カテゴリ:Cars( 87 )

東京モーターショー2017 ランダムショット

東京モーターショー・2017 会場内にて興味が湧いて足を止めたクルマ(やグッズ)のランダム・スナップです。

c0005077_07350050.jpg
c0005077_07344791.jpg
 【図柄入りナンバープレート】の展示ブース。
 メガーヌのナンバーをラグビーW杯仕様(図柄ありタイプ)にて申し込んでいるのでこちらに交換します(来週以降)が、実物(サンプル)を至近距離でマジマジと見つめられる機会は意外と少ないので参考になりました。


c0005077_07353990.jpg
 新しいセンチュリー。
 あらゆる意味で自分には縁のないクルマですが、先代のイメージ継承を行ないつつも迫力は増しているように感じました。
 Gクラスのフルチェンもこんな感じで変わるのか、初代のインパクトが強力な車種のモデルチェンジの大変さが展示スペース周辺の空気に漂っているように感じました。


c0005077_07362113.jpg
 シトロエン・スタンド(西館・上から俯瞰で撮影)。
 前回は ・プジョー ・DS ・シトロエン の3ブランドが固まってブース設営をしていましたが、今回はプジョーとDSは東館、シトロエンは西館を距離的にも思いっきり分けて展示しています。
 C3を2台とC4ピカソ1台という構成なので遠巻きにチラ見しつつエスカレーターに乗ってしまいましたが、上から俯瞰で見るとブースそのものが床面を含めて面白いつくりになっていることがわかりました。


c0005077_07365414.jpg
 BMW・M2。
 サイズ感といいリアフェンダーの膨らみといい、イイですね〜。
 新しいM5や近くにいたM4がまったく目に入らず、M2ばかり見てました。
 GIULIA・QVよりこっちの方が好み。


c0005077_07372087.jpg
 東館・7 ホンダブース。佐藤琢磨の2017インディ優勝マシン(実車)。
 東館に7と8が増設されているのを今回初めて知りました。
 勝ったマシンそのものが展示されているとのことで、引き寄せられました。ただ、レプリカヘルメットと人形はなくても良いように感じました。


c0005077_07374813.jpg
 スバル・XVのアウトドア仕様。
 この仕様を売るのかどうかはわかってませんが、わかりやすい弄り方をしていて好み。
 現行XV、街中で見かける機会が増えてきました。瞬間的には先代との区別がつきにくいのですが、数秒見てるとどっちだかがわかるようになってきました。


c0005077_07381627.jpg
 トミカ・ブース。
 限定車とトミカ・プレミアムの展示がメインで、残念ながらメガーヌR.S.のトミカは(たぶん)いなかった模様ですが、何気に結構長い時間ブースに留まって見ていました。
 精巧なヨンサンを専用ケースに入れて飾って愛でるのもアリですが、数百円のトミカを普通に自室にケースレスで飾り、何かにつけて手に取ったり配置を変えたりを気軽にやれることは自分の幼少期を想起させることを含めてやっぱり楽しいです。


c0005077_07385069.jpg
 メガーヌ・GT・ツアラー。
 新型R.S. のインパクトのあおりを受けて見過ごしがちになってましたが、今度のメガーヌにはどちらかというとハッチバック・ボディよりもワゴン・ボディに惹かれています。この白い個体は相当カッコイイです。
 Dさんに展示車が入ったら、ぜひ見に行きたいです。


c0005077_07392020.jpg
 そういえば昔は日産とスバルが提携してたんだよな〜ということを思い出してこの2ブランドのサイネージが並んだ画像を撮ったのですが、翌日になって日産に続きスバルも完成検査で正規手続きを取っておらずリコールになるというニュースが流れ、まさかのその並び、となりました。。。。。


 プレスデーでの打合せの合間にちょこちょことブースをチラ見した流れだったので、DS7を観れておらず、マツダブースも立ち止まれず、でした。
 なので、開期中(多分夜)にもう一回行きたいと思ってます。


by masa156v6 | 2017-10-28 07:39 | Cars | Trackback | Comments(0)

最近買ったミニカー・5台

c0005077_00473573.jpg
 最近買ったミニカー・5台。
 
 こうやってみると、スバル360(自分が生まれた頃、父親が乗っていたクルマ)の小ささに少し驚愕。
 カングーのリアシートを畳むか取っ払うかすれば、荷室に入ってしまうのでは、と思えてしまうコンパクトさ。


 また、初代プリウスのヨンサンモデルをメルカリで購入。
 このクルマの色違い(バイオレット系の色のもの)を、初代プリウス発売直後のタイミングで個人占有社有車として会社から貸与され、ちょうど3年乗ってました。
 初代モデルの初期モデル、ということで電池系トラブルが1回だけ出ましたが、あとはほぼほぼ気になることはなく乗れました。

 運転が愉しい、という思いを持つことはなかったものの、低速を電気モードではじめて走ったときはあまりの車内の静けさにワケもなく緊張してしまった記憶が残ってます。


 もうちょっとしたら、1Fに置いたケースにこの5台を入れ込む予定です。


by masa156v6 | 2017-10-05 00:56 | Cars | Trackback | Comments(0)

Volvo XC40

c0005077_12291093.jpg
http://www.volvocars.com/intl/cars/new-models/xc40

 ボルボは(自分のクルマとして)乗ったことはありませんが、旧くは850エステート、ちょっと前(C4に乗る前に考えていたとき)はS60をイイなと思って試乗したり見積取ったりしたことがありました。

 最近、XC40が発表されたのですが、このアピアランスデザインにはシビれました。素敵だす。どこから見てもボルボで、且つ切れ味と新鮮味を感じさせるデザインです。

 XC90やXC60じゃあ(ウチには)明らかにオーバーサイズですが、
XC40の《・全長4425mm ・全幅1863mm ・全高1652mm》は許容範囲内(幅がちょっと大きいけど)。

 想定ライバルはレンジローバー・イヴォークとどこかで読んだ気がしますが、XC40の方が設定価格レンジが低いので実際は3008やカジャーあたりとも競う存在になるのでは?

 
 実車に動く可能性は低いものの、このカッコには惚れました。
 DS5、C4カクタス、ニュー・セニック並に気になるクルマなので、ヨンサン・ミニカーが出たら買います。また、実車を早く見てみたいです。

 


by masa156v6 | 2017-09-23 12:42 | Cars | Trackback | Comments(0)

新型リーフ・チラ見(みなとみらい・日産本社)

c0005077_05480533.jpg
c0005077_05483685.jpg
c0005077_05490599.jpg
 昨日はみなとみらいにいたので、昼食がてら日産GHQにて新しいリーフをチラ見してきました。
 初代に比べるととっつきやすいデザインといいますか、EVだから違うカタチ、という出し方はしてこず、すんなり入ってくるアピアランスという印象。
 
c0005077_05530374.jpg
 給電口(というのか?)。
 ボンネットは開けず、ここだけが開くのですね。

c0005077_05544536.jpg
 自動車庫入れの体験デモができるスペースがありました。

c0005077_05563821.jpg
 会場内アナウンスがあり、数分間の新型リーフ・プレゼンをするとのことでステージ近くに行ってみました。

 が、説明中、ステージ上のモニターは他のクルマのプロモーションやらおもいやりライトのPRやらで新型リーフとリンクしない映像がずっと流れていました。
 これ、説明に連動する動画を流すか、せめて数分間のプレゼン中だけでも他の映像を止めた方が良いのでは? リーフの説明が全然頭に入ってきませんでした。発表翌日ということもあって、興味を持って説明を聞いていた方がそこそこいらしていただけに、このチグハグさにちょっと??? せっかくのインパクトの強いブランニューカーのデビュープロモーションとしてこれではもったいないです。


 クルマは、現行プリウスよりは遥かに個人的に好ましいカタチ。なので、売れて街中に増えてもプリウスで未だに感じるどことない違和感(・・・PHVの方では感じませんが)はないかなと。


by masa156v6 | 2017-09-08 06:08 | Cars | Trackback | Comments(0)

また、ヨンサン・ミニカー熱が。

c0005077_22305089.jpg
 一定周期毎にミニカー収集熱が上がるカラダになってます(。。。)。。

 自分の車歴カーはレガシィ・グランドワゴン(BG)を除いて全部集められているので、今回のお題は
・自分が幼少の頃に(家族グルマとして)乗っていた《スバル360》
・リアル・憧れカーであり、何度か弱含みながら乗り換えのキモチが過ぎった《DS5》
の2台。

c0005077_22394866.jpg
c0005077_22400268.jpg
 スバル360、ウチにあったのはベージュ系ボディカラー(たぶん)ですので色味が異なりますが、エブロの再販モデルのクオリティが高く、且つなかなか出物がなかったので、ヤクオクにやっと出てきたブルーをガッチリ抑えて買い(一度入札額が上回られたので、かなり高めの金額を入れて自動入札モードに持って行くも、競り相手がそれ以上出てこなかったので想定より低い額で落札。)。
 それにしても、同じ縮尺(ヨンサン)にするとこれだけこの2台は大きさが違うことに改めて新鮮な驚きがあります。

c0005077_22410638.jpg
c0005077_22411906.jpg
 DS5。
 こちらはDSブランドになった後のモデル。
 OPの19インチホイールのデザインが好きなので、シトロエンDS5・ミニカーも良いのですが、値ごろ感ある金額で動けたのでこちら(18インチホイールVer.)にして見ました。
 やっぱりこのクルマはカッコイイです。1/43であっても、このカタチのものを所有できる喜びを感じます。

 
 どうやって、どこに飾るか、考え中です。。


by masa156v6 | 2017-09-05 22:45 | Cars | Trackback | Comments(0)

The World's Top Selling Manufacturers by Country - Regtransfers.co.uk

こういうカタチでわかりやすく可視化されるのを眺めるのは面白いです。

 ・ルノーが最も売れている国は6ヶ国。
  (・フランス・ポルトガル・スロバキア・スロヴェニア・アルジェリア・コロンビア)

 ・トヨタが49カ国で首位。

 ・U.K.で一番売れてるのはフォード(ちょっと意外)。

 ・インドで一番売れてるのはスズキ(タタじゃないのね)。

 ・イスラエルで一番売れているのはKIA。

 ・トルクメニスタンで一番売れているのはベンツ。


 いや〜、飽きないわ〜。


by masa156v6 | 2017-08-13 21:22 | Cars | Trackback | Comments(0)

いすゞプラザ(藤沢)

c0005077_00391113.jpg
 今年の4月にオープンした《いすゞプラザ》に伺ってきました。
 サイトを見ると、フリーで入場できるのは土曜・祭日のみ(平日は事前予約が必要、日曜は休館)ということで、土曜の今日に。

 感想を端的に述べると、
想像以上に面白くて中身が濃い
のひとこと。

 館内の撮影は自由でしたので、スナップ的に画像を置きます。

c0005077_00465723.jpg
 受付コーナーのすぐ隣にディスプレイされていたこのエンブレムの美しさにいきなりヤラれてしまいました。

 で、見学後に記念としてこのエンブレムのピンバッヂを買いました。
c0005077_00490351.jpg
c0005077_00505028.jpg
 ジオラマ。
 今日は夏休みということもあってお子さんの来場が多く、鈴なりの人。
 また改めてじっくり拝見しようと思います。

c0005077_00532426.jpg
c0005077_00541722.jpg
c0005077_00535230.jpg
c0005077_00544000.jpg
c0005077_00550561.jpg
 SKWという自衛隊スペックの特殊車両。
 東日本大震災においても相当な性能を発揮したとのこと。
 実車の静かながら凛とした佇まいに見入ってしまいました。

c0005077_00580317.jpg
c0005077_00581800.jpg
 その隣にはバスが。
 インジケータ表示が良いです。


 その先にある現行大型車、ピックアップトラック、大型エンジンを目にしつつ、エスカレータで2Fへ。

 そちらで展開されている《いすゞのくるまづくり》。この展示がもう面白くて面白くて。
 説明文にルビこそ振られていますが、これは完全にオトナが楽しめる(というか大人向け)コーナーだと思います。
c0005077_01035496.jpg
 以下、画像をダイジェスト的に貼ります。

c0005077_01080861.jpg
c0005077_01090127.jpg
c0005077_01111573.jpg
c0005077_01113202.jpg
c0005077_01115885.jpg
 サプライヤー選定やらコンセプト絞り込みのコメントやら、その表記のリアルさに今日が休日であることをすっかり忘れてしまいました(笑)。

 これから先の展示がこれまたとても丁寧・簡潔にまとめられていて、各フェイズのビデオ映像を食い入るように見てしまっていました。

c0005077_01184604.jpg
c0005077_01182224.jpg
c0005077_01294099.jpg
 試作〜実験プロセス。
 知りたかったことでほとんど知らなかったことだらけだったので、もうすっかりハマってしまいました。説明展示とビデオを見ながら、もうひたすら、なるほどなるほどなるほどなるほど、と唱えていました(。。。)。

c0005077_01225349.jpg
c0005077_01231003.jpg
 樹脂パーツの成型過程や鉄板がプレスされてキャブ・ボディが作られていく様。
 プロセスごとに実物サンプルが並べられているのを目にしたのは初めて。迫力があります。

c0005077_01325567.jpg
c0005077_01265362.jpg
c0005077_01270930.jpg
 スポット溶接・塗装・艤装。
 このプロセスもとても判りやすく展示されています。

c0005077_01284968.jpg
c0005077_01291177.jpg
 検査工程。
 流れと項目が記されています。

c0005077_01342145.jpg
c0005077_01382271.jpg
 出荷プロセス(船で海外へ輸出される場合、国内に積載車に載せられたり或いは自走で架装メーカーへ向かったりする場合)。
 そして架装プロセス。

 このコーナーの展示を見終わった段階で、心地良い疲れ(ある意味での達成感)に包まれてしまいました。。。

c0005077_01473762.jpg
c0005077_01475679.jpg
 車名とインパクトのあるコピーが散りばめられたウォールを抜け、車両展示スペースへ。

c0005077_01510024.jpg
c0005077_01511572.jpg
c0005077_01513121.jpg
c0005077_01514967.jpg
 初期のバス(スミダM型)、トラック(TX80)、エルフ(TLD20)。
 そして乗用車群(ベレル、LUV、初代ジェミニ)。

c0005077_01521172.jpg
c0005077_01522981.jpg
 117クーペ。
 最近実車を目にする機会がなくなっていたので久々。
 やっぱり綺麗です。


 また、見学の合間に併設カフェでランチ(エビチリ丼のようなもの)をいただきましたが美味しかったです。

 充実した展示内容に圧倒された時間を過ごさせていただきました。再訪必須、大満足です。
 

by masa156v6 | 2017-08-06 02:06 | Cars | Trackback | Comments(2)

スバル車のにほひ。

c0005077_00032632.jpg
 スバル車の新車の内装のニオイが大好きです。

 先週末、恵比寿の本社ショールーム近くを通りかかったので、寄らせてもらって新しいXVを見てきました。
 で、クルマそのものよりも、中に乗り込んだときに鼻腔に染み渡るスバル車独特のニオイにクラクラと一瞬惹かれた次第、です。

 自分がスバル車に乗っていたのは1994〜1998年(2台)で、いずれもBGレガシィ。
 20年経つのに、この独特のニオイはそのときと同じであるように感じました。

 また、嗅ぎたい(笑)。

 クルマも、良い雰囲気でした。



by masa156v6 | 2017-05-11 22:53 | Cars | Trackback | Comments(0)

福野礼一郎 TOKYO中古車研究所(TM) Vol.1

c0005077_21450276.jpg
 掲載誌がいくつか変わるも、同タイトルで全154回の連載となった《福野礼一郎 TOKYO中古車研究所(T中研)TM》、1997年の初回から、再構成せずに連載時そのままの体裁でムック復刻(高性能スキャンとのこと)にてまとめていく模様。そのVol.1が書店にあったので買いました。

 《T中研TM》、1997年よりもはやくからやってたんじゃないかなというおぼろげな記憶がありましたが、CarEX時代とゴッチャになってました。

 このVol.1。当時リアルタイムで読んでいたものがほとんどなので改めての読みかえしとなりますが、筆先が尖っている記述がそこかしこにあり、且つ文体が軽やかで読み物として単純に面白い。なので、福野さんの本はついつい買っちゃいます。

ただ、1冊目での収録数が《6回分/全154回》 なので、単純にこのペースで行くと(損益分岐点を越えて売れ続けたとして)Vol.26まで揃えることに・・・。ディエゴスティーニ張りの道のりの長さになるのだろうか(というか、本当に最終回分まで纏め続けられるのか)。

 福野ファンのひとりとして、行けるところまで付き合う(買い続ける)予定。


by masa156v6 | 2017-04-29 22:01 | Cars | Trackback | Comments(0)

-20170423- 六本木

c0005077_23134050.jpg
 子どもの塾待ちで、オトナのヒマつぶしタイム・・・。

 まずは、六本木ヒルズで催されていた《スカイライン・60周年》記念イベントを見てきました。
 日産車で自分が乗っていたことがあるのはP10プリメーラ・1台のみですが、日産・ルノーつながりという意味では今も多少の縁はあることになろうかと。

c0005077_23181379.jpg
c0005077_23185977.jpg
c0005077_23195228.jpg
 一緒に行ったカミさんは、昔、荻窪のアプリーテで受付のバイトをしていたとのことで、R32-33あたりを懐かしそうに眺めてました。

c0005077_23265778.jpg
 マーベルの実寸大フィギュア(ハルクじゃない方は何か知らない)を通り過ぎ、ミッドタウン方面へ。

c0005077_23322208.jpg
 メルセデス・ベンツコネクションに行き、毎度こればっかり注文のホットラテ。
 カフェは満席。


 ここから鳥居坂方面へ、キャプチャーを停めているPまで戻り(夫婦して若干ゼーゼー気味>・・・)、子どもを迎えに行き、帰宅。


by masa156v6 | 2017-04-23 23:39 | Cars | Trackback | Comments(0)