思うのが、C6の存在感と佇まいの素晴らしさ。このクルマ、間違いなく名車になっていく~と思ってます。

c0005077_7482354.jpg
 黒門をくぐって入場する際に、係員の方からプレゼント引換チケットをいただきました。ステッカーか何かくらいだろうと想像しながらクルマを駐めたあとにチケットを持ってオフィシャルテントに顔を出したところ、バッグ(ナイロン系 or コットン系)、ミニカー、クーラーボトル etc.から好きなものをひとつ選んでください、との嬉しいお話。ワタシはナイロン系のブラックのバッグをお願いしましたが、予想よりも良い品ばかりで、選ぶのにちょっと迷っちゃったくらい。

c0005077_7563880.jpg
c0005077_7564438.jpg
 また、境内には6月発売の≪CITROËN DS Faubourg Addict≫ という限定車の展示がなされていました。この落ち着いたパープル・カラーは上品で綺麗でした。マルーンや紫紺系が大好きなワタシにとっては、阪急電車の色に次いでグッと来た次第・・・。

 8時過ぎにはじまる交通安全祈願までは、境内の会場内をゆっくり見て回りながら C-Marché(2CVによる移動式カフェ)で飲み物を頂く等、朝のゆったりした空気感の中で和やかなひとときをすごしました。


c0005077_8213973.jpg
 大殿にて、交通安全祈願。増上寺の近くはしょっちゅう通っているものの、こちらに入ったのは初めて。参加された方で交通安全祈願をおこないました(係の方から着席を勧めて頂きましたが、ワタシはDS-Lineオーナーではないので遠慮させていただき、席の後ろに立って拝見しました)。
 また、PSAさんから、交通安全祈願をされた参加者各位に向けて、御守と絵馬を頂ける旨のアナウンスがありました。きめ細やか且つ手厚いホスピタリティにちょっと驚きました。素晴らしいですね。


 交通安全祈願が終了した後、大殿をバックに記念撮影をして、その流れで冒頭画像にあるトークショー(岡崎五朗氏、森口将之氏 MC・飯田裕子氏)が行なわれました。
 ちょっと暑かったですが、DS-Lineの話題を中心に、来場者の関心を惹く展開の話がなされ、聞いていて面白かったです。

 特に、飯田裕子さんのMCは上手かったです。お客さんとの距離感を掴んでそして縮め、和やかな流れをさりげなく作りつつ、ポイントポイントでPSAの広報の方と連携してイベントの主旨や新製品(車両)の告知もキチンと織り交ぜる・・・。これらがまったくイヤミなく自然聞こえて感じられることって滅多にないので、感心しながらお話を聞き入っていました。


 今回のこのイベント、
・フランス車とお寺、という組み合わせの妙
・お寺⇒交通安全(祈願)へ繋がるという重要な意味合いの持たせ方
・都心で朝の早い時間にインポーターが実施するオフィシャルミーティングという新鮮さ
・DS-Line の上質なブランド(リセッティング?)アピール成功
・PSAのきめ細やか且つユーザーフレンドリーなフォローアップ体制の伝播

を中心として、主催者の意図・目的がよく練り込まれた、そしてユーザー満足度が高い素晴らしいものでした。

 事前に申し込みを受けずに都心でインポーター自らがこのようなイベントを実施するにはキャパ的なオペレーションリスクもあったかと思いますが、ワタシがみている限りにおいてはとても円滑に運営されている様に感じましたし、場内で動かれている主催者側の方々の応対が気持ち良く、シトロエンというブランドへの好印象が残りました。PSAの皆さん、ありがとうございました。


 先日のカングー・ジャンボリー、秋口のルノー・スポール・ジャンボリーといったルノー・ジャポンのユーザーフレンドリーなイベント運営に1ユーザーとしてとても感心・感謝していて、メガーヌに乗ることにして本当に良かったと思っています。

 そんな中、同じくフランス系インポーターとして触れるものがあったのかどうかは判りませんが、今回のシトロエンの都心・朝・お寺、という新しい切り口の企画はとても新鮮に感じましたし、DS-Lineユーザーのブランドへの信頼は強まったのでは、また、潜在ユーザーへのポジティブ・インパクト獲得に成功したのでは、と想像します。
 ユーザーサイドからすると、ありがたく、面白い流れが生まれてきている様に感じられ、嬉しいところです。

  
c0005077_945253.jpg
 早起きしてお腹が空いたので、丸の内に向かい、久しぶりに《東京LOBBY》のフライパン焼きのパンケーキとカプチーノを頂き、ますます満足~。
c0005077_96765.jpg
 帰りはちょっと道が混みましたが、ATなのでラクチンでした。
by masa156v6 | 2014-06-01 08:09 | CITROEN | Trackback | Comments(2)

CITROEN C4-Cactus

c0005077_23542878.jpg
c0005077_23543730.jpg
c0005077_052325.jpg
 見飽きてしまうアピアランスなのか、そうでなく溶け込んでくるデザインなのか、画像と動画をモニター越しに眺めている範囲ではわかりません(※自分にはどことなく《日産・ラシーン》を想起・連想させるものを感じます)。が、インパクトはありやすねぇ。
 C4-Cactus。、《4160mm X 1730mm X 1480mm》というサイズと965kgという車重は魅力あり、です。

 《airbump》は、機能面でも意匠面でも面白く効いてます。是非是非、実物に触れてみたいッス。
 また、上の画像の《ホワイトXブラウン》のカラーリングは、《airbump》が板チョコ、ボディがホワイトチョコのように見えて、ちょっと美味しそうです~。

c0005077_054085.jpg
c0005077_054993.jpg
c0005077_055773.jpg
 C4つながり、ってことで、ちょっと興味が湧いてきました。
by masa156v6 | 2014-02-11 00:07 | CITROEN | Trackback | Comments(0)

ちょっと嬉しいできごと。

 数日前に、シトロエン・オフィシャルサイトからメールが。
 以前にマグカップのプレゼントキャンペーンに応募していたのですが、当選したとのこと・・・。
c0005077_1734087.jpg
 いやぁ~、軽く感涙に咽びました(だはは)。

 といいますのも、今までのワタシの半生における輝かしい当選履歴を振り返り、明確に記憶に残っているものは
①世界で一番長い名前の駅(イギリスだったと思う)の入場券 (中学時代)
②(当時の自宅近くの)西宮北口・市場の商品券(¥2,000-) (小学時代)

のふたつ《のみ》でございます・・・。

 一方、輝かしい不当選履歴としては、
①とある年に頂いた130通のお年玉付き年賀状が、切手セットを含めて全数ハズレ
 (以降、正月早々ゲンが悪いと、当選照合を取り止め中>笑)
②クルマ系イベント、会社系イベント、プライベート系イベントを含め、ビンゴ大会で賞品が
 あるうちに揃わない確率・・・Over95%

等、枚挙に暇がない状態、でやんす。
 なので、今回のマグカップの当選は、とてもとてもとても嬉しいことなのだす~♪

 ただ、PCJさんには大変申し訳ないのですが、今回のC4は新車購入ではない(会員登録の際に、その旨は正直に申告しております・・・であるが故に当選して驚いているのですが)ので、これからも、用品系・メンテ等で小さく刻みつつ、ではありますが、正規Dへ(なるだけ)お世話になり続ける所存でござります。


 
c0005077_17325783.jpg
 今日。
 先週宮ヶ瀬に行ったときお昼に伺った《Le-café-d'-Oguisso》へ、今回は家族でブランチに。先週とは打って変わって、今日は入店待ちが出るほどの盛況ぶりでした(※混んでいたのとお腹が空いていたのとで、画像はありません・・・)。

 お願いしたのは、コーヒー(朝霧)&オレグラッセ、2種類のサンドウィッチ(卵サンド、スペシャル(アボガドとハム)サンド)、そして食後にクレーム・ブリュレとガトー・ショコラ。
 スペシャルサンド、クレーム・ブリュレ、ガトー・ショコラを頂くのは初めてでしたが、いずれも美味しかったです。宮ヶ瀬に行ったときにはナンだカンだで寄りたくなる場所になりそうです。


 今日はお天気が微妙だったこともあって、牧場にも鳥居原にもオギノパンにも寄らずに自宅へそのまんま戻りました。
by masa156v6 | 2013-09-08 18:27 | CITROEN | Trackback | Comments(0)