カテゴリ:RENAULT( 61 )

多少は、なびくか? (NOREV Renault-Kangoo 1:43)

c0005077_20592423.jpg
 ウチの子どもがナゼだか大好きなカングー。

 数ヶ月前、横浜青葉Dの担当営業氏がセンター北駅からDまでこのクルマでお迎えをしてもらった約10分間はどうやら至福の時間だったとのこと。。。

 路上でカングーを見つけるたんびに『あ、デカングー!』『お、コカングー!』『やっぱりイイなぁ、カングー』と大喜び。
 少しはウチのキャプチャーの立場を考えろと言いたくなります(笑)。


 ということで、残念ながら1/1サイズの導入はないので、せめて1/43モデルを我が家へお迎えしようとさっきebay(U.K)で落札。

 リアドアが観音開きでないところと、ルーフレールが付いていること、そしてボディカラーがちょっと自分(&子ども)好みではないところが若干残念ではありますが、NOREVのヨンサンモデルで乗用カングーの出物は最近あまりないので贅沢は言いません。


 1Fリビングのミニカー展示ケースには今まで乗ってきたクルマしか入れてませんが、食事中に目に入りやすい場所に置いていることから、少し子どもをなびかせるべく、さりげなくディスプレイして驚かせようと思います。。。


by masa156v6 | 2017-08-15 21:15 | RENAULT | Trackback | Comments(2)

2017年7月 フランス車・主要4ブランド 新車登録台数(by JAIA)

c0005077_03480804.png
 6月のプジョーの猛追があり7月の数字が気になるところでしたが、何とかルノーが5台差(!)で単月リード。
 Y-T-D(Jan to Jul)でも71台差という状況です。

 ルノーの7月の登録台数の内訳としては、TTL・639台のうち、普通車・415台 小型車・224台 とのことなので、約1/3がトゥインゴということだと思われます。

 車種ごとの台数が判りませんが、感覚的には 1.カングー 2.トゥインゴ 3.ルーテシア 4.キャプチャー 5.メガーヌ の順かなと。
 それにしても、7月までで対昨68%アップとは素晴らしいです。8月以降もツートップ(カングーとトゥインゴ)が大きく凹むことはないのでは、と思われますので、2017年はルノー(・ジャポン)にとってジャンプアップイヤーになることは間違いないですね。


 シトロエンは、やっぱり新型C3効果なのでしょう。200前半の価格帯でこれだけセンスの良い内外装を設えたクルマはそうそうないのでは。
 ウチにある 1/64 サイズ・ミニカーを見るだけでもそう思います。


 Q3-Q4 にかけてのルノーとプジョーのせめぎ合いは激しさを増すものと推察されます。
 いちフラ車ファンとして、JAIAの次月以降の数字発表を楽しみに待とうと思います。


by masa156v6 | 2017-08-09 04:13 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

RENAULT TWINGO NOCTURNE

c0005077_20503066.jpg
 このボディカラーは一見の価値あり。落ち着いていて且つ華やかさも併せ持つ綺麗な紫紺。本気で見惚れました。

 子どもの塾の日曜クラスが新百合なので、日中の行動範囲がいつもよりすこし北上。東八道路を走っていて行き着いた《ルノー三鷹》さんの店頭に《トゥインゴ・ノクターン》がいて、すこし見せていただきました(※一見の流れ客に対して、丁寧にトゥインゴはじめ各車のご説明をしてくださった営業ご担当者さまに御礼申し上げます。お話がとてもわかりやすく、トゥインゴにちょっと本気で惚れてしまいました)。

 

c0005077_20572920.jpg
c0005077_20580069.jpg
c0005077_20583182.jpg
c0005077_20590085.jpg
c0005077_20592698.jpg
 このクルマは綺麗です。良いです。


by masa156v6 | 2017-07-02 21:00 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

2017年5月時点でのルノー車(日本国内)登録台数 by JAIA

c0005077_06130278.png
Link to JAIA

 この数字が発表されてから数週間経っていて多くの方々が認識済みかと思いますが、半年弱(5ヶ月)経過時点で対昨年69%アップというルノーの数字は凄いです。

 トゥインゴとカングーの動きが強い(&メガーヌR.S.のファイナルエディション効果も加味されてるのかな)が故の勢いなのかな。そういえばキャプチャーも限定2連発出してるし。

 5月時点でこの数字ですから、RJとしては今年は本気で数十年ぶりのプジョー超えを狙う一方、プジョーはプジョーでそうはさせまいと様々な施策を打ってくるでしょうし(3008は相当イイ感じのようですしね)。
 Q2締め時点ではルノーが1位でしょうけれども、Q3以降どうなっていくか。両者(社)の動きに興味あり、です。

 ただ、何気にシトロエンも良いです。プラス要因は限定カクタス?
 新しいC3の動き次第では、DS以外の3ブランドについては通年でも結構な数字になりそうですね。

 DSは、相変わらず私はDS5が好きで、いまもノレブのヨンサンモデルを買おうかどうしようかウジウジ悩んでいるところですが、DS7までブランニューはなさそうですし、3・4・5の限定車をつくったところで大きく動く可能性も高くないでしょうから、今年はちょっとしんどそう。

c0005077_07260264.jpg
 ルノーの強みは、トゥインゴという新たな戦力を得たことと、この段階においてもカングーが一定の鮮度を保ち続けていて順調に売れていることでしょうね。

 デカングーになってから一体何年経つの?ということを考えると、このクルマがもつ揺るぎない定番的魅力は凄いなと改めて思います。
 今日の《クルマでいこう》はカングージャンボリーらしいので、見ます。



by masa156v6 | 2017-06-25 06:52 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

Kangoo-Jamboree-2017 (The 9th)

c0005077_04213571.jpg
 今年もGW明け翌週・日曜開催(20170514)となった《第9回・ルノーカングージャンボリー》。

c0005077_04294095.jpg
 カングーではないのに、何故か早起きして、6時半過ぎには山中湖畔へ。

 毎年恒例としている《停めている自分のクルマと会場へ向かって走っているカングーとの2shot》を撮り、会場の《きらら》へ向かいます。
c0005077_04324143.jpg
 2012年の初参加以来、毎年天候に恵まれてきたこのイベントですが、今年は少し残念ながら前日の降雨量が結構なものとなってしまい、カングー・ゾーンの半分を占める《広っぱ》が泥濘で使用不能状態。
 このため、急遽《参加者駐車場》エリアの奥側をカングー・ゾーン、手前側をその他ルノー車&ルノー以外車ゾーンとして設定された模様。これは致し方ないですね・・・。

c0005077_04321560.jpg
c0005077_04482354.jpg
 早めに会場に着いた理由のひとつに、イベントが静かに準備されて始まっていく様を見るのが好き、というものがあります。
 《原っぱ》に色とりどりのカングーが次々にやってきて、ピースが埋まるパズルのようになっていく光景は毎年見飽きることがありません。今年はかなり靄がかっている空模様ですが、それはそれで趣があります。

c0005077_04514519.jpg
c0005077_04520096.jpg
c0005077_04522315.jpg
 とはいえ、《カングー以外のルノー車》乗りとしては、どちらかというとこちらの一群に興味があります。
 Dやイベント等で何度か目にしているクルマたちではありますが、この会場ではちょっと違って(カングーに圧倒される空気感故か、幾分締まって)見える気がします。

c0005077_04564005.jpg
c0005077_04565937.jpg
c0005077_04572558.jpg
 《ピエール・エルメ》さんのチャリティー・マカロン配布。
 去年は列の長さに並ぶのを断念しましたが、今年はコーヒー味のマカロンをいただくことができました。やっぱり美味しい!
 ラッピングカーも、新しい意匠のものがお披露目されました。

c0005077_05002252.jpg
c0005077_05004398.jpg
 キャンピングカー・仕様のカングー。初めて見ました。
 実際にベッドスペースに登らせてもらいましたが、これならしっかり普通に寝られるなと。
 価格、納期は想像を越えるものではありましたが、この便利さが自分のクルマに備わることを考えたら面白いかも、と感じた次第。

 ボディカラーは一昨年と同じオレンジですが、CABANA製シートカバーのカラーリング(ダークグリーン&アイボリー)がイイです。
 EDCで70台限定。あっという間に完売コース、と予測されます。

c0005077_05035634.jpg
c0005077_22124225.jpg

 会場内で何人かの方々と話したりクルマを見たりして、10時少し前に荷物を置きにキャプチャーを停めたところに戻ろうとしたところ、昨年のキャプチャー・軽い集まりで色々とお力添えをくださったオーナーの方から『許可をいただいてキャプチャーを1列に並べたので加わりませんか?』とのお声掛けを頂き、空いている端スペースに停めさせて頂きました。
 キャプチャー(・オーナー)、カングージャンボリーには比較的いらっしゃる方が多く、去年も10台を超える台数が会場内に見受けられましたが、今年も結構多いです。
 
 また、このあと、ビボップ乗りのご夫婦(お二方がそれぞれ1台のビボップ乗りとのこと!)と偶然話をさせて頂きましたが、過去の車歴を含めて色々と楽しかったです。ありがとうございました。


 そんなこんなでお昼過ぎ。
 後半ずっと一緒に場内を回らせてもらった旧知メガーヌ&トゥインゴオーナー氏に先に失礼させていただく旨を告げ、会場を後に。
 今年はいつもと違い、新百合に家族を迎えに行くので、いつもの御殿場から東名上りルートではなく、久しぶりに道志みちを通って相模原経由で帰途に就きましたが、さすがGW明け翌週。渋滞ほとんどなし。

 

 前日の大雨等で、主催者各位におかれましてはオペレーション変更を含めての調整が大変だったことと推察致します。
 おかげさまで、こちらは当日ゆっくりと楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

 また来年も是非とも伺いたく。次回は前日含めて好天に恵まれることを願っています。
c0005077_22202111.jpg

by masa156v6 | 2017-05-15 05:16 | RENAULT | Trackback | Comments(2)

ルノー・好調(Q1-2017)

c0005077_08023549.png
 JAIA発表の2017年3月・輸入車新車登録台数速報、さっき覗いてみてちょっとビックリ。
 ルノー(・ジャポン)の2017年3月単月の登録台数が1,333台と、昨年同月比で68%アップ(2016年は794台)。スゴイな。

 纏まったタマが入ってきたトゥインゴと、クルール効果を含めてのカングー、そしてルーテシアのMCが牽引しているものと思われますが、1st-Q'tr(1-3月)でプジョーを上回っているのは相当なことなのでは。

 最近各社(車)にて標準装着化されつつあるセーフティデバイス系が軒並み装着されていないラインナップでしばらくは勝負を続けざるを得ない国内ルノー車ですが、乗って愉しい、というクルマの根源的な魅力発信で、なんとかこの勢いを保ってほしいところです。


by masa156v6 | 2017-04-14 09:28 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

Twingo 20170305 5+1colors

c0005077_19554772.jpg


 さっき(午後イチをちょっと過ぎたくらいの時間)、30分程度の所用があってルノー・横浜青葉Dに行ってきました。

 相変わらず盛況で、来客パーキング、テーブルともに満席。ショールームと道を挟んだ向かいのヤードにMCルーテ、トゥインゴ、カングー、メガーヌ etc.がテンコ盛り。ギッシリ並んでました。


 担当営業氏に聞いてみたところ、
・トゥインゴのバックオーダーは解消方向にあり、納期が連動して短くなってきた。商談も順調。
・カングーは相変わらず好調。
・ルーテシアのMCについても好インパクトが出ている。
とのことで、何よりです。


 トゥインゴについては、設定6カラーがすべて屋外で見ることができる状態(上の画像では5カラーですが、後列にブルー・ドラジェがいます)で、ポップなアイキャッチ効果があります。

c0005077_18001300.jpg
 また、画像はありませんが、カングー・クルールが1台ストックヤードに。
 Web等で目にしていた画像に比べると若干彩度が低い印象を持ちましたが、綺麗なブルーでした。

 また、こちらも画像はありませんが、ルーテシアの赤、MC前後での色調の違いが予想よりも大きかったです。
 ルージュ・フラムM の綺麗さ vs ルージュ・ドゥ・フランスM の落ち着き  という印象で、ルージュ・ドゥ・フランスは、赤メタというよりもダークバイオレットレッド(紫が入っているかどうかは判ってませんが)かな、と。大人の色、ですね。
  

by masa156v6 | 2017-03-05 18:00 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

2017-Tokyo-Auto-Salon

c0005077_21153248.jpg
 今年はとくに意識して観たいクルマはいなかったのですが、このお祭りには顔を出しておきたい、ということで幕張まで足を運びました。

 狩場から首都高湾岸線を東に向かうルートで走りましたが、千鳥町あたりから雪がパラつきはじめました。ただ、まもなく止み、幕張に着いた頃には寒いながら曇天に。

 土曜・14時少し前に会場に入りました。が、過去経験のないくらいの混雑具合に少々面食らいました。
 よっぽど気をつけないと誰かしらと当たってしまうという混み方は初めて。時間帯かな?とも思ったりしましたが、この時間帯に来たことは何度かあるのでそんなこともないかなと。

 ただ、全体的な年齢層はやっぱり高くなってる気がしました。
 一般来場者もそうですが、自分が見かけた範囲で長いレンズの一眼レフを構えて大挙してお目当ての女性の目線を貰うべく塊になって勢いをつけていたヒトたち、その多くがカメラオヤジ(≠カメラ小僧)でした。


c0005077_2131829.jpg
 CX-5の新型を初見。
 Webに初めて画像が上がったとき、初代よりも重さを感じるデザインになったという印象を受けてましたが、実車はさにあらず。シュッと引き締まったアピアランスになっていて、自分のストライクゾーンの真ん中ちょっと右寄りくらいのゾーンに入りました。イイなコレ。

 ロードスターはじめ、観たいクルマが結構いましたが、とにかく混んでいて、早々に退散…。

c0005077_23104176.jpg

c0005077_21364026.jpg
 ルノーブースは、ブランニューモデルはトゥインゴ・ZENのみ。RR&MTは何気に響く層がいそうかな。
c0005077_21414293.jpg
 モデル末期:中期のメガーヌR.S.:ルーテR.S.といえども、ルノー(・スポール)の認知度を上げる場としてオートサロンはまだまだまだまだ有用かと思われるので、継続出展することには大きな意義があろうかと。


c0005077_21464264.jpg
c0005077_21465665.jpg
 相変わらず好きなクルマ・スズキ・イグニス。

 黄色いスズキのショーカーも悪くないのですが、個人的にメチャメチャかっこいいと思ったのが、JAOSがつくったこの白い個体。
c0005077_21522317.jpg
オバフェンの造り込み方に軽くシビレてしまい、10分くらいその場から動けなくなってしまい、ここのアップばっかり撮ってました。留め方、仕上がりレベル、共に素晴らしい〜。オバフェンフェチの心を揺さぶるクルマ、でした。


 フレフレ幕張の会場であるイオンにて軽く買い物をして、帰宅。
 帰りは浦安ネズミ渋滞に若干ハマりましたが、基本的に道は空いてました。

 往復で結構撒かれていた塩カルを拾ってるので、下回り洗浄をせねば、と思いつつ、忘れてました。
 近日中にやろうと思います、です。



 


 
by masa156v6 | 2017-01-15 21:58 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

Twingo

c0005077_21505869.jpg
 Twingo。
 先般、ちょっとした機会をいただき、200kmくらい乗ってみました(首都高、東名、都内一般道)。

 微に入り細を穿ち、のコメントなぞワタシの力量ではとてもムリ・・・。
 なので、超ザックリと、ランダムに一行コメントをば。


・高速の安定度の高さにちょっとビックリ。キャプチャーよりも運転時の安心感が高く感じられた

・外装のデザイン・質感は◎・・・アンダー200とは思えないクオリティ

・内装のクオリティは御世辞にも高いとはいえないものの、デザインでカバーしていて好感が持てる

・キャンバストップで首都高のトンネルに入ると、後ろにトラックがいると音的にちょっとビビった(笑)

・ハロゲンヘッドライト、特に暗いと思わず。キャプチャー同様、これでイイのだ。

・最小回転半径の小ささ・・・結構な距離と時間を乗ったにも関わらず、体験するのを忘れた(・・・)

・エアコンの設定がうまく出来なかったが故、フロントガラスが頻繁に曇ってしまってちょっと焦った

・床は確かに高い。が、目線位置が上がるメリットと思えば特に気になることでもない

・ツインクラッチの挙動に違和感を感じる局面はほとんどナシ

・スマホナビを超遅れ馳せながら初使用(Google-map)。充分使えるなと。

・ブルー・ドラジェの水色は綺麗。これに白内装が組み合わせるとさらに良い(by カミさん)

・『これがイイ!』(by 子ども)


c0005077_228477.jpg
 予想以上にイイクルマで、思わずちょっと欲しくなりました。
 特に、高速での走行時の直進安定性の高さは特筆モノ。ここがシッカリしてると運転が疲れません。

 まだ街中で見掛けたことは数回ですが、前からも横からも後ろからも良いクルマなので、すれ違えるのを楽しみにしてます。
by masa156v6 | 2016-10-16 22:12 | RENAULT | Trackback | Comments(0)

New-Twingo 6-Colors (at SHONAN_T-SITE)

c0005077_2025163.jpg
c0005077_2032377.jpg
c0005077_2034699.jpg


c0005077_2045813.jpg
c0005077_2053559.jpg
c0005077_2054974.jpg
c0005077_2010462.jpg
c0005077_2064013.jpg
c0005077_2065047.jpg
c0005077_207327.jpg

 ブルー・ドラジェ・イチオシでしたが、全6色をマジマジと目にできる機会を得てしまうと、その決意(?)が揺らぎます。買うのは実車じゃなくてヨンサン(ミニカー)ですが。

 この3連休、初日を除くと日差しは殆どなく、しかも局所的な渋滞がそこかしこであったので距離の割に疲れが溜まる系の運転になってはしまいましたが、6色(台)を見に藤沢まで来て良かったと。New-Twingo、見れば見るほど素敵なカタチをしています。
by masa156v6 | 2016-09-19 20:13 | RENAULT | Trackback | Comments(4)