<< google ストリートビュー 修理完了 >>

建造物 2題

 今日の大雨は参りました。久々に凄かった。

 午後、赤坂見附で仕事だったのですが、ちょっと早かったのでスタバで時間を潰してました。で、アポを入れた時間に近づいたので、さぁ行くべということでお店を出た瞬間に雷&豪雨スタート・・・ということで、いきなり動けなくなり、隣のビルの軒先を借りて雨宿りすることに。
 そんな中、ふと青山通りを挟んで反対側の鹿島建設本社に目をやると、何か・・・ヘン。
c0005077_0193990.jpg

 ≪鹿島≫ ≪KAJIMA≫ ってロゴ、こんな低い位置にあったっけ?・・・いや、これはおかしい、ということで違和感を感じつつ、ふと仮囲いに目をやると・・・
c0005077_0211237.jpg

鹿島 カット&ダウン工法
 去年から始まっていて、もうほぼ完了に近い状態ですが、高層ビルをダルマ落としのように下から1層ずつ切って落とすを繰り返しつつ解体するというもので、今更ながら超ビックリ(近くを何度も通っていたのに全く気付きませんでした)。
 このビルは17階建てということなので、先程記した≪鹿島≫ ≪KAJIMA≫ のロゴは元々は地上高50mくらいのところにあったわけで・・・。違和感の正体が分かりましたが、こんな工法があることに雨宿りしてるのも忘れてひたすら感心してました。

 また、このキーワードを検索すると、実際の行程が動画で見れるサイトがあったのですが、まさに静かで上手いダルマ落とし。スーパーゼネコン、すんごいことやりますね。


 2題目。こっちは都内をクルマで走る者としてどうしても影響を受けてしまう、日曜の首都高5号線でのタンクローリー炎上事故の影響。
 先程、首都高速のWeb Pageに行ってみて、今回の事故による道路の損傷状況、通行止め区間等を改めて確認したのですが、かなり厳しい状況です。今年中に復旧出来るかどうか、という世界なのかもしれません。
c0005077_0401035.jpg

                   (図・・・首都高HPより)

以前ここでも記しましたが、ゴールデンウィーク以降、山手トンネルの開通、ガソリン高騰等の要素が重なり、首都高をはじめ都内の道は空いている状態が多く見られてきましたが、今回の事故ポイントがド当たりしてしまい、5号線が途中で寸断されてしまったのは勿論、迂回ルートとして使えたであろうその山手トンネルもほぼ役に立たないこととなってしまいました(西池袋から4号線下り方面へは行けますが)。
 また、当然のことながら下道の迂回路となる山手通り、環7、環8、17号、254号等が一気に渋滞モードへ突入。いやぁ、厳しい(トゥルッコがまた遠くなってしまった・・・)。

 日本の誇る土木建築技術の力を結集して、何とか少しでも早く全線開通に漕ぎ付けてほしいです。
 
by masa156v6 | 2008-08-06 00:55 | etc..... | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kuroshiba.exblog.jp/tb/9381633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< google ストリートビュー 修理完了 >>