カテゴリ:Megane R.S.( 284 )

ルーフライニング前端部・断面部分露出を隠す方法(メガーヌR.S.)

c0005077_12541810.jpg
c0005077_22270531.jpg
c0005077_12550425.jpg
 アレやコレやと回り道をしましたが、結局簡単な方法でまぁまぁ上手く納まったかなと。

 トヨタ純正ドアエッジプロテクターにマットブラックのラップフィルムを貼り込み、裏側の両面テープをKAWAGUCHI製布用両面テープ(5mm幅 94-002 ※上画像のパッケージは15mm幅のもの(94-004)で、むき出しの白いテープが今回使用した5mm幅のもの(94-002))に貼り替え、メガーヌのルーフライニング・前端部・断面部分にペトッとやっただけ。

 時間経過を見る必要があると思いましたので1週間経ったところで確認しましたが、特に粘着力が落ちている風でもなく、ガッチリではありませんが程よくしっかりくっついてくれています。


 afterの画像撮影がイマイチで外光の写り込みが多くてわかりにくく恐縮ですが、断面が丸見えになっているというカッコ悪さは解消されました。
 
 断面部分を挟み込むことを考えていたので、すでに2種類のU字型軟質樹脂パーツを入手済みですが、多分使うことなくこのまま乗り続けられるかな、というところです。

 運転しているときに見える位置でもないので気にならないです。
 まぁ、成功といえるでしょう。。


by masa156v6 | 2017-08-13 13:04 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

ZTYLUS "STINGER" Emergency Escape Tool

c0005077_11160514.jpg
 《ZTYLUS STINGER》。
 数日前にFBにてリンクシェアされていたレスポンスの記事を見て、amazonにて購入。

 すでにライフハンマーを運転席側ドアポケットに取り付けていますが、この位置だと万一の際に助手席側からは遠いです。
 また、通常時はUSBチャージャーとして使用できる(※iPhoneの充電をしょっちゅうメガーヌでしています)とのことで、この製品をセンターコンソール・シガーソケットに差し込むことで2つの機能を有することになり、メリットがあるものと判断しました。

c0005077_11301609.jpg
c0005077_11303378.jpg
 万一脱出が必要な際に使うシートベルトカッター。
 お世話にならないに越したことはないですが。

c0005077_11322042.jpg
 メガーヌに差し込んだ状態。
 サイズもコンパクトで収まり感も悪くないです。


 キャプチャー用としてもう1個買おうかな。
 

by masa156v6 | 2017-08-11 11:36 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

細かいっちゃあ細かい話。

c0005077_21280384.jpg
 メガーヌのルーフライニング・フロント側先端。
 断面が丸見えになっていることに6年間気づきませんでした。。。

 なので、放っておけばいいのに、一度気がついてしまうとこれはどうにも気になってしまう、と。


 で、色々と素材・パーツを探り、探し、ようやく具体的な候補を見つけました。

c0005077_21324848.jpg
 これです。
 柔軟性、挟み込める厚さ、パーツ自体の幅と奥行き、そして重さ(重いとライニング垂れ下がりリスクが生じてしまう)。
 さっき届いて、挟み込んでみたところ、悪くない。これは自分にしては珍しくすんなりイケる、かも。

 ただ、このままだと透けてしまうので、ラップフィルムを貼り込んでからメガーヌに付けてみます。


by masa156v6 | 2017-08-02 21:37 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

メガーヌ三昧。

c0005077_17301091.jpg
 Kさんの黒メガーヌR.S.(ファイナル)のお披露目ということで、サクッと宮ヶ瀬に。
 7月下旬・土曜の朝の宮ヶ瀬(鳥居原)は空いてました。

c0005077_17340480.jpg
 ファイナルの黒は、リアクォーターのシルバー・デカールが映えます。
 自分のクルマも黒なので本来的には同色・新旧2台並びのはずなのですが。。。最近は元々の色を忘れることが増えてきています。

c0005077_17363340.jpg
 TさんのEOSと3台になり、しばらくしたところで蒸し暑さに耐え切れなくなり、お茶を飲みに行きましょうということで移動。
 厚木方面へ下りていく途中にあったカフェに入り、アイスコーヒーで涼を取りました。

 ちょうど一息ついて落ち着いたタイミングでNさんからご連絡を頂けたので、再び鳥居原へ戻り、それから近くのオレンジツリーにてちょっと久しぶりのクルマ談義。
 Kさん、Nさん ご馳走になりましてありがとうございました。


c0005077_17443103.jpg
 オレンジツリーにて現地解散し、ワタシはメガーヌのオイル交換に港北の工場へ。
 圏央道も東名も空いていたので、IKEAのちょっと先の工場まで宮ヶ瀬から1.5hで着きました。
c0005077_17455906.jpg
 ここのところ、アンダーカバーにオイル漏れの滲みが出ています。
 位置と色からミッションオイルの可能性が高そう、とのこと。大量ではないのでとりあえずは様子見。次回のミッションオイル交換時に漏れ止め剤を入れようかなと。
c0005077_17480836.jpg
 工場内には、DS、XM と、シトロエン比率が高かったです。
 あとは406セダンと939スパイダーがいた気がしましたが、暑さでボーっとしていて記憶が曖昧です。。
 オイルはいつものQUARTZ9000 5W-40。エレメントは前回換えたので今日はオイルのみ。5.9Litter。

 このあと、ルノー横浜青葉Dに伺い、S工場長から先週取り付けて頂いたメガーヌのサングラスホルダーの装着方法についてご説明いただきました。
c0005077_17551740.jpg
c0005077_17555308.jpg
 自分のクルマ(初期のLHD)には、ボディ(スチール)にホルダー装着可能な孔は空いているものの、その奥にあるべきツメが刺さる受けパートがなかった(恐らくRHDで助手席用のハンドグリップが付いているクルマであれば、取付方法は同じだと思われるのでサングラスホルダーもポン付けできるものと思われます)が故に固定することができす、本来であれば装着NGということでお断りをされる流れであったのですが、今回は特例的にワンオフ対応(ツメの先端部に穴を開け、タイラップでボディ側に元々開いている複数の穴と結んでの取付)をして頂いたとのこと。大変恐縮です。しっかり着いてます。ありがたいです。

 また、昨今のルノー車に纏わるお話をいくつかお聞かせいただきました。
 メカニック視点での具体的な内容で、とてもとても面白かったです。



 それから、ゲリラ豪雨に見舞われて到着が19時過ぎになってしまいましたが、町田のラッピングスタジオに寄らせていただき、K氏と打合せ&テストマーキングを実施。いつも丁寧なフォローをしてくださり、ありがたいです。
 また、別件で内装に使用する両面テープのテストチェックも実施。結構集中してやっていたので、時計を見たら良い時間になっていてちょっとビックリ。K氏に御礼を申し上げ、帰途へ。



 メガーヌに乗り始めてから6年・約8万km走ったところで、初めて触った(押した)機能。
c0005077_18471189.jpg
 クルーズコントロールを東名上りの厚木〜横浜青葉間で人生初体験しました(。。。。。)。
 結構便利なんですね。

 


 

by masa156v6 | 2017-07-30 18:49 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

メガーヌにようやくサングラスホルダー・装着(歓喜モード!)

c0005077_19052700.jpg
 長かったです。
 ここまで来るのに結構な時間と手間と工夫とご迷惑(またしても他力本願でしたので。。)を掛け、ようやく自分のメガーヌにサングラスホルダーが取付けられました。

 嬉しい。。。の一言に尽きます。

c0005077_19255059.jpg
c0005077_19263448.jpg
 ここに至るまでのプロセスで購入し、一部は塗装までしていただいた(右側)にもかかわらず、取付に失敗し、自室に眠っているホルダー。
 左のタイプは同じものをダブり発注してしまってもう1個あるので、合計4個。申し訳ないです。。


c0005077_20061935.jpg
 超・膠着状態に陥っていたところ、みんカラにてメガーヌR.S. RHD に乗られているオーナーの方が現行トゥインゴ用のサングラスホルダーをメガーヌに取り付けることに成功した との情報を得て、ご本人にSNS上で質問等をさせていただきながら再始動。内装トリムを剥ぐってみたところ、同形状とみられる四角い穴が車両本体のスチール部に開いていることを確認。これは行けるぞと。 

 ホームDであるルノー横浜青葉Dにパーツを注文し、受取り。
c0005077_20111885.jpg
 で、ACHさんにお願い(同じアプリケーションのものに対して複数回のお願いを差し上げてしまい本当に恐縮です)して元々の表層色であるベージュカラーをメガーヌの内装トリム近似カラーであるダークグレーに塗っていただき、それを再びルノー横浜青葉Dに・S工場長にお預けし、作業をお願いしたのが先週末。
 この時点では、トリムの一部への穴空けさえうまく運べば(位置ズレしなければ)、ほぼポン付けで行けるものと思い込んでました。が・・・・・・。


 ここからのプロセスは、まだ詳細をお伺いできていないので状況を把握した上でアップしますが、残念ながらポン付けとは全然ならず、相当な現車加工と取付ノウハウ構築をしてくださり、何とか無事に取付成功、へと導いていただきました。S工場長並びにご担当くださったメカニックの方に恐縮するとともに御礼申し上げます。

 現時点で云えることは、
・現行メガーヌR.S. RHD については、トゥインゴ用ホルダーの流用で比較的容易に取付が成功した事例あり
・現行メガーヌR.S. LHD(初期モデル)については、上記流用を実施するにしても、簡単には取り付けられない(Dさんの方で行きがかり上、相当な工夫とワンオフ的加工を施していただいてなんとかカタチにしてもらえた状況)
ということです。。

c0005077_20295301.jpg
 ここにサングラスを収納できることで、掛ける際の手の動線が最小限で済みます。数年来の小さな夢が叶った瞬間です(。。。。。)。

 これは本当にありがたいです。
 メガーヌ、大事に乗り続けます。


by masa156v6 | 2017-07-23 20:38 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

at Shin-Yokohama

c0005077_23152548.jpg

 今日は名古屋へほぼ弾丸ツアー(face to face での打合せが必要であったため動きましたがそれ以外はアイス1個をファミマの店先で食したのみで、東山線・某駅から名古屋に戻り、駅弁を買って速攻で帰りの新幹線)、その後相模エリアでミーティングし、それから三鷹で打合せ。でした。

 という行程でしたので、新横プリンスPにメガーヌを停めて新幹線に乗って、名古屋から戻ってきてクルマに乗って郊外移動。でした。
 肩と足がパンパンでやんす。。。

c0005077_04395961.jpg
 先般のフェアで配布された《RENAULT SPORT》カーボンパターンステッカーをリアガラスに貼りました。


by masa156v6 | 2017-07-20 23:22 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

メガーヌ インナードアポケット & ナンバーフレーム 取付

c0005077_19404728.jpg
 久々に洗車(あまりにも暑いので自力ではなくいつものスタンドにお願い)。
 外にも中にも蜘蛛の糸(益虫なので基本的に歓迎はしますが、クルマは勘弁してくれ。。)がそこはかとなく纏わり付いていたので、サッパリしました。

 メガーヌR.S.のインナードアハンドルが経年で強度不足によって捥げてしまう事例が散発していて、何人かの先達並びにDさんがその対策としてインナードアポケットを設けてリスク低減を図られていますが、遅ればせながら乗ってみました。
c0005077_19462977.jpg
 ヤフオクでボルボ用・サードパーティ製インナードアポケットを落札・購入したのは2ヶ月くらい前。
 工作をDIYでなさるオーナーが多くいらっしゃいますが、そこはハンパない不器用人間。考察2秒で白旗を掲げ(。。)、いつもお世話になっている工場長に作業をお願いしました。
 工場が立て込んでいて、先週末に取り掛かっていただきました。
c0005077_19521678.jpg

 また、ドアポケット取付に加えて、メガーヌオーナーのお一人が実施された《ネジの周りのリブを切って大き目のワッシャで強度のある枠部分ごと固定》技についてご本人のご承諾をいただき、実施。
c0005077_20153014.jpg
 もしかしたらドアポケットの取付をせずともこれだけで相当な効果が上がったかもしれません。
 今までミシミシ音がしていたインナードアハンドルがガッチリした感触に変化しました。


 工場長が丁寧にケアしてくださり、無事に装着完了(お初の作業ということもあり、位置出しや収め方を慎重にしてくださったのでほぼ丸1日の時間を費やされたとのこと。感謝です)。
c0005077_19551549.jpg
 元々のドアハンドルを引くこともあればドアポケットを握って引くこともあり。2パターンを交互にやることでそれぞれの負荷(回数)を減らし、長寿命化を図ります。


 
c0005077_19584267.jpg
 いきなり装着画像になりますが、先日バックカメラに目をやったところ、リアナンバー・右下端部が曲がっている気がしたので降りて確認したところ、下半分が結構クニャクニャに。。
 何かに当てられたようなこすりキズも複数付いていて、この数日で停めていたときにやられたっぽいです。

 まずは人力でクニャクニャを整えてみましたが、下端部の波打ちが結構惨めな感じ(。。)。
 最初はナンバー破損で多摩陸事まで出向くことを考えましたが、手続きと手間がメンドくさい。ってことで、封印の影響を受けないナンバーフレームを取り付けて端部の波打ちを隠せないかと。

 で、昨日、八王子のジェームスで《ミラリード・ナンバーフレーム・JD1604》を購入。樹脂製なので軽く、しかもワンタッチ(フレームを引っ張ってナンバーに引っ掛けるだけ。装着時間10秒)なので超超不器用のワタシでも取付可能。
 下端部の波打ちはほぼ隠せたので、ぱっと見だと悪くない仕上がりになりました。とりあえずオッケーと。

c0005077_20085186.jpg
 2枚セットを買ったので、フロントにも付けました。
 メッキ塗装がちょっと目立つので、こちらについては近々ラップフィルムを貼って落ち着かせる予定です。



c0005077_19405988.jpg
 メガーヌには長く乗ることを決めたので、今後も小技をチョコチョコとやっていく予定です。


by masa156v6 | 2017-07-17 20:10 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

メガーヌ ルーフセクション・フィルム貼り替え & Bピラー・デカール貼り(リアル・シミュレーション)

c0005077_22410480.jpg
 メガーヌ。
 去年の4月にマットチャコールグレーM・フィルムでフルラッピングしましたが、ルーフセクションのみ、マットブラック(1080-M12V)に貼り替えました。

c0005077_22425394.jpg
 直射日光を浴びまくる保管環境ではありますが、貼ってから1年少しという比較的短期間ということもあり、ヒートガンで熱をかけて粘着剤を柔らかくしながらの剥離作業で、10分少々で元のフィルムは綺麗に剥がれました。糊残りも基本的にナシ(※施工時に折り込んだ端部について若干粒状の糊が残りましたが、IPAで軽く拭き取れる程度なので特に問題ナシ)。

c0005077_22475428.jpg
 ルーフ全体が写った引きの画像は撮れていませんが、見た感じは大人しくなったというかちょっと落ち着いた感じになったというか。。
 まぁ、これはこれでアリかと思います。
c0005077_09305373.jpg
 ルーフのラッピング貼り替えは恙無く完了。


 その後、いつもお世話になっている施工チームと雑談をしている中で、
『そういえばBピラーのパネルのグロス感がちょっと気になるのでマット系フィルムの質感で抑えられるかどうかチェックしてみよう』という流れになり、どうせならいくつかの種類のフィルムを実際に貼って見てリアル・シミュレーションしてみることになりました。


・オリジナル(元々の状態)
c0005077_22561297.jpg
 ウインドウそのものが光沢感をもっているので、オリジナルのグロスチックな樹脂パーツのままでも自然で別におかしくはないのですが、6年乗っていると細かいキズが目立つようになってきたので、まぁ貼っとこうかなと。


①カーボンパターン・デカール
c0005077_23064944.jpg
 王道的フィルム仕上げ。グロス感が抑えられている分、カーボンパターンに目がいきます。自然な仕上がり。


②ハイグロスカーボンパターン・デカール
c0005077_23090855.jpg
 この仕上がり感は自分のクルマに取り付けているフロントリップスポイラーのクリア(グロス)感とリンクするもので、これまた悪くないです。


③ブラッシュドブラック・デカール(縦目方向貼り)
c0005077_23123432.jpg

④ブラッシュドブラック・デカール(横目方向貼り)
 
c0005077_23153934.jpg

 このクルマのフロントセクション(Fバンパー・フィン部分)に同じブラッシュドブラック・フィルムを貼っているのですが、そこにはうまくハマってます。
 ただ、ピラー・デカール単体としてはサイズが小さなわりにちょっと主張(インパクト)が強い印象(ガラスとの繋がりイメージがちょっと弱まってしまう印象)を受けました。


⑤マットブラック・デカール(M12V)
c0005077_23222907.jpg
 こちらだけ逆サイドからの画像になってしまいスミマセン。。
 ルーフに貼ったフィルムと同じもの。
 ど定番的仕上がり感ですが個人的に一番すんなり収まったように感じましたので、こちらを両サイドに貼り込みました(テスト貼りの①〜④は施工・撮影後すぐに剥がしました)。
 
 
 156GTA・SWに乗っていたころに、Bピラー・デカールが劣化したので貼り直しをしたことがあったのですが、当時はまだラップフィルムが出てくる前で、しかも劣化したフィルムの表層が比較的荒れていたのでドアの内張り等を外して元フィルムを剥離、そして新しい純正フィルムを貼り込む、という工程を組んだが故、完了までに12時間くらいを要した記憶が残ってます。。

 いまはラップフィルムを使うことで比較的容易に貼り・剥がしができますし、オリジナルの表層が荒れていなければ単純に重ね貼りすれば良い(ナイフレステープを使えばカッターキズも付かない)ので、意外とこの部位は貼りモノで遊べるかもしれません。


by masa156v6 | 2017-07-01 23:34 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

The 18th French-French-Makuhari

c0005077_05141956.jpg
c0005077_05145258.jpg
c0005077_05151507.jpg
c0005077_05154882.jpg
c0005077_05163430.jpg


c0005077_05170540.jpg
c0005077_05173489.jpg
c0005077_05183712.jpg
c0005077_07535937.jpg
c0005077_05192798.jpg
c0005077_05195947.jpg
c0005077_05203774.jpg
c0005077_05205289.jpg
 このイベントに参加させていただくようになってから、もう6〜7回くらい幕張に足を伸ばしています。

 とくに何をするわけでもなく、緩やかにクルマを停め、偶然近くにいらっしゃる同好の士、旧知の方とサラサラと話し、一通り周遊・散策してプジョーやシトロエンの雰囲気を味わい、下に降りて1,000Yen以上分の買い物をして駐車料金フォローをして、また屋上Pに戻ってサクッとクルマを拝見して、事前精算をして、スロープを降りて357号に出て、東関東道〜首都高で帰る、というルーティンが、心地好いです。

 柔らかく丁寧なイベントを継続して開催してくださる主催者・関係各位に改めて御礼申し上げます。
 また、ロケーションを提供してくださるイオン幕張さん、ありがとうございます。新都心店の方が新しくて大きいことはわかっていますし伺ってますが、個人的にはフレフレを開催してくださるってことで、幕張店の方にちょっと思い入れを持ってます(笑)。



by masa156v6 | 2017-06-06 05:39 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)

201705232030 at MM

c0005077_21271270.jpg
 今日は夕刻からMMオフィスに籠ってデスクワーク。
 キリのいいところで終わらせ、鴨南そばを食し、温まったところでメガーヌを停めているPにて夜景を見て、ちょっと疲れが取れました。


by masa156v6 | 2017-05-23 21:30 | Megane R.S. | Trackback | Comments(0)