カテゴリ:Goods( 19 )

MVMT-PATRIOT arrived.

c0005077_2357716.jpg
 オーダーから8日。
 U.S.からDHL(通関後の国内配送は佐川急便)で届きました。

 ほぼほぼ想定通りの質感。
 遊び時計としては、充分。

c0005077_23591836.jpg
 バンドのセンターカラーが深めのグレーなので、フレンチトリコロールというワケではありませんが、ベタですが気分はそれっぽくなり、悪くないです。結構気に入りました。
by masa156v6 | 2016-11-12 00:01 | Goods | Trackback | Comments(0)

MVMT-PATRIOT

c0005077_2141432.jpg
《MVMT》というブランドの《PATRIOT》という時計を注文しました。
 クルマ系SNSで、ルーテ・オーナー氏がブログにアップされた画像にクッと刺さり、速攻オーダー。

 バンドカラーがフレンチトリコに近いイメージですが、センターのグレーが落ち着いた感を出しているので気に入りました。

 2週間くらいで届くとのことなので、RSJに間に合うようであればハメて行こうと思います。
by masa156v6 | 2016-10-30 21:57 | Goods | Trackback | Comments(0)

『もう、老眼鏡とは呼ばせない!』

 始まったのはここ3年くらい。
 ただ、この2~3カ月で加速度的に至近距離のものや字にピントが合わなくなってきました。

 老眼、一気に来ました。
 ホテルにチェックインするときやカードの支払いをするとき等、自分で書いている字がボケボケでちゃんと読めない状況は流石にマズい・・・。
 ってことで、FBに広告を打っていてちょっと気になっていた《kennyreaders》のサイトに行き、速攻オーダー。

c0005077_2015246.jpg
 さっき帰宅したら届いてました。

 老眼度数・・・+2.0。50~55歳相当の度数ということで、若干実年齢よりも進行が早いです・・・。
 
 メガネの型は《ウェリントンプレミアム》というもので、レンズは《マルチビジョン・クリア》というもの。

 このレンズ、上の方は素通しで、真ん中より下側の中央部に老眼度数が入ったもので、まだ視線移動に若干慣れてませんが、まっすぐ見ればコンタクトで遠くが見えて、至近距離は視線を下側に下げることで老眼鏡として機能します。
 なので、メガネを上げたり下げたりする必要がないです。

 とにかくとにかく、久しぶりに近い距離の文字がキチンと見えるようになって、結構嬉しいです。
 最近は雑誌や本を読むのも(近くのピントが合わなくて)億劫になってきていたのですが、これでネガファクターが解消方向に来ました。

 『もう、老眼鏡とは呼ばせない!』というキャッチがどうなのかは初めての老眼鏡なのでよく判りませんが、買って良かったです。
by masa156v6 | 2016-07-12 20:12 | Goods | Trackback | Comments(0)

Aquatimer もオーバーホール完了。

c0005077_2341834.jpg
 IWC銀座から、アクアタイマー(IW353602)のオーバーホールが完了した旨の連絡を先週末にいただき、受け取ってきました。

 銀座ブティックのドアの重さはなかなかのもので、前回も今回も結構踏ん張って開閉しました。

 内容は
・コンプリートサービス
・ライトポリッシング(ベゼルを除く)
・リューズチューブ交換
・秒針交換
・リューズ交換(SS)
で、68K-Yen。ほぼほぼデイトジャストと同額。

 OH上がりの受け取りながら、キチンとしたケースが用意され、作りの良い手提げ袋に入れていただき、重いドアを開けてもらって見送られる様は、買い物をしていない分、若干の気恥ずかしさを感じました(笑)が、すがすがしい気分でお店を後にすることができました。

 前回のOHからちょうど5年で動かなくなったので、次はまた5年後くらいでしょうか。


 時計に凝っているワケでも詳しいワケでもないものの、単純に黒文字盤が好きで買ったこれら2本と、今回繋ぎで買ったもののなかなかシックリ来ている感があるSEIKOを合わせた自動巻き・3本、いずれも気に入ってます。


 2本が戻ってきて、何だかちょっと、買ったときよりも嬉しく感じるのは、愛着が湧いている分がプラスされているからなのかな。

 ここ数年、クルマを含めて、新たな買い物をしたときの喜び感が確実に薄れています。物欲そのものが以前より落ち(着い)てサバサバしてしまっていることが良いことなのか、もっと欲を持ってエネルギッシュな生き方を志し続けるべきなのか。
 老眼の進行とともに、軽~く考える今日この頃です。
by masa156v6 | 2016-03-16 00:02 | Goods | Trackback | Comments(0)

オーバーホールから戻ってきました。

c0005077_22262067.jpg
 デイトジャスト Ref.16234 がオーバーホール完了で戻ってきました。
 先週金曜に日ロレから電話をいただいて、ちょっと時間をつくってお昼に丸の内(郵船ビル)へ。
 ポリッシングで綺麗になりました。このリフレッシュ的気持ち良さは、コーティング実施直後の愛車を目にしたときの姿と連なるものがあります。

 その場で嵌めて早速使い始めましたが、黒い文字盤を目にするのが随分久しぶりな気がしました。

 アクアタイマーが戻ってくるのは再来週くらい。
 今度は2本が同時期オーバーホールにならないように、時間軸ケアをしないと、です。
by masa156v6 | 2016-03-08 22:39 | Goods | Trackback | Comments(0)

時計がないのはよくないので。

 イイトシしたオッサンが時間をスマホでしか知ることが出来ない、というのはちとマズいという思いもあり、手ごろな価格の腕時計を買うことにしました。
c0005077_23502587.jpg
 買ったのはSEIKOの逆輸入モデル《SSA007J1》。

 はじめはビジネスにも使えそうなG-ショックを探してましたが、ピンと来るものを見付けられず。
 で、SEIKOの逆輸入モデルを扱っているサイトに行き当たってパラパラ見ていたところで目に留まったのがこれ。

 価格相応の質感ではありますが、日本(諏訪)製の自動巻きで、ステンにマットブラック塗装を掛けた色調も自分のストライクゾーンで気に入りました。

 購入したのは大阪のショップさん(ネット通販)。
 複数回メールベースでやり取りをさせていただきましたが、リプライスピードが速く、照会内容についての回答も的確。入金確認日の翌朝には宅急便で届きました。

 
 これでOHに出している2本がなくても、右腕が手持ち無沙汰(?)にはならなくなりました。



 

 
by masa156v6 | 2016-02-23 23:47 | Goods | Trackback | Comments(0)

時計が、ない日々。

 手持ちの腕時計2本のうち、ロレックス・デイトジャスト(Ref.16234)が動かなくなったものを放置していていて、これは流石にマズいよなと思い、丸の内の日ロレにオーバーホールに出したのが先週のこと。

 ところが、それまで5年前にリシュモンでオーバーホールして以降普通に問題なく動いていたIWC・アクアタイマー(Ref.IW353602)が、どうしたことか連鎖反応を起こしてしまったか、外して数時間経つと止まるようになってしまい、もうちょっとダメ状態・・・。

c0005077_22443385.jpg
 ってことで、銀座のIWCブティックに持って行き、オーバーホールをお願いしてきました。
※前回(2011年)は江東区のサービスセクションに直接持って行きましたが、直営ブティックが出来たことに伴ってかそちらでの受付は実施されなくなったとのこと
c0005077_2245221.jpg
 OHに要する時間は約2ヶ月(5年前は1か月だったので長くなりました)との説明あり、見積料金は税込みで70k-Yen程度。
※20160218追記 今日、IWC側から電話があり、4週間で仕上がり予定とのことでした。

 まさかまさかで2本揃ってドック入りしてしまい、来月半ばくらいまでは腕に着ける腕時計がないという状況になってしまいました。

 
by masa156v6 | 2016-02-17 22:54 | Goods | Trackback | Comments(0)

Datejust(Ref.16234) Overhaul

c0005077_7171174.jpg
 デイトジャスト(16234)を買ったのは20年以上前。
 5年経過時点で日ロレにオーバーホールを依頼して以来、恥ずかしながらノーメンテ。

 (当たり前ですが)動かなくなってしまって、1年くらい経ったところでようやく重い腰を上げ、相当久しぶりに丸の内・郵船ビルの日ロレに赴き、2回目のオーバーホールをお願いしてきました。

c0005077_728451.jpg
c0005077_7281310.jpg
 受付窓口にて担当の方から
『オーバーホールは前回から5年以上経っていますか?』
と聞かれ、
『は、はい。』

『おおよそどのくらいでしょうか?』
の問いに対しては、
『相当な時間が・・・。』
と言葉を濁し(5年の3倍以上やってない、とはちょっと後ろめたくて口にできませんでした・・・)、というやり取りを経て時計のチェックと見積作業をお願いし、約20分。

 さきほど預けた時計がケース部分とブレスレット部分がそれぞれ外された状態で容器に入れられて目の前にやってきて、担当の方から概要について説明を受けます。
 出てきた見積金額は63,000円(税別)。ほぼほぼ想定通り。

内訳は、
・オーバーホール料金・・・44,000円
・リューズ交換・・・9,000円
・チューブ交換・・・3,500円
・クラスプ用バネ棒交換・・・500円
・バネ棒交換(2本)・・・1,000円
・内部部品交換・・・5,000円
というもの。

 日ロレでの作業という安心感があり、ケース・ブレスレットの研磨をしっかりやってくれて、2年保証が付いてこの金額ならむしろリーズナブルと言えます(・・・なら、もっとキチンと定期的にオーバーホールしろ、ということもまた然り・・・)。

 オーバーホール完了は1か月後。見積書と引き換えカードをいただき、お店を後にしました。

 
by masa156v6 | 2016-02-10 07:52 | Goods | Trackback | Comments(0)

fire-TV-stick (by amazon)

c0005077_1712750.jpg
 amazonのプライム会員になっている旨み、以前は配送が早いことくらいだったので、年会費3,900円のお得度が若干微妙ため継続したり退会したりを繰り返してましたが、去年からビデオや音楽のプライム対象コンテンツの視聴ができるようになったので、一気にコストパフォーマンスが向上。昨年秋からまた入りました。

 《fire-TV-stick》は、プライム会員で、ビデオサービスを快適に使うのにメリットがあると思われたので購入。接続もテレビのHDMI端子に挿して、自宅内無線LANと繋いでしまえば数分でサクサクとセットアップ完了。

 届いて早々、WOWOW版の《下町ロケット》を一気見。
 リモコン操作も快適で、モッサリ感はないです。モノとしてなかなか良いです。

 週末の夜中にWOWOWでやっている映画を当てずっぽ的に見ることが楽しみのひとつですが、面白くない映画のときはこっちに繋いでオンデマンドで楽しめそうなコンテンツを選ぼうと思います。

 しかし、色々といつの間にか便利になってきてるな~。
by masa156v6 | 2016-02-06 17:23 | Goods | Trackback | Comments(0)

コレばっかり。

c0005077_1593942.jpg
 クルマ選びは一貫性に欠けまくり、そのときの気持ちと勢いで進めてしまいますが、もうずっと同じものを買い続けているのが、
・ビジネスシューズ
・キルティングジャケット
の2つ、です。

 ビジネスシューズについては、Dr.Martinの1461。
 キルティングジャケットは、ラヴェンハム。

 シューズは、大学1年の頃にホーキンスのソールがDr.Martinだったときからこの型のブラックをずっと履き続けているので、もうヘタすると30年くらいになります。ラバーソールなので、踵部分がある程度擦り減ったら世代交代、を繰り返しているので、恐らく50足を超えた数を履いてきたと思われます。


 ラヴェンハムのキルティングジャケットを最初に着たのはたぶん10年くらい前。初めて羽織って外に出たときに、軽さと保温性のバランスに目から鱗が落ちまくり、以降コートはコレばっかり。今日買ったもので7着目になります。

 ビジネス用とプライベート用で別々のラインのものを使いわけていて、ビジネス用の使用頻度が高い分傷みも早いので、今回のカーキのもので4代目。プライベート用は4~5年くらい前から着はじめている2代目と3代目がまだ現役。価格を考えると、コストパフォーマンスは相当高いモノと感じてます。


 明日はかなり寒い&積雪ありとの予報が出ていますが、この馴染みコンビで乗り切ります。
by masa156v6 | 2016-01-17 15:28 | Goods | Trackback | Comments(0)